CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 活動 | Main | 交流中国 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
今年も野田市立北部小学校で「森のスーパーマーケット」[2016年11月06日(Sun)]
10/28に、千葉県野田市立北部小学校Hokusho World Fair 2016に参加しました。AEFAとしては6回目の参加です。

2016野田北部小幕.jpg

このイベントは10数年続いている北部小学校の名物イベントで、今年は17カ国、22のパビリオンが参加しました。近隣に住む外国人を呼んで、その国の紹介をしたり、遊びを教えたり、歌を歌うなどの授業をします。3つのピリオドがあり、子供たちは自分の興味のある国の授業を3つ受けられます。6年間で最大18カ国の人に会い、話を聞き、ふれあうことができます。

2016野田北部小パチンコ.jpg
「森のスーパーマーケット」を体感するパチンコゲーム

AEFAではここ6年間、毎年ラオス館を出し、顧問の菊地先生が考案した「森のスーパーマーケット」という授業をしています。この授業を通じて、ラオス南部の山岳少数民族の子供の生活と日本の子供の生活の違いを感じてもらい、国際理解のきっかけを与えようというものです。

自給自足の生活をしているラオス南部の山岳少数民族の子供は、食料をとるのは森に行って、自分でつくったパチンコで、鳥や、木の実などをとって、おやつや食事にしていることを食べ物の絵を描いた的を当てるパチンコゲームで体感してもらいます。的に当たらなかった子供はおやつや食べ物がないということになります。

2016野田北部小.jpg
ラオス南部の山岳少数民族の子供たちの生活を紹介

食べ物の中には蛙や蛇や蟻の卵なども貴重なタンパク源として描かれています。そのような厳しい生活環境でも学校ができて、勉強ができるようになった子供たちはいつも元気で、瞳を輝かせて、友達に会える学校に行くことで、幸せそうにしていることを話します。いじめもありません。

2016野田北部小授業.jpg
「コープチャイ」(ラオス語で「ありがとう」)

物質的に豊かでありながら、常に「もっと」、「もっと」と不満を持ちがちな日本の子供の生活と対比させて、「幸せというのは何か」を問いかけるのが、菊地先生の狙いです。元小学校の校長先生であった菊地先生のベテランらしい、変幻自在の授業に北部小学校の子供たちの目も輝きだします。この森のスーパーマーケットの授業は人気があるパビリオンになっていて、毎年楽しみにして、参加する子供もいます。

Posted by aefa at 15:06 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【野田市立北部小 北小万博2015】感想文[2015年12月03日(Thu)]
2015年11月6日に行われた北小万博でのAEFAの活動やラオスのことを知った生徒さんからの感想文です!ぴかぴか(新しい)

・私は、北小万博最後(6年生)のアシスタントがラオスでよかったです。学校の大切さが改めて分かりました。

・ラオスの話を聞いて、赤ちゃんが産まれても5歳で死んでしまうのは悲しいけれどみんなが力を合わせて学校を作ったり、木やたけのこを採ったりすることは一番すごい力を皆で合わせてるんだと思いました。

・今回で2回目のラオスを教えていただきありがとうございました。私は、これからもラオスの人たちのことを考えながら生活をしていきたいと思ってます。

・ラオスの人たちの生活がとてもよくわかりました。私は、食べ物の大切さが改めてよくわかりました。ラオスの人々の暮らしは、私たちにはかわいそうと思うけど、楽しそうに笑っていて、とても幸せなんだと思いました。

AEFAが北小万博に参加するのは5回目。
何回かラオスの話を聞いている生徒もいます。
毎年、話を聞いた子どもたちは、自分の感想の変化に気づいて、知れてよかった、となります。
知ったからこそ、行動し、ラオスのお友達のためになにかしたい!自分を改めて考え直して、自分たちの生活を改善する!など、なにかしらラオスのお友達の生活を知る事によってできる行動を、見つけてほしいと思います。

ありがとうございます!!!るんるん

Posted by aefa at 12:23 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新潟県十日町市田沢小学校より〜お便りと作品〜[2015年11月11日(Wed)]
今年6月末の出前授業で訪問した田沢小学校の皆さんがわーい(嬉しい顔)
学校の文化祭でラオスの子どもたちのために募金活動をしてくれました!

募金をしてくれた方には、子どもたち手作りのしおりや小物入れ、コマなどをプレゼント。
そして、ラオスの山岳の生活や様子など出前授業で学んだことをポスターに絵と文で
表現し、展示しました!!!

田沢小学校の子どもたちは、出前授業でも真剣に耳を傾け、授業後は質問の嵐!!
疑問に思うこと、不思議なこと、知りたいこと、全部スタッフに質問してくれました。

自分たちとは違う生活、同じ年の子どもたちが国が違うだけでどうしてこんなに
ちがうの?
私たちにできること、考えて行動したい!
使ってないペンやノートをプレゼントしたい!
など、沢山の声をいただきました。

ありがとうっ(涙)exclamation×2

今回も、子どもたちは文化祭で行動し、AEFAとラオスに温かい気持ちをいただきました。

DSCN2155.JPG

DSCN2152.JPG

Posted by aefa at 14:33 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

長野県大岡小学校[2015年11月10日(Tue)]
2015年11月5日に、長野県大岡小学校にて出前授業をしてきました!

大岡小学校は、長野篠ノ井ライオンズクラブ様がご支援してくださった
ラオス・トンコー小学校と交流しています。
毎年、トンコー小学校のお友達の話や、ラオスのことについて学んでいます。

今回は、大岡小学校も全校生徒約30名ほどの小さな学校なので
同じ山の学校でも、環境が全く違うことなどを自分と比べ、
特に違うこと、の中で川からの水汲みをする、ことについて
10Lの水を運んで実質体験をしました。

子どもたちの感想には、「こんなに重たい水を持って大変」
「怪我したらどうするの」
「学校行く前もあともやるなんて」
と、言葉をこぼしていました。

日々への感謝の気持ちや、自分には何ができるかを、改めて考えた
時間となりました!

この日は快晴☆
北アルプス山脈の美しい景色が最高でした!!!

長野篠ノ井ライオンズクラブのみなさま
大岡小学校のみなさん、

ありがとうございました!exclamation×2

P1000513.jpg

Posted by aefa at 15:08 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

明章小学校への出前授業報告[2015年09月17日(Thu)]
7月3日
明章小学校で出前授業をさせていただきました!

体育館をお借りして、4年生87名を対象にラオスについての授業を行いました。

明章小学校の皆さんは国際理解の授業の中で英語の勉強を少ししているなど
海外に親しみを抱く子も多いようでした。

授業ではラオスの様子をスライドで紹介していきました。

始めは静かに見ていましたが、今にも壊れそうな学校の写真を見てから、
「危ない!」「大変・・」などの声があがりました。
そこからは、皆問いかけに手を上げて答えてくださり、水汲みなど、子どもたちの毎日の仕事ぶりをみて、「かわいそう」「大変そう」などの声も上がったが、最後には「すごい」に変わっていました。

授業後に寄せられた感想には

・わたしは日本に生まれて幸せだなと思いました。蛇口なく水が飲めない、おなか一杯ご飯も食べれない国があるからです。それに私が当たり前に行っている学校にも行けないし、教科書もえんぴつも無いからです。わたしはそこまでして学校に行きたくないし、日本に生まれて幸せな国にいるからこういう嫌な気持ちになるだと思います。わたしは、これから日本に生まれたことを幸せに思い、そのラオスの子どもの分も一生懸命嫌なことを乗り越えて頑張っていきたいと思います。

 ・ラオスの子どもたちは勉強道具が無くても学校に行っていて、日本で学校に行っている人たちよりも真面目なんじゃないかと思いました。ぼくはいつも態度が悪いから、僕はまじめにラオスの子どもたちよりもっともっと勉強態度が良くなるように頑張りたいです。ラオスの子どもたちにノートやペンやえんぴつや筆箱や消しゴムや机や食べ物をもっと送りたくなりました。


などなど、当たり前を当たり前と思わず
一生懸命頑張っていきたいという声が多く寄せられました。


当たり前を当たり前と思わないと言う考えを持ってくれた子がいたと言うことは
授業が少しでも子どもたちの刺激になったのではないかな・・・


明章小学校のみなさんありがとうございました!!

