CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 研修・講座案内 | Main | 活動報告(紹介)»
平成30年7月豪雨災害ボランティア情報(7/14現在) [2018年07月14日(Sat)]
災害ボランティア活動を希望されるみなさんへ
◆各災害ボランティアセンターの最新情報を確認してください

◆ボランティア活動保険に加入ください
 〜ご自宅最寄りの社会福祉協議会でボランティア活動保険にご加入ください〜
ボランティア活動保険は、自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地では混乱も想定されますので、必ず加入してください。

【参考】今回は水害被害ですので、天災保障タイプ(地震・津波など)の加入ではなくとも基本タイプの保険で補償されます。また、すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

◆自己完結のボランティア活動をお願いします

現在、ライフラインが完全に復旧していない地域も多く、被災地では食料・飲料水のほか、ボランティア活動に必要な備品、服装を整えることも困難な地区があります。可能な限り持参していただくようお願いいたします。

◆熱中症予防対策をお願いします

被災地では、非常に気温の高い状態が続いています。今回の災害でもボランティア活動に参加した方が、熱中症症状で体調を崩されたり、病院に搬送されたりする状況が複数生じています。
ボランティア活動に参加されるみなさんの体調管理は何よりも重要です。活動にあたっては決して無理をされないようにしてください。

◆「泥を見ないで、人を見る」

水害のボランティア活動では、家屋内外の清掃や泥の片づけなどの作業が中心になりますが、目的は、被災された方の命と暮らしを守るための活動です。
活動のなかで住民の方からお聞きになった困りごとや心配ごと、お隣や近所の方のようすなど、気になったことがありましたら、災害ボランティアセンターのスタッフにお伝えください。

==================================
★災害ボランティア活動・有料道路の利用料減免手続きにかかわるお願い★
==================================
有料道路利用料減免にかかわらボランティア活動希望の方が事前申請いただく際に必要となる「受入承認」の手続は、被災地の災害ボランティアセンターで行いますので、手続き等について迅速な対応ができないこともあります。

○減免にかかわる書類を返送するまでに多くの時間を要してしまうこと
○ボランティア活動に参加を希望される直前に書類をいただいても、手続きが間に合わない場合もあること
○事前に手続きいただいた際のボランティア活動の内容と当日の活動内容が異なったり、状況によってはボランティア活動の参加をお待ちいただいたり、ボランティア活動への参加ができなくなる可能性があること

※これらについて、どうぞご理解をいただきたくお願いいたします。

また、災害派遣等従事車両証明書は、居住地または被災地の都道府県・市町村の担当窓口で発行しています。(和泉市でも発行しています)

詳細については、西日本高速道路株式会社ホームページを参考にしてください。

==================================
★現地に行かなくてもできる被災地支援 義援金・支援金★
==================================
現地でのボランティア活動以外にも、被災地を応援できる身近なボランティア活動=募金があります。
社会福祉法人中央共同募金会では、今回の災害で被災された方々を支援することを目的に、義援金・支援金の募集を行っています。
受付期間は、平成30年7月10日(火)から9月28日(金)まで


==================================
★被災地の災害ボランティアセンター等の状況★
==================================
これまでに、12府県の58市町で災害ボランティアセンターが設置されました。
また、1市で災害ボランティアセンター設置準備中となっており、12市町では、社協ボランティアセンターにより被災者支援のボランティア活動が行われています。
発災後から14日(土)までに、全国で26,000人を超えるボランティアの方々が活動をされています。


Posted by アイ・あいロビー at 23:35 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL
平成30年7月豪雨義援金・支援金について [2018年07月13日(Fri)]
各地で、たくさんの募金活動が実施されています。
募金したお金が、誰に、どこに、どのように使われるのか、よく考えてから募金しましょう。
gienkintoshienkin.png












★被災地全域への支援
共同募金会日本赤十字社へ募金し、配分委員会を通じ、委員会で定める配分基準に基づき各市町村を通じて被災された方々に配分されます。

特定の府県市町村を個別に支援
各被災地それぞれの自治体のホームページを参照

★被災地で活動しているボランティアさんやNPO法人を支援

★特定の府県市町村災害ボランティアセンターを個別に支援



Posted by アイ・あいロビー at 08:26 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL
平成30年大阪府北部を震源とする地震義援金と支援金 [2018年06月27日(Wed)]
各地で、たくさんの募金活動が実施されています。
募金したお金が、誰に、どこに、どのように使われるのか、よく考えてから募金しましょう。
gienkintoshienkin.png












