CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ハイチ地震2010 | Main | ラオス便り»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
記事カテゴリー
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(11/28) お宝エイドのご紹介【あなたのご家庭に眠るお宝が、支援を必要とする人たちの希望になります】 [2018年11月28日(Wed)]

みなさん、こんにちは!

インターン生の前田です。

今回は、先日受付を開始した「お宝エイド」について紹介します。
あなたのご家庭に眠るお宝をご提供いただくことで、発展途上国での教育や難民支援、国内災害の被災者支援に役立ちます。

あなたの家に、使わなくなった時計や食器、おもちゃはありませんか。
使わないけど捨てるのはもったいない・・・
どこかに売ってしまおうかしら・・・
他に使ってくれる人はいないかな・・・
と思っているそこのあなた!

クローゼットや押入に眠っているその「お宝」が、厳しい環境で必死に生きている人々の「助け」になるのです。

ご寄付として受付させていただいている品物は下記のとおりです(クリックで拡大します)。


ADRA_お宝エイド寄付受付品目.JPG



「お宝」寄付の方法はたったの3ステップ。
必要な作業は梱包とお電話だけです。

着払いで送ってくださってOKなので費用負担はかかりません。
また、集荷にも伺いますので郵便局へ運んでいただく必要もありません。


ADRA_お宝エイド寄付受付ご案内.JPG



郵送にて案内チラシをお届けすることも可能です。
ご希望の方は、以下のURLのフォームより、お名前、ご住所、電話番号、部数を記載のうえご連絡ください。
企業・団体様での配布も歓迎しております。
http://www.adrajpn.org/A_ContactUs.html


ご自身でプリントされる際のPDF版はこちら。
  【ADRAお宝エイド_チラシ表.pdf
  【ADRAお宝エイド_チラシ裏.pdf


そろそろ大掃除の時期です。家の中の整理で見つかったさまざまな「お宝」は、ご寄付いただくことによって、紛争地や被災地で暮らす人々の生きる「力」に生まれ変わります。

みなさまからのご支援をお待ちしています。

(執筆:インターン生 前田由布)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント






このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:44 | 最新ニュース | この記事のURL
(5/21) ロヒンギャ難民支援便りvol.1〜ロヒンギャ難民支援活動の準備を進めています〜 [2018年05月21日(Mon)]
「ロヒンギャ」と聞いて、ニュースなどで耳にされた方も多いと思います。
ロヒンギャとは、主にミャンマー西部で暮らしていたイスラム系少数民族です。しかし、ミャンマー政府は彼らに国籍を与えず不法移民としてきました。そのため、しばしば差別や迫害の対象とされてしまったのです。
特に2017年8月下旬、激しい衝突があり、それ以降、急激に多くのロヒンギャの人々がミャンマーから逃れてバングラデシュに避難するという事態がおきています。現在ではミャンマーとの国境に近いコックスバザールという町の郊外に、80万人以上もの人々が数十箇所の難民キャンプに暮らしているのです。


(Bangladesh1_No.1).JPG
推定人口7万人を超えるナヤパラ難民キャンプの一部


(Bangladesh1_No.2).JPG
キャンプには竹でできた家屋が数限りなく連なっています


昨年の8月以降、ADRAは、ADRAのバングラデシュ支部が中心となって難民キャンプで食糧や生活必需品の配付、竹やビニールシートなどの仮設住宅の資材の配付を行い、これまで延べ12万人に支援を届けました。ADRA Japanもバングラデシュ支部の活動を資金面で支え、支援活動の一端を担ってきました。


(Bangladesh1_No.3).JPG
ADRAによるキャンプ内の道路の整備支援活動


(Bangladesh1_No.4).JPG
ADRAによる仮設住宅建設の支援活動


その中で今年の4月上旬、ADRA Japanとしてさらなる支援活動を検討するために2名のスタッフを現地に派遣し、難民キャンプの視察や関係者の聞き取りなどを行いました。その調査結果を踏まえて、現在、新たな支援活動の準備を進めています。
多くの難民キャンプでは過去半年間で急激に人口が増加しているため、水回りや衛生環境の悪化が深刻になっています。それを踏まえ、ADRA Japanはニーズの高いトイレの建設や衛生に関する啓発活動などを行う予定です。


