CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
犬山aiエネルギー株式会社(アイエネ)は、愛知県犬山市を拠点に、市民出資により地域に自然エネルギーを普及することを目的として、2014年に設立した会社です。(TEL 0568-62-0222)
会社概要

犬山aiエネルギー(株)さんの画像
犬山aiエネルギー(株)
会社概要の詳細
What's new
コンテンツ カテゴリ
リンク集
自然エネルギー勉強会第2回 無事終了[2017年04月29日(Sat)]
先日4月15日、犬山市役所にて開催された勉強会は、25名程度の参加者と共に盛況に終わりました。
DSC_0827.jpg


前回のリクエストにもあった、犬山市環境課の方(大藪氏)に政策について講演いただきました。
DSC_0828.jpg


前回に続き、温暖化防止推進員の若井氏に講演いただきました。
DSC_0829.jpg


勉強会が徐々に定着しつつあるので、これからさらに活発な議論になり、犬山市民で創る自然エネルギーを増やしていきたいです。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 16:18 | 事業紹介 | この記事のURL

4月15日 再エネ勉強会第二回@犬山市役所[2017年03月30日(Thu)]
当社が世話人の1者となっています、犬山市の再生可能エネルギー普及の勉強会の第2回が、4月15日の土曜日13時30分より開催されます。
今回は犬山市役所の担当職員の方に、犬山市の自然エネルギーの取組み姿勢についてご説明いただき、その後犬山市の今後の導入について、勉強会を実施していきます。犬山市の広報にも載せていただきました。
170415第2回案内web用.jpg

愛知県主導の犬山に設立された浄水場メガソーラー事業が最近話題になっていますが、2メガワット以上の発電は特別高圧への系統連系となり、地域を飛び越えて関係なく利用されることとなります。全てが小さな地域に縛られる必要はありませんが、フードマイレージと同じく遠距離へ配送するだけでもロスがある中、犬山という需要先に対して、なるべく地域資源を地域のために活用していける工夫をしていきたいと考えています。
このような勉強会が良い機会と思いますので、いろんな観点での議論ができることを期待しています。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 11:21 | イベント告知 | この記事のURL

犬山市から出た剪定枝の薪化作業を福祉施設が受託[2017年03月30日(Thu)]
全国的に珍しい取り組みが犬山市で始まっています。

通常、各自治体から出た剪定枝などの木質ゴミは一般廃棄物として、たい肥化やチップ化、土がついている場合には産業廃棄物として処理などされていますが、犬山市では平成28年度から、犬山市から出た剪定枝の薪化作業を福祉施設が受託する事業が始まっています。
社会福祉法人まみずの里がこの事業を2016年末より受託し、いよいよ作業が始まっています。
まみずの里の土場に市が持ち込んだ剪定枝は倒木のような丸木から葉っぱまで大小様々で、これを仕分けし、障がい者の方々が作業して薪にします。薪にできなかったものも炊き付けやたい肥として使います。できあがった薪はそのまま施設に設置された薪ボイラーでお湯の燃料となり、お風呂で使われています。
170218剪定枝.jpg

170218剪定枝作業.jpg

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 09:56 | 事業紹介 | この記事のURL

中部圏の市民発電所の今後に向けての会に参加しました[2017年03月15日(Wed)]
3月10日名古屋の金山駅隣にある都市情報センターにておひさま進歩エネルギー株式会社とおひさま自然エネルギー株式会社が主催して、中部圏の市民発電所の今後に向けての会に、代表と技術担当の父が参加しました。
下記の団体の方が集まりました。(順不同)

NPO法人地域資源ネットワークあいち
合同会社金沢市民発電所、NPO法人市民環境プロジェクト
NPO法人エコプランふくいとよあけ自然エネルギー株式会社
びわ湖エネルギー株式会社
株式会社パスポート
新城自然エネルギー株式会社
ソーシャルエネルギー株式会社
おひさま進歩エネルギー株式会社
おひさま自然エネルギー株式会社

