CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 被災地の状況 | Main
松江で=とうほくのちから= [2012年03月07日(Wed)]
東北の元気 絵画に/11日から展示
2012年03月04日 朝日新聞島根県版
◆被災した障害ある子ら◆
 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の障害のある子どもたちが描いた絵を中心にした作品展「チャレンジドアート美術展3・11 とうほくのちから しまねからアートのエール」が11日から、松江市西浜佐陀町のイングリッシュガーデンである。
 作品が生まれたのは、3県の障害のある子どもが通うデイサービス施設と、愛知県の施設などでつくる「あいち児童発達支援連絡会」の交流がきっかけ。連絡会が昨夏、お絵かき用の紙10万枚を送り、40人以上の手形をつけた東北地図(縦200センチ、横130センチ)などがお礼に届いた。新たに募った絵154点を加え、展覧会が10月から愛知県内7カ所で開かれた。
 展覧会を訪れた松江市のNPO「プロジェクトゆうあい」の田中隆一事務局長(44)が、「もっと広めたい」と松江での開催を持ちかけた。連絡会の赤崎倫夫副会長(61)は3月に作品を返す予定を変更して快諾。「作品から震災を思い出して考えてもらいたい。いろいろな支援の形を思いついてもらうきっかけになれば」と話す。
 展示されるのは、手形地図の実物大複製と絵画約150点のほか、島根の障害のある児童や障害者の絵、陶芸、工芸作品など約100点。田中事務局長は「大変な中で魅力的な作品をつくり出した子どもたちの元気を伝えたい。展覧会を通じて、応援メッセージを送りたい」と話している。
 17日まで。無料。11日は折り鶴や寄せ書きなど、3県のデイサービス施設に送るメッセージをつくる企画がある。問い合わせはゆうあい(0852・32・8645)へ。(斉藤智子)
ganbaruzo.jpg
岩手県の児童デイサービスセンター「ぽけっと」の作品=あいち児童発達支援連絡会提供
ここバリ作品展 [2012年01月26日(Thu)]
ここバリ作品展inあらたま

2月24日(金)〜3月4日(日)
        10:00〜17:00

名古屋市南区在住の介護サービス利用者やはつらつクラブの参加者などの高齢者や障がいのある方が日ごろ作られている作品を展示します。
また、被災地で暮らす障がいのある子どもたちが描いた絵画の展示会も同時開催いたします。


ここバリ作品展とは?

小さな優しさ(心のバリアフリー)を南区内に広げていきたい、そんな願いを持っている店舗等=「ここバリすぽっと(拠点)」(ピアゴアラタマ店)に協力していただき開催する作品展です。

プロミス(名古屋お客様サービスプラザ) [2012年01月16日(Mon)]
プロミス株式会社名古屋お客様サービスプラザ2F
1月15日〜29日 10:00〜20:00(土日18:00まで)

名古屋駅前の地下街・ユニモール15番出口、地下鉄国際センター駅4番出口から上がってすぐです。

名古屋駅のすぐ東、桜通と江川線の交差する泥江町交差点の柳橋市場側の角、国際センタービルの筋向い、1本南には笹島小中学校がある便利なところにあります。たいへんキレイな建物のうえに、サービスプラザの2階はゆったりとしたサロンのようで、お茶やコーヒーもサーバーがあって自由にいただけますから待ち合わせにも使えます。一度ふらっとお立ち寄り下さい。

ポスターは

d1.pdf
放送されました!! [2011年11月20日(Sun)]
平成23年10月29日(土)
NHKローカルニュースにて
楽しい絵画展=とうほくのちから=
『黒川ギャラリー』
の様子が放送されました。



CBCラジオ 楽しい絵画展=とうほくのちから=星ヶ丘ギャラリー [2011年11月04日(Fri)]
星ヶ丘ギャラリー



11月6日追記。
CBC中部日本放送のお昼のラジオ番組、「ごごイチ」にあい発連・会計の稲熊千奈美さん(さくらんぼ児童デイサービス)が生出演!
下のファイルをクリックしてください。
ラジオ放送が聞けます笑顔










中日新聞記事「楽しい絵画展=とうほくのちから=」 [2011年10月28日(Fri)]
楽しい絵画展=とうほくのちから=のことが、中日新聞の市内版に掲載されました。

                            〈見出し〉
岩手など3県の障害児ら                                                                                             元気に描いた72点
              北区で展示
〈記事本文〉
 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島県内の障害のある子どもたちが書いた絵の展示会が、北区の地下鉄黒川駅ギャラリーで開かれている。三十一日まで。
 障害のある子どもたちのデイサービス施設でつくるあいち児童発達支援連絡会が企画した。連絡会は、三県のデイサービス施設の子どもたちが原発事故などの影響で、外で遊べないことを知り、四十八施設にお絵描き用の紙十万枚を送った。
 お礼に送られてきたこどもたちの絵七十二点を展示。家族の様子や人気アニメのキャラクターなどが色鮮やかに描かれている。一緒に市内のデイサービス利用者の作品も並べられている。
 連絡会の赤崎倫夫副会長は「被災しても子どもたちは元気な絵を描いている。前を向いて頑張っていることが分かります」と話している。十一月二日からは、地下鉄星ヶ丘駅のギャラリーで展覧会を開く。
〈写真説明〉 東北の子どもたちが描いた絵=北区黒川の黒川駅構内で
楽しい絵画展=とうほくのちから= [2011年10月24日(Mon)]

tanoshiikaigatenn-1.pdf
7月にお送りした創作活動用紙などを使った元気な楽しい作品が154点、共同作品もあわせて157点の参加がありました。
9月23日に審査会を開きましたが、どれも素晴らしく甲乙つけ難いと感心しきり。
コクヨ鰍ウん、潟Vロキさん、椛蜿シさん、潟gンボ鉛筆さんのご協賛で、佳作、奨励賞には副賞も用意できました。
「楽しい絵画展=とうほくのちから=」は愛知県下各地での巡回開催をいたしますが、その第1弾が10/26(水)から10/31(月)、名古屋市北区の黒川ギャラリー(地下鉄黒川駅構内)で開催されます。
東北の子どもたちの作品に加え、地元名古屋のアーチさくら(南区)、アーチきくい(西区)の子どもたちの創作活動の成果とをあわせて展示しています。
もちろん入場無料です。みなさんお誘い合わせの上ご来場下さい。
オリジナルコラボ作品 [2011年08月28日(Sun)]

売り上げは、東北大震災への支援金・義援金に全額寄付されます。
 画:ひろき (17歳の自閉症男性)
 筆:青水  (書家)

 8月27日〜29日 名古屋港ポートタワービル4Fにて販売
 常時、ら〜めん茂一(春日井市)にて販売

★≪取扱い希望店や、ご購入していただける方はこちら・・・≫★
東北支援担当窓口  児童デイサービス「アーチしばた」 赤崎
 〒457-0814 愛知県名古屋市南区柴田本通2-1
  TEL)052-613-2949  FAX)052-613-2944
  Mail)arch-shibata@2949n.com

サマーキャンプ・ホームステイのご案内 [2011年07月07日(Thu)]

被災地からちょっと離れてリフレッシュ

    放射能から離れて、累積被曝を減らそう

        疎開受け入れ先で、体験疎開してみよう!


※6組(6家族)限定で調整します



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


発達障害児を支援する愛知県・長野県の
支援者仲間から被災地福島県の
発達障害の子ども達へのお誘い



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 発達障害児を支援するプロ達が、責任を持って支援・ご案内します。
 ※交通費のみご負担ください。それ以外に係る費用は、 支援基金によって賄います。

 夜は事業所や個人宅に泊まったり、
 昼は、事業所の日中活動に参加したり
 ボランティアさん達と観光したりしていただけます。
 スケジュールは個別でご相談の上、調整致します。
 障害のあるお子さんの家族(父母兄弟)で参加出来ます。
 お友達の家族と2組での参加もOK!!
 滞在場所は、愛知県の
 名古屋市西区
 名古屋市南区
 春日井市等

 長野県は飯田市での滞在場所を確保しています。
 実施時期は8月の夏休み期間、疎開体験は随時対応します。

詳しくは、お気軽に『東北支援担当窓口』までお問い合わせください。
締め切りは7月15日(金)までにFAXか、お電話にてお申し込みください。


【お申込み・お問い合わせ先】
あいち児童発達支援連絡会 東北支援担当窓口
  「アーチしばた」  担当 : 赤崎(アカサキ)
  TEL 052-613-2949
  FAX 052-613-2944
  Mail arch-shibata@2949n.com    
相談窓口について [2011年06月15日(Wed)]
愛知県被災者支援センターとの相互リンクに伴い

東日本大震災により愛知県に避難されてこられた
障がい児の日常生活に関することについての相談窓口


として下記のpdfファイルを参考にお近くの事業所にご連絡ください。

| 次へ