CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ネパールスポンサーシップ | Main | ジンバブエ便り»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(8/17) 【九州豪雨】現地レポート:大分県日田市の災害ボランティアセンターへの看護師派遣を実施しています [2017年08月17日(Thu)]
ADRA Japanは、2017年7月5日から九州北部に発生した記録的な豪雨の被害に対応するため現地にスタッフを派遣し、被災者の方々への支援を行なっています。

被災地の災害ボランティアセンターではボランティア活動中の熱中症、裂傷、蜂さされ等に対応するため看護師の派遣が求められていました。それを受けてADRA Japanは、7月27日〜30日、8月3日〜5日、8月9日〜12日に大分県日田市の災害ボランティアセンターへ看護師2名を派遣しました。

震災後の様子_(2).jpg
被災後の様子

ボラセンの様子4.jpg
日田市ボランティアセンターの様子


当初、ボランティアセンターには救護室がなかったため、資器材置場の一角をお借りし、部屋を消毒したうえで、段ボール等で簡易ベッドを作りました。



救護室ベッド変更後.jpg
ボランティアセンターの簡易ベッド


日田市災害ボランティアセンター救護班は、作業によって体調を崩したボランティアの対応を行ないました。また、それだけでなくボランティアが清掃などを手伝う家庭へも巡回し、住民の方々の健康相談や血圧測定等を行ないました。

8月4日に訪問したお宅の住民の方は、

お風呂に入った時に傷を洗って、上がったら消毒しろって言ってただろ。だからしてたよ。そしたら、傷が小さくなった。

と、前回訪問した際の看護師のアドバイスを受け実行してくださっていました。

またある方は台風5号の影響を心配し、

台風が来たらどうしたらいいんだろう。避難所生活は本当に嫌です。寝れないし、自分の生活に合っていないのよね。

と話されていました。



今後も日田市災害ボランティアセンターへの支援を行なう予定です。

引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html

*本事業は皆様からのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 10:58 | 緊急支援 | この記事のURL
(7/27)【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を続けています [2017年07月27日(Thu)]
ADRA Japanは、2017年7月5日から九州北部に発生した記録的な豪雨の被害に対応するため、現地にスタッフ2名を派遣し、被災者の方々への支援を行なっています。

1.jpg

これまで、大分県日田市社会福祉協議会へ雑巾1,000枚発送、現地ではニーズ調査、福岡県朝倉市の避難所への物資支援、朝倉市災害ボランティアセンターへの看護師派遣、東峰村災害ボランティアセンターの運営支援を実施してきました。



現在も引き続き東峰村災害ボランティアセンターの運営支援を実施しています。

東峰村のセンター本部(ADRA Japanがお手伝いしている場所)と宝珠山臨時出張所(サテライト)の2か所が現在、災害ボランティアセンターとして運営されています。しかし本日27日には、宝珠山臨時出張所(サテライト)の機能の一部が統合されるため、その準備も進めています。統合後も引き続き災害ボランティアセンターの運営支援を実施していきます。

2.jpg

また、被災地の災害ボランティアセンターではボランティア活動中の熱中症、裂傷、蜂さされ等に対応するため看護師が必要とされています。
23日まで救護班に看護師のスタッフを1名派遣していたため、巡回した際に住民の方にお話を伺いました。お声をかけた時には「大丈夫」とおっしゃられていても、話していくうちに泥だし作業による筋肉痛、不眠や肩こりを訴える方もいらっしゃいました。また、下肢に浮腫のある方も少なくありませんでした。

また、ある40代の女性は、「クーラーのモーター音が雨の音に聞こえて怖くて眠れなくなる、子ども達も同じ」と涙ぐみながら話されました。住民の方々には疲れがみられます。

現地のニーズに応えるため、27日から数回にわたり看護師を派遣し、救護にあたります。27日から30日は看護師2名を大分県日田市の災害ボランティアセンターへ派遣いたします。

引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 15:29 | 緊急支援 | この記事のURL
(7/21)【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を行なっています [2017年07月21日(Fri)]
ADRA Japanは、2017年7月5日から九州北部に発生した記録的な豪雨の被害に対応するため、現地にスタッフ2名を派遣し、被災者の方々への支援を行なっています。

これまで、大分県日田市社会福祉協議会へ雑巾1,000枚発送、現地ではニーズ調査、福岡県朝倉市の避難所への物資支援、朝倉市災害ボランティアセンターへの看護師派遣、東峰村災害ボランティアセンターの運営支援を実施してきました。