そして、お互いの各地の普及状況を情報交換した後、特に新電力についての現状ということで、
講師として E-konzal の榎原氏にお越しいただき、発表いただきました。
http://www.e-konzal.co.jp/

CIMG3077.jpg

IMG_6456.jpg


再エネを電源としても直接小売りには影響せず負担にはならないこと、しかしキャッシュ的には2から3か月の再エネ賦課金立て替えが厳しいこと、太陽光は昼間の小売市場価格に影響し、今後安くなっていくと不利になっていくこと、需要との需給を合わせることの重要性、などを非常にわかりやすく説明いただき、勉強になりました。
終わったあとは、有志にて懇親会でのより深い交流ができました。
DSC_0696.jpg

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 11:01 | 事業紹介 | この記事のURL

2月22日 犬山西小学校アイエネ発電所 竣工式を行ないました(2/28追記)[2017年02月27日(Mon)]
2月22日、晴れた空のもと、犬山西小学校において、犬山西小学校アイエネ発電所竣工式を実施しました。

山田拓郎市長、犬山西小学校の高田校長先生、市民出資のおひさま進歩エネルギー株式会社 原代表、施工業者の株式会社山善 村上代表を迎えての開催となりました。
20170222_143239.jpg

冒頭での市長からの挨拶。この事業に大きく2つの意味があるとして、1つは地域の自然エネルギー普及であり環境教育であり防災に役立つ地域力アップとしての意味、もう1つは公共施設の未活用場所である屋根を民間企業との連携により利用できることとしての意味をお伝えいただきました。これからも、犬山の活性化に向けてこのような取り組みが増えることを期待されていました。

続いて、当社代表より、関係者への御礼と施工のご報告をしました。
DSC_0425.jpg

発電量はシミュレーションを上回って出ています。パネルは京セラ製、パワーコンディショナーはオムロン製です。

そして、学校への非常用機器や表示モニターの贈呈をした後、竣工式セレモニーとして、蓄電池からのLED照明点灯を行ないました。
20170222_145258.jpg


おひさま進歩エネルギー株式会社の原代表からもコメントいただき、代表の谷口のような取り組みが全国に広まっていくことの激励をいただきました。

最後に全体で記念写真を撮影しました。
全体写真.jpg


さらに終了後、表示モニターも見学いただきました。
モニター前 KIMG0175.JPG

このような式典が無事に開催できたこと、本当にありがとうございます。
ご参加いただきました皆さまをはじめ、ご寄付やご出資をいただいた皆さま、様々に応援いただいた皆さまにも心より感謝申し上げます。

P.S犬山西小学校のブログにも、ご紹介いただきました。
【学校紹介】 2017-02-23 21:32 up! にあります。
http://www2.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2310196

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 12:54 | 事業紹介 | この記事のURL

犬山再エネ勉強会 開催されました[2017年02月07日(Tue)]
1月26日(木)19時〜、犬山市役所の会議室において、愛知県温暖化防止推進員の方を中心に犬山市で自然エネルギーを活用していくための勉強会が開催されました。
参加者は27名ほど。市議会議員の方なども参加されていました。
170126犬山再エネ勉強会 会場.jpg


初回の内容は、4名からの発表でした。
発起人の愛知県地球温暖化防止推進員 西尾氏が全体のまとめをされました。また、COP21パリ協定の意味について話されました。
170126犬山再エネ勉強会 西尾氏.jpg


同じく推進員の若井氏は温暖化の現状についてを説明されました。
愛知県地球温暖化防止推進員メンバーはこちら
http://www.pref.aichi.jp/kankyo/taiki-ka/eco21/members.html

また、コープいぬやまの主婦の方が中心に動かれているCOOP犬山環境グループ「おひさま」の
大宮氏から、近年の活動報告がありました。
コープいぬやま http://www.coop-aichi.jp/office/shoplist/inuyama/

