CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 事務局からのお知らせ | Main | インドネシア・スラウェシ島地震»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
記事カテゴリー
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(4/16) 足湯ボランティアでインターン生の私が感じたこと [2019年04月16日(Tue)]

みなさん、こんにちは!
ADRA Japanでインターンをしている前田です。

今回は西日本豪雨災害被災地の一つである、岡山県倉敷市真備での足湯ボランティアを通じて見たこと、感じたことを率直にお伝えしてみようと思います。


2018年7月に起こった西日本豪雨。発災からおよそ半年たった今でも避難生活を送っている方々がたくさんおられます。
私は足湯ボランティアに参加するために、2019年2月16日、17日の2日間、橋本事業部長とともに被災地を訪れました。


ADRAの活動拠点の広島県三原市大和町から岡山県に車で向かう道中、窓の外に広がる被災地の様子を眺めていました。
びっしりと木が茂っている山道にはぽっかりと開いた空間がところどころにあり、山崩れを起こし、木はなぎ倒され、茶色い土が露わになり、人よりも大きな岩がゴロゴロと道路わきに転がっていました。


道路わきに広がる山崩れ(広島県三原市).png
道路わきに広がる山崩れ(広島県三原市)


道路わきに転がっていた大きな岩(広島県三原市).png
道路わきに転がっていた大きな岩(広島県三原市)


岡山県の水害が発生した住宅地に近づくほど、目に映るブルーシートの数はどんどん増えていきました。

その倉敷市真備 の街を見たときに私が感じたこと、それはある違和感でした。
その違和感の正体は、想像していたよりも家がきれいに残っているということだったのです。

倉敷市真備を訪れるまで私は、川が決壊したことで家や車が流されて町の中にがれきや土嚢がたくさんある光景を想像していましたが、実際には崩れている家はめったに見られませんでした。遠目から見ると、災害が起こったのか分からない程です。

しかし近くで見ると、窓は全開で、人が住んでいる様子は全くありませんでした。
建物は残っているのに人はいないという光景に、まるで世界から人類がいなくなってしまったかのような、さびしく切ない気持ちになりました。


岡山県の浸水被害のあった住宅地の様子.png
岡山県の浸水被害のあった住宅地の様子


倉敷市真備町にある仮設住宅に到着した私たちは、足湯ボランティアを開催しました。
現地の被災者の方に参加していただき、身体も心もリフレッシュしていただければと思いながら、コミュニケーションを心がけました 。

足湯にきてくださった方々は、足を温めながら、何度もありがとう、ありがとうと言ってくれました。


手を揉みながら行う足湯ボランティア.png
手を揉みながら行う足湯ボランティア


「ここに住んでいる人とあんまり話さんから、とっても寂しいんよ。」
「家を修繕できたり、改築できたりする人はどんどん仮設を出ていく。時間が経てば経つほど支援してくれる団体さんも少なくなっていく。なかなか仮設を出れん私たちは、どんどん取り残されていくような気持ちになるんよ。」
「こうやってボランティアに来てくれるあんたたちみたいな人には本当に感謝しとる。みんないい人ばっかりでな。ありがとうな。」


涙ぐみながら、話してくださった方もいらっしゃいました。 私は胸がいっぱいになりました。


足湯ボランティアで一番大切なことは、足湯をしてもらうことではありません。
足湯はコミュニケーションをとるための一つのきっかけなのです。ボランティアスタッフとの会話を通じて、良いリフレッシュの機会になればいいなと思います。

また支援活動を続けていくことが何より大切です。
時間が経つにつれ、支援団体は少なくなっていきます。しかし生計回復が難しいなどの理由から、気持ちがなかなか前に進めないため仮設を出ることができない方々もたくさんおられます。

本当に支援を必要としている方々を取り残さないように、笑顔が戻るまで支援が必要な方たちのために何ができるのか、私たちはこれからも考え続けていきます。


私たちADRA Japanは国内災害支援として現在広島県三原市と坂町で生活家電等の配付支援を行っています。

詳しい支援状況や内容についてはぜひこちらをご覧ください。
(リンクhttp://blog.canpan.info/adrajapan/category_44/1


最後までお読みいただきありがとうございました。このブログではボランティアスタッフの目線から記事を書きましたが、私は約3年前熊本地震を経験しました。
支援する側ではなく、支援される側だったのです。

