CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 中国雲南省 | Main | 活動 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
「ユウタとりゅうとケナフのたね」のタイ語版ができました[2012年03月22日(Thu)]
NPO法人循環型地球環境保全機構様より頂いた「ユウタとりゅうとケナフのタネ」の絵本。2007年にラオス語に翻訳し、ラオスの学校に何冊がお届けました。

今回タイの学校に届けるために、タイ在住のボランティアのOさんがタイ語に翻訳してくださいました。また、翻訳作業をしたOさんはタイで自費製本したそうです!

IMG_0901.JPG
<タイ語版の絵本。ステキに仕上がっていましたぴかぴか(新しい)


IMG_0136.JPG
お貸しいただいた原画を手に…
<左:NPO法人循環型地球環境保全機構理事長 荒井様、右:AEFA理事長 谷川>


次回タイに出張する際に、AEFAの交流校にもタイ語版をお届けしたいと思います!

快く原画を貸してくださった原作者・イラストレーターの方々、そして、多大なるご協力を頂きました荒井様に心から感謝を申し上げます。

みなさまありがとうございましたぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 18:14 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

「ケナフの男」[2007年03月07日(Wed)]

 「ケナフ」とは、アオイ科フヨウ属の一年草です。
二酸化炭素を多く吸収し、また窒素やリンを吸収することから水質浄化作用もあり、地球環境保護に役立つ植物といわれています。1年間で種まきから刈り取りができるので、子供たちの環境教育にも適した教材です。
 夏になると、芙蓉に似た白い清楚な花を咲かせ、葉はてんぷらにして食べることもできます。繊維をとって布を織ったり、パルプにして手漉きの紙を作ったり、役立つ植物です。原産地はアフリカですが、日本でも全国的に育てることができ、明治時代からの栽培の記録が残っています。
 身近な所では、コーヒーショップやレストランの紙ナプキンにケナフが使われているものがあります。
 
荒井理事長は、ケナフの第一人者として、日本国内のみならず海外にもケナフをひろめています。国内のネットワークも大変しっかりした組織です。

AEFAのフレンドシップ校、「江東区立毛利小学校」も、荒井理事長からのご紹介です。


左)荒井理事長 中央)毛利小山岸校長先生 右)ケナフの会 関さん


毛利小の子供たちにケナフの話をする荒井理事長

「私どもは、一昨年、二酸化炭素を多量に吸収する(木材の7倍ともいわれている)一年草「ケナフ」の地球温暖化防止に役立つことなどを絵本「ユウタとりゅうとケナフのタネ」にまとめました。
その絵本がアジア教育友好協会の計らいでラオス語に翻訳され、3月にはラオスの子供たちに読んでいただけることと、日本の子供たちと「ケナフ」で作った絵ハガキの交換がされると聞いて、今後、東南アジア諸国の言葉に翻訳され、配布されることをAEFAに期待します。

NPO法人循環型地球環境保全機構
荒井 進」

毛利小でのランチタイム☆(キムチチャーハンと五目汁)


なお、千葉ケナフの会では、5月20日(日)にケナフの種まき&ケナフうどん試食会の参加者を募集しています。(参加費無料、年会費1000円)
10月中旬の刈り取りまで、草取りやケナフの紙漉きなどのイベントを含めて全5回のプログラムが組まれています。
野菜農園の一坪オーナーも同時募集中です。
興味のある方は、03-3667-3953 まで、お問い合わせ下さい。

Posted by aefa at 11:56 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

晩秋の空に花開く・・・[2006年11月06日(Mon)]
連日フォーラムの準備に終われ・・・走る、早朝に家を出て夜遅く帰宅する毎日・・・月
季節の移り変わりに眼を留める余裕も無く・・・ ←ちとかっちょ良すぎたかな困った

無事フォーラムも終わり、久々にふと庭をナガムレバ。クローバー


ベランダまで届きそうに成長したケナフと



冷たい空気と青く澄んだ秋の空に花開く真っ白なケナフの花。
たくましひ・・! 根はシッカリと鉢から伸びて地面に根付いていました。



ちなみにこちらは伊豆のケナフ。日照不足?残念ながらまだまだちびっこです。


Posted by aefa at 22:59 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ケナフの会で発表しました[2006年08月25日(Fri)]

