CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2013年05月 | Main | 2013年07月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
ベトナム出張記 〜奨学生の家を訪ねる〜[2013年06月20日(Thu)]


ぴかぴか(新しい)1万5000円で1人の子どもが1年間小学校に通うことができますぴかぴか(新しい)

びっくりしませんか?
1万5000円、日本で生活していたら、すぐに使ってしまうような額。
外食を少し控えれば貯められる額。
それで1年間も学校に通わせてあげることができます。

※1万5000円で1年間小学校に通うことができるというのは、実際、お米や教材になります。学費はかからないのですが、子どもが労働力になってしまうことが多いので、学校に来られるよう、その分の労働力をお米で支給するという訳です。


4月のベトナム出張時、AEFAの奨学金を受けて小学校へ通う子どものお家を訪問しました。


IMG_3114.JPG



彼の名前はキム・フォン。(写真左から2番目)
5年生。

◆家庭環境
9人兄弟(1番上は20歳、最年少は5歳)。
母は癌を患い既に他界しており、父は日雇いの建設業に携わっているため、安定的な収入はない。稼ぎ手は父と長男、次男のみで10人を養っている。収入は月平均20000円、これで10人で生活している。9人中4人が奨学金のお陰で学校に通い、その他は学校に行くお金がなく、中退して仕事を探した者、または僧侶の道に進んだ者がいる。

IMG_3148.JPGIMG_3152.JPG


家を見ると一見、想像したよりきれいではないか、と思うのではないでしょうか。
しかし、これは4ヶ月前に政府からやっと支給された新しいもの。
元々は全員叔母さんの家に住まわせてもらっていたそう。
全員で居候していた姿を考えると、本当に大変だったと思います。

IMG_3155.JPG



学校に行く時間の前は掃除、料理、洗濯などの家事を手伝っていて、帰ってきてからは魚を釣って売っています。今年小学校卒業で、来年度も奨学金をもらえれば、中学に進学できるようです。


彼は実は、今年1月にハノイで行われた安倍総理夫妻表敬訪問に立ち会ったメンバーの一人。その時の思い出についてたずねると、突然黙ってしまい、下を向きながら必死に涙をこらえていました。私は、何か悪いことを聞いてしまったかと、心配しましたが、その後すぐに理由が分かりました。

村を出たことがない彼にとって、村人以外の人と会い、初めて飛行機に乗り、ハノイに行ったこと自体、奇跡的なこと。

蛇口をひねったらいくらでも出てくるきれいな水、
車が行き交う街、
初めて知る職業の数々、
美味しくお腹いっぱいに食べられる食事、
こんな世界があったのか、、、、と衝撃の嵐だったに違いありません。

ハノイに行く前には緊張で寝られず、飛行機の中では吐いてしまったとこの日初めて知りました。
村を出たことがない彼にとって、全てが初めてのことで、また夢のような時間。
そこから村にまた戻ってきて、現実を新たな目で見つめました。
どちらの世界が良い悪いではなく、衝撃的であり、色々な想いが交差して、涙が止まらなかったのです。

ずっと泣いていた彼も、最後には緊張も解けてきたのか、笑顔が出てきました。
きっと忘れられない思い出を胸に、これから強く生きていってくれる気がします。

AEFAでは様々なソフト支援をしています。

1ヶ月に1000円でも一年で12000円。
そして一回分外食を控えればすぐに15000円。
その金額で立派に一人の子どもを学校に通わせてあげることができます。
お気軽にお問い合わせくださいぴかぴか(新しい)


IMG_3119.JPG

Posted by aefa at 15:48 | ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

国際理解教育後の生徒たちの熱い想い 〜浦安中学校〜[2013年06月13日(Thu)]
6月4日に浦安中学校で行った国際理解教育の授業の感想文が先生から送られてきましたプレゼント

見てびっくりしました、、、、、、
あのたった45分の授業で、こんなにも沢山の気づきを得てくれたなんて、、、、もうやだ〜(悲しい顔)

*****************************************************
IMG_3524.JPG


・同じアジアの中でも、日本のように子供が学校に行けて当然と思っている人がほとんどの国と学校に行きたくても行けない人がいることがわかった。その人たちに比べると、自分たちがどれだけいい環境にいるかがわかった

・自分たちがどれだけ幸せなのかを知り、とてもびっくりした。貧しい生活から抜け出すには、やはり教育だろうなと思った。

・私たちは、幸せに、また満足に毎日を生活していることがわかった。ラオスの子供たちは大変そうだけれども笑顔だったのが驚きだった。ラオスの子供たちを少しでも助けられるように募金をしたり、節約をしたりしようと思った

図2.jpg


・これから私は、どうすれば人の力になれるか考えて頑張っていこうと思います


・貧しい暮らしをしていても幸せを感じるときは私たちの幸せとあまり変わりがないことがわかって、どんな生活でも明るく楽しく過ごしているのが伝わってきました。

図3.jpg


・自分が今まで普通に生活していたけれども、今日の講座で毎日の生活の中で支援のことを考えていきたいと思った。自分の父の出身の国の(インドネシア)子供たちが貧困で苦しんでいる。この講座を受講し少しでもその子供たちの役に立てることはないかと考えさせられた。
日本にいる自分たちが苦労なく生活している中でそうでない子供たちがいる事実があることで、私は幸せだと感じられません

・自分ができることはとりあえず、お小遣いから少しだけど募金することかなと思った。

・物がなかったり、食べ物が十分になかったりしていても毎日楽しく過ごせることってすごいことだと思った。私は、将来ユニセフで働きたいと思っているので、大変勉強になった。

図4.jpg


・両親や先生への感謝の気持ちが大きいアジアの子供たちってすごいなと思った。また、物が少なくても知恵や工夫でいろいろなものを活用していることにも驚いた。どの人も、同じように平等で平和な生活ができるように私たちは努力しなければならないと思った。

・私を含めて、周りの友達は「勉強がめんどうくさい」とか「意味ない」などといって怠けている人がいる。今日アジアの子供たちの思いを聞いて、自分が本当に情けないと思ったアジアの子供たちから日本人の私たちも学ぶことがたくさんあると思った。

・今日の授業で自分中心である生活をしている自分が情けなくなり、ほかの人のことを考えて生活していくことが必要であると思った。まず、使いたい放題使っている電気や水の使用を改めようと思った。

図1.jpg

***************************************************

今回は45分1回の授業でしたが、次回はもう少し時間があると
実際の水汲みの重さを体験してみる等の体験授業を取り入れられると思いますexclamation

またお会いできるのを楽しみにしています〜かわいい
先生、生徒さん、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

Posted by aefa at 15:54 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

かとーゆーこさんのミニ絵本掲載されています[2013年06月08日(Sat)]
MOE 7月号に、イラストレーター かとーゆーこさんのミニ絵本 book in book 『ひつじのクルトンのおはなし おにわでおちゃかい』が掲載されています!

moe-7-2013.png

kuruton-katoyuko.jpg


AEFAのオリジナル絵本作成でもご協力いただいているかとーゆーこさん。
手描き・手作りのざらざらしたような質感と、愛くるしいキャラクターが生き生きと描かれています。

オリジナル絵本第2作も準備中(アサヒワンビールクラブ様ご支援)。
ラオスの山の子どもたちが作ったお話を、かとーさんのイラストで絵本にする予定です!
みなさま、こちらも乞うご期待ですかわいい

Posted by aefa at 00:00 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ベトナム出張記 〜国立第七小学校の想いをタンホアA小学校へ〜[2013年06月07日(Fri)]
ベトナム南部に位置するチャビン省。
そこには、国立第七小学校と交流を続けているタンホアA小学校があります。
国立第七小学校から預かったベトナムの友達のための作品を持って、細い道を歩いて行くと、汗がにじんできます。4月はベトナムの南部は雨季に入る前で一年で一番暑い季節晴れ
ワクワクしながら進んでいくと、やっとタンホアA小学校の看板が見えてきましたグッド(上向き矢印)



