CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 旅行 | Main | 日常»
プロフィール

さんの画像
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!! ブログパーツ探すならココ!
リンク集
日系ポータル!日系留学生サイト
最新コメント
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/akira/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/akira/index2_0.xml
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
Twitterに魅せられて [2009年06月25日(Thu)]
いま、日本以外で流行っているTwitterの波に乗せられてしまった。

Twitterというのは
いわゆる、ブログとチャットを足して2で割ったようなものです。
ここでもっと詳しく

ブログを書くのは好きだけど、ついつい書かなくなる自分にとって
最高のサービスです。ブログだとちゃんとした記事をかかなければ
気がすまないのだけど(いつもは)、Twitterだと気軽におもしろいと
思ったリンクやニュース、自分の今の思いを140文字以内に書ける。
(そう、1記事140文字までなのです)

この140文字以内というのもおもしろくて、いかにおもしろいことを
140文字以内に書けるかに燃えます。
日本語だと文字数がぜんぜん余るのですが、英語だとあっという間にアウト。

そして、リンクが長い場合は自動的に短くしたバージョンに変えてくれるので
便利です。

あと気に入ったことは、ITの最先端に行っているひとたちのTwitterを
Follow(記事を自分のページに登録)することで、いまの一番新鮮な
情報が手に入るといくことです。

Twitterにはもうひとつおもしろい能力があります。
みなさん、最近テレビでイランの選挙とその反対デモについて
聞きましたよね。そのことが起きたとき、CNNやFOXなどはほとんど
そのニュースに触れなかったのですが、現地にいるイラン人や現地メディア
がTwitterでその情報を生放送のように投稿できたことで、どんどんニュース
が広がっていきました。Twitterはブログよりも早く投稿できて、プラス
それを興味深いと思った人はその記事をRetweet(自分のTwitterに再投稿)
できるので、情報は波のように広がっていきます。
後に、CNNなどはこのニュースを取り上げなかったことでバッシングを受けました。

そのときのニュース
Twitter,イラン騒乱でソーシャルメディアの主役に

TwitterでのCNNバッシングつみ合わせ(英語)

日本ではブログユーザーが多く、もともとブログの記事を極端に短く書くひとが多いので、もしかしてそれでTwitterが広がっていないのかもしれない。
Facebookと同じく、あまり日本語対応していなからやりにくいのかもしれない。

そこでもういっこびっくりしたのが、Timelog.jpです。
Twitterを見て、服部達也さんはなんと3日でこのページを作り上げました。
でも僕はTwitterを使い続けます。

Twitterを使えば使うほど、ブログ記事を書かなくなってしまうような。。。

10月に行うユース会議でもTwitterを活用して
100人あまりの若者日系人の会議の活性化に繋げたい。

とうやってかって???
会議室にビッグスクリーンを置いて
出席者のTwitterコメントフィード(総コメント集)を
彼らが思っていることをその場で見せる。
そして、人が参加すればするほど
ネット上で反響を呼ぶ(かも)。
まだもっとおもしろくするためにネタを練り上げないと。

右のスクリーンがTwitterフィード。


下に僕のTwitter記事がありますが、
こちらからも見れます。
http://twitter.com/akirau











Googleが壊れた!StopBadware.org [2009年02月01日(Sun)]
この記事を書いている最中に問題が治ったようだ。。。Google恐るべし。



そう!この記事を見ているあなた
は僕と同じ問題に直面していると思います!

つい30分前から(現在2009年2月1日00:11)
Googleで何かを探そうとしてもすぐに
エラーページが出て「StopBadware.orgによるとこのサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」と出ます。

そのリンクを押してもこれが出ていた。
「不正なオンライン ソフトウェアから保護する方法については、StopBadware.org をご覧ください。」

久しぶりにYahooを使ってこの奇妙なStopBadware.orgを
調べてみたら、結局ちゃんとした調査団体のようで、Google全体が
この問題を起こしているという。(情報元)尚、どの検索結果を出しても同じ問題に直面している。
いまのところ、待つしかない。明日これニュースになるかな?

