CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 2009年09月 | Main | 2009年11月 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
子供たちに、「夢とやる気」を持ってもらうきっかけを[2009年10月27日(Tue)]
第4回AEFAフォーラムに寄せて
                            

                             理事長  谷川 洋

  AEFAも5周年を迎え、建設した学校も、77校になります。フレンドシップ交流校も通算56校、現在48校が活発に交流中です。5周年記念事業としての、AEFAフォーラムでもあります。AEFAとして、何か具体的な貢献を教育の現場にお届けできないものかと、ささやかな希望を託するつもりではじめたフォーラムでした。それが第4回を迎えることになり、皆様の支援の賜物と深く感謝申し上げる次第です。

人は誰かの為になるとき本当に幸せになれる。その自覚が人間を変える。子供たちにもこのことを伝えたい。私達AEFAはこの信念を持って、5年間を猪突猛進してきました。これからの日本にとっても最大の課題であると信じる教育問題に挑戦してきました。個人の自覚が変われば世の中は変わる。利己主義からの脱却こそが世の中を変える。子供たちが夢を持てれば、世の中は変わる。そのためのきっかけ作りをAEFAは目指してきました。
 
 現代は夢のない世界であると言います。夢を追えない時代だとも言います。そうでしょうか。夢は自らの心の中に作るものです。そのきっかけを作ることが教育の使命でもあると確信するのです。希望に満ちた、明るい日常生活をしていれば、夢は子供たちの中に自然発生するものであるはず。それを邪魔しているものは何でしょうか。
 AEFAは、子供たちの夢作りの一翼を担いたいと思います。「ワンコイン・スクール」建設に踏み出したのもそのための一つの挑戦です。大人の金でない、子供たちだけの資金で学校を建設しようと言うものです。戦後の日本復興には欧米各国からの多大なる支援がありました。これからは日本がアジアを支援するべきであるという、感謝と自覚に根差した地道な活動を起こしたいものです。未来を担う子供たちの「思いやりと仲間意識」から生まれる運動にしたいものです。

 アジアの子供たちの生命力、健気な努力、学びへの希望に気付いてもらうこと。それがAEFA国際交流の出発点でした。日本の子供たちに自信を持ってもらいたい。自分達がどんなに役に立つ人間であるかを自覚してもらいたい。そして行動を起こしてもらいたい。
「気づきと夢」から更に一歩進めて「夢とやる気」を子供たちに持ってもらうために、何をすべきかを問いかける場として、このAEFAフォーラムを位置づけたいと思います。

Posted by aefa at 09:00 | 理事長の独り言 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

あさがお交流[2009年10月19日(Mon)]
河和田小学校の委員会活動で、壁新聞を作りました。河和田小学校の1年間の様子を新聞にまとめました。


ポストカードも作りました。



河和田小学校の1年生のあさがおの観察日記をまとめました。



ベトナムでもあさがおを植えてくださったと聞いて、子どもたちもとても喜んでいました。河和田のあさがおの様子もみていただけれたらと思います。

鉛筆や消しゴムは、ベトナムの友達にと委員会の子どもたちが全校によちかけ集めました。お渡しくださいますようよろしくお願いいたします。



鯖江市河和田小学校教諭 木村友美

Posted by aefa at 11:17 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ベトナムのみなさんに伝えたいこと[2009年10月19日(Mon)]
福井県勝山市立村岡小学校です。

3年生43人は、ベトナムのみなさんに知らせしたいことを絵とメッセージにしました。



制服があること、(ベトナムにはない)雪のこと、運動のこと(走ること、水泳、バトミントンなど)、あと、学校のまわりの自然についてなど描かれていました。

4年生からは9人が習字、5年生からは夏休みの作品の中から2人がポスター、2人が工作を送りたいという申し出がありました。





ベトナム(ポコ小学校)への送付、よろしくお願いします。
国際交流担当 齋藤香奈子

Posted by aefa at 10:40 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

日本の校歌プレゼント[2009年10月17日(Sat)]
日本財団ブログマガジンに、宍戸先生のラオスでの交流の様子が掲載されました。

http://blog.canpan.info/koho/archive/877#BlogEntryExtend

Posted by aefa at 11:46 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

みんなが笑顔[2009年10月16日(Fri)]
9月にベトナムを訪問した港区立芝小の須川美奈子先生の授業行われました。
学年毎に指導内容を変え、全校生徒に順次授業を行っています。




ベトナムの子が描いた絵ってきれいだね。


ベトナムと同じところ、違うところってどんなところ?


