CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2012年06月 | Main | 2012年08月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
ラオス コッマイ小&ピアラー小から作品がとどきました!〜伊東ヌニーさんのご協力で[2012年07月31日(Tue)]
ラオス コッマイ小&ピアラー小から届いた、交流作品リボン

ラオス語から日本語へ、ラオス・ビエンチャン出身の伊東ヌニーさんが翻訳をご協力くださいました。

nuni.JPG
左)AEFA楠山 右)ヌニーさん


ヌニーさん自身、ラオス南部サラワン県の僻村〜AEFAの現場の様子を初めて知り、「ラオスにこんなところがあるんですね・・・」と驚かれていました。
「これからも、できることは、わたしもお手伝いします!」と、ラオスと日本との交流や、作品の翻訳にご協力いただけることになりましたぴかぴか(新しい)

(ヌニーさんは、西原珠四さまの御紹介です。)

沢山の方の手を経て、また御協力をいただいて、交流作品を届けることができます!ぴかぴか(新しい)



コッマイ校 5年生からの作品 〜 品川区立会小学校

畑の世話や鳥の世話などお手伝いの様子や、日本とラオスの国旗を描きました。


「ラオスと日本 たくさん ともだち」

e3.JPG

「コッマイのともだちをわすれないでね。 会いたいです」

e2.JPG

「日本のともだち 立会小学校 こんにちは

井戸で水をくみます。
水を運びます。
畑で水をやります。

ゲウチャンタブリーより」


e1.JPG

e.JPG



ピアラー校 〜 津市高野尾小学校

お花や動物の絵のほかに、メッセージを寄せ書きしました。
先生方からのメッセージも。

philart.JPG


nunisan.JPG
ピアラーの作品を手に ヌニーさん


ピアラー校のガウポーン先生からのお便り

「わたしはガウポーン、23歳です。
みなさま お元気ですか?
わたしは元気です。
日本のみなさまよりお便りをいただき、うれしいです。
それで、お返事を書いています。このようにやりとりができて嬉しいです。
ピアラーでは新しい学校が建てられて、子どもたちが勉強できるようになりましたこと、心からうれしく感謝しています。子どもが勉強できることは、国のためになります。
日本の皆様の健康をお祈りします。どうもありがとうございました。」

teacher.JPG

ガウポーン先生
2011年度から赴任した、新しい先生です。
まだラオス語を書くのもおぼつかない子どもたちを指導し、交流作品を仕上げました!




Posted by aefa at 16:52 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

ちいさな奨学金・・・ラオス サラワン県[2012年07月30日(Mon)]
2011-2012年度、ラオスのプロジェクトで、家庭が貧しいために文房具や制服を買えない児童のために、ちいさな奨学金プロジェクトを行いました。

全員に一律に配布できる予算はとれなかったため、それぞれの家の事情を知る先生に、対象児童を選んでもらいました。



文房具・制服のほか、通学かばんを手渡す、郡教育局ブンクワンさん(右から2人目)

1.jpg


nater.JPG


nater1.JPG

ナトゥール小学校にて

pontan.JPG

ポンタン小学校・・写真撮影に、大緊張!


khokemai.JPG

コッマイ小学校

bujjai.JPG

コッマイ小学校ブッジャイちゃん(5年生になりました!)



児童たちに、少しでも安心と自信をもって学校に来て、学んでほしい・・と願います。

このブログをご覧のみなさまにも、”ちいさな奨学金”にご賛同いただけましたら、うれしいです。

Posted by aefa at 17:32 | ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

感想文が届きました!〜成器西小学校より〜[2012年07月26日(Thu)]
福井県成器西小の子どもたちが、7/11の出前授業の感想文を送ってくれました!

IMG_4226.JPG

IMG_4227.JPG



ベトナムの人は、日本とちがって毎日大変な生活を送っていることが分かりました。食事や生活、とても大変だと思います。でも、ベトナムの人は毎日一生懸命頑張っています。大人と同じ仕事をしているなんて、とてもすごいことをしていると思います。笑顔もとってもいいと思います。ベトナムの人は、自分たちにとって、最高の人生を送っていると感じました。

私たちは、学校に赤ちゃんをつれていくという生活に、かわっているなーと思ったけど、生活のし方がすごいなあーと思いました。もしかしたら、私たちよりあの子たちの方が、ばい、しあわせなんだなーと思いました。私たちはこのことを聞いて、人のためにお手伝いをしたり、ボランティアをしていきたいと思いました。


「生活は大変そうだけど、みんな笑っていて楽しそう・・・」「ベトナムの子どもたちみたいに前向きでいたい!」と、子どもたちもたくさん気づきを得たようです。たくさんの感想を届けてくれました。

IMG_4225.JPG


「世界の人々が互いに支援していくこと」や「相手の文化を知り、それを尊重すること」、「世界の国々には色々な子ども達がいて、一生懸命生活しながら、笑顔を絶やしていないこと」などを児童にも繰り返し伝えながら、今後とも交流を深めていきたい」 
と、おっしゃってくださった藤井校長先生。

成器西小の皆さんこれからもダクハ小学校との交流を通じて
同じアジアの仲間としてお互いの理解を深めていってくださいね。
AEFAもそのお手伝いをさせていただければと思います!

Posted by aefa at 10:14 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

学校訪問:福井県丸岡南中学校 〜Challenge21〜[2012年07月24日(Tue)]
7月12日(木)午後、福井県坂井市の丸岡南中学校を訪問。坪川淳一校長先生にワンコイン・スクールプロジェクト「チャンヌア小学校」開校のご報告をしました。

丸岡南中学校では、3年前から文化祭のバザーなどでの売り上げでこのプロジェクトに協力をしてくれています。今までの活動の様子はこちらのブログから。

IMG_4138.JPG
坪川校長先生(左)


お話の中で坪川校長先生に、今年度の「いわき生徒会長サミット」でのいわきの中学生のワンコインへの取り組みの話をすると、今まで丸岡南中学校で行っている”Challenge21 賞”をさらに発展させてワンコイン活動へとつなげていきたいとのお話がありました。

丸岡南中学校では,ボランティア活動,福祉活動や地域行事などへの積極的な取り組みを推進し,社会の一員として活動し社会に貢献する生徒の育成を目指しており、学校では,諸活動・行事に挑戦し,地域の方や先生から貰ったサインや印を10個集めた生徒を「Challange21 賞」として表彰しているそうです。

★参加を促している活動や行事★
◆地域の諸活動(例):奉仕作業、ラジオ体操(3回で印1つ)、公民館祭りの手伝い、地域のマラソン参加、資源回収、伝統芸能への参加
◆委員会や部活動でのボランティア活動:花の水やり、ボランティア清掃
◆その他ふさわしいと思われる活動(例):福祉施設への訪問、小学生等への指導など


IMG_4230.JPG
生徒手帳に挟んだり、定期入れに入れられるくらいのポケットサイズ


IMG_4231.JPG
日付と内容を書き込み、一番右の欄にサインをもらいます


******<以下、丸岡南中学校だよりから引用>******

Challenge21賞は,他の人と優劣を競って獲得する賞ではなく,自分自身の意識と取り組みの積み重ねを評価するものです。そのような意味において,学校生活の中でも大変意義のある賞と位置づけ,生徒の積極的な取り組みを促してきました。複数回受賞する人,ゆっくり自分のペースで取り組み受賞する人,まだ1年生なのに,もう少しで10個に手が届くところまで来ている人と,人によりペースは違いますが,南中生は常にChallange21の精神を持って,生活しています。

南中学校では,認定NPO法人「AEFAアジア教育友好協会」に協力し, この「Challange21賞」をさらに発展させて,もっと身近で有意義な賞として南中生徒の伝統になるような賞にしていきたいとも考えています。AEFAは,丸岡町出身で総合商社丸紅役員として活躍された谷川洋さんが数年前に設立した認定NPO法人です東南アジアの少数山岳民族の皆さんと一緒に汗を流して,現地で学校を作り続けていらっしゃいます。その活動の一つ「ワンコイン・スクールプロジェクト」は,日本の子どもたちの『行動と力で』学校を創るプロジェクトです。子どもたちが一人500円目標に貯めたお金で学校を建てます。それぞれの国のNGOとペアを組み、村の人と協力して学校を作ります。子どもも大人も、学校を作るために草をむしって地面をきれいにしたり、土を運んだり、机やいすを作ったりして協力します。ですから,1つの校舎はたった約350万円で建ち,しかも村人に大切にされます。このプロジェクトは,福井県を中心に全国に広がっています。南中学校も,生徒会を中心に3年前から協力しています。

今後,生徒会を中心にP T A にも協力願って, このプロジェクトと「Challange21 」を連動させて,一層の盛り上がりと意識の高揚を図っていきたいと思います。

************************

後日、坪川校長先生からご連絡をいただき、早速生徒会のみなさんたちが感銘を受けて、前向きに取り組んでくださるとのこと。今後、丸岡南中の生徒さん達に、いわき市の中学生の想いや取り組みも紹介し、お互い刺激しあいながら同じ仲間として共に活動できたらと思います。

Posted by aefa at 10:21 | ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

「つながるGO!GO!ホットチューズデー」(J:COM)にAEFA理事長が出演しました[2012年07月23日(Mon)]
ケーブルテレビ J:COM の「つながるGO!GO!ホットチューズデー」(6/5)に、AEFA理事長が生出演。

jcom.jpg


そのときの様子が、社会貢献専門動画サイト「ワッジュ」にUPされています。

こちらからご覧いただけます↓
http://www.youtube.com/watch?v=O7XetKRcDhY&feature=plcp


AEFAの理念や仕組み、現地で村人が協力しての学校建設、交流など、大変わかりやすく説明されています。



ぜひ ごらんください!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

Posted by aefa at 13:39 | 活動 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

「何のために・・・という物事の原点に戻ることの大切さ」〜武蔵村山第十小学校榊校長先生からのお便り[2012年07月22日(Sun)]
アジア教育友好協会は、会員やボランティア、関係者のみなさまに、活動を紹介する「AEFA通信」を配信しています。

バックナンバーはこちらから!↓
http://www.nippon-aefa.org/backnumber/communication.shtml


ワンコイン・スクールプロジェクトで多くのご支援をくださっている、東京都武蔵村山市立第十小学校の榊尚信 統括校長先生より、お便りを頂きました。

1.JPG

2.JPG

2011年5月、チャンヌアを訪問された榊校長先生


「今回のAEFA通信第34号も楽しく読みました。
これまで、武蔵村山十小の子供達が日本の学校で学んだり、自分で頑張ったりしたことがラオスの同世代の子供達を喜ばせていること、私は嬉しくてたまりません。
昨年、訪ねたときのチャンヌア小の様子が今でも頭に浮かんできます。
今回のチャンヌア開校式における児童代表ノイさんの言葉は特に胸を打ちました。
「新しい学校を自分の家のように大切にします。」

これは、日本の子供にも強く教えたいことです。大津でいじめによる事件が大きな報道となっています。たくさんの人が傷ついています。
でも、もしみんなが「学校を自分の家のように大切にします。」という気持ちだったら、こんなことは起こらなかったと私は思います。
どの子も幸福に生きるために「何のために学校があるのか。」「何のために生きるのか。」を考えること、「何のために…。」という物事の原点に戻ることが大切だと思います。
チャンヌアの子供達からまたひとつ、大切なことを学びました。」

Posted by aefa at 16:47 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ようこそ、先輩! 石原さんのラオスの学校訪問記〜イルン小学校との交流[2012年07月21日(Sat)]
ラオス・イルン小学校とイルン村をご支援くださっている 石原拓一郎さんによる”出前授業”が、今年も母校 静岡県田方郡函南町立桑村小学校で開催されました。

イルン小学校との交流も5年目となり、石原さんが桑村小に入ると、「あっ!イルンの〜!」と、子ども達から声があがりました。

今年も5年生が主に交流をします。

冒頭、石原さんより「最近はいじめの問題が大きくなっています。桑村小にはそんなことはないと思いますが、もしも一人でいる子がいたら声をかけて一緒に遊んだり、仲間・友達になってください」とのメッセージがありました。

小学校時代は、”ジャイアン”みたいなガキ大将で、身体は小さいけどすもうもけんかも強かったという石原さん。
当時(54年前)の桑村小のお話しがありました。
児童たちは昔の桑村小についてたくさん知りたいことがある様子。
「給食はどんな給食でしたか?」との質問には、「昔、学校給食はなかったんですよ。家からお弁当を持ってこれる人だけ、アルミのお弁当箱にごはんとうめぼしが入っているだけの日の丸弁当を食べていました。」と石原さん。
石田先生が、「そうそう!先生が小学生の頃からやっと給食がはじまったんだよ」言われると、児童達は「ええ!お弁当がもってこれない子はどうするの?がまんするの??」「おなかがすいちゃうよ・・」と大変驚いていました。


次に、石原さんが支援している”ラオス・イルン小学校”のお話しがありました。学校や村の様子をスライドを使って説明。

2.JPG

1.JPG

竹製の生活雑貨や、市場で売られている薬代わりの草木、”かえるの干物”(あじの干物みたいな匂いがする!!と、子どもたちは大騒ぎ。)なども実際に手にとってみました。

3.JPG

イルン小児童からのお手紙を贈呈。

「ずっと手紙を書かなくてごめんね。
みんなは元気ですか? 
毎日学校に行ってますか?
勉強は楽しいですか?

わたしたちのこと覚えていますか?
わたしたちはいつも日本の友達のことを考えていますよ。
また日本の学校の色んな事を教えてください。」


4.JPG

5.JPG


桑村小の大先輩、石原さんからたくさんのことを教えてもらった5年生。
御返事を書いたり、イルンの友達との交流を楽しみにしています!!




Posted by aefa at 14:09 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

出前授業2012〜福井県坂井市平章小学校〜[2012年07月18日(Wed)]
2012年7月13日(金)、福井県坂井市立平章小学校を訪問しました。
平章小学校はベトナムのダックロオン小学校と交流を続けています。
昨年度まで三国北小学校にいた青木校長先生が、AEFAの交流校である平章小学校へご異動。まさかの嬉しい再会となりましたぴかぴか(新しい)

14時から体育館で全校児童を対象に出前授業。クイズをまじえながらベトナムのことやダックロオン小学校について紹介しました。

heisyo (4).jpg
当日の司会は子どもたちが交代で担当
とてもはっきりした声でしっかりと司会進行していました


heisyo (5).JPG
青木校長先生よりご挨拶
平章小学校卒業生である谷川を紹介。
自分たちの暮らしを見つめなおしてほしいと子どもたちにメッセージ


heisyo (6).JPG
AEFAよりベトナムの子どもたちの暮らしやダックロオン小学校について紹介


heisyo (7).JPG

「今日は私の小学校時代の通信簿を持ってきました!」
1年生と4年生の時の担任の先生からのコメントを紹介。”友だちとよくけんかをしています””ちょっと粗雑で・・・”などのコメントに子どもたちもちょっと遠慮気味にやにや。目の前にいる大先輩の小学校時代のイメージがわいてきたかな・・・!?
「福井大地震については知っているかな?」と聞くと、うなずく子どもたち。
自分たちの生まれるずっと前に起きた福井大地震の話、そしてお母さんから授けられた魔法の香水の話、とても真剣な瞳で耳を傾けてくれていました。


質疑応答の時間には、たくさんの手があがりました!
heisyo (1).JPG

「ベトナムの小学校が小さくてびっくりしました。いろんなものを助けてあげたいと思いました。」
「ベトナムの子どもたちは貧しい中でも頑張っていると思いました。」
「大変な生活をしているんだなあと思いました。」
「雨がたくさんふったり雨もりになったりすると地面がぐちゃぐちゃになっちゃうから、靴やお金を支援したいと思いました。」
「私も大人になったら困っている子どもたちを助けてあげたいと思いました。」



heisyo (3).jpg
ダックロオン小学校へ送る交流作品を受け取りました!


平章小学校のみなさん、ありがとうございました。
8月末にダックロオン小学校を訪問するので、
その時にみなさんから預かった作品を紹介してきますね!
これからもベトナムのお友だちと仲良くしてくださいねぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 19:19 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

出前授業2012〜福井県坂井市三国北小学校〜[2012年07月17日(Tue)]
2012年7月13日(金)9時半から三国北小学校を訪問。幼稚園生、1-6年生までの全校生徒対象に出前授業を行いました。三国北小学校はベトナムのコンダオ小学校と2008年から交流を続けています。

授業の最初に黒川校長先生からお話がありました。
mikunikita (3).JPG
黒川秀幸校長先生
「先日新聞に、“アジアは海外ではない”と書かれていました。
みんなが大きくなってアジアで働く日が来るかもしれませんね」


mikunikita (4).JPG

昨年度三国北小学校から預かった作品を、2012年4月にコンダオ小学校に届けた様子を映像で紹介。映像で紹介したのは初めてなので、みんな興味津々でベトナムの様子を見てくれていました。三国北小学校から送ったけんだま&コマに、コンダオ小学校の子どもたちが絵付けしている様子はコチラのブログから!

