CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ネパール便り | Main | メディア掲載»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
記事カテゴリー
メルマガアイコン.jpg
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
タグクラウド
(1/12) 【緊急】タイ 洪水被災者支援 No.5 [2012年01月12日(Thu)]
昨年の12月7日から8日にかけ、チャオプラヤ川沿いのパトゥムタニ県バンポーニア地区の住民1,130世帯に向けて、お米や清掃用具などの物資配布を行ないました。その数日後には配付物資が住民の人によって使われているか確認するための視察を行ないましたが、水が引いた後の住居の泥だらけだった床は、配られたブラシや洗剤によってきれいに元通りになっていました。



物資を受け取る子ども。お米が入っているので少し重そうでしたが、頑張って運んでいました


配付を行なったバンポーニア地区は、バンコクからおよそ30km、車で1時間ほどの距離です。11月中旬に訪問した時はまだほとんどの世帯が浸水していたため、ボートを使って移動していました。



11月下旬はまだ水位も高い状態でした


12月に改めて訪れてみると以前に比べてだいぶ水も引き、車や徒歩での移動が可能になっていました。住民の方々に話を聞いてみても、避難していた人たちも家に戻りつつあり、現在は家の泥だしや清掃作業に追われているとのことでした。



12月に入り、水が引いて歩いて渡れるようになりました


しかし、運河沿いの小学校などではまだ校庭や床に水が溜まっていて、子どもたちは不便な環境での勉強を余儀なくされていました。こうした状況を改善するため、ADRA Japanは小学校に対しても支援を行なうことにしました。

12月18日には、パトゥムタニ県の運河沿いにあるクワングワ小学校を訪問し、洪水によって使えなくなってしまった机や椅子の後片付けや、床磨きなどの清掃活動を行ないました。この作業には、バンコクにあるアジア太平洋国際大学の大学生と関係者の方にもボランティアとして協力していただきました。バンコク市内を早朝5時に出発するスケジュールにもかかわらず、37人もの学生が来て下さり、広い学校の敷地も、わずか数時間できれいになりました。



ボランティアで清掃活動するタイの大学生


子どもたちは、洪水によってモノだけではなく勉強する時間や皆と遊ぶ空間も奪われてしまっていましたが、この活動によって以前の学校生活に戻ることができました。これからは友達と一緒にどんどん外に出て、楽しい時間を過ごしてほしいと思います。



タイの小学生たち。仮設の教室でも一生懸命勉強していたのが印象的でした


皆様からのタイ水害被災者支援に対する寄付金は、上記の支援活動や前回のブログでご紹介した緊急物資配付活動に活用させていただきました。皆様のご支援とご協力に深く感謝申し上げます。

また、本事業は(特活)ジャパン・プラットフォームからの助成金も活用させていただきました。関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

(文責:事業担当 田邉宙大)
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 10:23 | タイ洪水2011 | この記事のURL
(12/12) 【緊急】タイ 洪水被災者支援 No.4 [2011年12月12日(Mon)]
現在ADRA Japan では、タイ洪水被災者支援に対する寄付金を受け付けています。

ADRA Japanは11月27日から29日にかけて、バンコク市内から車で約40km(1時間半ほど)に位置するパトゥンタニ県クークアン地区の2,159世帯に対し、物資配布を行ないました。

この地区ではこれまでのところ、軍や自治体、企業等の協力により、飲料水や食糧は十分に供給されていました。しかし、被災者はいまだに残る汚水や汚泥の中での生活を余儀なくされ、蚊が大量に発生するなど、衛生環境は極めて悪い状態でした。また、水の流入がとても速かったために家財がすべて流されてしまった世帯も多く、これから冬を迎える今、寒さ対策も必要となっていました。
ADRA Japanはニーズ調査をもとに、デング熱の菌を持つ蚊から身を守るための蚊帳、ブラシ・洗剤などの清掃用具、毛布、食器類といった物資を配布することで、住環境の改善を支援することにしました。



