CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2010年11月 | Main | 2011年01月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
多摩方面の学校を訪問しました[2010年12月27日(Mon)]
12月15日(水)、前藤野南小学校の滝澤登先生が同行してくださり、この日、奥多摩の氷川小学校と古里小学校、相模原の藤野南小学校と広田小学校、そして国立の学校の5校を訪問しました。


★古里小学校
生徒さんが郷土芸能のささらを粘土で作った作品をお預かりました。


写真:牧副校長先生と滝澤先生



★藤野南小学校
タインタン小学校と交流している5年生と給食を頂きました。






「ベトナムに井戸の作り方を教えてあげたいので、タインタン小学校の住所を教えてください」と聞かれました。

5年生の高崎さんが、横浜の学校で井戸を掘るニュースを見て、その学校に井戸の掘り方をFAXで問い合わせたところ返事が来たそうです。

昨年4年生のとき、AEFAの出前授業で水のことをやったので、タインタン小学校に教えたいと思ったとのこと。

AEFAの事務所にその掘り方を送ってくれることになりました。


学校を訪問させて頂くと、先生方のお話を聞け、生徒さんたちの活動も見え、またAEFAの交流活動を考えられる1日になりました。

Posted by aefa at 16:33 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

出前授業〜青柳小学校〜[2010年12月27日(Mon)]
12月14日青柳小学校を訪問し、6年生に対してベトナムについての出前授業を行いました。

ベトナムのコーヒーをグループで作り、飲んでみました。
みんな「甘くて美味しい」と好評でした拍手





自己紹介カードはベトナム語で作られていました。
担任の先生がベトナム語辞書を作り、それを見て、子供たちが自分自身で作ったそうです。



名前だけでなく、好きな食べ物、どんな性格か、将来の夢などが、一文字一文字ていねいにベトナム語で書いてありました。自画像を見ていると、それぞれの子供たちの実際の顔が思い浮かんできますね。



ベトナムの子供たちも、思いがけないベトナム語での自己紹介にきっと驚くことでしょう。日本のお友達が一生懸命に書いてくれたベトナム語のカードは、ベトナムのこどもたちにとって飛び上るほどうれしいおくりものになると思います。

青柳小学校のみなさん、ありがとうございましたキラキラ

Posted by aefa at 16:13 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

植水小学校より素敵な絵や作品が届きました[2010年12月27日(Mon)]
植水小学校のみなさんより、素敵な作品が届きました!
写真を貼ってわかりやすいように工夫したり、いろんな色をつかって絵を描いたり個性豊かです。日本の文化や行事のことなどもよく調べてあり、とてもわかりやすいですね。



手作りの凧もありました!
ベトナムの大空を飛びまわることでしょう!




おいしそうな太巻き寿司の作り方も写真つきでわかりやすく説明してくれています




ドラえもん!オバQ〜!コロ助!
こどもがアニメが好きなのは世界共通ですね!




東京の新名所スカイツリー。大作ですね☆




日本のお寺や仏教についても、わかりやすく紹介してくれています



ブオンヤクラ小学校のこどもたちもきっと喜びますね!
植水小学校のみなさん、ありがとうございました☆

Posted by aefa at 15:23 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

柏島小学校のみなさんの気づき[2010年12月27日(Mon)]
倉敷市立柏島小学校で、先日出前授業を行いました。その時の授業で感じたことを5,6年生が送ってきてくれたので、ご紹介します。





★5年生 Fさん★
私たちは、幸せがいつもあたりまえと思っていたけど、こないだの話をきいて自分はずるいと思いました。ラオスのみなさんが書いてくれた絵は、とても感動しました。食べ物もそんなになくて、水くみの行くと中にもばくだんがあって命をおとすかのうせいがあるということも知りました。学校に行けなくて、字もかけない人がいるということもあらためて知りました。私は着る物もあって、家族もいるし、食べ物もすぐそばにあるから、苦を感じたことがあまりありません。でも、ラオスの人たちが苦労して生きていることが分りました。このことを分らせてくれてありがとう。

★5年生 Tさん★
ぼくたちはすごくゆうふくなくらしをしているけどラオスの人達は食べ物でも6人にひとつしかない物をわけあって食べているのでたすけてあげたいです。ラオスの人たちはみじかにきけんなことやあぶないことがあるのに、家ぞくのために、毎日一生けん命お手つだいをして、すごいです。交りゅうを通してラオスの人達はあまりゆうふくではないけど、家ぞく思いではたらき物だと思いました。ぼくもラオスの人を見ならいたいです。

★5年生 Oさん★
私はラオスのバチュジュン村の人たちが、死ととなりあわせの世界にいる事にしょうげきをうけました。なのに、私達日本人はゆうふくな人達にいることがビックリしました。なぜ同じ人間なのに、こうも生きている世界がちがうのか不思ぎに感じました。