IMG_2886.JPG
出迎えてくれたのは、素敵な校長先生。
柔らかく、優しい笑顔でホッと一安心。


子どもたちは交流を重ねるごとに、段々と積極的に、外交的になっていきます。
外国人(私たち)と触れ合うことにも慣れてきました。
こうして、外の文化を知って、お友達が出来て、その人たちのことを考えながら作品を作ったり、お手紙を書いたりする。小さなことかもしれませんが、それが子どもたちに大きな変化をもたらしますぴかぴか(新しい)


IMG_2925.JPG
見てください、この美しい挙手!!!!
日本についての質問を投げかけたら、積極的に答えてくれますひらめき



IMG_2915.JPG
日本のお友達からの作品を紹介すると自然と笑顔がこぼれますわーい(嬉しい顔)


休み時間の合図の太鼓の音が鳴り響くと、子どもたちは一斉に走りだしました。
どこに向かったのでしょう、、、、exclamation&question


IMG_2950.JPG

図書室ですぴかぴか(新しい)
ここは、銀河ネットワーク様のご支援で建てられたお部屋に、
外国の他の団体から本の寄付が入り、立派な図書室となりました。

IMG_2949.JPGIMG_2960.JPG
子どもたちはここで過ごす時間が大好きですハートたち(複数ハート)



最後に、タンホアA小学校の子どもたちが、国立第七小学校のために一生懸命作った粘土細工や工作、壁新聞をお預かりしましたアート
国立第七小学校のみなさん、今度しっかりお届けしますね。
楽しみにしていてください〜かわいい
IMG_2968.JPG

Posted by aefa at 16:50 | ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

スポーツデー開催!〜ベトナム・4校合同運動会〜[2013年06月06日(Thu)]
5月27日(月)、ベトナム南部にあるチャビン省から嬉しいニュース☆
チャビン省ティウカン郡にあるAEFAの建設校4校(フートューA,B、タンホアA、フーカンB)が合同で運動会を開催したとのこと!このように学校をまたいでの交流はまだまだ珍しいことですが、この4つの小学校はAEFAの建設校同士だというつながりを今も大切に思ってくれており、過去に2回このような運動会を実施しています。今回は「フーカンB小学校」がホスト校となり、4校の代表選手たちが集結しましたぴかぴか(新しい)


The Openning Ceremony (1).JPG
フーカンB小学校でオープニング
各校から代表20名ずつが参加です☆

Soccer (3).JPG
第一種目は「サッカーサッカー
靴を持っていない子がほとんどなので、みんな裸足で元気よく走りまわりました。決勝ではフートューBがタンホアAを7-3で下して優勝しました演劇

Contest about Japan (3).JPG

第二種目は「日本語コンテスト!」
SCCスタッフのフンさんが、問題を考えてくれました。
日本と交流している学校だけあって、みんなよく知っています。
人気のマンガ「ドラえもん」からも日本の文化をいろいろと吸収しているそうです☆
優勝したフートューB小学校は全13問正解したそうですグッド(上向き矢印)

Bag Jumping (2).JPG

第三種目は、「バッグジャンピング!」

大きな袋に入ってジャンプしながら前へ前へとジャーンプダッシュ(走り出すさま)

Bag Jumping (3).JPG
おっとっと〜、ガンバレ〜☆
ナイスチームワークでフートューA小学校が1位ですexclamation

Tug of war (2).JPG
最後は「つなひき」
フートューB小学校開校式の際にアジアの子供達に学校を作る議員の会のみなさんがご寄付くださった綱、今でも大活躍です☆


日本という共通点を持ちながら友情を深めている4校。これからもこの絆を大事にしながら、AEFAとしてもフォローアップをしていきたいと思っています。子ども達の明るい笑顔に心癒された一日でしたぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 09:00 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

国際理解教育〜浦安中学校〜[2013年06月05日(Wed)]
昨日、浦安市浦安中学校にて、総合学習の時間を活用して、社会人講座が開かれました。
子どもたちに学力と社会力を身につけさせるという目的で、グラフィックデザイナーの方や、ハワイアンキルト製作等9つのカテゴリーが設定され、私たちAEFAは国際理解教育として「貧困と教育」についてお話をしました。