配布には学校の教師などもボランティアとして手伝ってくれました


地域の住民も物資配布に協力的で、スタッフと住民が一緒になって物資の積み下ろしを行なっていたのが非常に印象的でした。そして配布を終えた後には、住民の一人がスタッフに抱き着いて喜びを表現していました。
これから、少しでも彼らの生活が改善されていくことを願います。


物資配布時のクークアン第4村住民のラントンさん (左)とADRA Japanスタッフの中野(右)


更に、ADRA Japanは12月7日から別の地区での配布も予定しております。この地域はいまだに浸水が深刻な状態なので、ボートを使って各世帯に物資を配布する予定です。



ボートで移動しなければならない地域がまだ多くあります


今回の支援活動の拠点になっているバンコクの事務所では、これらの配付物資を各世帯用に袋詰めする作業も行なっています。1回目の配付の前夜には100名近くのボランティアさんが駆けつけ、準備を手伝ってくれました。また、支援物資を詰める袋にロゴステッカーを貼るという作業もあるのですが、この作業は事務所近くに住む子どもたちが手伝ってくれました。
その数、なんと1,100袋以上!



ステッカーを袋に貼る作業、子どもたち3人が上手く連携して進めています


最後の方は飽きてしまうかな…と思っていましたが、3人が力を合わせてやり遂げてくれました。実は、こんな小さな子どもたちまで支援事業に関わってくれているのです。
今週の配布も、住民の方々と一緒に頑張りたいと思います。



この袋に支援物資を詰めて被災者の方々に渡します

(文責:事業担当 田邉宙大)

*この事業は、(特活)ジャパンプラットフォームの助成も受けて実施しています。


クレ ジットカードによる寄付はコチラから
「緊急支援全般」をご指定ください。


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名: 特定非営利活動法人 ADRA Japan
*お振込される際に、お名前の前に「キンキュウ」とご入力ください。
   例)キンキュウ ウラシマヤスナリ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をADRA事務局までご連絡ください。


<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「緊急支援」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 11:30 | タイ洪水2011 | この記事のURL
(11/30) 【緊急】タイ 洪水被災者支援 No.3 [2011年11月30日(Wed)]
現在ADRA Japan では、タイ洪水被災者支援に対する寄付金を受け付けています。


ADRA JapanはADRA Thailand(タイ支部)と協働で11月27日から29日にかけて2回目の緊急支援物資を配付いたしました。今回はパトゥムタニ県クークワン地域にて配付しました。タイ洪水被災者支援の事業の様子は、下記の映像からご覧になれます。




(文責:事業部 石橋 和博

*この事業は、(特活)ジャパンプラットフォームの助成も受けて実施しています。



クレ ジットカードによる寄付はコチラから

「緊急支援全般」をご指定ください。


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名: 特定非営利活動法人 ADRA Japan
*お振込される際に、お名前の前に「キンキュウ」とご入力ください。
   例)キンキュウ ウラシマヤスナリ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をADRA事務局までご連絡ください。


<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「緊急支援」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 18:30 | タイ洪水2011 | この記事のURL
(11/2) 【緊急】タイ 洪水被災者支援 No.2 [2011年11月02日(Wed)]
現在ADRA Japan では、タイ洪水被災者支援に対する寄付金を受け付けています。

タイ洪水被災者支援のため、10月29日にADRA Japanスタッフの石橋が現地に入り、既に支援活動を行なっているADRA Thailand(タイ支部)と合流しました。

石橋は今後のさらなる支援を検討するため、被災地の状況把握、現地行政や支援活動を行なっているNGOや国連への聞き取りなどの調査を行ないます。

現在、ADRAでは現地タイ支部を中心にアユタヤ、パトゥムタニ、バンコク郊外にて緊急支援物資の配付を行なっています。

写真はアユタヤ県ナコンラーン郡での調査・配付活動の様子です。



村の方々への聞き取り調査



支援物資を配付のためボートに積んでいます。



83歳になるヨムさん(写真中央)

