CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«BDFをご希望のお客様へ(BDF販売) | Main | 仙台市での廃食用油の回収場所が増えます。»
プロフィール

企業組合 労協センター事業団 大崎バイオマス事業所 あぐりーんみやぎさんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
http://blog.canpan.info/agreenmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/agreenmiyagi/index2_0.xml
バイオディーゼル燃料(BDF)とは? What Is Biodiesel [2015年01月24日(Sat)]
バイオディーゼル燃料(BDF)とは、動植物油を原料とするディーゼルエンジン用燃料のことです。
化石燃料である軽油の代わりに使用することで、カーボンニュートラルの考え方に基づいた二酸化炭素の削減効果が見込まれます。
日本では原料の使用済み天ぷら油とメタノールを反応させる製造方法が普及しており、この方法で軽油とは成分が異なるものの普通のディーゼルエンジンで利用できる燃料をつくることができます。
燃費や走行性能も軽油とほぼ同等で、トラック、重機、トラクター、発電機、ボイラーなどで使用されており、最近では地球温暖化防止やエネルギーの地産地消といった面で注目されています。
軽油の主成分が炭化水素であるのに対し、バイオディーゼル燃料(BDF)の主成分は脂肪酸メチルエステルで、FAME(Fatty acid methyl ester)とも呼ばれています。
なお「BDF」は(有)染谷商店の登録商標でバイオディーゼル燃料の略称として国内で広く使用されています。Bio(生物)Diesel(ディーゼル)Fuel(燃料)という造語の頭文字からつくった言葉とのことです。
biodiesel.JPG
BDFサンプル(色の濃さは原料油の着色状態に影響されるため、品質に直接関係ありません。また、揮発性は少ないためBDFそのものは臭いはあまりしません。)

バイオディーゼル燃料(BDF)のメリット
(1)二酸化炭素排出ゼロカウント
カーボンニュートラルのため地球温暖化防止につながります
(2)高いリサイクル率
使用済みの天ぷら油から、ほぼ同じ量のバイオディーゼル燃料(BDF)をつくることができます
(3)一般的なディーゼルエンジンに使用できます
エンジンは無改造で使用できます、燃費や走行性能も軽油と同等です
(4)排気ガスがクリーンになります
軽油に比べ、ススや硫黄酸化物が出ないため空気がきれいになります
(5)実感できる環境教育
捨てるはずだった天ぷら油で車が走る様子を見ていただくことで、資源循環を実感できます
(6)安全性が高い燃料です
軽油よりも引火点が高く、より安全といえます


Transesterification_b.jpg

エステル交換反応イメージ図
植物油とメタノールを化学反応(エステル交換反応)させバイオディーゼル燃料(BDF)を製造する方法が広く普及しています。この方法は植物油のままでは動粘度が高く、エンジン内部でうまく流動しないため動粘度を下げ、軽油に性状を近づけるという理由のために行なわれています。また、この反応でグリセリンが副生されますが不純物も多いということもあり、「廃グリセリン」、「粗製グリセリン」と呼ばれておりこれまでは廃棄物として処理されていましたが、あぐりーんみやぎでは燃料や堆肥発酵促進剤として再資源化しています。


carbonneutral_bdf_b.jpg
カーボンニュートラルのイメージ図
バイオディーゼル燃料(BDF)が燃焼すると二酸化炭素が発生しますが、植物が二酸化炭素を吸収し環境全体では二酸化炭素は増えません。この考え方はカーボン(炭素)ニュートラル(中立)と呼ばれ地球温暖化防止に有効とされています。軽油の代わりにBDFを使用すると1リットルあたり約2.6kgの二酸化炭素を削減したことになります。

BDFの品質について
バイオディーゼル燃料(BDF)の品質規格には、B5混合軽油用として「JIS規格K2390」があります。
あぐりーんみやぎでは全国バイオディーゼル燃料利用推進協議会が定める、JIS規格K2390に基づいた「協議会全項目規格」と「協議会モニタリング規格」の分析を定期的におこなっています。 またロットごとの簡易検査と、ガスクロマトグラフによる分析を行い、BDFの品質を確認しています。
 基準値7月8月9月10月11月12月
遊離グリセリン 0.02%質量以下 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
モノグリセリド 0.8%質量以下 0.52 0.43 0.35 0.40 0.35 0.48
ジグリセリド 0.2%質量以下 0.11 0.11 0.11 0.13 0.06 0.13
トリグリセリド 0.2%質量以下 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
全グリセリン 0.25%質量以下 0.15 0.12 0.10 0.12 0.10 0.14
メタノール 0.2%質量以下 0.01 0.03 0.01 0.01 未実施 未実施
水分 500ppm以下 380ppm 371ppm 443ppm 300ppm 333ppm 未実施
27年7月〜12月までのガスクロマトグラフによる分析結果

bdf5_b.jpg
協議会モニタリング規格基準適合証
Posted by あぐりーんみやぎ at 21:16 | バイオディーゼル燃料 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント

ページの先頭へ