そして最後に、当社代表の谷口が長野県飯田市の省エネ再エネの先進的取り組みについて説明しました。
170126犬山再エネ勉強会 彰.jpg

飯田市での普及が進んだ大きなポイントとして、「ぶれない市政方針」「市と市民が一体となった公民館活動」をあげました。地域課題解決の知恵は地域にあり。この鉄則が省エネ再エネの普及にとっても外れません。
2月3日に、犬山市のしみんていで開催された市民活動交流フォーラムが開催され、100名あまりの方が参加していた中で、IIHOE代表の川北秀人氏(ホームページはこちら)が話されていたことも、まさに自治会・町内会の公民館活動が自治の基本になって地域事業となっていくこと、に焦点がありました。
市の職員も、銀行員も、その他大組織に属する人も、いち地域市民として共に地域活動を盛り上げていきましょう。

勉強会の今後は、代表も世話人として参加し、共に犬山の再エネ普及を盛り上げていく地盤づくりに協力していきます。
映画上映や講演会、グループワークなど、色々な企画をしていきたいと考えていますので、
「再エネのこんなこと知りたいな」「新電力の電気ってどうなもの」「うちの省エネってどうすればいいの」など、ぜひ当社へもお気軽に関心あることのご意見をいただければ幸いです。

【犬山再エネ勉強会】どうぞよろしくお願い致します。


Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 15:54 | 事業紹介 | この記事のURL

2017年もよろしくお願い致します[2017年01月05日(Thu)]
2017年が、三が日快晴のもと、始まりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年よりEU離脱、アメリカ政権交代、パリ協定などの話題があり、今年も様々な新しい体制が動き出すでしょう。その中で、日本でも石油、原発、エネルギーに対する議論も多く行われるに違いありません。犬山でも、ぜひこのような世界的な議論をしながら、これからの日本、これからの地域について地域の皆さんと考え、実践に、事業にしていきたいと思います。
市長や商工会頭の参加された平成29年新年交礼会及び叙勲・褒章受章者祝賀会に参加しました。
山田市長は、総合計画を良い意味で見直し、「人づくり」「産業振興」「定住促進」に力を入れるとの新年あいさつをいただきました。
DSC_0459.jpg

参議院議員の伊藤孝枝さんも犬山の小学校出身とのことで来られ、フレッシュな風を会場に運んで下さっていました。
https://www.minshin.or.jp/member/6200

そして、まずは当社ご報告ですが、犬山西小学校への大部分の太陽光発電設置は完了しました。
事業のための市民出資もほぼ集まりました。誠にありがとうございます。
引き続き、避難拠点としての非常用設備への寄付を1口2千円から募集していますので、ぜひご協力をよろしくお願い致します。当社までご連絡ください。
161226_1502~01.jpg


そして、2017年、愛知県温暖化防止推進員の方が中心となって、犬山市で再生可能エネルギー活用研究会を立ち上げていくための、第一回勉強会が開催されることとなりました。
当社代表の谷口も事例発表させていただきますので、ぜひご参加ください。
170126犬山再エネ勉強会web用.jpg







Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 11:27 | 情報提供 | この記事のURL

第3号アイエネ発電所【犬山西小学校】に決定!(結果更新)[2016年11月03日(Thu)]
太陽光発電の事業、2号機から、長らく時間がかかりましたが、ついに第3号の発電所ができるようになりました。
民間企業の屋根や個人の土地等でなく、より公共的な場所、非常時に避難できる場所、地域への貢献がなせる場所にこだわり、場所を探してきました。

そのような折、今年の4月15日より公示が開始され、1つのプロポーザル入札が行われました。
http://www.city.inuyama.aichi.jp/jigyo/proposal/1002875.html
「公共施設屋根貸しによる太陽光発電事業」
(内容)犬山市は、温室効果ガスの排出削減により地球温暖化防止につながる再生可能エネルギー普及拡大を推進しています。本事業は、太陽光発電事業を行う事業者へ公共施設の屋根等を貸し出し再生可能エネルギーの導入を促進し、「エネルギーの地産地消」による地域経済の活性化につなげるとともに、公共施設の利活用、災害時等における防災機能の強化及び環境啓発活動の活性化を図ることを目的としています。

