CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«石巻方面と女川方面へBDFの配達 | Main | 雪がつもりました»
リンク
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
検索
検索語句
QRコード
http://blog.canpan.info/agreenmiyagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/agreenmiyagi/index2_0.xml
田尻ではマガンが蕪栗沼に帰っていく様子がみられます [2018年11月17日(Sat)]
日没の少し前、夕方の四時半ごろになると、マガンがラムサール条約湿地の蕪栗沼に一斉に帰っていく姿がみられ、いっときマガンの鳴き声で空が騒がしくなります。

マガンは大崎市の「市の鳥」に指定されていて、遠くシベリアから越冬のため毎年数万匹が飛来しています。

Anser_albifrons_oosaki.jpg

201811.jpg
Posted by あぐりーんみやぎ at 10:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1405943

コメントする
コメント

ページの先頭へ