いつどこで災害が起こるのか誰にもわかりません。
私自身も自分が被災者になるとは思ってもいませんでした。このブログを今読んで下さったあなたも、もしかしたら明日被災するかもしれません。
だからこそ手に手をとって助け合っていくことが必要だと私は思うのです。


これからもADRA Japanは被災者の方々に寄り添って被災地支援活動を行っていきます。
引き続き、ご支援のほどどうぞよろしくお願い致します。


執筆者:インターン生 前田由布



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:33 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(2/27) 西日本豪雨災害 支援活動報告Vol.5(冬期の活動) [2019年02月27日(Wed)]

西日本豪雨災害により被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

ADRA Japanは西日本豪災害の発災直後から緊急支援を開始し、その後11月からは広島県三原市と坂町の2つの自治体で、「生活家電等」の配付支援を行っています。
本事業の支援対象は、自宅等が被災したにもかかわらずそのまま居住する『在宅避難』をしながら生活再建に取り組んでおられる約1400世帯の住民の方々です。


1.土砂災害の被災地域_広島県坂町_2019年1月末時点.jpg
土砂災害の被災地域:広島県坂町 2019年1月末時点



現地の三原市と坂町の被災エリアはマンションやアパートなどの集合住宅が少なく、戸建ての割合が高い地域です。
発災当時は在宅避難を余儀なくされている世帯の多くが建物の1階天井付近まで浸水したり、土砂に埋もれてしまった状態でした。

多くの住家で1階部分が破損してしまい、台所や風呂のみならずトイレも使えないという世帯もあり、自宅での生活環境は極めて厳しい状況でした。
被害はこれらの住宅設備だけではなく、大半のお宅では冷蔵庫や洗濯機などの家電製品も1階で使用されていることも被害を拡大させました。

そのような過酷な環境であっても被災した自宅で在宅避難を続け、自力で清掃した家屋の改修工事を待ちながら、今後の生活に不安を感じておられるご家庭は三原市と坂町を含め、広島県内だけで数千世帯に上るとみられます。


今回ADRA Japanでは、三原市と坂町の2自治体の現地行政にご協力いただき、各自治体にて支援対象となっている全世帯へ以下のようなお知らせを郵送で届けました。
それは、生活家電等の寄贈配付として、冷蔵庫、洗濯機、ガステーブル、炊飯器、暖房器具や商品券等10種類以上の物品リストの中から、世帯毎に必要なものを選んでいただけるというものです。


2.生活家電等の支援を希望する住民の方々返信ハガキ.jpg
生活家電等の支援を希望する住民の方々からの返信ハガキ



今回の支援を実施した方々へ後日行ったアンケート結果では、現時点の集計で返信くださった97%以上の方々が、「今回の支援は実際に役立った」、「物品の受け取りはスムーズだった」とお答えくださいました。


【生活家電等を寄贈配付した住民の方々の声】


3.住民の方々からの声1.jpg


4.住民の方々からの声2.jpg


5.住民の方々からの声3.jpg


6.住民の方々からの声4.jpg


7.住民の方々からの声5.jpg


8.住民の方々からの声6.jpg


9.住民の方々からの声7.jpg


10.住民の方々からの声8.jpg
返信ハガキに記入された住民の方々からのメッセージ



また、アンケートと併せて、現地の地域支え合いセンター職員と一緒に、支援を実施した世帯の一部へ見守りの戸別訪問も行っております。


11.在宅被災世帯を戸別訪問する三原市地域支え合いセンターと社会福祉協議会職員.jpg
在宅被災世帯を戸別訪問する三原市地域支え合いセンターと社会福祉協議会職員



こうした住民の方々からの声を現地行政に繋ぐとともに、弊団体の今後の国内各地への支援の質の向上につなげられるよう努力を続けております。


ADRA Japanでは現在も支援活動を継続しています。
今後とも、皆様のあたたかいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後に、西日本豪雨により被災された皆さまの生活再建が一日も早く進み、安心できる暮らしが取り戻されますよう、心よりお祈りいたします。