こんな「すごい」Googleのエラーは初めてみたので
とりあえずブログネタに。。。
ブログをリフレッシュ! [2008年10月13日(Mon)]


ちょっと心の底で、ブログを飽きてきている部分があって、
またやる気を出すため、ブログ自体のリフレッシュに挑みました!

むやみに入れてた「ブログパーツ」を取り、サイドーバーをひとつにして(そうしたら書く幅が増える!)、
上に見えるバナーをまたデザインしてみました!笑顔

僕は日本人と南米人の混血なので、それを表す画像を作ってみたものの
ものを入れすぎて、少し窮屈に見えるのは気のせいだろうか。。。あはは

ま〜、ブログをリフォームしてまた書く元気が出たので満足です!
それではこれからもよろしく!ってそんな毎日読んでいる人がいるのだろうか。
内容も読んでおもろいものを書くようにがんばります!

ではでは
Googleの新世代ブラウザChrome を使ってみた [2008年09月03日(Wed)]


先週からGoogleが正式に”Chrome”(クローム)って名前のインターネットブラウザーのベータ版を一般公開した!

グーグル製品にはお世話になっているし、上質なものばかりなので、ベータ版にも関わらず使ってみた。Firefoxごめんね〜



では個人的クローム評価です!

★良かった点
1.とにかく早い!エクスプローラやFirefoxに比べて、ページがさくさく開ける。
  実際、これがGoogleの一番の狙いだったらしい。

2.実用スペースが多い!ブックマークやサーチバーをうまく収納したおかげでページを見る
  スペースが増えていて気持ちが良い。

3.インストールするときに他のブラウザーのブックマークを自動で抽出してくれる。

4.「シークレットモード」っていうのがあって、そこで見るページは一切履歴にのこらない!
  これは男性陣にとってうれしいかも?笑

5.ブラウザーのデフォルト「ホーム」をあけると、一番使用数の多いページを並べてくれて、 
  効率的!

ダメだめだった点

1.プラグインが使えない!!!これは開発中だそうだけど、やっぱりFirefoxに追いつくのは大変かも。

2.まだ見れなかったり、使えないページがある。実際このブログの写真をアップできなかった。でもベータ版だからしょうがないか。

3.ブラウザーのスタイルはとてもきれいだけど、ほかの色やテーマに変えられない。ん〜

----------------------------------------------------

以上、良い点のほうが多くてかなり満足いったブラウザーです!
おすすめだけど、正規版を待ったほうがよいかも。
Firefoxも10月に3.1をリリースして大幅アップグレードするみたいだからそれも楽しみかな。
こうやって強い競争相手ができると、良い機能やソフトができるからうれしい。笑顔

Googleのえこひいき対策:Google minus Google [2008年08月20日(Wed)]

Googleで「Video」と検索した場合、上位が「Google Video」


数ヶ月までからのことだけど、グーグルで何かを
検索すると上位にはいつもYoutube, Blogger, や
GoogleVideoといったページが入ってくるのに気づきませんでした?

Googleが所有するページが上位にくるのは当たり前かも
しれないけれど(なぜなら上位にくる方法をもっとも分かるから)
こういったえこひいきをすると「誘導された検索」になるのが
ちょっとくやしい。

そんなふうに思うウェブ開発者がひとりいて、
Googleを使いながらも、Googles所有ページを表示しない
Google検索を作った!むしろ設定を変えたってとこかな?
その名前も「Google minus Google」(GoogleからGoogleを
差し引いたGoogle」 ちょっとおもろい。


Google minus GoogleでVideoを検索すると、もっともリンク元が多い、Video関連のページが出てくる。


いまのところ、Googleはとっても良いサービスを出してるから
このえこひいきさには何の苦も感じないけど、これが
いらないページへと誘導し始めるのならちょっと考えはじめるかも。
ウェブデザイン革命!Wordpress [2008年08月13日(Wed)]



またまたブログがご無沙汰になってしまった!
でもこうやって毎回もどるとブログを書くのが楽しくなってくる。笑顔

では本題と入りましょう。

僕は7年前ぐらいから趣味でホームページを作り始め、そのうち友達の
紹介でチリの会社やナイトクラブのためのページを作るようになりました。
実際作ったページ:
www.vinycon.cl
www.clubcielo.com (閉鎖してしまった!困った)
www.kinos.co.jp 僕がもっとも力を入れたフラッシュページ。しばらくはこんなの作れないな。力こぶ

