CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年10月31日

ありがとう

家に入る時は、だいたい両手がふさがってます。

荷物があるし、何よりいろはを抱っこしてるし。

手も使わず靴を脱ぎ捨て、足早にリビングに移動し、荷物を置いて、家事をしたり・・・しなかったり。

先日は、諒仁を園へ迎えに行って少しおやつ休憩し、再び買い物に出かけようとしたら、脱ぎ散らかした靴が散乱していたはずの玄関がきれいになってました。
IMG_1755.JPG
諒仁がそろえて置いてくれたようです。

4足中3足はママの靴あせあせ(飛び散る汗)

手がふさがっていることよりも、性格的な問題が大きいよね。

「うわ〜!ありがとうね!」

と言うと、

「どういたまして」

まだまだ甘えてることが多いけど、時折「あれ、こんなに成長してる」なんて思って驚きます。

2012年10月30日

そのわけは

いろはが動くようになり、諒仁のテリトリーは荒らされる毎日です。

諒仁が好きなものをいろはも好むようになり、電車や車のおもちゃを引っ張り出してくるので、諒仁が怒るのも無理はない・・・という状況。

でもまだ2才。怒り方が分からないから、

「だめーっ!!」

と叫んで取り上げ、押し倒す。叩く。つねる。引っ張る。などなど、ママにしかられてしまうことをしてしまいます。

ママも分かってるんだけど・・・、あまりに執拗にいろはを泣かせていると、大きめの雷がドッカーン雷と落ちるわけです。

先日もそう。怒るまい、怒るまいと一日中事態の収束に努めていたけど、夕方にはママもプッツンむかっ(怒り)

「いい加減にしなさいっ」「一人で遊びたいならあっちで遊んでなさい!」

と。もちろん大泣きして、近所にも響き渡るような大泣きをして、しまいにゃ吐いて、それから少し落ち着いたところで、

「お母さんがどうして怒ったのか、分かる?」

と聞いたら、ひくっひくっと泣きじゃくりながら、

「イライラしてたから・・・」

違う・・・。違うじゃんよ・・・。









2012年10月27日

いろは10ヶ月

「大きいねぇ!」

と言われ続けて10ヶ月のいろはサン、ようやく落ち着いて、成長曲線が追いついてきてくれました。グラフを飛びぬけていたのが、最近は上の方ギリギリに収まってます。
IMG_1719.JPG
9-10ヶ月検診の際は、3か所位に青あざがあり、特に頬のあざは大きくて目立っていたから、虐待を疑われるかもなんてドキドキ。

しかし待ち時間の間のあまりの活発さに、疑われる余地もありませんでしたーふらふら

昨日1歩足を出したから、そろそろ歩きだすかな?なんて、ワクワクする揺れるハート


posted by ティナ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | いろは

2012年10月26日

手作りのまとめ

細々といろいろ作ってました。写真を撮っていなかったものは省いたけど、撮ったものだけでも結構作ってたんだなぁって我ながら思いました。

IMG_1699.JPG

IMG_1831.JPG

IMG_1715.JPG

IMG_1415.JPG

IMG_1280.JPG

IMG_1264.JPG

IMG_1252.JPG

IMG_1037.JPG

IMG_1020.JPG

IMG_1000.JPG

IMG_0985.JPG

IMG_0914.JPG

IMG_0829.JPG

IMG_0573.JPG

IMG_1821.JPG

IMG_0543.JPG
posted by ティナ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り

2歳9カ月

無我夢中になっている間に、りょうとは2歳9カ月になってました。

IMG_1821.JPG

多分他の家庭でもあるように、しっかり反抗期がきて、妹に攻撃することも毎日だったりして、ママとしては楽しくも辛い日が結構あったかなー。

幼稚園の未満児クラスに通わせているけど、9時に諒仁を送ってからスーパーで買い物をすませ、彩羽を子育て支援センターへ遊ばせに行き、正午すぎに帰宅してごはん食べさせてお昼寝させ、3時に諒仁を迎えに行き、そこから幼児教育センター(児童館のようなもの)に連れて行き、閉館の5時まで遊ばせて帰宅。そこから夕飯を作って食べさせ、お風呂に入れ、9時までに寝かしつけ。

