CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「知里幸恵が歩いた道のり」講演会 | Main | マルマルモリモリはアイヌ語ではありません»
「アイヌ逓送人」イコロで再演へ [2012年01月24日(Tue)]
■「アイヌ逓送人」イコロで再演へ

ソース:北海道新聞 どうしんウェブ

【釧路】大正時代に郵便物の輸送中に殉職したアイヌ民族の吉良平治郎を描いた市民劇「アイヌ逓送人 吉良平治郎」が5月6日、阿寒湖温泉の阿寒湖アイヌシアター「イコロ」で3年半ぶりに復活する。15日には釧路市寿生活館で初稽古が行われた。(田子由紀)

・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 この市民劇は、アマチュア劇団「釧路演劇集団」が中心となって2006年に釧路市で初演されました。2008年11月の札幌公演(9回目)で一区切りがつけられていたそうですが、4月29日、イコロの正式オープンに合わせた記念行事として、上演が決まったということです。
 
 稽古は毎週日曜日に行う予定で、市民参加の出演者を募集しているそうです: お問い合わせ黒電話中山代表 0154-23-6551

 松本成美さんが、このことについて詳しく述べたものがあります。PDFでご覧になれます。 こちらです→松本成美 (2006) 『アイヌ逓送人吉良平次郎と山本多助』(PDF)

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント