CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2015年10月 | Main | 2015年12月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
志木第二中学校の皆さんの感想[2015年11月18日(Wed)]
先日、志木第二中学校で専務理事の石塚が講演したときの生徒さんの
感想です。るんるん

【3年生F.Sさん】
日本の問題をに立ち向かおうとする勇気がある人がこの先の難しい国際問題と立ち向かうのだと
思いました。石塚先生のように国際問題に関心を持って取り組みたい。

【3年生W.Mさん】
仕事は楽しくやること、諦めないことが成功につながるのだと学びました。
特に心に残っているのは、蛍とほぼ同じ光を示す反応の実験です。
石塚さんのようにいろんなことに挑戦し、新しいことを発見していきたいと思います。

【3年生S.O】
石塚先生の話を聞いて、どんなことにも嫌な気持ちでやるのではなく、自分で楽しみながらやるのが一番だと思いました。これから、勉強以外のほかのことにも挑戦していきたいです。

石塚さんの今までの挑戦が、子どもたちへのエールになったのだと思います。
ありがとうございました!!グッド(上向き矢印)

Posted by aefa at 13:39 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

志木第二中学校ふれあい講演会[2015年11月17日(Tue)]
DSC_0933.JPG

10月10日に埼玉県の志木第二中学校に呼ばれて、全校生徒450人の前で講
演をしました。exclamation

埼玉県の中学校はどこでも毎年1回はキャリア教育の一環で、
「ふれあい進路講演会」なるものを開いて、子供たちにこれからの進路について
関心を持ってもらうきっかけにしているそうです。わーい(嬉しい顔)

昨年、所沢市立美原中学校で同じ趣旨の講演会に呼ばれて、
講演をしたのですが、同校のHPを見ていた志木第二中の佐藤校長先生から
声がかかって、同じ内容で良いから自分の学校でやって欲しいという依頼を受けました。

そこで私自身の例を話して、(それしかできませんが)「サラリーマンは面白くない仕事をやらされて、つまらない。」などと考えずに、自ら前向きに仕事に取り組めば、
結構面白く仕事ができるので、要は仕事への取り組み方を

「やらされ感で無く、自主的に目標を持って工夫することが大切である。」

ということをメッセージとして伝えるようにしました。晴れ
帰り道に下校中の同校の学生に会ったので、良く理解できたかを聞いたとこ
ろ、良くわかって、興味を持ってくれたようで、ほっとしました。いい気分(温泉)

11月16日に生徒の感想文の一部が届き、早速読ませてもらいました。

話の技術的な面が難しかったようで、反省点ですが、
「世の中にはいろいろな仕事があり、どんな仕事にも前向きに取り組めば
面白い部分があって、人はパン無くしては生きられないが、かといって
パンのみに生きるにあらず。」

という伝えたいメッセージは十分伝わっていました。

「やる気をもらった」

という前向きな感想が多く寄せられ、
講演を引き受けて良かったと思う瞬間でした。

DSC_0953.jpg

DSC_0925.JPG

Posted by aefa at 09:53 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新潟県十日町市田沢小学校より〜お便りと作品〜[2015年11月11日(Wed)]
今年6月末の出前授業で訪問した田沢小学校の皆さんがわーい(嬉しい顔)
学校の文化祭でラオスの子どもたちのために募金活動をしてくれました!

募金をしてくれた方には、子どもたち手作りのしおりや小物入れ、コマなどをプレゼント。
そして、ラオスの山岳の生活や様子など出前授業で学んだことをポスターに絵と文で
表現し、展示しました!!!

田沢小学校の子どもたちは、出前授業でも真剣に耳を傾け、授業後は質問の嵐!!
疑問に思うこと、不思議なこと、知りたいこと、全部スタッフに質問してくれました。

自分たちとは違う生活、同じ年の子どもたちが国が違うだけでどうしてこんなに
ちがうの?
私たちにできること、考えて行動したい!
使ってないペンやノートをプレゼントしたい!
など、沢山の声をいただきました。

ありがとうっ(涙)exclamation×2

今回も、子どもたちは文化祭で行動し、AEFAとラオスに温かい気持ちをいただきました。

DSCN2155.JPG

DSCN2152.JPG

Posted by aefa at 14:33 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

長野県大岡小学校[2015年11月10日(Tue)]
2015年11月5日に、長野県大岡小学校にて出前授業をしてきました!

大岡小学校は、長野篠ノ井ライオンズクラブ様がご支援してくださった
ラオス・トンコー小学校と交流しています。
毎年、トンコー小学校のお友達の話や、ラオスのことについて学んでいます。

今回は、大岡小学校も全校生徒約30名ほどの小さな学校なので
同じ山の学校でも、環境が全く違うことなどを自分と比べ、
特に違うこと、の中で川からの水汲みをする、ことについて
10Lの水を運んで実質体験をしました。

子どもたちの感想には、「こんなに重たい水を持って大変」
「怪我したらどうするの」
「学校行く前もあともやるなんて」
と、言葉をこぼしていました。

日々への感謝の気持ちや、自分には何ができるかを、改めて考えた
時間となりました!

この日は快晴☆
北アルプス山脈の美しい景色が最高でした!!!

長野篠ノ井ライオンズクラブのみなさま
大岡小学校のみなさん、

ありがとうございました!exclamation×2

P1000513.jpg

Posted by aefa at 15:08 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

北小万博2015 ラオス館! 今年も開催しました![2015年11月09日(Mon)]
 先週金曜日(6日)に野田市立北部小学校で恒例の北小万博が開かれ、16カ国24のパビリオンが教室を使って開かれました。
北小の子供たちが各国の文化に触れる良い機会です。
私たちアジア教育友好協会(AEFA)も5年連続で参加し、ラオス館を開き、ラオスの山岳少数民族の子供たちが物質的には恵まれない中で、一生懸命勉強し、生きて、気持ち豊かに生活している様子を北小の子供たちに伝えました。
 「森のスーパーマーケットゲーム」と言って、お店の無い現地の生活では森に行って、パチンコで、食料を採集するのも大事な子供の仕事であることを、パチンコを使って実際に模擬経験してもらいました。このゲームはパチンコを撃ったことのない今の子供たちにはいつも大人気です。
hokusho1.jpg

 この授業を開発した仙台の広瀬小学校 元校長のK先生が、今年も現地で撮ってきた映像を使い、アジアの子供の元気を伝える授業をしてくれました。子供たちは3つのパビリオンを回れますが、ラオス館はいつも人気があり、毎年来る子供たちもいました。
hokusho.jpg

Posted by aefa at 14:46 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)