(Bangladesh1_No.5).JPG
ADRAのバングラデシュ支部スタッフと難民キャンプの抱える課題について話し合うADRA Japanのスタッフ(左)


(Bangladesh1_No.6).JPG
難民キャンプを管理する国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のスタッフと今後の支援活動について協議


(Bangladesh1_No.7).JPG
キャンプ内のトイレ


(Bangladesh1_No.8).JPG
給水ポイントに集まる人々


ロヒンギャの人々の難民生活は長期化することが予想され、ADRA Japanは他のADRA支部と連携しながら、人々のニーズに沿った活動をさらに展開していきたいと考えています。
皆様の温かいご理解・ご協力を、これからもよろしくお願いいたします。


(Bangladesh1_No.9).JPG
キャンプの敷地内にある学校から帰宅する子どもたち


(Bangladesh1_No.10).JPG
ADRAが建設した橋を視察したバングラデシュ支部のスタッフとADRA Japanスタッフ(右)


文責:事業部 前川龍太
ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:13 | 最新ニュース | この記事のURL
(4/13) 2010年チリ地震の写真・エッセイ展が開催されました。 [2018年04月13日(Fri)]
こんにちは。総務部の渡辺です。

2010年2月に発生したM8.8のチリ地震のことは、覚えていらっしゃいますか?
2010年は、地震もさることながら、8月のコピアポ鉱山落盤事故で、33名の方が閉じ込められてしまったものの、69日後に救出されたという事件を覚えていらっしゃる方も多いかと思います。

そのチリに、JICA青年海外協力隊の一員として2016年夏に赴任し、タルカワノ市役所で防災の仕事に就いている谷口さん。
青年海外協力隊赴任前に、防災・減災について学びたいとのことで、2015年末〜4ヶ月ほど、ADRAでボランティアに従事し、お手伝いしてくださいました。

谷口さんからの話では、チリでは、「記憶を大切にして次に備える」という防災・減災の意識が低く、地震を追悼する小さいミサが年に1回行なわれる程度だそうです。

そのような中、記憶を風化させない活動を何かしたい!と、「2010年チリ地震 写真・エッセイ展」を、谷口さんが企画・実施しました。
ADRAでボランティアをしていたときに、山元町を訪問し、駅前の小さなお店でも写真の展示をしているのを見たり、また個人的に訪問した南三陸町でも展示室があったりしたことなどが参考になっているそうです。


2018.03_チリ地震01.JPG
ショッピングモール全体


そのエッセイ展に「ADRAも応募しませんか?」とお誘いがあったので、その当時、チリ地震復興支援事業に従事していた中野が、エッセイと写真を応募しました。

エッセイ展には、チリ市民・支援関係者から約200点の応募があったそうです。審査員によって35作品が選ばれ、中野の作品が見事8位に入賞しました。


2018.03_チリ地震02.jpg
市長のサイン入りの賞状


副賞のお食事券は、次の順位の方に譲りました。賞状は、2018年夏に帰国する谷口さんが持って帰ってきてくれるそうです。

35作品は、3月上旬まで、チリのショッピングモールで展示されていたそうです。


2018.03_チリ地震03.JPG
応募作品アップ


***応募作品***
<Paciencia y Esperanza>
Cuando llegue a Chile desde otro lado de oceano pacifico para ejecutar el proyecto de reconstrcucion, estaba asustada por su paciencia de las familias afectadas y tambien comunitarios que les apoyen. Era septiembre, ya pasado algunos meses de terremoto, sino las familias afectadas no quejarse, solo seguían su vida con que tenian. Sin embargo, cuando converse y trabaje juntos, me impresionado que ellos tenian esperanza firma para mejorar su vida.
Somos los paises de terremoto y tsunami, vamos a preparar para el proximo.