★6年生 Nさん★
前の交流会で、世界にはまずしい所と、豊かな所と、ふつうの所で、食べ物だけのことで、こんなに差がはげしいことがわかりました。ラオスの人たちはどっちかというとまずしい所なので、私たちがこんな豊かな所でくらしているから、給食を残さず食べたり今まで以上に感謝して勉強したり、食べ物を食べたりしたいです。


授業をとおして、ひとりひとりが違った気づきをいろいろと得たようです。気づいたことなどをおうちに帰って、家族のみなさんにお話をしてくださいね。

6年生の感想文には「卒業してしまうので、交流が最後でさみしい」という声も!中学校に行っても、ラオスとの交流を続けていってくれたらうれしく思います!

Posted by aefa at 10:50 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

大岡小学校より寄付金を頂きました![2010年12月26日(Sun)]
長野大岡小学校より、素敵な絵とお手紙を受け取りました!

前回のブログでも紹介しましたが、大岡小学校では全校で大根を育てています。その大きくなった大根を、こどもたちが一生懸命売って、今回その売上金25000円を寄付してくださいました!


こどもたちのお手紙を何通か紹介します!


★このおかねをトンコー小にとかラオスのトンコーむらとかにわけてください。このおかねは大こん2010年のですので、たね→まびき→たまにくさとり→しゅうかく→しゅっかといっろいろあせ水を出しきっただいじなお金なので、ためになるのにつかえるといいなあと思います。そしてラオスにもってって学校のざいりょうとかにつかってほしいです。(J君)


★このお金は4年生みんなで大根を売って、あせをかきながら、お客さんに買ってもらったお金です。このお金はラオスのトンコー村につかってほしいです。そして、トンコー村の人たちに、もっともっとしあわせになってほしいです。だからこのお金をき付します。よろしくお願いします。(Y君)




心のこもったお手紙と一緒に、素敵な絵もたくさん届きました。




大根が生き生きしていて力強いですね!



学校から見える雄大な山々や、周りの豊かな自然環境が目に浮かびます



みなさんの思いは、必ずラオスのお友達に届けますね。
大岡小学校のみなさん、ありがとうございました。

Posted by aefa at 13:50 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

大根プロジェクト2010〜大岡小学校での取り組み〜[2010年12月26日(Sun)]
長野市立大岡小学校では、「大根プロジェクト2010」として種まきから収穫、販売までこどもたちが行い、収益を寄付しています。

1人15mの畝をこどもたちが自分たちで管理し、草取りや間引きの活動も頑張ってきたそうです。11月9日には全校で畑に出かけ今年の大根を収穫しました。


畝をたがやす



立派な大根が収穫できました!



丹精こめて作った大根をきれいにして出荷します



地域の方々に販売しました


大根の種がどこについているのかさえ分からなかった子供たちが、今では『大根の専門家』となったそうです。


また、12月16日にAEFAによる出前授業が行われました。
世界にはどれほど貧しい子供達が多いか、日本の子供がどれほど恵まれているか、ラオスの子供達の状況はどうなのかなどなど、こどもたちは話の中からいろんなことを感じ取ってくれたようです。




そして、児童会と4年生からトンコー小学校への寄付をお預かりしました。みなさんが丹精こめてつくった大根を売って得たお金、その思いをしっかりとトンコー村の人々に伝えますね


Posted by aefa at 10:55 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

飯舘村の皆様へ〜ドンニャイ中より感謝状が届きました〜[2010年12月25日(Sat)]
ラオス ドンニャイ中学校へご支援をしてくださっている福島県飯舘村の皆様に感謝の気持ちがつづられた手紙が届きました!





校長先生ならびに学生さんからのレターの一部をご紹介します。


★Manyphetさん(学生)より

私の名前はManyphetと申します。サラワン県ラオガム郡ドンニャイ中学校で勉強をしている15歳です。私たちの村の学校をご支援くださいました皆様のご親切をとても嬉しく思っております。私たちに多大なるご支援をしてくださった皆様のご親切は私の心の中にとどまり、決して忘れることはないでしょう。

最後になりますが、皆様のご健康と日々の幸福を、そして飯舘村とドンニャイ村の間の友情が永遠に続きますことをお祈りしております。

感謝をこめて。



★校長先生より

サラワン県ラオガム郡ドンニャイ中学校の教師を代表いたしまして、新しい学校建設をご支援くださいました飯舘村の皆様に心からの感謝を申し上げます。また、今後皆様と交流していくことができて本当に幸せに思っております。

教師を代表いたしまして、皆様のご親切への心からの感謝と、皆様のご健康ならびにご成功をお祈りしております。

最後になりますが、飯舘村の皆様と末永く良好な関係が続きますように願っております。

学校長
Mr. Soukanh KETVANNY


どの手紙にも、今後飯舘村の皆様との交流を大切にしていきたいという思いが綴られていました。今回始まった交流が末永く続いていきますように、AEFAとしてもサポートしていきたいと思います。

飯舘村の皆様、本当にありがとうございます。

Posted by aefa at 13:46 | ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

広田小にお邪魔してきました![2010年12月25日(Sat)]
先日、広田小学校にお邪魔したことろ、5年生がカレン族の衣装を着ていてびっくりしました!