 NPO法人 循環型地球環境保全機構 第4回特別講演会で、谷川理事長が「アジアの少数民族のための小学校建設〜ケナフを通した国際交流〜」をテーマに、講演を行いました。

 展示スペースでは、インドシナ半島の地図やAEFA学校、子ども達、ケナフの成長の写真を貼りだしました。参加者の中には、「近くの学校に紹介したい」とAEFAの会報やパンフレットを持ち帰る方もいらっしゃいました。


講演中の谷川理事長


展示スペースの様子


循環型地球環境保全機構 荒井理事長と
http://www.kt.rim.or.jp/~kenaf/

Posted by aefa at 18:04 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

伸び悩み・・・・[2006年08月07日(Mon)]
最近、伸び悩んでいます・・・・・困った
ブログのアクセス数が・・・・・ じゃなくて、
ケナフの成長が・・・・・・。

同時期に種まきした佐藤家のケナフに比べると、約半分の背丈。
1ヶ月前と大して茎の太さも変わらないし、しかも、なんだか下のほうの葉っぱが黄色くなってきてる!!〓




真夏の青空を背景に、白い芙蓉のような清楚な花が咲くのを楽しみにしていたのに・・悲しい

こんなときには!!お助け!「THEケナフマニュアル」(株式会社ユニパアクス作成)
「土が乾かない程度に水をやり、草花・野菜用の肥料を1m2あたり20g程度入れると生育が良くなります。水や肥料をやらなくても生育しますが、その場合、茎は細く、草丈も長くて3m程度です。」と書いてあります!!

うーーむ、やぱし栄養って大切なのね。ケナフも夏ばて??

「肥料をやってみます。」まる


ケナフと共に、AEFAのブログも成長し、花開きますように・・・・・キラキラ



Posted by aefa at 09:12 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

3週間ぶりぶり!![2006年07月07日(Fri)]
そーいえば、ケナフの話はどうなったのよ?
枯らしたんじゃないの?え?どーなのよ??
・・と思われていた皆様!

大丈夫でございます。
無事、スクスクと育っております。

こちらが本日のケナフ。













10日前のケナフ。
                       

あまりにすくすくすくすくすくすく育っているので、うちでは「ジャックと豆の木」と呼ばれています・・・・。困った

笑いともあれ!
そろそろ植え替えの時期です。
日本の夏の青空を背に、白い清楚な花を咲かせてくれる日はくるのでしょうか・・。ラブ

Posted by aefa at 08:46 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ケナフのお部屋[2006年06月15日(Thu)]
ケナフ?
ファミレスとかコーヒーショップの紙ナプキンに、「このナプキンは、ケナフを使っています。」って書いてあるのを見たことあるかも・・。地球マークかなんかも印刷されてて、なんとなく環境にやさしいってカンジ。(←だからって、無駄遣いは駄目ですよ。)
木じゃないけど、紙を作れるらしい。
・・・って、実際はどんな植物なんだろ??

はい、ケナフとは。
「アオイ科フヨウ属の一年草」です。
・・ってことは、タチアオイとかハイビスカスみたいな花が咲くんだろうな。
 →タチアオイイメージ図











で、こちらがケナフ。似てるけど、ちょっと地味。



「日本全国で栽培可能な早生植物で、二酸化炭素を多く吸収し、窒素やリンを吸収することから水質浄化作用もあり、地球環境ほどに役立つ植物ともいわれております。」(株式会社ユニパアクス制作「THE ケナフ」www.kt.rim.or.jp/~kenaf/ -より抜粋。)

ふうううううん。
木の代わりになるだけじゃなくて、水や空気をきれいにしてくれるんだ。
すごいかも。日本全国で栽培可能ってことは、もしかしてウチでも育てられるのかな?

と、ゆーわけで!
ケナフ蒔いてみました」ブログ 始めます。
無事、紙まで作ることが出来るか!!??


こちらがケナフの種。




お皿に敷いたティッシュペーパーの上に種を置き、水を種がかぶるくらいひたひたにいれます。日当たりの良い所に置き、2−3日で発芽。ちなみに発芽率はほぼ100%です。
発芽したら、プランタ等に植え替えます。






蒔いてから約1週間、6/12のケナフ。双葉がでてきました。


こちらが本日のケナフ。双葉もだいぶいっちょこまえになってきました☆

つづく!!

Posted by aefa at 08:52 | ケナフの部屋 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)