CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« ケナフの部屋 | Main | 交流ラオス »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
「全国教育女性連盟」様の「第51回 研修大会・総会」にて、AEFAの谷川理事長が講演[2015年06月26日(Fri)]
6/7に、「全国教育女性連盟」様の「第51回 研修大会・総会」にて、AEFAの谷川理事長が講演を行いました。

演題は「アジアに学ぶ生命力と母親力 〜アジアで学校建設をして10年、日本の子供達と母親に伝えたいこと〜」。

全国教育女性連盟.JPG

AEFAの活動を通して感じた日本の教育の在り方や母親力について、日本の子どもたちに本当に伝えたいこと、などを話しました。

この研修大会・総会に参加されたのは、全国の女性教師退職者の皆様。講演を聞かれた皆様からご感想が寄せられましたので、その一部を紹介します。

・谷川さんの人間性は生育環境、人と人とのつながりが大きいと感じました。自分の生き方を決め、ひたすら実践していることに心が打たれました。年齢を重ね老いていくだけかなと思うけど希望がわいてきました。まだまだ私にもやることがある、教育は世代に引き継がれていくことも学びました。私の孫にも伝えることがたくさんあるなあ・・・

・志という言葉を久しぶりに聞きました。現在の子供たちにもう一度この言葉と心を伝えたいと思いました。三層構造(1階は校舎建設、2階は住民参加、3階は国際交流)を支える三つの柱(@Passion(情熱)AAction (行動)BDonation(支援))は納得。アジアの子供たちの笑顔と70年前の私の子供の頃と重なりました。

・谷川さんの生き方に感動しました。教育者でなかったものが、なぜ学校に興味をもったのか。別の社会にいたからこそ、教育で何を大切にしていくのかよくわかりました。子どもたちは学び、いつか社会に出ていくので、広い視野をもって教育しなければと思いました。

・感激でうちのめされてしまいました。いろいろなお話に泣けました。谷川さん個人のお話、お母様、奥様、ご子息のことも涙しました。学校建設ならよく聞く話ですが、それの活用のために何をすべきか、これから残りの人生何をすべきか深く考えさせられました。

・すばらしかった。現場の学校の先生方にもたくさん聞かせたいです。人生こんな生き方もあるのかと思った。教育力とは、母親力とはあらためて考えさせられました。人が生きていく原点とは、教育の原点、活きる原点、まさに日本が今やらなければならないのは、その原点に立ち返ることだと思いました。

・まさに、教育の原点を考えさせられる講演でした。谷川さんの思いが伝わり、元丸紅社員ならではのパワーを強く感じましたし、人脈の強さを知りました。私にはとてもできませんが、せめて寄付などできたらよいなと思います。

Posted by aefa at 14:13 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ラオスフェスティバル2015、でます!![2015年04月21日(Tue)]
みなさん、サバイディー!
(サバイディーとは、ラオス語で「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」どの時間帯でも使える挨拶の言葉です!写真のように合掌するポーズをします。写真は、大学生のボランティアさんです。)

サバイディー.jpg

ラオスフェスティバル2015
5/23(土)&24(日) 代々木公園イベント広場にて開催!


AEFAは、NPOブースにいます♫
(でびゅー!)

5月の週末は、ラオスに浸りに&AEFAメンバーに会いに、代々木公園へいらしてくださいるんるん

お待ちしています!かわいい

上の写真に写っている紫のスカートとバッグは、ラオス南部のサラワン県タオイ郡の少数民族「タオイ族」の手織布を使って作られています! AEFAでは「ちくぬいプロジェクト」として、日本のボランティアさんたちがこの布を使ったバッグや小物をつくり、それを売ったお金を、先生を目指すラオスの少数民族の子供たちの奨学金として寄付しています。

zousan.jpg

Posted by aefa at 17:05 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

日本大学工学部校友会 幸せの原点とは。。。 佐川旭 AEFA理事の講演[2015年03月26日(Thu)]
日本大学工学部校友会のサイトに、建築家(AEFA理事)佐川旭氏が、福島県郡山市商工会議所で行った講演の様子が掲載されていますぴかぴか(新しい)


 ”住まい”という人生を過ごす場をデザインする建築家として、またAEFA理事として子供たちの将来・夢を拓く場・学校に携わる佐川氏。
1.jpg


佐川氏設計の、二重屋根の学校。ラオス・チャンヌア小学校

チャンヌア.jpg



Posted by aefa at 17:23 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

AEFA10周年の集い〜『輝く瞳とともに』出版記念パーティー[2014年08月08日(Fri)]
 みなさまのお気持ちと想いに支えられ、おかげさまで10周年を迎えることが出来ました。
これまでのあゆみを『輝く瞳とともに アジアの途上国に学校をつくった人たちの物語』という本にまとめました(発行:かんき出版 著者:石井克則)

8/2、日本財団様のバウルームをお借りして、集いを開催いたしました。
ご参加くださった皆様、活動を応援してくださるみなさま、本当にどうもありがとうございました。
0051_large.jpg


               御 礼
拝 啓
 皆様におかれましては、当協会の理念と活動への深いご理解とご支援に心より感謝申し上げます。
お陰様で、当協会設立十周年出版記念式ならびにパーティは、百五十余の方々にお集まりいただき、十年の節目としての会を盛会におえることができました。 これもひとえに、これまでの皆様方のご理解とご支援の賜であると心から感謝しております。
 十年のこの節目を当協会の「二分の一成人式」と位置づけ、これからも、皆様のご理解をいただき、またご支援をくださる方々に支えていただきながら、事務局一同、多くのボランティアの方々のお力をお借りしながら、東南アジアの子どもたちと日本の子どもたちの「輝く瞳」を求めて精進してまいりたいと決意を新たにしております。
 つきましては、今後もさらなるご理解とご支援をお願い申し上げまして、御礼のご挨拶とさせていただきます。
 本来であれば、お伺いすべきところでありますが、略儀ながら書面にて御礼を申し上げる失礼をお許しいただければ幸いです。
敬 具
   平成二十六年八月吉日

認定NPO法人 アジア教育友好協会  
理事長 谷川 洋   

Posted by aefa at 10:54 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

AEFA10周年記念&出版記念 パーティー のご案内[2014年07月03日(Thu)]
AEFA10周年記念 & 出版記念 パーティー のご案内
認定NPO法人 アジア教育友好協会
理事長 谷川 洋

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃よりAEFAの活動への温かいご理解を頂き誠にありがとうございます。
  私共は創立以来、アジアの山岳少数民族のための学校建設と日本の学校との国際交流を結びつけながら活動をして参りましたところ、お陰様で先の6月15日に創立10周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様方のご支援、ご協力の賜物と深く感謝いたしております。
 今後もアジアの子供たちのため、日本の子供たちのために、新たな気持ちで、夢の実現に向け、皆様と共に歩んで参りたいと思います。
 この10周年をひとつの節目として、これまでAEFAが歩んできた道と、ご支援頂きました方々の想いを『輝く瞳とともに』と題して纏めさせていただき、1冊の本として出版することになりました。
 つきましては、日頃の感謝の気持ちを込め、「AEFA10周年記念 & 出版記念パーティー」を催したく、ここにご案内申し上げる次第です。
 今回はピアニストの梯剛之さんがAEFAの活動に賛同し、ミニコンサートで演奏してくださることになりました。
 ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえご来臨賜りますようお願い申し上げます。 まずは、略儀ながら書中をもってご案内申し上げます。                  
                                                        
敬具


日時:平成26年8月2日(土)  13時30分〜 (受付13時〜)   
場所:日本財団 1階 バウルーム 東京都港区赤坂1丁目2番2号

内容:
第1部 13時30分〜 AEFA10年の歴史、『輝く瞳とともに』の出版など
第2部 14時30分〜 グループワーク、今後のビジョンなど
第3部 15時30分〜 ピアニスト 梯剛之 ミニコンサート 第4部 17時〜 懇親会 (8階食堂にて) 

参加費:  A 全て参加         一般5000円/大学生以下3500円
      B 1-3部までの参加      一般3000円/大学生以下2000円
      C 4部懇親会のみの参加   一般3000円/大学生以下2000円
第1部〜3部(A,B)ご参加の皆様に、『輝く瞳とともに』をお1人1冊進呈いたします。
                     
※参加費は、当日会場にてお支払をお願いします。

お申込みはこちらからお願いします。
 
 ※お申込みは7月22日(火)までにお願いします。

Posted by aefa at 11:20 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

「アジアを知る勉強会」を行いました![2014年02月26日(Wed)]
2月12日(水)夜18時半より、AEFA事務所にて、現地の様子や、活動についての勉強会を開催しました。当日はドナーさん、会員さん、ボランティアさんなど10名ちょっとが集まりました。当日「ブログを見ました!急に仕事が早く終わったので」とお電話して初めて顔を出してくださった方もいらっしゃり、新しい出会いもありました揺れるハート
IMG_7149.JPG



IMG_7147.JPG
ゲストスピーカー@近江兄弟社、辻様(左)、太田様(右)
長年にわたり継続してラオスを支援してくださっています!
どのような思いで支援されているか、現地に行った時の様子などご紹介くださいました。

IMG_7154.JPG
ゲストスピーカーA芝小学校 椎野先生(右)
ベトナムの学校との交流を担当しています。
出前授業を通じて、子供達がどうかわったかなどをご紹介くださいました。


出席したある会員の方からは「なかなか他の方がどんな気持ちで支援しているのかなど知る機会がないし、交流校の先生の話を聞く機会もないので、興味深かったです」とのお声を頂きました。

またゲストスピーカーを迎えて、アジアを知る集いを行っていきたいと思います!

Posted by aefa at 17:09 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

アジアとAEFAを知ろう〜勉強会のおしらせ!☆2月12日(水)夜☆[2014年02月05日(Wed)]
来週2月12日(水)夜18時半より、AEFA事務所にて、現地の様子や、活動についてのお話し会を開催します!

☆アジアや、AEFAの活動に興味のある方は、ゼヒご参加ください☆
日時:2月12日(水)18:30〜19:30
場所:AEFA事務所内   03-6426-0720(TEL)
              03-6426-0721(FAX)
    mail to:asiaあっとまーくnippon-aefa.org
    東京都港区芝3-3-10 芝園オーシャンビル8F  
 ↑地図はコチラ! 
(1Fがお鮨屋さんのビルで、奥に自動ドアの入口があります)
   
今回は、ラオスへ永年ご支援を頂いている株式会社近江兄弟社様と、港区交流校よりゲストスピーカーをお迎えします。

☆ご参加頂ける方は、AEFAまでご連絡ください☆

お待ちしています!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 19:10 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア2013〜キッコーマン株式会社様のご協力、第2弾![2013年07月23日(Tue)]
「買い物でボランティア」、キッコーマン株式会社様の社内販売会に、今年も「ちくぬい」作品を出展させていただきました。

ラオス山岳少数民族の手織り布を、日本のボランティアさんが1点1点心をこめて手作りしたちくぬい」小物。その売上は、ラオスの山岳少数民族の子供たちが、自分の村の先生になるための奨学金に寄付されます。

キッコーマンの社員の方々、千葉県野田市近郊在住の方々に加え、最近では新たに関西在住の方々も「ちくぬいボランティア」さんとして、バラエティ豊かな作品を作ってくださっています。

7/11の研究開発本部(千葉県野田市)に続き、7/19は東京本社にて行われました。

にぎわい.JPG

7/19も、「ちくぬいボランティア」さんが販売に参加。作者とお客様との対話も弾み、大勢のお客様でにぎわい、楽しいひとときとなりました。わーい(嬉しい顔)

接客4人.JPG

鮮やかな色柄の作品も、目を引きます。色柄が1点1点異なる、まさに「世界に1つだけ」の作品たち。ブックカバーやティッシュケースなどの根強い人気がある定番作品に加えて、ぱっちん留めやペン立てなどの新作ぴかぴか(新しい)も登場しました。

接客1人.JPG

男性のお客様も多く、青、緑、黒などの色目を貴重とした作品も人気。ポケットが2つあって中身を仕分けできる便利な名刺入れ、キーケースなど、機能的な作品も好評でした。

ガッサイ袋.JPG

「合財袋」風の巾着も注目を浴びていました。合切袋、名前のとおり、何でも一切合財入れられるのが魅力。和装にもよく似合います。ちょうど翌日にお祭りに行かれるという男性も、お買い上げ!夏を男前に彩ったことでしょう。

中には、昨年にお買い上げくださった作品をずっとご愛用くださり、当日会場で見せてくださった方も! 使い込むほどに愛着がわく、「ちくぬい」作品たち。日本の皆様のお気持ちが、海を渡ってラオスの山岳地帯の先生の卵たちに届きます!揺れるハート

ご協力くださったキッコーマンの皆様、どうもありがとうございました!黒ハート

Posted by aefa at 17:12 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

買い物でボランティア2013〜キッコーマン株式会社様のご協力[2013年07月12日(Fri)]
7/11、今年もキッコーマン株式会社様(野田市・研究開発本部)にて、社内販売会が開催されラオスの先生になるための奨学金をご支援頂いている「ちくぬいボランティア」のみなさんが参加しました。

ラオス山岳少数民族の手織り布を、日本のボランティアさんが1点1点心をこめて手作りしたちくぬい小物。
キッコーマンの社員のちくぬいボランティアさんもご協力くださり、カード入れ、ティッシュケース、ペットボトルカバー、巾着、ハットピン、トートバッグなどなど、バラエティ豊かな作品が多数出展されました。


1.JPG

2.JPG

3.JPG
会場はたくさんの来場者で熱気むんむん!



7/19には東京本社にて開催されます。

キッコーマンのみなさま、ちくぬいボランティアのみなさま。
いつも応援ありがとうございます!!

ぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 17:50 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

国際理解教育後の生徒たちの熱い想い 〜浦安中学校〜[2013年06月13日(Thu)]
6月4日に浦安中学校で行った国際理解教育の授業の感想文が先生から送られてきましたプレゼント

見てびっくりしました、、、、、、
あのたった45分の授業で、こんなにも沢山の気づきを得てくれたなんて、、、、もうやだ〜(悲しい顔)

*****************************************************
IMG_3524.JPG


・同じアジアの中でも、日本のように子供が学校に行けて当然と思っている人がほとんどの国と学校に行きたくても行けない人がいることがわかった。その人たちに比べると、自分たちがどれだけいい環境にいるかがわかった

・自分たちがどれだけ幸せなのかを知り、とてもびっくりした。貧しい生活から抜け出すには、やはり教育だろうなと思った。

・私たちは、幸せに、また満足に毎日を生活していることがわかった。ラオスの子供たちは大変そうだけれども笑顔だったのが驚きだった。ラオスの子供たちを少しでも助けられるように募金をしたり、節約をしたりしようと思った

図2.jpg


・これから私は、どうすれば人の力になれるか考えて頑張っていこうと思います


・貧しい暮らしをしていても幸せを感じるときは私たちの幸せとあまり変わりがないことがわかって、どんな生活でも明るく楽しく過ごしているのが伝わってきました。

図3.jpg


・自分が今まで普通に生活していたけれども、今日の講座で毎日の生活の中で支援のことを考えていきたいと思った。自分の父の出身の国の(インドネシア)子供たちが貧困で苦しんでいる。この講座を受講し少しでもその子供たちの役に立てることはないかと考えさせられた。
日本にいる自分たちが苦労なく生活している中でそうでない子供たちがいる事実があることで、私は幸せだと感じられません

・自分ができることはとりあえず、お小遣いから少しだけど募金することかなと思った。

・物がなかったり、食べ物が十分になかったりしていても毎日楽しく過ごせることってすごいことだと思った。私は、将来ユニセフで働きたいと思っているので、大変勉強になった。

図4.jpg


・両親や先生への感謝の気持ちが大きいアジアの子供たちってすごいなと思った。また、物が少なくても知恵や工夫でいろいろなものを活用していることにも驚いた。どの人も、同じように平等で平和な生活ができるように私たちは努力しなければならないと思った。

・私を含めて、周りの友達は「勉強がめんどうくさい」とか「意味ない」などといって怠けている人がいる。今日アジアの子供たちの思いを聞いて、自分が本当に情けないと思ったアジアの子供たちから日本人の私たちも学ぶことがたくさんあると思った。

・今日の授業で自分中心である生活をしている自分が情けなくなり、ほかの人のことを考えて生活していくことが必要であると思った。まず、使いたい放題使っている電気や水の使用を改めようと思った。

図1.jpg

***************************************************

今回は45分1回の授業でしたが、次回はもう少し時間があると
実際の水汲みの重さを体験してみる等の体験授業を取り入れられると思いますexclamation

またお会いできるのを楽しみにしています〜かわいい
先生、生徒さん、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

Posted by aefa at 15:54 | 活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