CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« フレンドシップ交流 | Main | ベトナム »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
買い物でボランティア!この夏も!〜キッコーマン株式会社様のご協力で〜[2016年07月28日(Thu)]
キッコーマン株式会社様にて、7/14には野田本社と研究所で、7/20には東京本社で社内販売会が行われ、AEFAのちくぬい作品も展示販売させていただきました。

ここ数年、AEFAは毎年参加させていただいていますが、今回もたくさんの方が訪れて各会場は賑わっていました!

東京160720-4.JPG
東京本社での販売会会場の様子


展示販売は、AEFAのボランティアさんたちが行ってくださいました♪

野田160714-1.jpg
野田本社にて


野田160714-2.jpg
野田研究所にて


東京160720-1.JPG
東京本社にて


来場者の中には、毎年楽しみにしてくださっていて、「ちくぬい、大好き!」「以前にこういうのを買って、愛用しています。今年はどれにしようかな〜」と、声をかけてくださった方も!

東京160720-3.JPG
どれにしようかしら〜


ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統文化である手織り技術の保護・継承にもつながります。

キッコーマン株式会社様のご協力により、千葉県野田市の「もの知りしょうゆ館」にて、ちくぬい作品の常設展示販売コーナーが設けられています。「もの知りしょうゆ館」の工場見学には予約が必要ですが、売店&「まめカフェ」の利用だけならば予約不要です。お近くにお越しの際は、ぜひ!お立ち寄りください!すてきな展示と作品が皆様のご来場をお待ちしています!!

キッコーマンの皆様ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 21:22 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

恒例!「ちくぬい会」キッコーマン様の本社にて[2016年05月16日(Mon)]
4/18(月)、キッコーマン株式会社様の野田本社食堂にて、ちくぬいボランティアさんの交流会が行われました。

会場全体.JPG


ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることなどを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の手織り技術の保護・継承にもつながります。

キッコーマンの社員のボランティアさんや、千葉県野田市近郊にお住まいのボランティアさんが集まってくださいました。お子さんとご一緒に参加してくださった方もいらっしゃいました♪

交流.JPG
作品を披露し合ったり、アイディアを交換したり・・・

布選び.JPG
次はどの布で作品を作ろうかしら・・・


愛情がタップリ詰まったステキな作品たちハートたち(複数ハート)

ハワイアンキルト裏表.jpg
ハワイアンキルトとタオイ族の手織布のコラボ!ア〜トな逸品です♪

ペンケース.JPG
手織布の温かな味わいのペンケース♪

くじら.JPG
海の無い国ラオスからやってきた手織布が、くじらのアップリケになりました!


AEFAからは奨学生たちの様子を紹介しました。今年は教員養成短大だけでなく、職業訓練校にも2名が通っており、支援の範囲が広がっています。

建築.jpg
建築を学んでいるホーンくん

電気工事.jpg
電気工事を学んでいるクートゥアイくん

山岳少数民族の子供たちがさらに勉強を続ける機会を与えてくださるプロジェクトへのご理解と応援を、どうもありがとうございます。


ちくぬい作品は現在、以下の3か所で常設展示販売が行われています。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄りください。喫茶店レストラン
すてきな展示と作品が、皆様のご来場をお待ちしていますわーい(嬉しい顔)

「もの知りしょうゆ館」(千葉県野田市)
 売店の中に、ちくぬい作品のコーナーがあります。工場見学には予約が必要ですが、売店まめカフェの利用だけならば予約は不要です。まめカフェの壁にも、ラオスの手織り布が飾られています。

アジア料理専門レストラン「レモングラス」(千葉県我孫子市)

「蔵楽(クララ)コミュニティカフェ」(千葉県野田市)

なお、ちくぬい作品は常設展示販売の他にも、イベントやバザーなどでも販売されています。機会がありましたら、是非、お手に取ってご覧くださいるんるん

キッコーマンの皆様ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 11:45 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア!今年は12月にも!〜キッコーマン株式会社様のご協力で〜[2015年12月14日(Mon)]
12/14(月)に、キッコーマン株式会社様東京本社にて社内販売会が行われ、6月の社内販売会に引き続き、AEFAのちくぬい作品も展示販売させていただきました。

DSCN1964.JPG
たくさんの方が訪れてくださり、盛況でした!