IMG_3468.JPG

集まってくれた子どもたちは約25名。
45分授業を1年生と2年生に1コマずつ下記の3つのトピックを中心に進めていきました。

1.AEFA活動の現場について(ラオス)
→ラオスの現場、村や学校の様子、子どもたちの生活を写真を見ながら、実際にラオスから持参したひょうたんの水入れや、魚の捕獲籠、カエルや筍の干したものを手にとってもらい紹介しました。カエルを干したものは、万人ウケ!!!子どもたちは匂いを嗅いではキャーキャー♫


2.「幸せってなんですか?」
→事前に先生にお願いして、「幸せを感じる時はいつですか?」のアンケートを取っておいてもらい、浦安中のランキングとラオスのものを比較。浦安中の1位は食べているとき。ラオスは家族といるとき。ただ、上位5位を比べると、家族と友達といるとき、運動しているとき、寝ているとき、、、など、生きている環境がこれほどに違うのに、あまり違いがないことを実感。
ラオスの子どもたちのはちきれそうな笑顔の写真を見て、物質的な豊かさが「幸せ」の度合いに比例しないことを感じてもらえたでしょうかぴかぴか(新しい)


IMG_3499.JPG


3.AEFAを通じたボランティア活動の紹介


IMG_3521.JPG

ワンコイン活動について紹介すると共に、みんなに、どんなことが自分たちにできるか聞いてみると、どんどん意見を出してくれましたグッド(上向き矢印)両学年共、とても真剣に私たちの話を聞いてくれて、きちんと自分の意見を発表してくれる素晴らしいクラスでした。





IMG_3503.JPG

授業が残ってもラオスグッツを手にとって積極的に質問をしてくれる子たちもぴかぴか(新しい)




IMG_3524.JPG
感想文もこの通り真剣に書いてくれました!!!!!



この授業で感じたことが、浦安中学の子どもたちに何かしらの良いきっかけになれば嬉しいですハートたち(複数ハート)
浦安中学校の先生、生徒のみなさん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

Posted by aefa at 10:03 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

Feel, Think, Act, Share ... 社会を変える人になる! 〜筑波大学附属坂戸高校&日本財団「学プロ」[2013年06月04日(Tue)]
日本財団学プロ「Social Action Program」とは・・・・

「社会を変える人になる」
日本財団が学校教育向けに提供しています。
たとえもたらす変化が小さくとも、社会を変えるために行動できる人を育てるプログラムです。



6/1(土)、同プロジェクトを協働している筑波大学附属坂戸高校にて、AEFAの活動紹介を行いました。
1.jpg


6/15(土)に、川越駅前で生徒の皆さんが募金活動を行います!
(今回、その募金先としてAEFAを応援していただけることになりました)


このプロジェクトは、財団の職員有志の方たちの活動から始まったとか。
現場はいつでも、熱い!!どんっ(衝撃)のです。

AEFAの活動でも、アジアの交流校の様子や子どもたちの生活を知った児童から、「自分たちにできる”何か”で支援したい」との声があがり、アルミ缶収集手作り品でバザー募金等々で応援してくれている学校が、たくさんあります。

「誰かのためになりたい。」
自分のことだけを考えるのではなく、”まわりのだれか”に思いをはせ、こんな経験をした子たちが大きくなれば、将来の世界はきっと変わっていくのではないでしょうか・・・!!




2.jpg
ファシリテーターは日本財団の高木さん。
生徒たちに語りかける”熱意”がびしびし伝わってきます。


3.jpg
もう1つの募金先、一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事の今井さん。
高校生から見たら、自分たちの身近な「お兄さん」がこのように活動されている姿は、
モデルになることでしょうぴかぴか(新しい)


4.jpg
15日の募金活動に向けて呼びかけの文言を考えたり、
グループごとに話し合いを行いました。
生徒さん達の本音な意見は、目から鱗〜!!
若者たちはこんな風に感じ・考え・活動していくんだなと、
大変勉強になったAEFAスタッフでした。ありがとうございました。

Posted by aefa at 19:01 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)