CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2014年05月 | Main | 2014年07月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
「ちくぬい」交流会、野田市の古民家カフェにて[2014年06月18日(Wed)]
「ちくぬい」プロジェクト。ラオスの山岳少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作ってくださっています。作品の売上は、地元の学校の先生を目指す、山岳少数民族の子供たちの奨学金に寄付されています。

6/17(火)に、野田市(千葉県)近郊の「ちくぬい」ボランティアさんたちが集まって、交流会が行われました。

この日の交流会の会場は、古民家カフェ「茶寮たるふじ」。
昔からしょうゆ作りが盛んな街、野田。「たるふじ(樽藤)」はこの家の屋号で、以前はここで、しょうゆを貯蔵するための樽が作られていたのだそうです。その当時の面影を残す建物のカフェで、美味しいランチを味わいながらの楽しい集いとなりました。

集まり.JPG
持ち寄った作品を披露したり、作品の作り方を紹介したり、今後の作品作りのアイディアを交換したり。独特の模様が入った布を手織りで作り出す、ラオスの女性たちに想いを馳せたり・・・。賑やかに話に花かわいいが咲きましたるんるん


今回、披露された新作は、ブックカバー、保冷ドリンクホルダー、ポケットティッシュケース。

ブックカバー.jpg
ブックカバーは、文庫本サイズと新書サイズ。お好みのサイズが選べ、しおりも付いていて便利です。本


ボトル、ティッシュ.jpg
保冷ドリンクホルダーは、内側に保冷シートが使われているので、これからの暑い季節に重宝します。晴れポケットティッシュケースは、いつでもどこでもお出かけのお共に!カバン



ちくぬい作品は現在、以下の3か所で常設展示販売が行われています。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄りください。喫茶店レストラン
すてきな展示と作品が、皆様のご来場をお待ちしていますわーい(嬉しい顔)

「もの知りしょうゆ館」(千葉県野田市)
 売店の中に、ちくぬい作品のコーナーがあります。工場見学には予約が必要ですが、売店まめカフェの利用だけならば予約は不要です。まめカフェの壁にも、ラオスの手織り布が飾られています。

アジア料理専門レストラン「レモングラス」(千葉県我孫子市)

「蔵楽(クララ)コミュニティカフェ」(千葉県野田市)

なお、ちくぬい作品は常設展示販売の他にも、イベントやバザーなどでも販売されています。機会がありましたら、是非、お手に取ってご覧ください揺れるハート

Posted by aefa at 09:21 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

出前授業から交流校の誕生へ 〜世田谷区立経堂小学校〜[2014年06月03日(Tue)]
昨年度から実施している東京都内の出前授業。昨年度は、33校の小中学校で42回の授業をさせていただきました。さらに、今年度も、現在までで、32校から希望が寄せらています。パンチ
その中には、昨年の出前授業をきっかけに、学校ぐるみで立ち上がり、「交流校」を希望される学校も出始めています。「交流校」とは、AEFAが建築した東南アジア(ベトナム・ラオス)の山間地にある学校と、作品などの交流を継続的に進め、互いの文化や生活を理解し合うための「協定書」を互いの学校の校長先生同士が取り交わし、数年継続して取り組もうとするものです。ムード
世田谷区立経堂小学校で5月30日(金)の4校時は、その交流校としての最初の授業でした。むかっ(怒り)
交流授業では、今年の3月現地の学校に届けられた経堂小学校の子供たちの作品の写真も披露されました。子供たちからは、「僕の折り紙だ。」「私たちの学級の写真!」「ミサンガ、届いたんだ。」などの驚きと喜びの声がありました。
12.JPG

(経堂小学校の作品について説明する現地NGOのニャイさん)

20.JPG

(礼儀正しく「ミサンガ」を結んでもらう子供たち)

相手校はラオス・サラワン県、ナトゥール小学校この学校へは、数年前、福島県のある小学校の子供たちが鍵盤ハーモニカやリコーダーなどの楽器をプレゼントしたことのある学校です。さらに、そのことは、イラストレーターの「かとーゆーこさん」の「タバン君のともだち」という絵本の題材ともなって、ラオスにも届けられています。黒ハート
そのような縁もあり、今回の交流授業には、かとーゆーこさんも同行してくださいました。加藤さんは、今年3月初めのラオス訪問に同行してくださり、ナトゥール小学校で「タバン君のともだち」の読み聞かせにも立ち会ってくださっています。
24.JPG

(ナトゥール小学校でのかとーゆーこさん)

29.JPG

(まばたきもせずに、懸命に聞き入るナトゥールの子供たち)


かとーゆーこさんからは、次のような感想も届いています。晴れ
【経堂小学校訪問の感想】
 私が初めてAEFAの活動を知ったのは、ラオス・ナトゥール小学校と交流している福島の東舘小学校と出会ったことがきっかけです。東舘小の子供たちは、ナトゥール村にお金がないことを知ると、食べるラー油を作ってバザーで売り、その売り上げを寄付したり、楽器がないことを知ると、使われなくなった楽器を集めて村にプレゼントしたり、そのアイデアは交流先の村のことを『知った』ことから生まれたもので、わくわくする素晴らしいアイデアでした。何よりも子供達が、ナトゥール小の子供たちのことを、「会ったことはないけれど、大切な友達」と呼んでいたことが印象的でした。ぴかぴか(新しい)
 今回、経堂小学校では、東舘小のラオスに楽器を送る取り組みから生まれた絵本「タバンくんのともだち」を読み聞かせさせていただきました。3月にナトゥール村でもラオス語で先生たちに読み聞かせをしていただいた絵本です。ナトゥールの子供たちが目をきらきらさせながら真剣に見ていた顔と、経堂小の子供たちの顔が重なりました。経堂小の子供たちは、ラオスのお金のことや、サッカーボールのこと、「竹でできた魚の罠以外に釣竿はあるのか」といったことなど、早速色々な疑問を持っていて、この先、そういった小さな「?」がどんな交流に成長していくのかとても楽しみになりました。「知る」ということはアイデアの生まれる一番大切なもののひとつだと思います。経堂小の子供たちにはぜひ、たくさんの「?」への答えを見つけていってほしいと思いました。手(チョキ)

Posted by aefa at 13:36 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ベトナム初の「ワンコインスクール」の建築中です。 〜静岡県袋井市の取り組む事業〜[2014年06月02日(Mon)]
静岡県袋井市の取り組む「袋井市ワンコインスクール・プロジェクト」の学校建築は、ベトナムでは初めてです。ひらめき
いよいよ、そのレ・ロイ小学校の建築が始まっています。むかっ(怒り)
3.jpg

(4月16日に、現地を訪問した際の建築途中の様子)

これらの事実をもとに、袋井市では、それぞれの小中学校で、ワンコインスクールプロジェクトのための出前授業も始まっています。詳しくはワンコインスクール・ブログをご覧ください。ひらめき

Posted by aefa at 16:59 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)