(日本語訳)
チリ地震復興支援プロジェクトのために、私が被災地を訪れたとき、被災者の方の静かな忍耐力に驚きました。それは9月で、地震から既に数か月が経っていましたが、整わない生活に不平を嘆くことなく、静かに暮らしていました。しかし共に働き、話をしてみて気づいたのは、皆、未来への希望をしっかりと持っているということでした。
同じ地震国、津波国ということで、互いに備えをしていきましょう。
***********


2018.03_チリ地震04.JPG
応募作品を読む男性


自然災害は、避けることができないものです。
これからも間違いなく大地震に対峙しなければいけないときが来ます。
その時、どのように向き合い、乗り越えるのかが問われているのだと思います。

海を越えたチリでも、思いを同じにして、防災・減災を心に留める人が増えていっています。
日ごろから、防災・減災に努め、その日・その時に後悔をしないようにしていきたいものです。


文責:渡辺千里

ADRA Japanのホームページはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:13 | 最新ニュース | この記事のURL
(2/13) 年1回の領収証をお送りします [2018年02月13日(Tue)]
いつもADRA Japanをご支援いただき、ありがとうございます。
総務部の渡辺です。

ADRA Japanは2016年4月18日、認定NPO法人になりました。認定NPO法人とは運営組織と事業活動が適正で公益性が高いと都道府県・政令指定都市が認定した法人のことです。

ご寄付をくださった方は、寄付金控除などの税制上の優遇措置をお受けになることができます。年1回、1月頃に発送される領収証を用いて、最寄りの税務署で確定申告を行っていただくと、ご寄付いただいた金額の最大50%に相当する税金(所得税40%、住民税10%)が還付されます。

税制優遇について、詳しくはADRA Japanホームページ(http://www.adrajpn.org/Documents/160418_ADRA_Nintei.pdf)をご覧ください。

2017年1月1日から12月31日までの期間にご寄付いただいた皆様への領収証は、2月2日に発送いたしましたので、順次お手元に届くかと存じます。ご確認のほど、よろしくお願いいたします。
お届けが遅くなり、申し訳ございません。

【領収証に関するQ&A】
Q:寄付金控除に該当する期間はいつからいつまでですか?
A:ADRA Japanが認定NPO法人に認定された2016年4月18日以降です。今回は2017年1月1日〜12月31日の期間に、当団体への着金が確認できたご寄付の領収証を発送いたしました。
*クレジットカードの着金日は、2か月後の20日(休日の場合は翌営業日)です。
 例1)2016年11月クレジットカード決済分の領収証日付⇒2017年1月20日
 例2)2016年12月クレジットカード決済分の領収証日付⇒2017年2月20日
*自動引落の着金日は、翌月の10日(休日の場合は翌営業日)です。
 例)2017年12月27日振替の自動引落の領収証日付⇒2017年1月10日

Q:寄付金控除を受ける際に気を付けることは?
A:個人の方が寄付金控除のためにお用いになる領収証には、ご自宅のご住所が明記されている必要があります。ご所属団体宛(気付)などの領収証を個人の寄付金控除のためにお用いになることはできません。
記載内容の不備・訂正などがございます場合は、ADRA Japan 事務局までご相談ください。

Q:領収証は今後必要ありません。
A:認定NPO法人は領収証の発行が義務付けられています。今後、領収証ご不用の際は、お手数ですが改めて事務局までご連絡ください。

Q:連名で送金したのに、領収証に1人分の名前しか書いてありません…。
A:連名の領収証では寄付金控除が受けられない場合があるため、連名でご寄付いただいた方々には、先にお名前のあった方宛ての領収証を発行しております。