この繰り返しです。

誰かが言っていたけど、育児はらせん階段を下をのぞきながら登るようなものだそうで。

一生懸命登っているのに、景色は全然変わらない。でも確実に、一日は一日として過ぎているって。

育児を語るには依然及ばないけど、分かる気がするなぁ。ちょっと前に(半年前か)

「バス、と言えるようになりました」

という記事を書いたばかりなのに

「おかあさん、ぼくがんばったけど残しちゃったの。ごめんね。ごはん、おいしくなかったの」

とスラスラ言って、ママのハートをぐさりと刺していったりするもんね・・・。お・・・おいしくなかったのかぁ・・・。それはなんだか、こちらこそごめんね・・・。






2012年04月06日

りょうと、2才2ヶ月

遅ればせながら、りょうとが言葉を発するようになってきました。

バスを「ば」と呼ぶようになってから約10ヶ月。ようやく「バス」に。

活発で、いろんなことに興味があり、私の体力がついていけてない半面、歯磨きも進んでやるし、食べた食器は片づける、外出先では脱いだ靴を揃えるなど、

「あれ?そんなこと教えた?」

という驚きの毎日。

IMG_0548.JPG

先日は、テレビを見ながら二人でおやつを食べようとしたら、

「おかあしゃん、見たい?」「あむあむ よ〜」「テレビ、消しゅ」
(おかあさん、見たいやつなの?でも、食べるときはテレビ消すよ)

と言われ、消されました・・・。あっ・・・。見たかった・・・。

キミは正しい。正しくてまっすぐ。

ショッピングモールへ行って、しまじろうの絵本で学んだ通り、会う人会う人に頭を下げて大きな声で

「こんにちは!」

週末のショッピングモールにどれだけの人が集っているのか、まだ知らないんだもんね。

あいさつされた側は、「え?私?」と戸惑い、または気付かずに通り過ぎていくけど、めげずにまた

「こんにちは!」

約20人ほどにあいさつし、誰からも返事が返ってこなかったという現実。この積み重ねで、きっと挨拶しなくなっていくのね。

明日はそんなりょうとの入園式。ドキドキです。




2012年03月31日

わたしがおかしいのかな?

学校から帰ってきたら家にお母さんがいないと言っては、我が家に入ってこようとする隣の小学生の女の子。

上の階の男の子が毎日我が家のベランダに落とすサンダル、靴、たまにゴミ。

上の階の男の子はまだ2才前だししょうがないけど、せっかく植えた花が靴でつぶされて、切ない気持ちは否めない。

そして昨日は、諒仁をベランダ(1階)で遊ばせていたら、小学生くらいの男の子二人がフェンスの外から

「おい、そのトラックかして!」

「赤ちゃん、そこのショベルカーちょうだい!」

と、諒仁に指示してる。

なんか嫌な感じがしたので、私もベランダに出て

「どうしたの?」

と聞くと、

「中で遊んでいい?」

ちょっと困ったけど、まあ子供だし、と思って「いいよ」と言うと、諒仁からおもちゃを取り上げて遊び出した。

ええ?

そのうちどかどかと家の中に入ってきて、おもちゃというおもちゃを出し、手作りのおもちゃに対しては

「ババァが作ったの?」

と、私をババァ呼ばわり・・・。クソガキめっと心では思うものの、キツくは言えず、おうちどこなの、お母さんはウチで遊んでいることを知ってるのって聞くけど、質問に対しては知らんぷり。