でも、ひとつのウェブサイトをつくるのにかなりの労力が必要となる。

自己流ウェブサイト製作の流れ:
1. まず最初に、紙にそのウェブサイトのイメージを書き出す。何を見せたいのか、主要な3色、レイアウト、広報対策、言語、画像デザインなどなど、細かいものをぜぇ〜〜んぶ並べる。
2. 実際に考えたレイアウトやデザインをフォトショップで作って、レイアウトメーカーでひとつの出来上がったページ画像を細かく「斬って」いく。
3. Dreamweaverというウェブ製作ソフトでその画像を取り入れていって、メインテンプレートを作る。
4. 画像の設置やページごとの設定をする。

もうこんな感じに細かい点をいっぱい気にしなければならない。大ざっぱO型の僕には苦手な作業で、ひとつのウェブサイトを作り上げるのに約2週間〜3週間かかる(1日3時間ぐらいかな?)。火事場のくそぢからを出したら徹夜で二日でできるかもしれないが、その後は2日間ぐらいゾンビになる。

しか〜し!去年ぐらいから画期的なウェブページ作りの方法を見つけてしまった!それがWordpressというPHPのウェブシステムです。

僕みたいなアマチュアウェブデザイナーにとって一番大変なのはいろんなページの画像やコンテンツをうまく並べ、各ページでそれが乱れないようにすること、そしてその管理にいつもヒーヒー言ってしまう。

だが、Wordpress (ワードプレス)はそういったウェブデザイナーやウェブ管理者の大変な部分を全部シンプルにしてくれる。というか、もう設置してあって、それを編集するだけ。



PHPはほとんど何も知らないけど、FTPとHTMLをちょっと知っていればすぐにページが作れる。いわばページ管理システムなのです。、もともはブログを作るためのものだったのですが、機能豊富だったため普通のページも作れるようになった。

このやり方を知ってからはこんあ風にウェブページを作ります。

1. 作りたいウェブページのイメージを考える、色、コンテンツ、レイアウトなど
2. 1万以上ある無料テンプレートから好きなものを選び、ページにアップする。(これがめちゃたのしいの〜)
3. 好きがってに編集をする。ここでちょっとHTMLの知識が必要なときもある。
4. 出来上がり!
5. アフターケア:その後のページの管理や情報の追加は管理画面で簡単に行える。

このやり方でウェブページは早ければ数時間で作れる。もっとも嬉しいのは、情報を追加するときの快適さ!

最近このWordpressを使って作ったページを紹介します:

日系留学生ページ:http://www.nikkeiportal.com/nikkei
フェルナンドの和太鼓ページ:http://www.nikkeiportal.com/kuniyoshi
ヒカルのページ:http://www.nikkeiportal.com/hikaru
井上祐見(演歌歌手)のページ:http://www.nikkeiportal.com/inoueyumi
MAGIC(がん予防のページ):http://www.nikkeiportal.com/magic
僕のスペイン語ブログ:http://www.nikkeiportal.com/akira

こんなにたくさんのページを短時間で作れたのもこのワードプレスのおかげです。Dreamweaverに飽き飽きしているウェブデザイナーにはぜひお勧めです!

もう前みたいに作りたくなくなるね〜

Wordpressテンプレートページ:
http://www.fresheezy.com/gallery
mixi vs Facebook ファイト! [2008年07月08日(Tue)]


FacebookというひとつのSNSが正式日本語対応したのが数週間前。
日本では無論、ミクシーがSNS界の王座を占めている。

mixiが日本人の内気な性格に一番適していて、日本向けに作られているからFacebookに負けることはないと思う。しかし僕自身はmixiを使わなくなりFacebook通になってしまった。一番の理由は国際的な友達の和とサービスの使い勝手にあるからかな?