Q:領収証が送られてきません。
A:住所の不備や、銀行振込のためカタカナのお名前しか分からない場合など、領収証をお届けできない状況にある場合がございます。発送状況について確認いたしますので、事務局までご連絡ください。
なお「正会員費」は寄付金控除の対象外であるため、領収証をお送りしておりません。

Q:寄付金控除の手続き方法について、具体的に教えてもらえますか。
A:具体的な手続き、書類の作成などにつきましては、お住まいの市区町村の税務署やお近くの税理士の方にお問い合わせください。
「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」は、有償無償問わず、税理士の「無償独占業務」とされており、当団体からはお答えすることができません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

申告のための手間はございますが、ぜひ寄付金控除をご利用ください。今後ともADRA Japanの活動を応援していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

ご質問等ございましたら、ADRA Japan総務部・渡辺(03-5410-0045 / support_adra@adrajpn.org)までご連絡ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 12:04 | 最新ニュース | この記事のURL
(12/26) 年末年始休業のお知らせ [2017年12月26日(Tue)]
いつもADRA Japanを応援していただきありがとうございます。
ADRA Japanの年末年始の業務日程を以下の通りご案内いたします。

12月26日(火)〜28日(木) スタッフ全体会議のため事務所不在
12月29日(金)〜2017年1月3日(水) 年末年始休業
2018年1月4日(木)〜 通常業務開始

この期間中のお問い合わせはWEBお問い合わせをご利用ください。
1月4日より順次ご対応いたします。ご不便をお掛けいたしますが、ご了承のほど宜しくお願いいたします。

来年も「ひとつの命から世界を変える」をモットーに活動を続けてまいります。
皆様どうぞよいお年をお迎えください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:33 | 最新ニュース | この記事のURL
(8/3)【お知らせ】ADRA Japanは個人情報保護方針を更新しました。 [2017年08月03日(Thu)]
いつも私どもの活動に対しご関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。

ADRA Japanはこの度、個人情報保護方針を更新いたしました。
更新後の方針は、下記のURLからご確認いただけます。

http://www.adrajpn.org/A_ProtectionPersonalInfo.html

本方針についてのご質問・お問い合わせは個人情報保護方針に明記したお問い合わせ窓口からご連絡ください。

引き続きADRA Japanをどうぞよろしくお願いいたします。

ADRA Japan事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:29 | 最新ニュース | この記事のURL
(6/13)【正会員の皆様へ】ADRA Japan 第13回通常総会について(公示) [2017年06月13日(Tue)]
アドラ正会員の皆様にはいつもADRA Japanの活動への理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

第13回通常総会についてご案内いたします。

【ADRA Japan 第13回通常総会のご案内】

下記の通り第13回ADRA Japan通常総会を開催いたします。皆様のご出席を賜りたく、ご連絡申し上げます。

日時
 2017年6月18日(日) 10:00〜12:00

場所
 SDA原宿クリスチャンセンター 地下1階 セミナールーム
(東京都渋谷区神宮前1-11-1 電話:03-5410-0045)

議題
 ・2016年度事業報告承認の件
 ・2016年度会計報告承認の件
 ・定款変更の件

資料の発送について:
 郵便あるいはEメールにて資料を発送しております。

お問い合わせ先:
(特活)ADRA Japan
〒150-0001 渋谷区神宮前1-11-1 電話03-5410-0045
(担当:浦島・渡辺)
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:58 | 最新ニュース | この記事のURL
(1/27) 年1回の領収証をお送りします [2017年01月27日(Fri)]
いつもADRA Japanをご支援いただき、ありがとうございます。
総務部の渡辺です。

ADRA Japanは2016年4月18日、認定NPO法人になりました。認定NPO法人とは運営組織と事業活動が適正で公益性が高いと都道府県・政令指定都市が認定した法人のことです。

ご寄付をくださった方は、寄付金控除などの税制上の優遇措置をお受けになることができます。年1回、1月頃に発送される領収証を用いて、最寄りの税務署で確定申告を行っていただくと、ご寄付いただいた金額の最大50%に相当する税金(所得税40%、住民税10%)が還付されます。