楽しそうに遊ぶコンダオ小学校の子どもたちを見て・・・
「私たちの送ったコマやけんだまを、喜んでもらえたようでとてもうれしかったです」
「おくった甲斐がありました!」
「コンダオの子どもたちが喜んでくれたと知り、とても嬉しかったです」


mikunikita (1).JPG
理事長 谷川による福井地震の時の話

「5歳のときに福井大地震に遭遇。小さい頃、まだ日本に食料が足りず、お腹を空かせているのに、母ちゃんは困っている人がくると食料をわけていました。”うちも貧乏なのに、どうして他人を助けるの?”と聞いたら、”人のためになるのはお金だけでなく『善意』であり『思いやり』。こうした善意や思いやりは、相手のために無私の心でふりかけようとすればするほど、自分にもふりかかってしまう、不思議な『魔法の香水』なのです。」

mikunikita.JPG
終わりの挨拶〜元平章小学校校長松本先生より〜

「みんな今日の授業をうけて三国に生まれてよかったなあ〜、日本に生まれたことに感謝をしなくちゃならないなあ〜」と思った子もいるかもしれません。その感謝の気持ちをぜひ行動にうつしてほしいと思います。何でもいいんです。淋しそうな友だちがいたら、声をかけてあげてもいい。お手伝いをするのでもいい。一日一善。今日からぜひ始めてほしいと思います。

mikunikita (2).JPG
コンダオ小学校に届ける交流作品を受け取りました!


三国北小学校のみなさん、いつもありがとうございます!
黒川校長先生が言うとおり、みんなが大きくなったら
コンダオ小学校のお友だちと一緒に仕事をすることもあるかもしれませんね!
またコンダオ小学校に作品を届けた様子をご報告しますねぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 18:39 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

出前授業2012〜福井県鯖江市河和田小学校〜[2012年07月13日(Fri)]
2012年7月12日(木)9:30から福井県鯖江市の河和田小学校を訪問しました!
河和田小学校は2007年からベトナム・フートューA小学校と交流。2008年のフートューA小学校の開校式にお祝いメッセージを送ったり、フートューA小学校からは壁新聞が送られてきたりと、心のこもった交流が続いています。昨年に引き続き今年も5年生が交流学年となります。ベトナムの生活や交流校のフートューA小学校について紹介しました。

kawada (2).JPG
「ベトナムはどこにあるかな?」

kawada (3).JPG
☆ベトナムの民族衣装を試着☆


また、河和田小学校ではアルミ缶の回収活動をとおして、ワンコイン・スクールプロジェクトへの寄付もしてくれています。今年ラオスに第二校目「チャンヌア小学校」が完成。河和田小学校のみんなのアルミ缶回収活動や、全国の他の学校の子どもたちの力が集結して、ラオスに学校ができたのです!

kawada (1).JPG
河和田小学校の玄関にはアルミ缶がたくさん!
エコキャップも回収しています。
保護者や地域の方々も協力をしてくださるそうです!


「私たちのアルミ缶回収で学校ができたと知り、良かったと思いました。」
「アルミ缶回収だけでも、がんばれば学校ができるってすごいことだなあと思いました。」
「ベトナムのフートューAの子どもたちが以前はすごい大変な状況で勉強していたけど、今は新しい学校ができたとわかって良かったなあと思いました。」
「アオザイを着てみることができて良かったです。こんな民族衣装を着るんだ〜とわかりました。」

kawada (5).JPG
フートューA小学校からの壁新聞(中央)を囲んで。
「フートューA小学校のみなさん、交流作品無事に届いたよ!」


kawada (6).JPG
最後に6年生の学級委員さんたちからフートューAに届ける文房具を預かりました!


河和田小学校のみなさん、ありがとうございました!
またフートューA小学校へのみんなへ元気なお便りを書いてくださいねぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 18:02 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