*本事業は、LDS チャリティー (末日聖徒イエス・キリスト教会)の助成を受け、実施しています。


(執筆:国内事業課 牟田麻起子)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:18 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(10/17) 西日本豪雨災害 支援活動報告Vol.4(8月の活動) [2018年10月17日(Wed)]

ADRA Japanは7月8日より、広島県にて西日本豪雨によって被災された方々の支援を実施しています。
このブログでは、8月の活動を振り返ります。


土砂災害の被災地域_広島県三原市_ADRAJapan.JPG
土砂災害の被災地域:広島県三原市


清掃活動中の道路_広島県呉市天応地域_ADRAJapan - コピー.jpg
清掃活動中の道路:広島県呉市天応地域


【広島県内各地からの要請と支援物資提供】

ADRA Japanでは、7月から広島県三原市内の複数の地域で継続していた在宅被災世帯の現状調査をふまえて、8月には三原市や社会福祉協議会と情報共有を行いました。
また、市内の避難所でも物資配布と聞き取りを継続しながら、関係各所と今後の支援のための調整をしました。

三原市では地域の支援拠点や災害ボランティアセンターやなどに、高圧洗浄機2台や救急箱15セット、タオル1000枚や飲料など、必要とされる物資を引き続き提供しました。


避難所運営者と情報交換_広島県三原市_ADRAJapan - コピー.jpg
避難所運営者と情報交換:広島県三原市



他方で、広島県坂町役場と坂町小屋浦地域の住民の方から要請を受け、レトルト食品500食、コーヒー飲料6000本、ジュース500本、防塵マスク600枚、タオル1000枚などを提供しました。


提供したレトルト食品や飲料_広島県坂町_ADRAJapan - コピー.jpg
提供したレトルト食品や飲料:広島県坂町



さらに、広島県呉市天応地域の住民の方からも要請を受け、避難所や在宅被災世帯、災害ボランティアセンターなどへ、レトルト食品500食やスポーツドリンク300本、コーヒー飲料240本などを提供しました。

その他、広島県内では熊野町の避難所と広島市安芸区矢野地域の避難所へも飲料約400本を届けました。
加えて、岡山県倉敷市の4か所の避難所と災害ボランティアセンターへ飲料2400本を提供しました。


災害ボランティアセンターへ提供した救急箱と高圧洗浄機_三原市_ADRAJapan - コピー.jpg
災害ボランティアセンターへ提供した救急箱と高圧洗浄機:三原市



【「在宅被災世帯」の課題】

7月から三原市で実施した在宅被災世帯への戸別訪問により判明したことは、避難所で寝泊まりしていない被災者の方々が抱える困難な状況でした。

被災地はマンションやアパートなどの集合住宅は少なく、戸建ての割合が高い地域なのですが、在宅被災世帯の多くが、建物の1階天井付近まで浸水していました。

このような居宅で、衛生環境や建物の状態を不安に感じながら、浸水をまぬがれた2階部分で生活を続けておられました。一般的な家庭では生活に必要な家電製品や、風呂やキッチンなどの生活設備はほとんどが1階にあります。

家具も含め、1階にある財産はほぼすべてを失っているため、夏季にもかかわらず冷蔵庫は壊れてしまって使えず、洗濯や入浴もできず、さらにはテレビもないため必要な情報が全く入ってこないという世帯が多かったのです。
なかには被災した自宅敷地内の納屋など、本来住居ではない建物に身を寄せておられるケースもありました。


このような過酷な環境であっても「在宅避難」を続ける理由をヒアリングした結果は、不便であっても自宅で寝起きして、少しでも後片づけをしたい、家を空けたくない、避難所にはプライバシーがない、等でした。
しかしながら、1階部分が破損しているため、台所や風呂のみならずトイレも使えないという世帯もあり、自宅での生活環境は極めて厳しい状況でした。


被災家屋の建物1階_三原市_ADRAJapan - コピー.JPG
被災家屋の建物1階:三原市



このように多くの世帯が在宅避難を続けているにもかかわらず、そうした在宅被災世帯の数や実態はあまり認識されていないのが当時の現地の実情でした。

8月の時点ですでに各世帯毎、収入のある働き手がいるのか、リタイアした高齢者のみの世帯か、中長期にわたって支援を継続してくれる親族などのネットワークがあるか、経済的蓄えがあるかなどで片付けや住宅再建の選択肢は大きく異なっており、今後の住家を決めるスピードにも大きな差が出始めていました。