税制優遇について、詳しくはADRA Japanホームページ(http://www.adrajpn.org/Documents/160418_ADRA_Nintei.pdf)をご覧ください。

2016年4月18日から12月31日までの期間にご寄付いただいた皆様への領収証は、1月27日に発送いたしましたので、順次お手元に届くかと存じます。ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

【領収証に関するQ&A】
Q:寄付金控除に該当する期間はいつからいつまでですか?
A:ADRA Japanが認定NPO法人に認定された2016年4月18日以降12月31日までです。この期間に、当団体への着金が確認できたご寄付が該当します。
クレジットカード決済は2016年2月1日〜2016年10月31日決済分、自動引落は2016年4月27日〜2016年11月27日振替分が対象となります。
*クレジットカードの着金日は、2か月後の20日(休日の場合は翌営業日)です。
 例1)2016年2月クレジットカード決済分の領収証日付⇒2016年4月20日
 例2)2016年3月クレジットカード決済分の領収証日付⇒2016年5月20日
*自動引落の着金日は、翌月の10日(休日の場合は翌営業日)です。
 例)2016年4月27日振替の自動引落の領収証日付⇒2016年5月10日

Q:4月17日以前の領収証でも寄付金控除は受けられますか?
A:4月17日以前のご入金に関し、領収証・要とご連絡いただいた方にはすでに領収証をお送りしていますが、その領収証では、寄付金控除を受けることができません。認定日の直前にご寄付くださった方もいらっしゃいますが、ご理解いただけましたら幸いです。

Q:寄付金控除を受ける際に気を付けることは?
A:個人の方が寄付金控除のためにお用いになる領収証には、ご自宅のご住所が明記されている必要があります。ご所属団体宛(気付)などの領収証を個人の寄付金控除のためにお用いになることはできません。
記載内容の不備・訂正などがございます場合は、ADRA Japan 事務局までご相談ください。

Q:領収証・不要とお願いしていたのに、領収証が送られてきました。
A:認定NPO法人は領収証の発行が義務付けられています。今回は認定取得後、初の領収証発行なので、ご寄付を頂戴した全員の方にお送りしました。今後、領収証ご不用の際は、お手数ですが改めて事務局までご連絡ください。
*例外として、郵便物は一切不要とお申し出いただいている皆様にはお送りしておりません。

Q:連名で送金したのに、領収証に1人分の名前しか書いてありません…。
A:連名の領収証では寄付金控除が受けられない場合があるため、連名でご寄付いただいた方々には、先にお名前のあった方宛ての領収証を発行しております。

Q:領収証が送られてきません。
A:住所の不備や、銀行振込のためカタカナのお名前しか分からない場合など、領収証をお届けできない状況にある場合がございます。発送状況について確認いたしますので、事務局までご連絡ください。
なお「正会員費」は寄付金控除の対象外であるため、領収証をお送りしておりません。

Q:寄付金控除の手続き方法について、具体的に教えてもらえますか。
A:具体的な手続き、書類の作成などにつきましては、お住まいの市区町村の税務署やお近くの税理士の方にお問い合わせください。
「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」は、有償無償問わず、税理士の「無償独占業務」とされており、当団体からはお答えすることができません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

申告のための手間はございますが、ぜひ寄付金控除をご利用ください。今後ともADRA Japanの活動を応援していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

ご質問等ございましたら、ADRA Japan総務部・渡辺(03-5410-0045 / support_adra@adrajpn.org)までご連絡ください。

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:00 | 最新ニュース | この記事のURL
(6/27)【ご注意】ADRA Japanをかたる募金詐欺にご注意ください [2016年06月27日(Mon)]
ADRA Japanをかたる募金詐欺などについて