前回のブログでお伝えした東峰村災害ボランティアセンターは、開設されてから1週間が経ちました。

1.jpg

ADRAスタッフが支援に入っている小石原本所(東峰村災害ボランティアセンターは小石原本所と宝珠山サテライトの2か所あります)では、昨日は募集人数100人のところ、83人の方々がボランティアとして参加してくださいました。

2.jpg

東峰村災害ボランティアセンターの運営支援は今後も継続していきます。それと同時に在宅避難者への支援や仮設、住宅再建される中での必要な支援も検討しています。

3.jpg

また、東峰村だけではなく、その他の被災地域から要請があった場合はその都度対応を検討いたします。

引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html


Readyfor緊急災害支援プログラム:「九州北部豪雨災害の緊急支援活動のためにご寄附をお願いします。」はこちら
https://readyfor.jp/projects/10866/
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 14:24 | 緊急支援 | この記事のURL
(7/14)【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター本日から開設! [2017年07月14日(Fri)]
ADRA Japanは、2017年7月5日から九州北部に発生した記録的な豪雨の被害に対応するため、現地にスタッフ2名を派遣し、被災状況とニーズの調査、そして被災者の方々への支援を行なっています。

本日7月14日は、東峰村災害ボランティアセンターの開設日です。
1.jpg


ADRA Japanは東峰村社会福祉協議会へのサポートを通じてこのボランティアセンターの立ち上げと運営のお手伝いをしています。

2.jpg

ADRA Japanスタッフは、ニーズ班に配属され、電話での問い合わせの対応や、住民の方からの支援要請の受付などを行なっています。また、ニーズ調査も継続して行われているため、その調整も行なっています。

4.jpg

ボランティアセンターには、東峰村の方々から家の床下や床上、側溝などの土砂を取り除いてほしいなどのボランティアへのニーズが寄せられています。

ADRA Japanは引き続き、九州北部豪雨によって被災された皆さんに寄り添った支援を行って参ります。
引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html


Readyfor緊急災害支援プログラム:「九州北部豪雨災害の緊急支援活動のためにご寄附をお願いします。」はこちら
https://readyfor.jp/projects/10866/announcements
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 12:05 | 緊急支援 | この記事のURL
(7/13)【九州豪雨】7月12日現地レポート:東峰村社会福祉協議会のサポートを行なっています [2017年07月13日(Thu)]
1.jpg

2017年7月5日から九州北部に発生した記録的な豪雨により、甚大な被害が発生しています。9日までのあいだに福岡・大分両県で多数の死者や行方不明者などの被害が出ています。ADRA Japanは、7月6日から現地にスタッフ2名を派遣し、被災状況とニーズの調査、そして被災者の方々への支援を行なっています


7月12日は、ADRA Japanのスタッフが東峰村社会福祉協議会のサポートを行ないました。

2.jpg

村内の各地で発生しているニーズの調査をしたものの、情報の整理ができておらず同じ地域を重複して調査するなどの課題がありました。そのため、調査で明らかになった情報を整理して、地図上にマッピングすることで調査の終わった地域とまだ調査をできていない地域を目でみて確認できるようにお手伝いをしました。

3.jpg


また12日の午後には、朝倉市内の避難所の視察をし、今後、支援が必要な場所の調査を行いました。

4.jpg

ADRA Japanは引き続き、九州北部豪雨によって被災された皆さんに寄り添った支援を行って参ります。
引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 16:00 | 緊急支援 | この記事のURL
(7/6)【国内災害】ADRA Japanは九州北部の記録的豪雨被害地域へ先遣隊を派遣します。 [2017年07月06日(Thu)]
九州北部で発生した記録的豪雨により、多数の被害が発生している状況を受け、認定NPO法人ADRA Japan(アドラ・ジャパン、本部=東京都渋谷区神宮前 理事長=柴田俊生)は、7月6日(木)に被災された方々の状況とニーズを調査するため、現地へ先遣隊を送ります。

現地での活動については、当団体のホームページでお伝えして参ります。
引き続きADRA Japanの活動への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

この件についてのお問い合わせ
http://www.adrajpn.org/A_ContactUs.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 18:20 | 緊急支援 | この記事のURL
(6/28) フィリピン・ミンダナオ島武力紛争により避難する住民を支援するために緊急募金の受け付けを開始します [2017年06月28日(Wed)]
2017年5月23日、フィリピン南部、ミンダナオ島のマラウィ市の市街地へ武装勢力が侵攻し、それに応戦した警察・軍との間で激しい武力衝突が発生しました。29日には戒厳令が敷かれ、政府は軍による鎮圧を試みていますが、紛争が長期化する見込みが強まっています。これまでに一般市民を含む約300人が武力衝突で死亡したと伝えられています(AFP2017年6月18日付けニュース http://www.afpbb.com/articles/-/3132434)