5年生が家庭科でカレン族の衣装を作って、水曜日はカレン族の衣装を着る日ということになっているそうです。こどもたちのお母さんたちもご協力してくださっているとのこと。



こどもたちは、学校行事があるときなど、積極的にこの衣装を着ており、またこの衣装をとても大事にしているそうです。色とりどりで個性あふれる素敵な衣装ですね。



カレン族の衣装を身にまとい、みんなでピース!



タイのファイコン小のこどもたちにも、カレン族の衣装を着ている広田小のこどもたちの写真を送りたいと思います。きっとタイのこどもたちも驚くに違いありません!



カレン族の衣装




広田小のみなさん、素敵な時間をありがとうございました。
気持ちがほっこりしたひとときでした!

Posted by aefa at 12:01 | フレンドシップ交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

友情の鐘〜日本の友だちより 中川千恵子様[2010年12月24日(Fri)]
ラオス ナトゥム小学校(2009年度建設校)の開校式に今年2月に出席された中川千恵子様より、同校に『友情の鐘』が贈られました。

ナトゥムの校長先生&マイマニー先生に贈呈
鐘には、 日本の友だちより と銘が入っています。




左より 津市元教育長 田中彌先生、AEFA理事 石原拓一郎
中川千恵子さま、AEFAスタッフ





現在、1-4年生 45人の子どもが学んでいます。


中川様からは、先生の給与のご支援も頂いています。
ナトゥム小の2人の先生(校長先生、マイマニー先生)は、行政から給与が支払われている正規の職員のため、津市高野尾小の交流校 ピアラー小(2010年度建設校、現在建設中。これまで村に学校がなかったため、今は先生を雇ってお寺で勉強している。)のボランティア先生の給与に充てさせていただきます。

中川様、ラオスの子どもたちの教育環境改善のためのご支援、
どうも有り難うございます!!


Posted by aefa at 10:09 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

会社をつくろう〜津市高野尾小学校の取組み[2010年12月23日(Thu)]

 三重県津市高野尾小で、12/16(木) 4-6年生77人対象に、ラオスの出前授業を行いました。

皆さんのラオスに関する知識・質問内容の豊富さ、深さ、出される意見の素晴らしさに、本当に驚き、これが初めての出前授業!?と思うほどでした。ラオスについての資料、特に子ども向けの資料はとても少ないのですが、みなさん学習を十分に行っていることがよくわかり、AEFAスタッフもこれまでにない充実感を感じ、本当にとても楽しい時間でした。
皆さん、先生方、本当にどうも有り難うございました。


交流校・ピアラーの友だちが放課後みんなで遊んでいた『トラと豚』の遊びを体験!


同小では、津市が推進する「キャリア教育」学習プログラムを導入。
 ○ 総合的な学習の時間等における、「起業教育」の導入(三重大教育学部との連携、小学校・中学校・高等学校の連携、地域の方々との連携)
 


11/4に開催された研究実践発表会で、ラオス・ピアラーの様子を紹介する6年生


6年生は、「起業教育」プログラム「会社をつくろう」で、”会社”をつくり、販売実習を行いました。その収益をどのように使うか、ディベート。交流校であるラオス・ピアラー小への支援にも充ててください・・と、児童会長田中希和さん(津市元教育長田中彌先生のお孫さん)より贈呈されました。(12/17 中日新聞掲載)





「この学習は、実際ラオスに行かれ、体験されていらした、田中彌先生の3月の授業がきっかけとなりました。
子どもたちは夫々、資料も不十分な中、自主的にラオスについての調べを進めました。AEFAから具体的な数字データなどの資料をもらったので、それも役立ちました。
そうやって調べたことを、6年生が4年生に授業を行ったりもしました。
4年生は、最初はラオスの子どもたちを”かわいそう”と思ったようですが、6年生は、「私たちのこの活動は、『かわいそう』と思ってやっているのではない。」と説明していました。これは、子どもたちが自分でしっかりと調べたり学習しているからで、かわいそうだから何かをしてあげないといけない・・という目線や意識は、全くありません。」
(6年生担任:浅川先生談)


前列右より 田中彌先生、杉本一久校長先生、石原AEFA理事
後列右より 浅川先生、森公子教頭先生


高野尾小学校のとてもユニークで素晴らしい取り組みを、
AEFAも応援しています!!

Posted by aefa at 19:52 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