6月27日、ADRA Japanを装った偽の義援金依頼のメールが何者かにより送信されていることが報告されました。

熊本地震被災者のための寄付を募る内容のメールが届き、メールに記載されているURLをクリックすると、ADRA Japanの紹介と、義援金振り込みのためのクレジットカード入力フォームがあるサイトに移動します。サイトには、ADRA Japanの名称やロゴマークが許可なく使用され、ADRA Japanのサイトに酷似しています。

現在ADRA Japan といたしましても当該サイトの停止を求めるなどの対応を行なっておりますが、皆様には、メール送信元のアドレスや、寄付を募るサイトのURLをよくご確認いただき、少しでも不審な点がありましたら、ADRA Japan(03-5410-0045もしくは support_adra@adrajpn.org)までお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

詐欺に関しましては、新しい手口が続々と報告されているようです。被害に遭われないようくれぐれもご注意下さい。

また、これらの詐欺行為に遭遇された場合には、警察に通報していただいた上で、お手数ですがADRA Japanにもご連絡いただけますようお願い申し上げます。

ADRA Japan事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 22:25 | 最新ニュース | この記事のURL
(4/20)【正会員の皆様へ】ADRA Japan 第12回通常総会及び役員改選について(公示) [2016年04月20日(Wed)]
アドラ正会員の皆様にはいつもADRA Japanの活動への理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。

第12回通常総会及び役員改選についてご案内いたします。


【ADRA Japan 第12回通常総会のご案内】

下記の通り第12回ADRA Japan通常総会を開催いたします。皆様のご出席を賜りたく、ご連絡申し上げます。


日時
 2016年6月19日(日) 10:00〜12:00

場所
 SDA原宿クリスチャンセンター 地下1階 セミナールーム
(東京都渋谷区神宮前1-11-1 電話:03-5410-0045)

主な議題
 ・2015年度事業報告承認の件
 ・2015年度会計報告承認の件
 ・監事選任の件

資料の発送について:
 6月10日(金)をめどに、郵便あるいはEメールにて資料をお送りいたします。
 Eメールでのお受取りをご希望の方は、件名を「正会員」とし、本文にお名前をご記入の上、
support_adra@adrajpn.org宛に5月31日までにご連絡ください。よろしくお願いいたします。



【役員改選についてのご案内】

任期満了に伴い、「ADRA Japan 理事の選任に関する内規」及び「ADRA Japan 監事の選任に関する内規」に基づき、理事及び監事の改選を行ないます。

役員定数 
 理事 4人以上9人以内
 監事 1人以上2人以内

任期
 2016年6月22日から2018年6月21日まで

推薦受付開始日
 2016年4月20日(水)

推薦受付締切日
 2016年5月20日(金)

選出時期 
 理事 2016年6月5日(日)第52回理事会時
 監事 2016年6月19日(日)第12回通常総会時

選出方法
 理事
 アドラ正会員による推薦のあった理事候補者一覧に基づき、出席理事の過半数をもって新理事を選任する。理事の下限員数に達しない場合、出席理事において協議を行い、過半数の同意をもって新理事を選任する。

 監事
 アドラ正会員による推薦のあった監事候補者一覧に基づき、出席正会員の過半数の同意をもって新監事を選任する。監事の下限員数に達しない場合、出席正会員において協議を行い、過半数の同意をもって新監事を選任する。


アドラ正会員の皆様におかれましては、お手元の「ADRA Japan 理事の選任に関する内規」及び「ADRA Japan 監事の選任に関する内規」に基づき推薦を行なってください。

理事候補者推薦用紙ダウンロード
監事候補者推薦用紙ダウンロード


「ADRA Japan 理事の選任に関する内規」と「ADRA Japan 監事の選任に関する内規」をお持ちでない方は、ADRA Japan事務局までお問い合わせください。


お問い合わせ先:
(特活)ADRA Japan
〒150-0001 渋谷区神宮前1-11-1 電話03-5410-0045
(担当:浦島・渡辺)


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:45 | 最新ニュース | この記事のURL
| 次へ