在宅被災世帯へ戸別訪問配布したスポーツ飲料_三原市_ADRAJapan - コピー.jpeg
在宅被災世帯へ戸別訪問配布したスポーツ飲料:三原市



上記の在宅被災世帯の課題は三原市のみならず、広島県内の被災地域に広く共通する課題であると考えています。

ADRA Japanではこうした現状を踏まえ、現在も支援活動を継続しています。
今後とも、皆様のご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

http://www.adrajpn.org/Emergency/WestJapanFlood2018.html(寄付受付ページ)

最後に、西日本豪雨により被災された皆さまの生活再建が一日も早く進み、安心できる暮らしが取り戻されますよう、心よりお祈りいたします。


(執筆:国内事業担当 牟田麻起子)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 14:15 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(9/12) 西日本豪雨災害 支援活動報告Vol.3(7月の活動) [2018年09月12日(Wed)]

ADRA Japanは7月8日より、広島県にて西日本豪雨によって被災された方々の支援を継続しています。
このブログでは、7月の活動を振り返ります。


支援について打ち合わせ_ADRAJapan.jpg
支援について打ち合わせ(広島県三原市)



【平成30年7月豪雨(西日本豪雨)災害について】

今年6月28日から7月8日にかけて、西日本を中心に台風や梅雨前線等の影響による集中豪雨が発生し、特に7月5日〜8日の4日間は11府県で大雨特別警報が発表されました。

この豪雨は、多くの河川の氾濫や浸水被害を発生させ、17府県で死者221名、行方不明者9名、負傷者387名(8月21日現在、内閣府発表)という甚大な被害をもたらしました。

被害を受けた住宅は48,000棟以上で、上水道や通信などのライフラインが壊滅したほか、広域的な交通障害が発生しました。


土石流の被害を受けた住宅地_広島県三原市_ADRAJapan.JPG
土石流の被害を受けた住宅地(広島県三原市)



【ADRAの初動調査と物資支援】

発災直後、ADRA Japanは緊急対応チームを広島県三原市に派遣、初動調査を開始しました。

三原市は当初報道でもほとんど取り上げられず、支援団体も少なかったのですが、市内全域が断水するなど被害状況は大きく、ADRAは支援が必要と判断しました。

発災直後からの2週間にSEMA(緊急時の物資支援の枠組み)から供給を受けた飲料水、野菜ジュースなどの飲料、タオル、衣類、マスク、衛生用品などを中心に、多くの量が必要とされる物資を市内の避難所に届けました。

こうした物資の提供を行いつつ、避難所内の状態や地域住民の現状・課題についての詳細な情報を収集しました。

また、広島県坂町小屋浦、呉市天応地域、川尻地域などからも支援要請を受け、高圧洗浄機、自転車、テント、飲料、レトルト食品などを提供しました。


連合町内会の方々に支援について説明広島県三原市_ADRAJpan.jpg
避難所で連合町内会の方々に支援について説明(広島県三原市)


ADRAが配布した緊急支援_広島県呉市_ADRAJapan.JPG
ADRA Japanが配布した緊急支援物資(広島県呉市)


自転車20台を寄贈_広島県安芸郡坂町_ADRAJapan.JPG
避難所からの移動に使う自転車20台を住民福祉協議会へ寄贈(広島県坂町)


【現場の課題抽出】

避難所のニーズは刻々と変化し、要請される支援物資内容も推移します。

ADRAは避難所内の小さな声に対しても真摯に受け止めるように努め、避難所に関わる人々や住民代表との信頼関係を構築していくなかで、それぞれの地域が抱える課題を明らかにしていきました。

私たちが注目したのは、浸水によって大きな被害を受けているにもかかわらず避難所へは行かずに自宅で避難している「在宅被災世帯」が数多く存在するということでした。

このような世帯については詳細が十分に把握されていなかったため、正確な情報を得るために被災世帯の戸別訪問を実施しました。


戸別訪問による調査_広島県三原市_ADRAJapan.jpg
被災世帯への戸別訪問と聴き取り


地域住民と戸別訪問後の打ち合わせ_ADRAJapan.jpeg
行政、社会福祉協議会、地域住民と戸別訪問後の打ち合わせ(広島県三原市)



次回ブログでは、8月の活動について振り返ります。



【ADRA Japanに託していただいたご寄付についてのご報告】

7月8日の支援開始以降、西日本豪雨災害の被災者支援に係る活動資金としてADRA Japanが受領したご寄付は7,786,523円(2018年9月10日時点)です。

これまでにもADRAをご支援いただいた皆さまからはもちろん、初めてADRA Japanへご寄付くださった方も数多くいらっしゃいます。

お預かりした資金は、全額を現地での支援活動およびその関連業務への資金として大切に使わせていただきます。



ADRA Japanでは、現在、在宅被災者支援を中心とした活動を続けています。
今後とも、皆様のご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

寄付受付ページ
http://www.adrajpn.org/Emergency/WestJapanFlood2018.html



西日本豪雨により被災された皆さまの生活再建と地域の復旧が、一日も早く進みますよう、心よりお祈りしております。


(執筆:国内事業担当 牟田麻起子)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 10:18 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(7/11) 西日本豪雨災害 平成30年7月豪雨被災地支援活動報告Vol.2 [2018年07月11日(Wed)]

ADRA Japanは7月8日より広島県にて支援活動を開始しております。

7月10日は三原市役所大和支所のご協力を得て、到着した支援物資を支所の駐車場に荷下ろしさせていただきました。
頼りになる学生ボランティアさんも加わり、野菜ジュース、ミックスナッツ、バナナチップス、マウスウォッシュ、飲料水、靴下、電源タップを受け取りました。


2018年7月豪雨_学生ボランティア2名が支援してくださいました.jpg
2018年7月豪雨_学生ボランティア2名が支援してくださいました

2018年7月豪雨_到着した物資.JPG
到着した物資

2018年7月豪雨_三原市役所大和支所の駐車場に荷下ろし.JPG
三原市役所大和支所の駐車場に荷下ろし

2018年7月豪雨_暑い中助けてくださった学生ボランティアさんたち.JPG
暑い中助けてくださった学生ボランティアさんたち


到着した物資は避難所の個別状況を勘案しつつ配布を実施しております。
物資の配布を行った先は以下の通りです。

 ・避難所「船木ふれあいセンター」
 ・介護老人保健施設ドリームせせらぎ
 ・避難所「北方コミュニティセンター」
 ・避難所「金売集会所」
 ・避難所「本郷生涯学習センター」


2018年7月豪雨_配布された野菜ジュース.jpg
配布された野菜ジュース

2018年7月豪雨_床上浸水の被害を受けた船木ふれあいセンター.jpg
豪雨_床上浸水の被害を受けた船木ふれあいセンター


その後、三原市役所本庁舎および三原市役所本郷支所を訪問し、活動の報告および情報共有を行いました。

これらの活動の様子は、テレビ東京のニュース番組の特集コーナーで放映されました。
番組では今回の被災地支援活動で大きな役割を果たしているSEMA(緊急災害対応アライアンス)の仕組みが説明され、主導するヤフー様と会員であるADRA Japanの活動が紹介されました。

右向き三角1救援物資のミスマッチを防げ!被災地支援で初の取り組み
  http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_158608
右向き三角1スマホからはこちら
  http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/smp/news/post_158608/


皆さまから多くのご支援をいただいております。ご協力に心から感謝しております。
http://www.adrajpn.org/Emergency/WestJapanFlood2018.html




このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:00 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(7/10) 西日本豪雨災害 平成30年7月豪雨被災地支援活動報告Vol.1 [2018年07月10日(Tue)]

ADRA Japanは7月8日より広島県にて支援活動を開始しております。

7月9日は三原市各地の避難所に救援物資の配付を行いつつ巡回調査を実施しました。
三原市では引き続きほぼ全域が断水しており、多くの人々が今なお不自由な生活を強いられています。
避難所巡回による調査結果は三原市役所本庁舎、三原市社会福祉協議会本庁舎、三原市役所大和支所へ訪問し、情報共有することで必要に応じた支援ができるよう心がけています。

