CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成30年度 初染め [2018年01月09日(Tue)]

平成30年度が始まりました。NEW 皆さま、今年もどうぞよろしくお願い致します。犬

1月5日午前、飴村会長と金曜日の作業班を中心に、初染めを行いました。
今年は「描く」技術の向上を願って「柿」のラベルのついた賀茂泉(清酒)が供えてあります。

先ずは徳島から取り寄せた和紙(防水のため、
こんにゃく糊を塗ったもの)に、書き初め。    慎重に灰汁につけたあと、水気をとります。
DSC06789.jpg                                             DSC06792.jpg 








     1年間よろしくと祈りながら飴村会長が、それぞれの甕に清酒を   注ぎます。そして「花子さん」の甕から始め、最後は富海藍で建てた甕  「藍ちゃん」で仕上げました。
DSC06793.jpg
外で水洗いすると美しく発色 
DSC06795.jpg
   
               静かに干して乾かします
DSC06796.jpg

工房に飾って完成るんるん良い作品が作れますようにハートたち(複数ハート)DSC06798.jpg
活きてる藍を楽しもう会(第2回目) [2017年12月30日(Sat)]

先月に引き続き12月4日「活きている藍を楽しもう会」を開催しました。
前回渡したスカーフをデザインしてきたり、実際に絞ってきた方もいて
2回目とは思えない仕上がりグッド(上向き矢印)20171204_143545.jpg

20171204_145909.jpg
会長宅の庭で記念写真をとりました
台湾研修旅行 [2017年12月30日(Sat)]

5月の総会から募集を始めた「台湾研修旅行」
13名の参加で11月23〜26日、台北、三義、三峡を訪れました。
卓也小屋.jpg
(上)山藍の栽培から染色、ショップ、薬膳料理が一体化されている「卓也小屋」にて
工房の中で説明を受けているところです。
IMG_4715.jpg
            国立台湾工芸発展センターにてIMG_4866.jpg



三峡地区の小学校訪問。校内にこのように広い工房を持ち、子どもたちに藍染めの授業をしていると聞き、富海では…と思うことしきり。

IMG_4864.jpg
      三角湧文化協進会(NPO団体)を訪問。藍工房を持ちワークショップや
      製品販売で資金を得て運営。和やかな話し合いで、身近に感じたひと時でした。

(この研修旅行のことは、写真を主にした「号外」を発行する予定です。お楽しみに…)
     

活きてる藍を楽しもう会(第1回目) [2017年12月30日(Sat)]

9月にアナウンスした「活きてる藍を楽しもう会」の第1回目が開催されました。
11月6日、午前中は富海公民館にて飴村会長による講義。
午後からは「染のあとりえ」(会長宅の工房)でワークショップをしました。
DSC06714.jpg
         染めた布をアイロンがけして完成!みんなの笑顔がステキですね。
DSC06717.jpg

天津乙女の会ワークショップ開催 [2017年12月15日(Fri)]

10月11日(水)午後、山口市の「天津乙女の会」が染のあとりえを訪問。
着物文化を大切にしようと集まったメンバーは、麗しき日本女性ばかり。
灰汁発酵建てを後世に繋げたいとする飴村会長の熱意のもと
伝統文化をしっかり体験して頂きました。
| 次へ