CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

第1回スケッチ研修 [2018年09月24日(Mon)]

9月12日(水)9:30 薄曇りの「うめてらす」に14名が集合しました。
まず、飴村会長のスケッチの心構え(染色を考えて描くこと)などを伺い、一人づつ自己紹介。
会から支給された、ワトソンのスケッチブックと10B鉛筆を持ち、それぞれ芳松庵(お茶室)の
日本庭園や天満宮へと移動。昼食後、小雨の中、春風楼に移動して会長からの講評です。
それぞれ全く異なるスケッチを前に、丁寧な注意点や補足の言葉が、とても勉強になりました。
第1回スケッチ研修.jpg  
  
  ハートたち(複数ハート)次回は10月か11月を予定。
  決まり次第、またブログでお知らせしますねハートたち(複数ハート)
第1回スケッチ研修 [2018年09月02日(Sun)]

「飴村先生と行くスケッチ研修」第1回を6月29日に予定していました。
ところが大雨で、急きょ中止。改めて、以下のように開催します。
9月12日(水)9:30 防府天満宮下「うめてらす」集合
参加希望の方は、事務局へ9月9日までにご連絡下さい。
セルビアの選手へのプレゼント作成 [2018年09月01日(Sat)]

9月中旬、セルビアのバレーボール選手たちが防府市を訪れます。
彼女たちに渡すプレゼント作成のため、8月29日、子どもたちがあとりえに。
午前中は富海の小、中学生11名。午後は他の学校の子も含め13名、延べ24名に加え
市役所職員、先生、父兄も加わって、賑やかです。
セルビア選手へのギフト(1).jpg
 左斜め上まず、輪ゴムで思い思いの場所を留めていきます。
セルビア選手(2).jpg
                         留め終わったら灰汁に浸けてセルビア選手(3).jpg  
   
    

いよいよ藍カメに浸して揉んでいきます。最初は向かって右側の   「花子さん」。次に手前の「次郎さん」これは富海で育った藍の葉を  発酵させて建てた「富海藍!」。最後が、皆のいる「太郎さん」です


モンロー市の高校生 藍染め体験 [2018年08月26日(Sun)]

8月1日の猛暑の中、防府市と姉妹都市であるアメリカ・モンロー市から、
5名の高校生たちが藍染め体験に来ました。
4月にモンロー市を訪れたスタッフ2名を中心に、和気あいあいのワークショップでした。
モンロー市高校生(2018.8.1).jpg
個性的な若者たち、作品にもそれが良く表れています。
富海「長生会」のワークショップ [2018年08月26日(Sun)]

7月6日、今年度第2回目となるワークショップを開催しました。
富海の「長生会」メンバー8名のほとんどが、体験されたことがあるので
スカーフやバンダナなど、それぞれ思い思いに個性ある作品を製作されました。
2018,7.6 長生会WS.jpg


| 次へ