CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 国際 | Main | 有名な場所»
プロフィール

さんの画像
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!! ブログパーツ探すならココ!
リンク集
日系ポータル!日系留学生サイト
最新コメント
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/akira/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/akira/index2_0.xml
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
イベント:Tokyo Latino スペイン語しゃべり場ナイト [2009年08月16日(Sun)]

clip_image002


今週19日水曜日にスペイン語講座+ラティーノ友達を作ろう的なイベントを

友達のカフェでやりま〜す!



今回のイベントはスペン語を学びながら、新しいラティーノ仲間を増やすイベントとなっています。


今回のテーマ:

1.はじめてのスペイン語

2.飲み物の頼み方


時間:19時〜22時

入場料:1000円(1ドリンク+スナック付き)


場所:Pacific Cafe: 東京都新宿区高田馬場1-32-13 高田馬場マリンビル2F


Tel: 03-5287-4830 Fax: 03-5287-4831


もしよかったらきてください。


スペイン語を学ぶだけではなく、ラティーノ仲間を作ることも

目標のひとつなので、TokyoLatinoというグループをFacebookと

毎週のイベントがいつどこでやるのかがわかるミートアップページも

できました!


Facebook グループはここをクリック


ミートアップページはここをクリック



ビートボックス・フルート  Beat Box Flute [2007年12月13日(Thu)]
今、僕が一番気になっている「音楽家」がGreg Patillo(グレグ・パティーヨ)
です。彼は口を使うヒューマン・ビートボックスとフルートを合体させてしまった超人なのです。言葉で表現するのはここで精一杯です。ぜひしたのビデオを見てください。
どうやって息しているのかさっぱりです。笑

トンマッコルへようこそ! [2006年11月25日(Sat)]
もし、戦争を知らなく武器をも見たことがない村が存在してたら、
どんな暮らしをしているのだろう。

こんな村に戦争中の兵士が現れたら、どんな反応をするのだろうか。
それがこの映画のシナリオ。

先月見た映画なのですが久しぶりに考えさせられ、泣かせられ、
感動させられました。

「ドンマッコル=こどものように、純粋な村」
「もののけ姫」や「ハウルの動く城」などの音楽を手がけた
久石譲が作曲し、パク・クァンヒョン監督もジブリが大好きな
せいか、この映画は宮崎駿アニメを実物化した感じでした。

あまりネタバレはしませんがとても深く、暖かい映画です。
そして最後まで予想がつきません!

もし暮らすのだったらこんなところに住みたい。
できなかったらせめて心はその状態でいたい。

笑顔+ウルウル目で帰れることを保証します。笑顔



追加ですがこの映画は「retired weapons」平和運動
にも関係しています。
面白いコンセプトので平和を訴えています。
これがその運動の壁紙です。



BBQとプラム狩り [2006年08月21日(Mon)]
ちょっと載せるのに時間がかかりましたが水上でのBBQ+プラム狩りは最高でした!笑顔

久しぶりのラテンバーベキューでお腹がすごく喜んだ気分。
南米でBBQをするとき、肉には海塩しか掛けません。
良い肉であれば、肉そのものの味を塩とだけで美味しく食べられるというのがラテンBBQの哲学。つまりほとんどが肉を焼く人の「腕」にかかっていると言えるでしょう。

今回は日系パラグアイ人の友達と一緒に行ったのでBBQも美味しくやけました。
今は食べた分だけの運動をしなければとちょっと心配。あはは


その次の日。帰る途中にプラム狩りの場所があったので早速やってみました!
たしか1000円で30分プラム食べ放題+袋に詰め放題でした。
もうしばらくの間はプラムを食べたくありません。ブタ



テレビで見た「食べ放題おばさん」のコツを使って、プラムを袋に入れる前に、袋を満遍なく伸ばしてみました。そうすると普通よりもプラムが2個多く入りました。へへへ
ちょっとセコイかもしれないけど友達より多く入れて得した気分だった。クジラ