Posted by aefa at 13:48 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

坂井市立高椋小学校への出前授業報告[2015年09月17日(Thu)]
7月2日(水)
高椋小学校で出前授業をさせていただきました!


授業は4年生の皆さんを対象に<サバイディーラオスってどんな国?>というテーマで授業を行いました。



アジアについては、初めてだという子も多いようでしたが
掘っ立て小屋の学校の写真の時には、「台風がきたら吹き飛びそう」「雨がふったら大変」など、状況をしっかり自分に置き換えて見てくれました。
セパタクロのボールと映像を紹介したときは、「すごい!」「上手!」などの声があがり、終了後にどうしてもやってみたい!という生徒もいました。


そんな皆さんから授業後、多くの感想を寄せていただいたので一部掲載させていただきます。


『感想』

・ラオスの国はとても貧しい国で、映像を見たときは子どもの方が水汲みや、自分の食料を取っていたので子どもが一番大変だなと思いました。
私たち日本の学校は雨の日も風の日もあっていきたくない気持ちもあるけれど、ラオスの子どもたちはとても学校に行きたがっていてとても嬉しそうだった。


・ラオスの子どもは学校に行きたいのにいけない子もいるし、家のお手伝いが忙しい人もいるしとても大変だなと思いました。
だから私は学校にも行けるし恵まれているから勉強とかできることはちゃんとしよう
と思いました。
日本はいくらでも食べたいだけ食べれるのにラオスの子どもはあんまり食べれないなんてかわいそうでした。


高椋小学校の皆さんは授業から多くの事を感じてくださり
私たちAEFAとしても嬉しいかぎりです。

その他、多くの質問も寄せてくださったので
今後お手紙などで返事が出来ればと思います!!


高椋小委学校のみなさんありがとうございました!!!


Posted by aefa at 13:14 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

新潟県十日町市立田沢小学校への出前授業報告[2015年09月16日(Wed)]
6月30日。
新潟県十日町市立田沢小学校の5年生、6年生を対象に出前授業を行いました!!

田沢小学校.JPG

5年生には「世界がもし100人の村だったら」というテーマでワークショップを行い、6年生に対してはスライドや映像を使ってラオスについての授業を行いました。

田沢小授業.JPG

子どもたちは事前にDVDを見てラオスについての予習をしてくれていたので、ラオスの国について抵抗のない様子でした。
全員が手を挙げて質問してくれるなどとても熱心に授業に参加して下さり、質問時間が足りず
給食を一緒にいただきました。

授業後には田沢小学校のみんなが感想を寄せてくださいました。
一部感想を掲載します。

・ラオスの人々はとにかく自然と向き合って生活している。山は住んでいる人の命であことと、私たちが普段使っているものは山で暮らしている人にとってとても貴重なものだということがわかりました。
 
・今日の話を聞くまで勘違いをしていた。日本は蛇口をひねると水が出てくる。どの国でも蛇口をひねれば水が出てくると思っていた。でも、ラオスの子どもたちは命懸けで水を汲みに行っている。私は兵器で食べ物を残したり、学校を休みたいと言っていた。私は思った。学校に行けるのも、水を飲めるのも足り前じゃない。貧しい人たちに失礼だと思った。鉛筆もノートも大人になれることも当たり前じゃない。だから私は当たり前のことを当たり前と思わない。物を大切に扱うことを頑張るようにする。

これら以外にもたくさんの感想と質問をいただきました。
新潟県十日町市立田沢小学校の皆さん
ありがとうございます。





Posted by aefa at 13:27 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

おかげさまで大盛況!「ラオスフェスティバル」[2015年05月25日(Mon)]
5/23(土)&24(日)に、「ラオスフェスティバル2015」が代々木公園で行われ、AEFAは初出展しました。

2日間ともお天気にも恵まれ、大勢の方がAEFAのブースにも立ち寄ってくださいました。 また、大勢の方が、事前準備〜当日の運営〜後片付けなど様々に手伝ってくださいました。皆様、どうもありがとうございました!!

PR帰国子女.jpg
大学生のボランティアさんたちがAEFAの活動をPR!

