CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 飴村秀子作品集 | Main | 飴村代表の作品»
26年2月14日市民教養講座最終回 [2014年04月02日(Wed)]

全員卒業制作を完成することができました。
飴村先生「最終回を迎えました。初めての体験なのに皆様本当によく励まれました。
     仲良く楽しく素晴らしいチームでした。心からお礼申し上げます。
     みんな 違って、みんな 素敵!」
DSCN2594.JPG 
受講生W.Hさんの作品 「今夜は帰れない」   
平成26年1月10日市民教養講座第9回 [2014年04月02日(Wed)]

飴村秀子による「活きてる藍を楽しもう」の講座第9回目は先月からの卒業制作の続き。
講座生は仕上げに向かって全力を尽くしています。
飴村先生は「進行状況はそれぞれ違うと思いますが、心配ありません。きっとよいものが
      仕上がります。さあ、心をこめて蝋描きをして、藍さんの寒中のよい色を
      いただきましょう 藍さんを少し温めておきます。」
DSCN2582.JPG
卒業制作真っ最中です。
12月13日市民教養講座第8回 [2014年01月02日(Thu)]

飴村秀子による「活きてる藍を楽しもう」の講座第8回のテーマは藍染による色揚げP2
そして、卒業制作の準備
T)美しい藍の色揚げされた衣料、またしばらく楽しく装っていただけます。
U)卒業製作の作品は白・薄藍・濃藍のコントラストが決め手。細かい線描きなど表現に役立つ
  ことについて
12月、1月、2月にかけて受講生は卒業制作をてがけます。 
11月8日市民教養講座第7回 [2014年01月02日(Thu)]

飴村秀子による「活きてる藍を楽しもう」の講座第7回目のテーマは藍染による色揚げ
T)日本には昔から、色揚げと称して元の柄をいかして、新しい製品に生まれ変わらせるという
  事が染物屋で行われ、物資の乏しかった頃、繊維製品を大切に活かして活用してきた。
U)おしゃれ感覚に基づき、かつ物の命を大切にするという想いからの色揚げ  
先生の講義のあと、思い思いのブラウスやスカーフを色揚げ(リフォーム)
DSCN2491.JPG
白いブラウスをリフォーム!別物になりました。
DSCN2699.JPG
男物のシャツをリフォームして、チュニック風に!
10月11日市民教養講座第6回 [2013年10月24日(Thu)]

飴村秀子による「活きてる藍を楽しもう」の講座第6回のテーマは「蝋描き藍染U」
T)前回ロウケツ藍染のハンカチ製作反省点
U)デザインの配置
袋の中に新聞紙等をいれ蝋がくっつかないようにしてエコバックをデザインしました。
IMGP0897.JPG
| 次へ