CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2015年05月 | Main | 2015年07月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
「全国教育女性連盟」様の「第51回 研修大会・総会」にて、AEFAの谷川理事長が講演[2015年06月26日(Fri)]
6/7に、「全国教育女性連盟」様の「第51回 研修大会・総会」にて、AEFAの谷川理事長が講演を行いました。

演題は「アジアに学ぶ生命力と母親力 〜アジアで学校建設をして10年、日本の子供達と母親に伝えたいこと〜」。

全国教育女性連盟.JPG

AEFAの活動を通して感じた日本の教育の在り方や母親力について、日本の子どもたちに本当に伝えたいこと、などを話しました。

この研修大会・総会に参加されたのは、全国の女性教師退職者の皆様。講演を聞かれた皆様からご感想が寄せられましたので、その一部を紹介します。

・谷川さんの人間性は生育環境、人と人とのつながりが大きいと感じました。自分の生き方を決め、ひたすら実践していることに心が打たれました。年齢を重ね老いていくだけかなと思うけど希望がわいてきました。まだまだ私にもやることがある、教育は世代に引き継がれていくことも学びました。私の孫にも伝えることがたくさんあるなあ・・・

・志という言葉を久しぶりに聞きました。現在の子供たちにもう一度この言葉と心を伝えたいと思いました。三層構造(1階は校舎建設、2階は住民参加、3階は国際交流)を支える三つの柱(@Passion(情熱)AAction (行動)BDonation(支援))は納得。アジアの子供たちの笑顔と70年前の私の子供の頃と重なりました。

・谷川さんの生き方に感動しました。教育者でなかったものが、なぜ学校に興味をもったのか。別の社会にいたからこそ、教育で何を大切にしていくのかよくわかりました。子どもたちは学び、いつか社会に出ていくので、広い視野をもって教育しなければと思いました。

・感激でうちのめされてしまいました。いろいろなお話に泣けました。谷川さん個人のお話、お母様、奥様、ご子息のことも涙しました。学校建設ならよく聞く話ですが、それの活用のために何をすべきか、これから残りの人生何をすべきか深く考えさせられました。

・すばらしかった。現場の学校の先生方にもたくさん聞かせたいです。人生こんな生き方もあるのかと思った。教育力とは、母親力とはあらためて考えさせられました。人が生きていく原点とは、教育の原点、活きる原点、まさに日本が今やらなければならないのは、その原点に立ち返ることだと思いました。

・まさに、教育の原点を考えさせられる講演でした。谷川さんの思いが伝わり、元丸紅社員ならではのパワーを強く感じましたし、人脈の強さを知りました。私にはとてもできませんが、せめて寄付などできたらよいなと思います。

Posted by aefa at 14:13 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア!2015〜キッコーマン株式会社様のご協力で〜第2弾[2015年06月12日(Fri)]
6/11に、今度はキッコーマン株式会社様東京本社にて社内販売会が行われ、6/9の野田本社での販売会に引き続き、AEFAのちくぬい作品も展示販売させていただきました。

150611東京全体.JPG
たくさんの方が訪れてくださり、盛況でした!

150611東京集合.jpg
作品を作ってくださっているちくぬいボランティアさんや、作品の値付けやラッピングをしてくださっているボランティアさんも、展示販売にご協力くださいました。

150611接客.JPG
お客様とのお話も弾みました!

150611情報交換.JPG
ちくぬいボランティアさんどうしで、作品作りの情報交換も!

ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマン株式会社様のご協力により、千葉県野田市の「もの知りしょうゆ館」にて、ちくぬい作品の常設展示販売コーナーが設けられています。「もの知りしょうゆ館」の工場見学には予約が必要ですが、売店&「まめカフェ」の利用だけならば予約不要です。お近くにお越しの際は、ぜひ!お立ち寄りください!すてきな展示と作品が皆様のご来場をお待ちしています!!

キッコーマンの皆様、ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!

Posted by aefa at 13:11 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア!2015〜キッコーマン株式会社様のご協力で[2015年06月10日(Wed)]
6/9に、キッコーマン株式会社様野田本社(千葉県野田市)にて社内販売会が行われ、AEFAのちくぬい作品も展示販売させていただきました。

野田展示.JPG


0609野田メンバー.jpg
野田市近郊にお住まいのちくぬいボランティアの皆様が、展示販売にご協力くださいました。

接客2.jpg
接客1.jpg
作品を作られた方とお客様が、直接お話を楽しまれる場面も!

ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマン株式会社様のご協力により、千葉県野田市の「もの知りしょうゆ館」にて、ちくぬい作品の常設展示販売コーナーが設けられています。「もの知りしょうゆ館」の工場見学には予約が必要ですが、売店&「まめカフェ」の利用だけならば予約不要です。お近くにお越しの際は、ぜひ!お立ち寄りください!すてきな展示と作品が皆様のご来場をお待ちしています!!

なお、6/11には、キッコーマン東京本社でも社内販売会が行われ、こちらでもちくぬい作品を展示販売させていただきます。

キッコーマンの皆様、ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 15:34 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

”藤原和博の「学校をつくろう!inラオス」" の最終回が日経ビジネスオンラインでアップされています![2015年06月09日(Tue)]
3月のラオス視察でご一緒させて頂いた藤原和博先生の
藤原和博の「学校をつくろう!inラオス」”が
日経ビジネスオンラインで連載中です!

学校をつくろう ラオス.jpg

最終回『私もまず1校の創立者(ファウンダー)に。あなたも?』
アップされています。こちらを是非ご覧ください。
会員登録すれば、全文を無料で読むことができます。

AEFAの活動が紹介されています〜〜!!

最終回1.jpg
開校式ではファウンダーを全員で迎えてくれる

最終回2.jpg
パチュドンの学校にて

最終回3.jpg
ラオスの学校で独楽回し

Posted by aefa at 15:28 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

”藤原和博の「学校をつくろう!inラオス」" の第9回目が日経ビジネスオンラインでアップされています![2015年06月08日(Mon)]
3月のラオス視察でご一緒させて頂いた藤原和博先生の
藤原和博の「学校をつくろう!inラオス」”が
日経ビジネスオンラインで連載中です!

学校をつくろう ラオス.jpg

第9回目『ミサンガが手首に巻かれ、開校式は心から感謝される集いに』
アップされています。こちらを是非ご覧ください。
会員登録すれば、全文を無料で読むことができます。

AEFAの活動が紹介されています〜〜!!

9回目1.jpg
並んで一行を迎える生徒たち

9回目2.jpg
ミサンガのある儀式にて。谷川理事長(右端)の満面の笑みと、現地の教育長(右から2人目)

9回目3.jpg
谷川理事長と現地の子どもたちとのミサンガを通じた交流

Posted by aefa at 15:19 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)