今後は、市内全避難所への物資配付も視野に各種物資の手配を行ってまいります。

2018年7月豪雨_床上浸水にもかかわらず避難所として使用せざるを得ない施設1.jpg

2018年7月豪雨_床上浸水にもかかわらず避難所として使用せざるを得ない施設2.jpg
床上浸水の被害を受けたもかかわらず避難所として使用せざるを得ない船木ふれあいセンター内部


2018年7月豪雨_避難所での給水の様子.jpg
避難所での給水の様子


2018年7月豪雨_断水のためトイレットペーパーは流すことができない.jpg
断水のためトイレットペーパーを流すことができません


2018年7月豪雨_SEMA提供のボディタオルを避難所にて配付.jpg
SEMAからの提供を受けたボディタオルを避難所にて配付しました


2018年7月豪雨_自衛隊による給水の様子.jpg
自衛隊による給水の様子


■■■■■■■■■■ ご寄付のお願い ■■■■■■■■■■■■■■■■

被災者の皆さまへのご支援をよろしくお願いいたします。
ご寄付は下記URLにて受け付けております。

ADRA Japanホームページ
  http://www.adrajpn.org/Emergency/WestJapanFlood2018.html

Readyfor
  https://readyfor.jp/projects/ADRAJapan-201807

JAPANGIVING
  https://japangiving.jp/campaigns/33844

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 09:33 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(7/9) 西日本豪雨災害 平成30年7月豪雨による被災者支援にご協力願います [2018年07月09日(Mon)]

ADRA Japanは、平成30年7月豪雨(気象庁が命名)による大雨洪水被害者支援のため既に現地へスタッフを派遣しております。
本日は広島県三原市の市役所にて被害状況をヒアリングしたうえで、被災地および避難所をまわり支援ニーズの把握に努めました。


広島県三原市役所で被害状況の確認をするADRAスタッフ.jpg
広島県三原市役所で被害状況の確認をするADRAスタッフ


併せて、これらの活動を継続するために皆さまのご支援をいただきたく寄付金の受付を開始いたしました。
現在、ADRA Japanのホームページおよび2つのクラウドファンディングサービスよりご寄付いただくことが可能です。

■ADRA Japanホームページ
  http://www.adrajpn.org/Emergency/WestJapanFlood2018.html

■Readyfor
  https://readyfor.jp/projects/ADRAJapan-201807

■JAPANGIVING
  https://japangiving.jp/campaigns/33844


電力や通信手段が復旧せず、不安な思いをされている方々がまだたくさんおられます。
また、必要物資が不足しており不自由されている避難所も数多くあるとの報告を受けております。
更には、避難所自体が被災し劣悪な環境となっている地域もございます。

一刻も早く必要な支援を現場に届けることができるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 22:05 | 西日本豪雨 | この記事のURL
(7/8) 西日本豪雨災害 ADRA Japanは西日本の大雨洪水被害地域へスタッフを派遣しました [2018年07月08日(Sun)]

西日本の広範囲に渡って発生した記録的豪雨により多数の被害が発生している状況を受け、認定NPO法人ADRA Japan(アドラ・ジャパン、本部=東京都渋谷区神宮前 理事長=柴田俊生)は被災された方々の状況とニーズを調査し、必要な支援を行うために広島県へスタッフ3名を派遣しました。

スタッフは、民間企業17社およびNPO6団体で構成される緊急災害対応アライアンス(SEMA)から提供を受けた支援物資も現地へ搬送しています。


西日本大雨洪水被災者支援(SEMAからの支援物資も同時に搬送).jpg
緊急災害対応アライアンスのスタッフの方より貴重な支援物資を受け取りました


現地での活動については、当団体のブログおよびFacebookでお伝えして参ります。
引き続きADRA Japanの活動への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 ADRA Japan ブログ  http://blog.canpan.info/adrajapan/
 ADRA Japan Facebook  https://www.facebook.com/adrajapan/


本件についてのお問い合わせ
http://www.adrajpn.org/A_ContactUs.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:00 | 西日本豪雨 | この記事のURL