DSCN1959.JPG
お客様とのお話も弾みました!


DSCN1953.JPG
中には、ボランティア制作者さんの紹介を添えた「顔が見える作品」も登場!


DSCN1955.JPG
かわいいブローチやストラップ、クリスマスにもピッタリ!


ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマン株式会社様のご協力により、千葉県野田市の「もの知りしょうゆ館」にて、ちくぬい作品の常設展示販売コーナーが設けられています。「もの知りしょうゆ館」の工場見学には予約が必要ですが、売店&「まめカフェ」の利用だけならば予約不要です。お近くにお越しの際は、ぜひ!お立ち寄りください!すてきな展示と作品が皆様のご来場をお待ちしています!!

キッコーマンの皆様ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 23:15 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

恒例!「ちくぬい会」キッコーマン様の本社にて[2015年12月02日(Wed)]
11/30(月)、キッコーマン株式会社様の野田本社食堂にて、ちくぬいボランティアさんの交流会が行われました。

全体風景151130.JPG

ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマンの社員のボランティアさんや、千葉県野田市近郊にお住まいのボランティアさんが集まってくださいました。

情報交換151130.JPG
作品を披露し合ったり、アイディアを交換したり・・・

布選び151130.JPG
次はどの布で作品を作ろうかしら・・・

愛情がタップリ詰まったステキな作品たちハートたち(複数ハート)

フリンジバッグ151130.JPG
布の端の房をそのまま活かした、ステキなデザインのバッグ

巾着151130.JPG
様々な色柄のかわいい巾着たち。デニム生地と組み合わせたものも!


AEFAからは、AEFA奨学生第3期生6名が教員養成短大を無事に卒業したお礼のメッセージの動画を紹介しました。この夏に無事に卒業を迎え、秋からは故郷の村で教壇に立っています!

メッセ紹介151130.jpg
 

ちくぬい作品は現在、以下の3か所で常設展示販売が行われています。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄りください。喫茶店レストラン
すてきな展示と作品が、皆様のご来場をお待ちしていますわーい(嬉しい顔)

「もの知りしょうゆ館」(千葉県野田市)
 売店の中に、ちくぬい作品のコーナーがあります。工場見学には予約が必要ですが、売店まめカフェの利用だけならば予約は不要です。まめカフェの壁にも、ラオスの手織り布が飾られています。

アジア料理専門レストラン「レモングラス」(千葉県我孫子市)

「蔵楽(クララ)コミュニティカフェ」(千葉県野田市)

なお、ちくぬい作品は常設展示販売の他にも、イベントやバザーなどでも販売されています。機会がありましたら、是非、お手に取ってご覧くださいるんるん

キッコーマンの皆様ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 22:30 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

インターン生の佐藤です![2015年09月16日(Wed)]

こんにちは!
インターンでAEFAさんのお世話になっている明治学院大学2年の佐藤大樹です。


今年の8月3日からインターン生として活動しています。

まだまだ未熟者ですが理事長をはじめ、AEFAの方々は丁寧に仕事を教えてくださり、とても貴重な体験をさせていただいております!!