なので、K1形式でこのふたつのSNSを比べてみようと思います。

Round 1 mixi有利!
個人情報:

そう、日本は個人情報恐怖症になってしまっているので、最初にこの項目を見てみよう。

mixi: プロフィール写真は似顔絵でもいいし、友達制限や情報制限で外に出す情報と良い友達や個人グループでしか共有しない設定が多々。自分の作ったもう一人の自分でSNSが楽しめるようになっている。

Facebook: ここでも写真を似顔絵にしたりできるけど、あくまで本物の自分をアピールできるようにFacebookは作られているので、友達が僕が載っている写真にタグを着ければ、それが僕のプロフィールページに載り、登録した友達だったらだれでもその写真を見られる。著名でSNSを楽しんでいる人には向いていないが自分をアピールしたい人には最高。

こんな記事も
実名によるユーザー登録はFacebookの“常識”

 19日には都内で会見が開かれ、創業者でCEOを務めるMark Zuckerberg氏がこんなことも言っている: 「そもそもFacebookは大学生向けSNSとしてスタートしたが、偽名を使うユーザーは投稿内容も嘘だと見なされ、コミュニティの蚊帳の外 に置かれてしまう。Facebookでは、実社会と同じ人間関係を構築していることもあり、今では実名登録がFacebookの“常識”となった。偽名の 使用についてはチェックも行なっている。」


Round 2 Facebookの勝ち!
使い勝手(サービスなど)

mixi:数ヶ月前からビデオもアップロードできるようになったりmixiに招待するユーザーに友人を紹介できる機能「紹介マイミクシィ」などあるけど、あとは数年前と同じ
コミュニティーへの参加や写真投稿しかない。

Facebook:もう毎日新しいFacebook用アプリが開発され、ゲーム、写真投稿、旅行、天気、勉学、などのWindows Vistaウィジェットに似た機能がたくさん!逆にありすぎてどれを使っていいか迷うくらい。笑
mixiにある写真とうこうやコミュニティーに加え、飲み会をするときのイベントスケジュラーや招待機能など、いろんな用事に使えると思う。僕が一番気に入っているのは写真のタグ機能かな、写真の人物にマウスを置くだけでその人の名前が出てくる。

Round 3 Facebookの勝ち
登録者数

mixi:   1000万人 
facebook: 7000万人

Round4

もう思いつかないけど、なんとなくFacebookがいい。笑
30人のプロフィールを作るには? [2008年05月26日(Mon)]
ん〜〜〜〜

いますごく悩んでいます。
やく30人のプロフィールをホームページに載せたいのですが。
「見やすい」見せ方を模索中です。なかなか見つからず
自動でやってくれるページを探してたらこんなくだらなく
おもしろい「プロフィールメーカー」を見つけました。
http://usokomaker.com/profile/
名前を入れるだけでプロフィールを作ってくれます。

このページはたしか脳内メーカーを作ったとこと同じかな?
僕のプロフィールはこんなになりました。
あってるとことないとこが。。。

打村明のプロフィール

[身長]
マッチ棒30本ぐらい

[体重]
平清盛と同じぐらい

[口癖]
「お嬢さんをください」

[いま一番欲しい物]
見返りを求めない友達

[自分をモノに例えると]
マシュマロ

[資格]
勝負下着・非勝負下着仕分け10級

[好きな言葉]
えこひいき

[趣味・特技]
誰にも悟られない空気イス

[将来の夢]
世界一の金持ち

[無人島に持って行く3つのモノ]
ヌーブラ
サプリメント
味付け海苔
もしあなたがセレブならば。。。 [2008年02月01日(Fri)]
「○○に似てますね〜」って言われたことありますか?
言われても、そうでなかったりといやなときもありますよね。

このhttp://www.myheritagefiles.jpというサイトでは
パソコンがあなたの顔を特徴を自動的に察知して
それに似ているセレブを見せます(しかも%付き!)




あなたは誰ににてるのかな?笑顔

僕がシンプソンズになる!Simpsonize Me! [2008年01月22日(Tue)]

www.simpsonizeme.com
友達からこんなページを紹介されました。
記事のタイトルの通り、自分の写真をを
シンプソンズ(Simpsons)のキャラクターに
変えられるおもしろいページなのです。

シンプソンズの映画が出るので、その
キャンペーンページとなっています。



ちょっとやってみた。
似てるかな?笑
ぜひみんなもやってみてください。
いろいろ調整するとどんどん
自分に似てきますよ〜

| 次へ