ベトナムに行って、物はないし、トイレはないし、不便なことばかりでした。
だけど、すごく楽しかったです。
何が楽しかったかというと日本にないものがいっぱいありました。
毎日が発見でした。
自然もたくさんあります。
学校に行ったら、びっくりするくらいあひるがたくさんいました。

一番すごいと思ってことは、「みんなが笑顔だったということです」
本当だったら、つらそうだな、かわいそうだなと思うはずが、
そんなことは全然思いませんでした。
「こんなに生活が大変だった」という話を全然聞くことはなくて、
みんな楽しそうだし、みんなが仲良しなんです。

夜、村に泊まって真っ暗な中、近所の人たちと散歩をしました。
そのときホタルが飛んでいました。
何もなくても、楽しい、みんなが親切でやさしい、そしてチュック君のように一生懸命に勉強している子に会って感動しました。
ベトナムの人は、みんな誇りを持っていました。
挨拶もきちんとできていました。

芝小のみんなも、そんなベトナムの友達とどういう交流をすればいいか考えてください




こらからみんなが考えた交流が始まります。

Posted by aefa at 14:51 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

物があることは幸せでしょうか?[2009年10月16日(Fri)]

物に囲まれていることって幸せでしょうか?
もしかしたら、みんなは大事なことを忘れているかもしれない。
自然や、自分の気持ちに誇りを持つとか、学べる幸せをもう一回考えてほしい。

先生はベトナムに行って考えました。
今の物に囲まれた生活はこれでいいのかな?
無駄使いしていまいかな?いらないもの買っていないかな?
そういうことを考えられたので、私はベトナムに行けてよかったと思っています。

今日のビデオは違う国のことではありません。
世界の中の国の一つです。
みんなもその世界の国の中の一つだということを考えてもらいたいと思います。

自分の幸せだけなく、まわりことを考えなければいけないということを、
この交流を通して考えました。

長岡季和先生(芝小 5,6年生の授業で)

Posted by aefa at 13:20 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

南が丘インターナショナル[2009年10月15日(Thu)]
10月13日
津北ロータリークラブで作ったナトゥム小学校は津市立南が丘小学校と交流しています。

津北ロータリークラブが今回の式典のために作ったナトゥム小学校のポスターを届けながら、ナトゥム小学校の建設報告と、森田校長、白根教頭先生にご挨拶に伺ってきました。



南が丘小学校では、ナトゥム小学校に押し花を届けており、その押し花を9月に出張の際には一人一人に届けられました。



学校では、南が丘インターナショナルという交流クラブができ、これまでもベトナムのタインジアン小学校との交流を行ってきました。
これからはラオスとの交流が始まります。


Posted by aefa at 16:08 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

津北ロータリークラブ ラオスへ学校支援[2009年10月15日(Thu)]
10月12日
津北ロータリークラブでは、創立40周年記念式典が行われました。



ロータリークラブは『親睦と奉仕』を謳い、社会へ奉仕、国際親善などのプログラムを進めています。
この奉仕の気持ちが津北ロータリークラブではこれまでベトナムの学校にも教育支援を行ってきたこともあり、今回の40周年記念事業としてラオスのナトゥム小学校の支援へという形になりました。

専務理事の遠藤が津市内の小学校の民間校長であったことから、元教育長の田中弥先生が津北ロータリークラブにアジア教育友好協会をご紹介頂き、ラオスへの支援が決定しました。



式典では、目録、学校につけるプレートが贈呈されました。


この式典の記念講演会では、谷川理事長が『アジアで学校を創る〜ボランティア人生の喜び』と題し、学校の建設状況の報告、理事長のボランティア人生について、AEFAの活動についての講演が行われました。スライドで現地の紹介をしながら、ラオスの様子、ナトゥム小学校の様子を紹介しました。


1月にはロータリークラブの方がナトゥム小学校の開校式に参加する予定です。

Posted by aefa at 13:53 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

押し花作品を届けました〜ナトゥム小&南が丘小[2009年10月12日(Mon)]
9/23、ラオス ナトゥム小学校に、交流校 津市立南が丘小の友だちから贈られた「押し花」の作品を届けました。



日本の友だちからだよ!!



ナトゥムでは、新しい校舎の建設が進んでいます。






今年の12月には、完成予定です!!

Posted by aefa at 12:07 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

アジアの未来に、君たちの"夢"を〜福島県東館小学校[2009年10月11日(Sun)]
10/6、東館小学校で、宍戸校長先生による帰国報告を兼ねた特別授業が、全校児童を対象に行われました。


ラオスの国や子どもたちの生活を、スライドや映像で紹介。
児童のみなさんは、自分たちとの生活の違いに驚きながらも、交流校のナトゥール小学校で、東館小から贈呈された作品が飾られていたり、文房具が使われている様子に、大喜びでした。



東白日報夕刊に掲載


宍戸校長先生は、授業を「アジアの未来に、君たちの"夢"を」と締めくくりました。
これからの未来を生きる子どもたちに、より広い世界と新しい夢のひろがり、そしてACTIONを呼びかけました。

この授業の様子をふくめ、同校のラオスとの交流が、福島テレビで来週放送される予定です。

Posted by aefa at 16:27 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