なお、現在、救援物資の受付は行なっていません。


特定の市のボランティアを支援したい場合は
各災害ボランティアセンターのホームページをご確認ください。



Posted by アイ・あいロビー at 00:35 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL
大阪北部地震に関するボランティア情報 [2018年06月19日(Tue)]
6/20 災害ボランティアセンターの設置状況と今後の見通し
(状況は変わります!必ず最新情報を入手してください)

◆吹田市(災害ボランティアセンター設置/現時点ではニーズ把握等が中心)
◆茨木市(災害ボランティアセンター設置/現時点ではボランティアは市内の方を募集)
◆豊中市(20日から災害ボランティアセンター設置/現時点ではボランティアは市内の方を募集)
◆高槻市(20日から災害ボランティアセンター設置)
◆枚方市(20日から災害ボランティアセンター設置)
◆摂津市(現時点では通常のボランティアセンターで支援)
◆箕面市(現時点では通常のボランティアセンターで支援)
◆大阪市内の各区(現時点では通常のボランティアセンターで支援)

今後、週末に向けてさらなる運営支援等の協力が必要になるかもしれません。詳細な状況が分かり次第、改めてご案内させていただきます。

現地に向かう場合は、必ずHPやFacebook等で状況を確認し、天候や余震にも注意しながら行動してください。


ボランティアのみなさんへ

被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方がたのニーズと、支援をしたいという方がたの熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、活動に行く前に下記ホームページをご一読ください。
saigaivol.png
saigaivol2.png


















続きを読む・・・
Posted by アイ・あいロビー at 20:21 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL
赤い羽根共同募金運動スタート! [2017年11月27日(Mon)]
今年も、赤い羽根共同募金運動が全国一斉に始まります。
(10 月1 日〜12 月31 日) 12/1〜12/31地域歳末助けあい運動
aichankiboukun.jpg

和泉市でも、街頭募金を10 月2日(月)・3日(火)・4 日(水)の3 日間、市内4駅周辺等で実施します。
また、運動期間中は、町会、自治会・学校・企業や店舗などを通じて、広く募金活動を展開し、「アイ・あいロビー」においても募金箱を設置します。

集まったお金は、原則、和泉市内の高齢者・障がい者・子育て世代への福祉活動費、地域で活動するボランティアなどの活動支援費として活用しますが、災害発生等のための準備金も積み立てて、実際に災害が発生した場合には、被災地支援も行います。


募金活動は「誰でも」「いつでも」「どこでも」できるボランティア活動

みなさまの温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

Posted by アイ・あいロビー at 00:10 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL
和泉市から熊本を応援しよう! [2016年11月01日(Tue)]
4月に熊本県内で発生した巨大地震
まだまだ多くの方が仮設住宅での生活を送っています。

和泉市社会福祉協議会では、今年の夏ボランティアさんを募集して
「タイル小物製作」「スイーツデコ製作」を実施しました。

izumishi-kumamoto.jpg

完成した小物は、市内各種イベントで販売を行い、
その売上金を「熊本地震義援金」として寄付いたします。
11/23 ボランティア市民活動フェスタでも出店いたしますので、
ぜひご協力よろしくお願いいたします!
Posted by アイ・あいロビー at 21:28 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL
未来へススモーション ともに築く新しい東北 [2016年02月28日(Sun)]
(政府広報オンライン)

「被災地のいま」を知ることで、自分に何ができるか考えてみましょう。
新しい東北で暮らす方々とそこを訪れる方々が、手と手を取り合ってさまざまなイベントや取組を行っています。

イベントに参加するだけでなく、行って応援、買って応援...
そこに携わる人々の思いや、活動の様子などをが紹介されています。

インターネットで見ること、聞くことができる復興支援テレビ番組、ラジオ番組もたくさんあります。

Posted by アイ・あいロビー at 00:00 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL