CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年05月 | Main
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事カテゴリー
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(6/21) 岩泉便りvol.3  1年3カ月間の支援活動〜地域コミュニティ再生のきっかけに [2018年06月21日(Thu)]

岩手県岩泉町は、2016年8月に東北と北海道地方を襲った台風10号により甚大な被害を受けました。死者20名、行方不明者1名が出たほか、家屋の倒壊などで人口の実に16%もの方々が被災されました。そして今なお多くの方々が仮設住宅での暮らしを余儀なくされ、修繕工事が必要な家屋や、田畑が土砂に埋もれて農業ができなくなったという方々も少なくありません。町内の復旧工事もまだまだ継続しています。

ADRA Japan ではこれまで1年3カ月間にわたって、岩泉町役場・社協・地元NPO法人の被災者支援事業に協力し、岩泉町の地域特性に合わせたコミュニティ支援を行ってきました。現地からの要請を受け、開始した本事業では、ADRAの災害対応バスを活用して町内全域で移動サロンを開催し、集落単位での住民の方々の交流の場づくりを行ってきました。こうした活動方針もはじめに事業の試験運用期間を設け、地元支援者と一緒に考えました。


ADRAの活動地岩泉町の「龍泉洞」入口に設置されている龍のシンボル
岩泉町の「龍泉洞」入口に設置されている龍のシンボル


岩泉町社会福祉協議会の皆さんとアドラスタッフ
岩泉町社会福祉協議会(以下、社協)の皆さん


この15か月の間、ADRAバスで広大な岩泉町内全域の約60か所を巡回し、延べ950名の地元住民の方々が移動サロンに参加されました。数えてみると、サロンの開催は合計100回を超え、その全てが地元主体で開催されるよう、ADRA Japanは黒子に徹して支援してきました。

移動サロンを実施しながら各地域で継続的に地元の集まれるよう地元支援者の方々へノウハウを伝えていくことで、ADRA Japanは地域の中で住民同士が交流できる場づくりをサポートしました。岩泉で一緒に活動してきた地元支援者の方々からは「活動を通じて参加者の顔が見え、町内全域の状況がわかってきた。とてもいい成果を感じている。これまでやってきたことは必ず今後に繋がる」といった感想が何度も聞かれました。


移動サロンへ岩泉の郷土食「しっとぎ」を持ち寄り、お茶飲みする参加者たち
移動サロンへ岩泉の郷土食「しっとぎ」を持ち寄り、お茶飲みする参加者たち


岩泉町でのADRAバスの活用は、当初の計画通り期間を終了します。ですが、今後は外部の支援を受けて行うこれまでのような移動サロン活動かシフトし、地元NPO法人で持っているアウトドアチェアやテントなどを使った青空カフェのような移動サロン事業が地元で検討されています。

ADRAバス活用の期間終了を迎え、移動サロンの活動に関わりの深かった地元支援者の皆さんと活動を振り返る中で、バスの引き上げを惜しむ声も聞かれました。しかし最後には、当初の計画通りこれまでの活動実績を活かして今後は地元の地域活動として展開していきたい、という意気込みを話してくださいました。


移動サロン活動担当の地元NPO職員さんと、運営兼ドライバーを務めてくださった井上さん
移動サロン活動を担当した地元NPO職員さん(左)と、運営兼ドライバーを務めてくださった井上さん(右):昨年のクリスマス行事にて


地元NPO法人の青空カフェセット
地元NPO法人の青空カフェセット


一方、岩泉からのADRAバス引き上げの日、ちょうど社協の地域サロンが開かれていたので、そちらにも参加させていただきました。そのサロンは、昨年度、生活支援相談員として移動サロン活動にも協力していた社協職員さんに任せられていました。会場であたたかい場づくりと安定したサロン運営がされている様子を見て、バスを使わない地域サロンも今年度順調に運んでいくのだろうと、私たちも励まされるような思いがしました。


生活支援相談員や災害ボランティアセンター再開対応などを担当してきた社協職員さん
災害後に、生活支援相談員や災害ボランティアセンター再開対応などを担当してきた社協職員さん(左):地域サロンにて


最後のバス引き上げの際には、社協の会長も立ち会われ、局長をはじめ全職員の皆さんが笑顔で見送ってくださいました。


バス引き上げの際の職員向け感謝サロン
バス引き上げの際の職員向け感謝サロン


移動サロンの場を提供したADRA災害対応バス「ゆあしす号」
15か月間移動サロンの場を提供したADRA災害対応バス「ゆあしす号」


このブログ記事を書き終えた頃、地元NPO職員さんから「空(そら)カフェ始めてみました」という連絡と活動写真が届きました。先日一緒に話していた青空カフェの活動が動き出したようです。現地から「皆さんの反応も上々です。サロンバスが残してくれたものですね」という前向きな言葉を聞くことができ、次に繋がって良かったと少しほっとしました。


