CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

マリスクラブあいおい

マリンスポーツ財団下部組織のボランティアグループのマリスクラブです。

全国に13か所のクラブがあり、兵庫県には2つのグループがあります。

活動内容は主にマリンスポーツによる親水活動をしてます。
マリンスポーツ財団ではマリスクラブのない府県について募集をしています。


21年度マリスクラブ相生主催体験乗船会 [2009年06月27日(Sat)]



21年7月11日、12日に兵庫県相生市にてあいおいペーロン祭の協賛事業として
「マリンスポーツフェスティバルinあいおい」を開催します。
相生湾ペーロン城西側駐車場で受付
内容はキッズボートの自己操船、水上オートバイの同乗です。
11日は12時から14時半、12日は10時〜12時、13時から14時半となってます。

7月25日は「水上オートバイ、カヌー(カヤック)の体験乗船会、13時〜14時30分
場所は相生湾野瀬マリンパーク隣、B&G相生海洋クラブ艇庫前(ボートパーク前海岸)

天候悪化により中止となる場合があります。

海面近くで活動しますのでかなりぬれる場合がありますので着替え、タオル等をご持参下さい。
第13回たまの・港フェスティバル  マリンスポーツフェスティバル・海洋スクールin玉野 [2009年05月16日(Sat)]
 
 
 
 
 5月16,17日 マリスクラブ相生はマリスクラブ和歌山、マリスクラブ東京と共にキッズボートの運営の手伝いに参加しました。

天気は2日間ともに曇り、雨でしたが、事故もなく無事に終えました。
岡山県玉野  安全講習会 [2009年04月19日(Sun)]


<渋川海岸にて>

マリスクラブ玉野にてキッズボートのインストラクターの講習として、

消防による普通救命救急の講習と、キッズボートの組み立て、片付け、運転など行いました。

マリスクラブ相生の2人は運営の補助として協力しました。
Posted by マリスクラブ相生 at 08:45 | その他の活動 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
2008・8 カヤック・ジェット体験 [2008年08月17日(Sun)]
相生市内のサッカークラブに通う6年生を対象に乗船会を行いました。

カヤック組とジェット組に分かれて延べ51人にマリンスポーツを体験してもらいました。



マリスの乗船会は落水させられないのですが、今回は水着を着用してたので、

4人乗りのジェットに3人の子供を乗せ、高速スラロームや高速コーナーなど、

スリルも体験してもらい、大満足でした。



例年、強風よりカヤックは数百メートル流されることもあり、

対策として今回はスクリューの巻き込みのないジェットボートで監視してたのですが、、

今回は風がなく出番がなかったので監視も楽でした。
マリンフェスタin西条(愛媛) [2008年07月27日(Sun)]
愛媛県西条市のイベントにマリスクラブ相生からは2名、

監視艇と水上オートバイの操縦士として子供たちを乗せました。







キッズボートは地元の方々にインストラクターとして乗っていただきました。

炎天下の中でしたが、事故もなく、子供たちは大喜びでした。

2008ドラゴンボート選手権の手伝い [2008年07月13日(Sun)]
今年も相生市でドラゴンボート選手権が開催され、

微弱ながら水上オートバイでの警備艇としての手伝いをしました。





相生会場は人工の港内にコースを作っているため、

レース中はレース以外の船が航行しないように、

マリーナとボートパークのレジャー艇のの案内役に橋脚で警戒艇としていました。

もともと昔から行われている相生市最大の海の祭り「ペーロン祭」と

同じコースでボートレースがあるため、

レジャーボートオーナーの認識も高く、今年も事故もなく大会が終わりました。

来年からは警戒艇は必要ないと思い、

今年でドラゴンボートの手伝いを終了しようと思います。



Posted by マリスクラブ相生 at 13:10 | その他の活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
JJSF フリースタイル山口大会 [2008年06月15日(Sun)]
山口大会会場の近隣、広島のBUNフリースタイルさんたちは、マリスクラブ広島の顔を持ち、

同じ仲間として、山口大会には今年も、緊急時災害救助のボランティアとして参加しました。

海上保安のおじさんたちもいました。







途中からかなりの雨でしたが、演技するライダーたちには無関係で、

ギャラリーが雨で困ってましたが、事故もなく無事大会が終了しました。

つまり私の出番がなかったので、ある意味、ホットしました。
Posted by マリスクラブ相生 at 16:04 | その他の活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マリンスポーツフェスティバルinあいおい [2008年06月07日(Sat)]



(今年の境界見張り役にアヒル君、あ!ごめん横にスワンって書いてあった!
スワン君と調教師!?1人が仕事をしてくれました。)




(ペーロン船乗艇場を使っているので高さも低く安定した浮き桟橋から乗り降りできます。)

マリスクラブ相生の一大イベントの相生ペーロン祭の協賛事業の体験乗船会を開催しました。

毎年恒例となっているので4年目の今回は土曜日(2時間予定)から乗船者数が多かったので延長1時間となりました。

日曜日(4時間)は前夜の天気予報が午前中大雨の予報だったので、来場者数は思ったより伸びませんでしたが、前年度より56人多く573人に乗船していただきました。

ありがとうございました。

キッズボート(エンジン、ハンドル、スロットルレバー付きゴムボート)は見た目はおもちゃみたいですが、正式には小型船舶なので船舶操縦免許がなければいけません。
今回のイベントでは神戸運輸管理局の許可を得て、無免許の方が操縦できるようにしてますので、幼児でもハンドル操作が出来ます。
来年も予定しておりますので、是非、乗りにこうへん?

あとマリンスポーツ財団及び各マリスクラブによる体験乗船会は9月まで残り10回行ってます。
詳しくはマリンスポーツ財団のHPをご覧ください。
http://www.maris.or.jp/sinsui/index.htm
マリンフェスタin玉野 [2008年05月18日(Sun)]
マリンスポーツ財団の全国認定クラブ(親水活動ボランティア)の連絡会議がありました。

北は北海道から南は広島まで15団体あり、

今年度北海道と岡山県のクラブが登録されました。

その発足記念もかねて例年、東京で行う連絡会議を岡山県玉野市で開催されました。



全国から集まった代表者たちの一部も、玉野市の港フェスティバルで

子供たちにエンジン付きゴムボートのインストラクターとして協力しました。


このボートは船舶免許を持っていない子供でもボートが操縦できるように許可を得てます。
災害時応援協定 [2007年07月24日(Tue)]
マリンスポーツ財団の機材を使うのは全国初の試みで、
NHKを始め、新聞社3社の取材がありました。
財団法人マリンスポーツ財団は平成17年より相生市内のボランティアグループ 「マリスクラブ相生」に、「だれもが・いつでも・どこでも」水に親しむ親水活動用の機材として、スーパーキッズボート6隻,水上オートバイ(乗船定員4名)1隻と救命胴衣を無償貸与している。

マリスクラブ相生は貸与された機材を活用し、市の最大イベントの「ペーロン祭」「兵庫カップ相生ボート選手権大会」等の海上イベントに積極的に参加し大いに貢献している。相生市は瀬戸内海に面しているが、防災対応資器材としては簡易ボート1隻を所有するのみで、海上災害や国道250号途絶時の対応策としては充分なものでなかった。

この度、財団法人マリンスポーツ財団と応援協定を締結することにより、財団所有機材により災害時や各種訓練等への対応が図れる。
Posted by マリスクラブ相生 at 08:41 | その他の活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