ん〜今日のブログの「閉め」が思いつかないのでこんな感じで終わります。笑

グループブログの方でおととい500人もの訪問者が来ました!ありがとうございます!そっちの方でも今月何回か書いているので良かったら見てください。笑顔
http://blog.canpan.info/nikkei

夏休み! [2006年06月27日(Tue)]

いや〜やっと念願の夏休みが来ました!泳ぐ
僕の大学が3学期生なので日本の大学より一足先に夏休みに入ります。
とっても嬉しいものの、今年は「夏休み=論文書き」です。
海やスイカ、花火大会の誘惑がありながらもコツコツと論文を書かなければ。〓

もう日本に来て2年が経つところですがやっぱり地元のビーニャ・デル・マール(チリ)の
夏がナツかしい(シャレ?)笑

この写真は夏のビーニャの風景です。
僕が住んでいる場所はこのビーチから奥の方に向かって10分程度のところです。
冬や秋の間はとても静かな町なのですが夏になると日本の湘南みたいに人でいっぱいになります。

海は南極海流が流れているのでとっても冷たいペンギンだからビーニャのビーチは
冬の間、鍛え上げた肉体を披露しに来る場になります。笑

チリ人はなぜかまだ階級コンプレックスを持っているせいか、ビーチでも変な光景が見られます: 写真の右にあるホテルに近ければ近いほど、そこにいる人はリッチな水着や高いベンチを借りて寝そべっています。奥にいくほどカッコつける人が減っていって、しまいにはパンツで泳いでいる子供もいます。笑顔

僕はそのころディスコでカメラマンとしてアルバイトしていたので、この時期になると
ディスコのTシャツを着て、ビーチに寝そべっている美男美女に無料入場券を渡していました。

ディスコのオーナーの支持どおり、ホテルに近い人たちだけに入場券を配るようにと言われていました。「ブスがうちのディスコに入っちゃイメージダウンするんだよね」といつも口走っていた。恥ずかしいのですがチリのディスコは大体そうです。
セレブっぽい身振りをしていれば大体どこでも無料で入れる。
そんな症状がすこしづつ日本でも浸透しているような・・・
ディスコ:www.clubcielo.com

そんなチリだけど日本からみて反対側にあるのでちょうど今、冬真っ只中です。クジラ

僕の成分解析 [2006年06月09日(Fri)]

友達のブログに面白いページが載っていたの紹介します。

自分の名前をこのページに入力すると。。。。
http://seibun.nosv.org/

僕の場合:
打村明の79%は優雅さで出来ています
打村明の10%は理論で出来ています
打村明の7%は心の壁で出来ています
打村明の3%は濃硫酸で出来ています
打村明の1%は祝福で出来ています

というふうに出てきました!笑

でも名前を一行開けたら・・・
打村 明の98%は見栄で出来ています
打村 明の2%は利益で出来ています


残念! ははは

ぜひみなさんやってみてください!笑顔
ブログ・パワーアップ! [2006年04月05日(Wed)]
もうひとつ面白いブログ拡張ツールを見つけました!
iam(アイアム)といって、写真やビデオを載せることができる。
やってみて、ちょっと写真の載せ方がめんどうだったけど(メールで送らなければならない)
もうひとつのプロフィールが出来て嬉しい。笑顔

なんか派手なブログツールを載せて、書く内容を少なくしているような。

気のせいか、、、わっはっはクジラ
雪祭り! [2006年02月10日(Fri)]

雪祭りにやってきました!笑顔
338基にも及ぶ雪氷像を人目見ようと来てしまいました。
小さいころからこのイベントをテレビを見て、あこがれていました。

せっかく日本にいて、しかも彼女が札幌に住んでいるので絶好調の
チャンスでした。

しかしながら、テレビで見るよりも想像以上の大きさと迫力びっくり
市民や各国を代表したアーティストが作った雪像などがあり、ぜんぶお見せできないのが
残念です。

すすき野では氷像が展示されてあり、またちがった「味」の雰囲気を出していました。

僕は南米から来ているので冬は苦手ですが、こんな楽しい場所でしたら
寒さも楽しく過ごせるような感じがします。

月曜日からまた授業なので戻らなければならないのはちょっと残念悲しい
日曜までに338基制覇するのをがんばるぞ〜!笑
ヨットのスーパーチャレンジャー [2006年01月31日(Tue)]