ちょうど、向かいの息子さんが通りかかったから、

「今ウチで遊んでる子たち、どこの家の子か分かります?」

と聞いたら、

「おーい、坊主ら。どこの子だ?おっちゃんが遊んでやるから外に出てこい。ここは赤ちゃんがいる家だから、邪魔するんじゃないぞ」

と言って連れ出してくれ、その後子供たちを注意してくれた。

温和に帰ってくれるのを待とうかと思ったけど、やっぱり「ダメ!」って言わなきゃいけなかったね。向こうもいいもんだと思っちゃうもんね。

それにしても、これだけあちこちの近所ストレスを感じると、実は周りの感覚が普通で、私がおかしいんじゃないかと思って自信なくすわ。




posted by ティナ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | わたし

2012年03月29日

ある意味チームだね、わたしたち。

毎日通っていた子育て支援センターで、お別れ会がありました。

保育園、幼稚園に入園する子供たちが、子育て支援センターに来られなくなるので。

りょうとも4月からは2歳児クラスに入園予定なので、主役の一人です。
IMG_0671.JPG
頻繁に通ってきていたママさんたちと、お互いの子供の成長をほのぼのと見守り・・・。

こはく君がちゃんと自分からごめんなさいって言った時は感動して涙が出たなぁ。

そらちゃんが節分の鬼で泣くのをこらえているのを見て、なんて我慢強い子なんだって思ったなぁ。

2才の銀ちゃんが初めて発した言葉が「なんだよ!」で大爆笑したなぁ。

子供がいなかった時は「ママ友」なんて作らなくていいと思ってたし、めんどくさそうって思ったこともあったけど、今やチームと化した私たち。自分の子供だけじゃなく、他の子の成長にも感動しちゃう。

あきれるほど一生懸命に育児して、一喜一憂、泣いたり笑ったり。

転勤族で、まして実家がパラグアイという私にとっては、こんな育児仲間ができるとは思っていなかったので、本当にありがたく、そして楽しかったわーい(嬉しい顔)

どこでも得られる環境ではないので、山梨に来てよかったなあって思うことの一つです。


タグ:育児

2012年01月28日

痛いのなんのって…

6年ほど前に発症したメニエール病が、出産か育児かをきっかけに、勢いも当初そのままにぶり返してしまいました落ち込み

発作がおきるとめまいで倒れこんで、そのまま床でゲエゲエして、上下も分からなくなって目の前の電話にも辿りつけないため、2歳と0歳と暮らしている中では治療を優先したいので、お薬を飲むことになりました病院

で、問題なのは。ほぼ完全に母乳で育てていたのを、突然完全にミルクにしたこと。

いたーい!!張っちゃって痛ーーーい!!

電話で相談した助産師さんからは

「おっぱいが張ってきたらその都度かるく絞って…」

とアドバイス受けたけど、いくら絞っても張った部分だけは張ったまま困った

りょうとがふざけて体当たりしてきた日には涙流して悶絶〓

それでも、昨日よりはましになっているような、うーん…、いないような?

ところで、メニエールの問題がある耳は右耳で、当然聴力検査では低い結果が出たんだけど、健常な左耳の方がもっと聴力が悪いことが判明。

どんちゃんが話していることが聞きづらいのは、話し方に問題があると思ってたけど、実はこっちの耳の問題だったようで。

posted by ティナ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | わたし

2011年12月16日

冷や汗もん

いろはを出産して、退院する時、先生からお話があると言って呼ばれました落ち込み

「赤ちゃんの心臓に穴が開いています。ほとんどの場合自然にふさがっていくので、様子を見ましょう。」

って。

そして今日は2週間検診があって、ほとんどふさがっているとのことで、一安心しましたドキドキ小 次の一ヶ月検診の時には完全にふさがっていてほしいなぁ…。

それとは別件だけど、昨夜はいろはが珍しく激しく泣いていて、でも母乳をあげたばかりだったのでミルクをちんたら作っていたら、泣きすぎて引き付けを起こしてチアノーゼに困った

大阪から来てくれているおばあちゃんと私とで、もうあたふた汗

割とすぐに息を吹き返したけど、こっちの心臓が止まりそうだったわ。

諒仁の時と比べると、ほとんど泣かないしよく寝る静かなベイビーだけど、時折これでもかって存在感を示してきます。

今のところは一つ一つ問題のないレベルで落ち着いているから、このまま健康で育ってくれることを願うばかり。
posted by ティナ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いろは