普段の仕事は、事務所移転に伴う引越しの片付けから、奨学金制度のもとアジア各地で勉強をしている子どもたちの情報を英語から日本語に訳してまとめるなど、様々な仕事をさせてもらっています。


本日はラオス人のミミさんが事務所に来て下さり、一緒に今年の夏に撮影されたラオスの村人から支援者様にあてられたビデオメッセージを日本語に訳しました。


CPAM_bnVEAABhRI.jpg

少数民族の方の映像だたったのでところどころ訳しにくい箇所もあったようです。



ラオスで撮影された映像の中には日本の方が支援した学校を卒業し、その学校の先生になっているラオスの人のコメントなどがあり、支援が実際に実っている姿を目の当たりにすることができました。



CIMG9796.JPG
実際に卒業し先生になった方

このようにインターン生の私でも現場とのつながりを感じることのできる仕事ができるのは
AEFAならではなのではないかと感じています。

残すところインターンもわずかですが精一杯勉強して夏休みを終えたいと思います。
そして、自らの活動に活かせるよう努力していきます。

それでは失礼します!!また。



Posted by aefa at 15:02 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

恒例!「ちくぬい会」キッコーマン様の本社にて[2015年09月04日(Fri)]
9/3(木)、キッコーマン株式会社様の野田本社会議室にて、ちくぬいボランティアさんの交流会が行われました。

DSCN1814.JPG


ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマンの社員のボランティアさんや、千葉県野田市近郊にお住まいのボランティアさんが集まってくださいました。

DSCN1826.JPG
持ち寄った作品を披露しあったり・・・

DSCN1818.JPG
作品作りのアイディアを交換したり・・・

DSCN1823.JPG
次はどの布で作品を作ろうかしら・・・

愛情がタップリ詰まったステキな作品たちハートたち(複数ハート)

DSCN1819.JPG
箸入れ。お気に入りのペンなどの持ち歩きにも!

DSCN1821.JPG
巾着の紐の端にも、手織り布で手作りした飾りが!


AEFAからは、AEFA奨学生第3期生6名の教員養成短大卒業式の様子をお伝えしました。この夏に無事に卒業を迎え、秋からは故郷の村で教壇に立ちます!

6人.jpg
誇らしげな表情で!AEFA奨学生初、女性の先生が誕生!

校舎の前で.jpg
サラワン県教員養成短大の学び舎の前で

ちくぬいボランティアの皆様、引き続いての温かいご協力・ご支援を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 10:52 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

野田市の文協バザーに参加しました。[2015年09月01日(Tue)]
8月30日、恒例となっている野田市文化団体連絡協議会(文協)に今年もAEFAは「ちくぬい」作品を並べて、参加しました。この協議会にはいろいろな趣味や学習のサークルが64団体参加していて、毎年8月最終日曜日にバザーを開催します。場所は野田市にある興風会館という地域の、教育、文化活動を進めるために財団法人「興風会」が昭和4年に建設した由緒ある建物で開かれます。
koufuukaikan.jpg

今年は20団体位がバザーに参加でした。
AEFAはこの文協の会員ではないのですが、AEFA会員でもある野田市読書会連絡協議会の会長である吉田享子さんのご協力で、読書会連絡協議会が出すブースの軒先を半分くらいお借りして出展させてもらいました。ブースには地元のちくぬいボランティアをしてくださっている4名の方ガ協力してくださいました。
CIMG79961.jpg

皆さん、自分の作品が売れていくのを見て喜んでいらっしゃいました。AEFAの参加は3年目なので、会場に来る方の中でもだんだん知られてきて、世界に一品の手作り品を評価してくれる方が多くいました。他のブースが石けんや油など家庭で余ったものを安く売るという一般的なバザーなので、AEFAのちくぬい作品を並べたブースはタオイ族の織った布の色鮮やかさも加わって、一段と目立つブースになりました。場所を提供して下さった、会員の吉田さんはじめ、作品作り・出展準備・当日の販売を担当してくださったボランティアの皆様のご協力に感謝いたします。
CIMG79941.jpg

Posted by aefa at 14:54 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア!2015〜キッコーマン株式会社様のご協力で〜第2弾[2015年06月12日(Fri)]
6/11に、今度はキッコーマン株式会社様東京本社にて社内販売会が行われ、6/9の野田本社での販売会に引き続き、AEFAのちくぬい作品も展示販売させていただきました。

150611東京全体.JPG
たくさんの方が訪れてくださり、盛況でした!

