CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 被災地の状況»
5月 定例会 [2011年06月02日(Thu)]
【日付】5月29日(日)
【場所】名古屋市中スポーツセンター 2階第2会議室
【時間】午前10:00〜12:30
【参加人数】10名

4月の定例会での決定事項についての確認。

@アンケート回答にある必要物資の手配を早急に実施する。
⇒5月4日(水)のブログ記事のように支援物資を送付しました。

ふれ愛名古屋の鈴木さまから、キーボードとアクリル絵の具とを
気仙沼・全壊事業所の移転開設先にお送りしました。
これを含めて、大型遊具や送迎車両などを除いて
すべてのご要望に沿った支援品をお送りしました。


A現地へ行き、情報収集を実施する。(5月14日〜17まで ふれ愛名古屋 鈴木さま現地視察予定)
⇒5月14日(土)〜17日(火)まで、ふれ愛名古屋 鈴木さま以下6名が現地入りしました。
【情報収集】
宮城県石巻市 雄勝地区、仙台市に行きました。
仙台市にある児童デイサービス『コスモスクラブ』とコンタクトを取ることができました。


Bあい発連加入の各事業所に、募金箱を設置する。
⇒カトレアサービス 赤崎さまより100円ショップで購入可能な
タッパー型の募金箱提案がありました。
各事業所で購入、作成していくことについて話がありました。


C他団体(障がい関係)との連携が必要であると考えられる。
⇒進展なし。

Dアンケートに回答をくださった事業所及び、アンケート送付先のマップ作成(カトレアサービス;赤崎さま)
⇒当ブログ内4月20日の記事にて
【中間報告】被災地への緊急アンケートの結果として
PDFファイルと共に更新しています。


E現在のあい発連のブログとは別に、特設ブログの開設が考えられる。
⇒4月27日に当ブログを立ち上げました。


今回の定例会では、今後の方向性として現地での拠点があり
現地情報のやり取りを作りながら、現地でのネットワーク(横のつながり)を
広げていく展開を図ることについて話し合いました。

@あい発連会員に、あい発連事務局から募金箱を送り、募金を集めること。
A拠点となりうる場所について、話し合いを継続していくことで今後の情報収集を図ること。
B受け入れ情報を市町村や社協にあい発連から情報を公開すること。

以上のことが、決定事項です。
4月 定例会 [2011年04月27日(Wed)]
【日付】4月24日(日)
【場所】伏見ライフプラザ 会議室
【時間】午前10:00〜12:30

【例会内容】
◆東日本大震災の被災障がい児受け入れアンケートについて

@被災障がい児の受入れについての連絡・相談の窓口が必要となる(担当;ふれ愛名古屋 鈴木さま)
A現在のあい発連のブログとは別に、特設ブログの開設が考えられる(担当;にこり 木村)


◆震災による障がい児支援団体の被災状況アンケート中間報告について

@アンケート回答にある必要物資の手配を早急に実施する。
A現地へ行き、情報収集を実施する。(5月14日〜17まで ふれ愛名古屋 鈴木さま現地視察予定)
Bあい発連加入の各事業所に、募金箱を設置する。
C他団体(障がい関係)との連携が必要であると考えられる。
Dアンケートに回答をくださった事業所及び、アンケート送付先のマップ作成(カトレアサービス;赤崎さま)
E現在のあい発連のブログとは別に、特設ブログの開設が考えられる。
3月 定例会 [2011年03月27日(Sun)]
日時:3月27日(日曜日)10:00〜12:30
場所:伏見ライフプラザ


東北関東大震災の支援について

電球あい発連として出来ること。

「被災地の障がい児・障がい児をもつ家族が
必要としていることに対しての支援」


ということで、長期的な支援を目標に考えていこうということを、確認しました。

本日の定例会にて、決定したことは以下の3点です。
なお、支援活動への各会員団体の参加は、個々の会員の意思を最大限に尊重します。
各事業所によって考え方、状況が異なるのは当然であり、無理や差し支えのない範囲でのご協力をお願いいたします。まずは、率直にBのアンケートにご回答ください。

@現地調査報告(あい発連MLを利用して、現地の情報を共有する)
A現地の事業所にニーズ調査のアンケートを行う(アンケート作成)
Bあい発連会員事業所向けに、被災地から疎開してくる障がい児の受入れについてのアンケート(アンケート作成)を行うと共に、県へ協力(障がいのある方とその家族の受け入れ)の要請を行っていく。

⇒現地支援を行う人への支援として(あい発連としてまとまっての現地への支援者派遣は行わず、個人や各事業所判断に任せます)
厚労省からの派遣要請があったとき、県や名古屋市に登録した人達(先日の県や名古屋市からのアンケートにより)が実際に派遣される前に、派遣支援者への講習を行ってもらい、被災者への対応の基礎だけでなく、支援者自身が間接被災者となり心の問題を起こさないようにするための講習の必要があると要望していく。



次回の定例会は、4月24日(日)午前を予定しております。