この入札で2つの場所が選定されており、犬山市役所本庁舎と犬山西小学校でした。
このうち本庁舎は施工が厳しく、犬山西小学校での事業を希望しました。
参加表明提出、見学会、質問提出、本申請、プレゼン、とステップを踏み、、、
そしてついに、8月18日、優先交渉権者として選定いただきました。
犬山市のHPはこちら
http://www.city.inuyama.aichi.jp/jigyo/proposal/1003593.html

その後、耐震や耐風、防水等、一級建築士のチェックを受け、無事に10月12日付けで、
犬山市と犬山aiエネルギー株式会社との西小学校太陽光発電設置の協定書を結ぶことができました。
スクリーンショット (163).png

これから、西小学校地域の皆さまをはじめとして犬山市の皆さまに事業のご説明をしながら、生徒さんが休みである12月の冬休みに設置を予定しています。
時間はあまりありませんが、多くの方の募金も募り、非常時、災害時に必要な備品も同時に設置予定をしていますので、1口2千円からどうぞ皆さまのご協力をよろしくお願い致します。10万円を目標としています。
また、太陽光発電自体は、単に融資ではなく利益を犬山市民に還元できるよう、市民出資で賄う予定です。
スクリーンショット (164).png


事業のお問い合わせ、募金のお問い合わせなど、上記当社連絡先までお気軽にご連絡ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 17:39 | 事業紹介 | この記事のURL

太陽光発電の御礼 地産品のプレゼントを実施しました!![2016年10月17日(Mon)]
2015年、目玉の事業として実施しました、『5千円で犬山の夢を買いませんか』の
事業を実施し、無事に太陽光発電を設置して1年が経ちました。
事業の紹介はこちら http://blog.canpan.info/aiene/archive/24

この事業にご協力いただきました約30名の方に、地産地消のセレクションカタログ第1弾を
お送りし、選んでいただいた品をお届けすることができました。

プレゼント梱包の様子
IMG_7678.jpg

IMG_7680.jpg


全員に追加で、設置したまみずの里からの当日朝採れ生椎茸をプレゼント!
IMG_7679.jpg


皆さまに喜んでいただけました。
IMG_7683.jpg


自然エネルギーで地域の経済循環に繋がる一歩を、この手で直接皆さまにお届けすることで実感することができました。このような事業モデルを今後も生み出していきます。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 10:47 | 事業紹介 | この記事のURL

第13回ワイワイ犬山フェスティバル 出展しました![2016年10月13日(Thu)]
10月8日〜9日にかけて、今年も産業振興祭「ワイワイ犬山フェスティバル」に出展しました。
公式HP http://www.inuyama-cci.or.jp/waiwai13/about.html

本年のテーマは「つなごう"いぬやま"! 楽しもう"いぬやま"!」ということでした。
名古屋経済大学の学生の吹奏楽バンド、OBの出し物でエイサー(沖縄太鼓)など、祭りを賑やかに彩っていました。



当社としては、従来の子どもも大人も楽しめる環境グッズの展示と、
IMG_7659.jpg


新しい取り組みである、MOKI製の竹ボイラの紹介をしました。
IMG_7667.jpg


竹ボイラは重量があるため、縮小したイメージ写真と、実物の竹を指したモデルを作りました。
防災用ストーブと共に、電気を全く使わずに使える、場所や状況を選ばず煙の出ない優れものです。どちらもなかなか人気があり、食い入るように説明を聞いて下さる方もいました。

地域に徐々に根付いていけるよう、引き続き啓発を進めていきます。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 10:45 | 事業紹介 | この記事のURL

| 次へ