船 先週末、友達のヨットにのりました! 船


日本でヨットに乗るのは初めてでしたが、
そのほかに初めて目の見えないヨットのりに出会いました。

ヨットレースの練習のために新木場にある
夢の島マリーナに誘われたのですが
ここでヒロさんに出会いました。

彼は目が見えないのにも関わらずヨットレースの
右ジブセール係りでした(ヨットの二枚目の小さめのセール)。
ぼくは左ジブセールをやっていたのでその役割の
厳しさを共感しました。

自分はヨット初心者なので詳しくは説明できないのですが
レース中、ヒロさんとぼくは風向きによって左右に動く
ジブセール(二番目の旗)をひっぱったり、ゆるめたりして
適度な重圧をかける役割をもちました。

この役割はジブセールの上の部分を見ながら風の
動きを見計らってやるのですが、ヒロさんはなんと!
体で風の力と向きを感じて、旗を緩めたり閉めたりしていました。

詳しく彼の話を聞いていると、来年は北米のサンディエゴに渡り
障害者チームで国際ヨットレース(Regatta)に出るそうです。
奥さんはアメリカ人なので英語もぺらぺらでした。

この日はヨットレースインストラクターが一緒についてきて
細かい指示をいっぱいしてくれました。
ヨットというのはかなりのチームワークが無ければ
うまく進まないものだとあらためて知らされました。

チームの行動が一体となった瞬間、初めて自然の
風と波に乗ることが出来ます。

お金持ちになってもぼくはヨットみたいなものは買わないと
思いますがぜひ友達のヨットにのってこのチームワークを
何回も味わいたいです。笑

またヒロさんに戻りますが、彼のおかげでチャレンジ精神が
ぼくに戻ってきました。かれの何にもめげない精神と
いろんなものに興味を持つ好奇心がぼくを驚かせました。

気づいたのは、人が「出来ない」とおもったときというのは
本当に出来なくなるということですダメしかし、逆に
「出来る!」と頑固に決めたときはいろんな分厚い
壁が崩れてゆき、道が開けていけるということです
朝日

これから、ある意味で「頑固」に目標に向かいたいです。力こぶ笑顔



おまけ:

メインセールの鉄の棒に頭が当たらないよう
しゃがんで作業していたらジーンズに穴が開いてしまった。。。。
どうしてくれるんだユニクロ〜〜〜!炎

SAYURIという芸者 [2006年01月14日(Sat)]


ハリウッド映画、SAYURIを見てきました!笑顔

いつも思うのだが、アメリカが作ってきた日本をテーマにした映画はあまりにも古い
く、かけ離れた日本人のステレオタイプがいつも使われていた。怒り

でも今度の映画はそうではなかった。
主役のチャン・ティヒーが日本人ではないにしろ
しっかりとした、「合っている」映画だと思った。OK

風景から衣装まで、普通は気づかないところまで
徹底して昔の日本を再現しているので気に入った!

得によかったのは見ている人に「芸者」というものの
意味をきちっと教えている。

「芸者ってなんなの?」って聞かれたときにあいまいな答えちか出せなかった
自分がすこし恥ずかしい。

みなさんが知っているチリのアニータ現象が起きてから、
ラテンアメリカ(特にチリ人)での芸者に対するイメージが
アニータさんみたいな「悪い女」として見られがちだった。


この映画を通して、チリ人がもうちょっと列記とした芸者の知識が
出てくるので喜んでいます。

ひさしぶりに「良い」ハリウッド映画を見た気がする。ウインク

映画のワンシーンで女優の工藤夕貴さんがダイレクトに「アメリカ人はバカよ」
って言っていたのには驚いた。クジラ

友達みんなに見せたい一作です。走る

| 次へ