ナコンラーン郡では洪水が起こって1カ月ほど経ちます。ピークよりは水かさは下がってきていますが、まだボートでないと入れない地域もあり、1階部分が全て浸水してしまっている住宅も多くあります。
今年83歳になるヨムさん(Ms.Yom Naunanong)は浸水が急だったため、高台に物を置く間もなくすべてのものが流されてしまったそうです。
「83年生きてきましたが、このような洪水は人生初めてです」とのこと。

現在、水は河口へと移っているので、アユタヤ県では水位が下がってきていますが、それでも完全に水が引くまでには3週間から1カ月ほどかかることが予想されています。

前回のブログでもお知らせしましたが、緊急支援物資を1パック用意するためには、約3,000円が必要となります。皆様の温かいご支援とご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。

尚、今回のADRA Japanによる調査は(特活)ジャパン・プラットフォームからも助成を受けております。ご関係者のご協力に感謝申し上げます。

(文責:事業部 中野佐知

クレ ジットカードによる寄付はコチラから

「緊急支援全般」をご指定ください。


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名: 特定非営利活動法人 ADRA Japan
*お振込される際に、お名前の前に「キンキュウ」とご入力ください。
   例)キンキュウ ウラシマヤスナリ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をADRA事務局までご連絡ください。


<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「緊急支援」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 17:40 | タイ洪水2011 | この記事のURL
(10/24) 【緊急】タイ 洪水被災者支援 [2011年10月24日(Mon)]
現在ADRA Japan では、タイ洪水被災者支援に対する寄付金を受け付けています。


連日報道されているニュースでご存じの方も多いと思いますが、例年より遥かに多い降雨の影響で、タイ中部および北部において、深刻な洪水が発生しています。

タイ北部で氾濫した川はそのまま首都バンコクを含む中部にまで流れ込んでおり、被害は260万人規模に拡大しているとされています。
特に、バンコクから80〜100キロほど北部に位置するアユタヤ県では、チャオプラヤ川が氾濫し、甚大な被害をもたらしています。アユタヤ県のある地域では、150〜200センチメートルほどの浸水が見られ、バンコクから北部地方に通るハイウェイは遮断されています。





胸のレベルにまで浸水した


10月10日現在、タイ国内で269名の死亡が確認され、隣国のカンボジアでも207名の死者が報告されています。


ADRA はタイ支部が中心となってこの災害への対応を行ない、まず10月8日と9日に洪水被災者に対する初動支援を開始し、250世帯に緊急支援物資を配布しました。その後、16日には530世帯、10月17日には731世帯を対象に、同様の緊急支援物資を配布しました。



初動支援での緊急支援物資の配布の様子


緊急支援物資には、1家族(4名)が2〜3日を過ごすことを想定して、米5キロ、飲料水27リットル、インスタントラーメン24パック、缶詰魚775グラム、消炎鎮痛剤20錠、抗真菌剤(軟膏)250ml 1個が含まれています。



緊急支援物資の仕分けの様子


現在、ADRAはタイ政府の緊急マネジメントサービスからの要請を受け、最も被害の甚大な地域において、緊急支援物資の配布を行うことを予定しています。この緊急支援物資は、16日からの配布分も含めて、計2,000世帯に提供する予定です。

緊急支援物資を1パック用意するためには、約3,000円が必要となります。
今後さらなる被害の拡大が予想されています。皆様の温かいご支援とご協力のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

(文責:事業部 小川真以


クレ ジットカードによる寄付はコチラから

「緊急支援全般」をご指定ください。


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名: 特定非営利活動法人 ADRA Japan
*お振込される際に、お名前の前に「キンキュウ」とご入力ください。
   例)キンキュウ ウラシマヤスナリ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をADRA事務局までご連絡ください。


<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「緊急支援」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 16:00 | タイ洪水2011 | この記事のURL