150611東京集合.jpg
作品を作ってくださっているちくぬいボランティアさんや、作品の値付けやラッピングをしてくださっているボランティアさんも、展示販売にご協力くださいました。

150611接客.JPG
お客様とのお話も弾みました!

150611情報交換.JPG
ちくぬいボランティアさんどうしで、作品作りの情報交換も!

ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマン株式会社様のご協力により、千葉県野田市の「もの知りしょうゆ館」にて、ちくぬい作品の常設展示販売コーナーが設けられています。「もの知りしょうゆ館」の工場見学には予約が必要ですが、売店&「まめカフェ」の利用だけならば予約不要です。お近くにお越しの際は、ぜひ!お立ち寄りください!すてきな展示と作品が皆様のご来場をお待ちしています!!

キッコーマンの皆様、ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!

Posted by aefa at 13:11 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア!2015〜キッコーマン株式会社様のご協力で[2015年06月10日(Wed)]
6/9に、キッコーマン株式会社様野田本社(千葉県野田市)にて社内販売会が行われ、AEFAのちくぬい作品も展示販売させていただきました。

野田展示.JPG


0609野田メンバー.jpg
野田市近郊にお住まいのちくぬいボランティアの皆様が、展示販売にご協力くださいました。

接客2.jpg
接客1.jpg
作品を作られた方とお客様が、直接お話を楽しまれる場面も!

ちくぬいプロジェクトラオス南部サラワン県タオイ郡の少数民族タオイ族の手織り布を使って、日本のボランティアさんたちが作品を作り、その売上が、故郷の村の先生になることを目指す少数民族の子供たちの奨学金として寄付されます。少数民族の伝統の保護にもつながります。

キッコーマン株式会社様のご協力により、千葉県野田市の「もの知りしょうゆ館」にて、ちくぬい作品の常設展示販売コーナーが設けられています。「もの知りしょうゆ館」の工場見学には予約が必要ですが、売店&「まめカフェ」の利用だけならば予約不要です。お近くにお越しの際は、ぜひ!お立ち寄りください!すてきな展示と作品が皆様のご来場をお待ちしています!!

なお、6/11には、キッコーマン東京本社でも社内販売会が行われ、こちらでもちくぬい作品を展示販売させていただきます。

キッコーマンの皆様、ちくぬいボランティアの皆様、いつも温かいご協力を、どうもありがとうございます!!揺れるハート

Posted by aefa at 15:34 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

今年も盛況!「ニコニコチャリティーバザー」〜近江兄弟社様〜[2015年05月17日(Sun)]
パチュドン小中学校の女子寮建設カニョンケクナイ小学校建設薬袋プロジェクトなど、継続してラオスの子供たちを支援してくださっている近江兄弟社様

近江兄弟社様では、本社(滋賀県)と東京でそれぞれ年1回、ニコニコチャリティーバザーを開催しています。そして、そのバザーでの収益を、恵まれない子供たちのための施設や災害地へ寄付しています。わーい(嬉しい顔)

東京では毎年5月に、武蔵境にある社宅の駐車場スペースを利用して開催されています。今年も、5/16(土)に、東京営業所の皆様が総出で行われました。

化粧品、日用雑貨、お菓子の他、持ち寄られた物品など、様々な品がどれも大変お買い得! 雨が降った時間帯もありましたが、盛況でした!!晴れ

2015OMI東京バザー.jpg

昨年に引き続き、AEFAもその一角をお借りして、「ちくぬい」作品や、イラストレーター「かとーゆーこさん」のイラスト入り絵ハガキなどを、展示販売させていただきました。売上は、「故郷の村の先生」をめざす、ラオスの山岳少数民族の子供たちの奨学金となります。

近江兄弟社の皆様、AEFAコーナーに立ち寄ってくださった皆様、ちくぬい作品を作ってくださった皆様、どうもありがとうございました!!

Posted by aefa at 11:01 | チームAEFA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