PR後輩.jpg
大学生のボランティアさんたちがAEFAの活動をPR!

ブース.jpg
AEFAのブースに立ち寄ってくださった方は、展示をじっくりご覧になったり、活動内容の説明に耳を傾けてくださったり・・・

メッセージ.jpg
ラオスの子供たちへのメッセージも、たくさん寄せられました!

森2.jpg
森のスーパーマーケット」ゲームは、子供たちに大人気!山岳少数民族の子供たちの生活を学べる体験型ゲーム、AEFAの出前授業に取り入れられることも。

かとゆこ.jpg
京の恩返し ぞうさんのふるさとラオスに 学校を贈ろう」のチラシのイラストを描いてくださった、イラストレーター・かとーゆーこさんも応援に駆けつけてくださいました!

発表.jpg
東京都久原小学校の児童たちが、ラオスについて学んだこと、そして自分たちが取り組んだことを発表!

作品1.jpg
久原小学校の児童たちの手作りの交流作品もブースで展示、ラオスの子供たちへ届けられます♪

歌.jpg
AEFAソング「君と僕はともだち」を、久原小学校の児童たちとご来場の皆様で一緒に歌いました。

高校生.jpg
ブースを訪ねてくれた高校生たちも、飛び入りでボランティア! AEFAの活動をPRしてくれました。

来場者たち.jpg
民族衣装を着たラオス人の方も、AEFAブースに立ち寄ってくださいました!


AEFAのfacebookでも、当日の様子の写真を多数紹介していますので、是非ご覧ください♪

Posted by aefa at 16:07 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

5/23〜24ラオスフェスティバル、いよいよ開催![2015年05月22日(Fri)]
みなさん、サバイディー!
(サバイディーとは、ラオス語で「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」どの時間帯でも使える挨拶の言葉です!)

いよいよ明日&明後日です!
ラオスフェスティバル@代々木公園
・5/23(土)&24(日)10時〜19時
・入場無料、雨天決行

AEFAも初出展! 只今、皆様をお迎えする準備を進めています♪
ブース紹介はこちら

前日.jpg
前日の夕方、代々木公園でのブースの展示準備も、大学生のボランティアさんたちが手伝ってくれました!

AEFAのブースは展示のみで物販は行いませんが、
・学生ボランティアさんたちによるラオスの紹介
・「森のスーパーマーケット」ゲーム
 (ラオスの山岳少数民族の子供たちの生活を知る、体験型ゲーム)
・ラオスについて学んだ小学生たちの発表
など、お楽しみ企画が色々と予定されています!

皆様のお越しをお待ちしています!!

Posted by aefa at 18:42 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

5/23〜24ラオスフェスティバル、出展準備中![2015年05月19日(Tue)]
みなさん、サバイディー!
(サバイディーとは、ラオス語で「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」どの時間帯でも使える挨拶の言葉です!)

いよいよ近づいてきました!<ラオスフェスティバル@代々木公園
・5/23(土)&24(日)10時〜19時
・入場無料、雨天決行

AEFAも初出展! 只今、皆様をお迎えする準備を進めています♪
ブース紹介はこちら

AEFAのブースは展示のみで物販は行いませんが、
・学生ボランティアさんたちによるラオスの紹介
・「森のスーパーマーケット」ゲーム
 (ラオスの山岳少数民族の子供たちの生活を知る、体験型ゲーム)
・ラオスについて学んだ小学生たちの発表
など、お楽しみ企画が色々と予定されています!

ゾウカード作り.jpg
ゾウメッセージカード.jpg
ゾウさんの顔の形のかわいいカード♪ 学生ボランティアさんたちが作ってくれました。ラオスの子供たちへのメッセージを書きに来てください♪

縦笛.jpg
学生ボランティアさんが手にしているのは、ラオスの伝統的な縦笛です♪

3人PR.jpg
学生ボランティアさんたち、当日もブースを手伝ってくれます♪

伊藤さんPR.jpg
ボランティアの伊藤さんも応援してくださっています!

沖さんPR.jpg
ボランティアの沖さんも応援してくださっています!

Posted by aefa at 13:36 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