バス引き上げ後、地元で始まった青空カフェ
バス引き上げ後、地元で始まった青空カフェ


ADRA Japanは今後も現地の活動を応援し、各地で必要に応じた支援を継続してまいります。これからも皆さまのあたたかいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。


※岩泉町での支援ついて過去のブログ記事はこちらです。
岩泉便りvol.1
岩泉便りvol.2

(執筆:国内事業担当 牟田麻起子)

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 10:22 | 岩泉便り | この記事のURL
(6/14)ジンバブエ便り Vol.38 〜事業スタッフ紹介 みんなの母 ママ・ンビリリ〜 [2018年06月13日(Wed)]
ADRA Japanは2010年からジンバブエのミッドランド州ゴクウェ・ノース地区で支援活動を行っています。

この支援の一環として、2017年3月から新たな教育事業を開始しました。主な活動は 校舎と教員住宅の建設、これまで学校に通っていなかった子どもたちへのノンフォーマル教育(放課後学習)です。

事業開始時にスタッフを募集した際、建設技術の専門知識と経験を持つスタッフがなかなか決まらず、最後に期待をもって採用したのがジョイス・ンビリリ(Joyce Mbiriri)でした。採用当時、ジョイスは学校で建設技術を教えていましたが、教職を辞めてADRAに参加しました。
教室の中だけではなく、実践的な場で学びにつなげる仕事がしたい、そして厳しい状況で生活している人々のために働きたい、という希望を持っていました。

この事業では、各学校のコミュニティに暮らす住民が建設作業員、大工、塗装工、そしてボランティアとなって校舎建設を進めています。事業の開始時に、校舎建設に必要な基礎トレーニングを行った後は、全て自分たちで工事を行います。工事に関わる人々の中には、建設工事の経験がある人はいますが、学校で専門的に建設を学んだ人はいません。文字の読み書きができない人もいます。ジョイスは、現場で技術的なアドバイスをし、サポートします。


建設工事の基礎訓練を受ける地元ジンバブエの作業員.JPG
建設工事の基礎トレーニングを受ける地元の建設作業員ら


ジンバブエの事業著で作業をサポートするジョイス.JPG
現場で作業をサポートするジョイス


ある日ジョイスから、建設作業員に時間があるときに彼女が持っている教科書を使って、建設工事の基本的なレクチャーをしていると聞きました。その後、彼女は作業員たちが自習できるように教科書のコピーを渡し、宿題も出すようになりました。文字の読み書きができない人は、自宅で子どもに読み書きを手伝ってもらいます。

さらに、ジョイスは地区にある職業訓練校の建設の指導員に定期的に事業地まで来てもらい、建設工事の講義をしてもらう橋渡しもしました。講義に関心のある作業員と大工が自分たちで受講料を払い、学習を始めました。全ての課程を修了すると、修了書が発行され、建設関係の試験を受ける資格を得ることができます。

ジョイスの働きかけにより、作業員がこれまで経験のみで行っていたものが、専門知識によって裏付けされました。それは作業の質の向上につながっただけではなく、作業員の自信にもなりました。

ジョイスが女性ということで、はじめは少し懐疑的だった住民たちも、次第に彼女を信頼し尊敬するようになりました。現在、事業地で、ジョイスはママ・ンビリリと親しみと尊敬を持って呼ばれています。

ジョイスは結婚し子どもを出産後、大学に進学し現在のキャリアを築いてきました。妻であり、5人の子どもの母親であり、2人の孫のお祖母ちゃんであり、土木技師であり、先生であり、そしてADRAのスタッフです。責任感が強く、しなやかで、優しく、皆に頼られるスーパーウーマンです。

現在の彼女の夢は、ゴクウェ・ノース地区の建設現場で働く女性の数を増やすことと、土木技師の修士課程に進学することです。


研修中にメモを取るADRAのジンバブエスタッフのジョイス.JPG
研修中にメモを取るジョイス


本事業の工事現場では、すでにひとりの女性が建設作業員のアシスタントとして働き始めています。ジョイスの夢が実現する日もそう遠くないようです。

この事業は、ジョイスをはじめとする熱意を持った力強いスタッフによって日々進められています。


ジンバブエのセブジュル小学校の子どもたちとジョイス.JPG
支援している学校の一つであるセブジュル小学校の子どもたちとジョイス


本ジンバブエ事業で住民が建設した校舎.JPG
本事業で住民が建設した校舎


完成した教室で勉強するジンバブエの子どもたち.JPG
完成された教室で勉強する子どもたち


引き続き、ご支援、どうぞよろしくお願い致します。
(本事業は、皆様からのご寄付のほか、外務省NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています。)


文責:ジンバブエ事業担当 会田有紀

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:54 | ジンバブエ便り | この記事のURL