CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« パソコン関係 | Main | 写真»
プロフィール

さんの画像
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!! ブログパーツ探すならココ!
リンク集
日系ポータル!日系留学生サイト
最新コメント
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/akira/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/akira/index2_0.xml
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
日本のファーストライフとスローライフ [2009年05月29日(Fri)]
これはチリの日系雑誌のために書いた記事です。
チリ人目線をかなり意識しました。笑



日本に来日してからあっという間に4年がたちました。最初は日本財団の日系スカラーシップの奨学生として来日し、卒業後は1年間ピースボートというNGO団体のツアーコーディネーターとして働き、今はいただいていた奨学金制度の留学生活動支援を行っています。

日本の生活は忙しいです。1年中いろんなイベントが開催されているのでそういうのにも参加できます。来日したころはITのメッカである秋葉原に行ったり、ハイファッションの渋谷にもよくでかけて行きました。しかし、もう最先端の携帯電話やロリータ姿の女の子になれてしまいました。今、僕の興味はこういったエキゾチックなものから、日本人のライフスタイルに移り変わっていす。

日本人にとって、幸せとはなんなのだろうか。人生の目標は何なのだろうか。こんなに裕福で、便利な暮らしをしているのにどうしてハッピーではないのだろうか。
朝8時のラッシュアワーの電車に乗って、サラリーマンたちの目の輝きを失った顔を見ていると、こういった日本人の幸せについて考えてしまう。



日本ではディテールがとても大事です。服の着方から食べ方まで、明細にひとつひとつやり方と意味があるのです。完璧さにより近づく美徳、これは茶道でも空手の型でもそうです。この完璧さの追求を日々おこなっている彼らにはかなりのストレスにもなっています。

日本人にとっての幸せとは?日本のマスメディアが勧める「豊かな」ライフスタイルというのは庭付きのマイホームを買うことができて、会社で役員になることです。つまり大金を手に入れて、好きなものが買えるのが幸せ。。。

しかし、この消費主義な考え方は日本でも少しづつ変わってきています。このシステムで成功したエリート会社マンはトップに着いても、なかなかその野望が減らず、幸せを手に取った気分になっていない。

アースデー東京(http://www.earthday-tokyo.org/)というのに何回か参加することができましたが、こういったところでいわゆる元スーパー会社マンの人がけっこういて、その人たちは今はその考え方を捨て、ロハスな生活を探して求めている。まさにファーストライフからスローライフへと移っています。



世界の中でも経済で成功の頂点に立った日本人は、頂上には実は探していたものがなかったことに気づき始めている。庭付きマイホームと高収入が人生の目標ではないのだと気づいたのです。この持続可能なゆっくりなライフスタイルというのは昔の日本の考え方でもありました。その考えがまた現代日本で見直されていると思います。

ラテンアメリカの国々は日本や米国のような国になることを目指しています。チリでも「発展途上国」とは言われたくない。日本や米国と方を並べ、国際社会で競争をしたがっている。これが一番良い目標なのだろうかと日々疑問をもってしまう。

こういったことを日本に住んで思い始めてきました。あと1年したら南米に帰りますが、そのときにはこのアーターナティブな思考を自分の生活やライフワークにもしたいです。

南米に行く理由もそれなのです。(プロジェクトが始まったらブログでも報告します)。
ハチドリのひとしずくのように、自分のひとしずくでこの世界の大きな火事を消していきたい。
友達とバッタリ会う確率 [2008年07月28日(Mon)]
そう、この1268万人いる東京で、年に数回は知人とばったり会う。それも、パーティーとか、友達が行き着くような場所ではなく、山手線の電車の中とか、新宿駅のホームとか、朝8時の通勤電車の中とか。

2週間前にはかなり驚くバッタリ事件があった。
ピースボートで一緒に通訳していた友達と携帯ではなしていて、その10分後、表参道にあるSoftbank店でバッタリ!

どっちもどこにいるのか知らなかったのに、話したばかりの人とバッタリ会うのはほんと、驚いた。

そこで考えてみた。日本の中で知人に会う確率はいくらか!

かなり無駄な問いの追求だけど、なぜか好奇心が沸く。

いろいろ考えて、ネットでも調べたけど、これが一番無難な答えですかね〜


たとえば世の中に1億人の日本人しかいなくて日本から出ないという前提で、かなりおおざっぱな計算をしてみます。



1億人のうちの200人が年賀状をやりとりするくらいの友人だとすると、目の前を通り過ぎる人が自分の友達である確率は、200/100,000,000=1/500,000=0.0002%です。
そとへでかけると交通機関、飲食店、ホテルなどの場所で1日100人くらいは顔を合わせます。すると確率は100倍の0.02%

そのほかいろんな要素が加わって、無限の可能性、あるいは不可能性があるから計算しにくいのだけど、やっぱり0.02%ぐらいなのかな〜?

宝くじより確率が高いね。笑



今日は拾得物の日 [2008年04月25日(Fri)]


1980年のこの日に、東京銀座で現金1億円の「落し物」が見つかったことを記念して「拾得物の日」になったそうな。落し主は現れず、拾った人に全額が渡ったそうです!!!!

この出来事をラ米の人に聞かせたいです。というのは、ラテンアメリカでは
「落し物」=「自分の物」が当たり前だから。
落とした方も探さず、すぐにあきらめてしまう。

これは僕の父に聞いたのです。
ある日、大事な万年筆を無くし1週間探しても見つからないので
明らめていたそうな。そうしたらお掃除のおじさんがたまたま父と
バッタリあったら、なんと万年筆を胸ポケットに見せびらかすように
付けていました!

父が怒って、自分のものだと主張したら、おじさんは、「いや、これは神様から授かった大事なペンだ」といって逆切れ。

日本語で名字が書いてあったのにも関わらず、1時間もめたあげく、やっと渡してくれました。
もちろん、その人はそこでもう働いていません。

落し物を交番に渡すという善意の心は日本に学びたいです。猫糞(ネコババ)という言葉も日本独特の言葉でスペイン語や英語でも存在しないのもやっぱり悪いと思わないからなのかな?



ひさしぶりに [2007年12月11日(Tue)]
5ヶ月ぶりのブログ投稿です! こんなにもほったらかしにしていたのがとっても恥ずかしいです。 5ヶ月の間にいろんなことが起きました。 第58、59回ピースボートの船旅に乗り、 シンガポール、ヨルダン、エジプト、マルタ、クサダシ、 イタリア、スペイン、キューバ、エクアドル、ペルーの国を 訪れた後、帰国しピースボートの旅行会社、ジャパングレイスを退社しました。 今週から海外日系人協会で再スタートです。 もともと私が大学院で勉強した内容に近いお仕事なので すごく楽しみです。 やっとインターネット環境と「ブログを書く意欲」が戻ったので ブログをまた書きはじめます。 よろしくおねがいします!
写真は船での一コマ、ジャンプ写真っていうのが流行ってます。