CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「活きてる藍を楽しもう会」最終回 [2018年03月21日(Wed)]

1月22日(月)は「活きている藍を楽しもう会」の3回目・最終回。
前回「Tシャツに球形の絞り」を伝え、各自が丸い形を作ってくる、を宿題としました。
午前中は、飴村会長の講義。そのあと各自が作ったもの(新聞を丸めガムテープで巻いた)に
Tシャツを被せ、麻ひもで絞っていきます。
DSC06823.jpg絞り終わっていったん解散。午後からアトリエに移動し、染め開始です。
DSC06825.jpg
          

               



                 外での発色作業
DSC06826.jpg

3回目とは思えない作品が出来上がりましたるんるん
DSC06832.jpg
藍甕「花子さん」を畑に返す [2018年01月24日(Wed)]

昨年の12月初旬のことです。染める力のなくなった「花子さん」を畑に返すというので
興味津々、プロセスを皆さんにもご紹介したいと写真を撮りました。
@「花子さん」の周りが汚れるので、ます新聞紙を広げます
20171208_113243.jpg
     A甕の底に落としたポンプから延びるホースを畑まで
      持って行きます。
20171208_113313.jpg

Bポンプのスイッチを入れると、膨らんだホースが(獲物を飲み込んだ蛇のごとく?)
 畑へと動いていき、先からヘドロ状に勢いよく出てきました。
 途中で止めては満杯になった容器(相当に重いです)を畑に撒いていきます
20171208_113749.jpg
「染め終わった藍さんを最高の有機肥料として、立派な大根が美味しく育つのです」
との飴村会長の言葉が、完全に腑に落ちた瞬間でした。

Cもう残り少なくなった花子さん。実は途中でポンプとホースのつなぎ目が外れ、噴水のごとく
 工房に吹き上がる、というハプニングが!飴村会長は藍さんを全身に浴びながらも、
 スイッチを切って再装着。最後まで吸い上げることができました
20171208_114308.jpg

D吸い取ったとはいえ、底にはまだ藍さんが少し残ります。それをタオルで拭き取るのですが、
 甕が深いため、精一杯手を伸ばしてやっと届くか届かないか、頭に血がのぼります。
 藍建ての初めから最後まで体験して、やっと少し藍さんに近づいた気がしました。
20171208_123705.jpg
平成30年度 初染め [2018年01月09日(Tue)]

平成30年度が始まりました。NEW 皆さま、今年もどうぞよろしくお願い致します。犬

1月5日午前、飴村会長と金曜日の作業班を中心に、初染めを行いました。
今年は「描く」技術の向上を願って「柿」のラベルのついた賀茂泉(清酒)が供えてあります。

先ずは徳島から取り寄せた和紙(防水のため、
こんにゃく糊を塗ったもの)に、書き初め。    慎重に灰汁につけたあと、水気をとります。
DSC06789.jpg                                             DSC06792.jpg 








     1年間よろしくと祈りながら飴村会長が、それぞれの甕に清酒を   注ぎます。そして「花子さん」の甕から始め、最後は富海藍で建てた甕  「藍ちゃん」で仕上げました。
DSC06793.jpg
外で水洗いすると美しく発色 
DSC06795.jpg
   
               静かに干して乾かします
DSC06796.jpg

工房に飾って完成るんるん良い作品が作れますようにハートたち(複数ハート)DSC06798.jpg
活きてる藍を楽しもう会(第2回目) [2017年12月30日(Sat)]

先月に引き続き12月4日「活きている藍を楽しもう会」を開催しました。
前回渡したスカーフをデザインしてきたり、実際に絞ってきた方もいて
2回目とは思えない仕上がりグッド(上向き矢印)20171204_143545.jpg

20171204_145909.jpg
会長宅の庭で記念写真をとりました
台湾研修旅行 [2017年12月30日(Sat)]

5月の総会から募集を始めた「台湾研修旅行」
13名の参加で11月23〜26日、台北、三義、三峡を訪れました。
卓也小屋.jpg
(上)山藍の栽培から染色、ショップ、薬膳料理が一体化されている「卓也小屋」にて
工房の中で説明を受けているところです。
IMG_4715.jpg
            国立台湾工芸発展センターにてIMG_4866.jpg



三峡地区の小学校訪問。校内にこのように広い工房を持ち、子どもたちに藍染めの授業をしていると聞き、富海では…と思うことしきり。

IMG_4864.jpg
      三角湧文化協進会(NPO団体)を訪問。藍工房を持ちワークショップや
      製品販売で資金を得て運営。和やかな話し合いで、身近に感じたひと時でした。

(この研修旅行のことは、写真を主にした「号外」を発行する予定です。お楽しみに…)
     

| 次へ