変換後_マラウィ市地図.jpg


武力衝突を避けるために、マラウィ市の市民、およそ315,000人が自宅を離れて避難生活をしています。そのうち18,000人は83ヶ所の公的避難所に避難し、それ以外の大多数は知人・親戚の家や、自分たちで場所を探して避難生活を続けています。避難生活が長引いているために、食料や衣類、生活用品などが不足しています。また、これから雨期が本格化することもあり、生活環境の悪化が心配されています。

ADRAフィリピン支部は、6月5日と6日に、700人の避難を続けている方々に、マットレス、タオルケット、蚊帳などの緊急物資を配付しました。
その後6月26日には現地でニーズ調査を再度行ないました。調査結果を受けて、追加の支援が必要と判断し、7月には2,000世帯に食料や日用品などを配付することを計画しています。

このような状況を受けて、ADRA Japanは、フィリピン支部のこうした活動を支援し、避難生活を送っている方々に対して物資を届けるための緊急募金の受け付けを開始いたしました。

変換後_Iligan01.jpg


変換後_Iligan12.jpg


皆様の暖かいご協力をお願い申し上げます。

〜ご寄付の方法〜

【クレジットカードからのご寄付】

ADRA JapanのWEBサイトの特設ページの中ほどにある「今すぐ購入」ボタンからご寄付ください。
フィリピン、ミンダナオ緊急支援募金
http://www.adrajpn.org/Emergency/Philippines_Mindanao.html

【郵便局からのご寄付】
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄:※カタカナで「ミンダナオ」とお書きください



【銀行からのご寄付】
銀行:三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座:普通1956381
口座名:特定非営利活動法人 ADRA Japan 理事長 柴田俊生
口座名フリガナ:トクヒ)アドラジャパン リジチョウ シバタトシオ
*お振込される際に、お名前の前に「ミンダナオ」とご入力ください。
   例)ミンダナオ ウラシマヤスナリ

(執筆:緊急支援事業担当:小出一博 )

ADRA Japanのホームページはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 21:49 | 緊急支援 | この記事のURL
(10/31)【イエメン避難民支援】紛争による深刻な水不足。給水事業を行なっています】 [2016年10月31日(Mon)]
アラビア半島の最南端に位置する国イエメンではこれまでも内戦が続いてきましたが、2015年3月からは周辺国による空爆が始まり、状況が悪化しています。戦乱による死者は6,000人を超え、多くの民間人が犠牲となっています。国民のおよそ10人に1人に当たる、250万人を超える人々が「国内避難民」として厳しい避難生活を続けていて、特にADRA Japanが支援している北部地域では、学校や壊れた公共の建物、空き地などに自力で居住地を設けて生活している人々がいます。多くの公共機関や医療施設は破壊され、人口の8割以上が食糧および水不足に直面し、医療サービスを受けることもできない状況です。


イエメン国内避難民支援_避難生活の様子.jpg


イエメン国内避難民支援_避難生活の様子(キッチン).jpg


ADRA Japanではこのような人道的危機の中、現地支部であるADRA イエメンと協働し、2015年12月よりイエメン北部のアルジャウフ州において国内避難民を主な対象とした食料および衛生用品等の生活物資の配付を行なっています。今回は2016年3月から活動の一つとして加わった給水事業についてご紹介をしたいと思います。


日本では水道の蛇口をひねればすぐに飲める水が出てきますが、降雨量の少ないイエメンでは、深井戸から汲み上げた地下水が頼りです。近年では、給水業者が深井戸からポンプで汲み上げた水を販売し、市民はそれを購入するのが一般的となりました。しかし、長引く戦乱のために石油の輸入が滞り、水を汲み上げるためのポンプの燃料価格も大幅に上昇した結果、水の価格が高くなり、収入のない国内避難民や貧しい住民たちは水を入手することができなくなっています。そのため、飲料に適していない池などの水を利用せざるを得ず、食糧不足と並んで生存に関わる深刻な問題となっています。

そこで、ADRA Japanは5,000ℓの貯水タンクと複数の蛇口からなる簡易給水設備をアルジャウフ州の20か所に設置し、週2回の給水活動を行なっています。また、住民の方も支援を受けるだけでなく、「Water User Committee」(「水利用者管理委員会」)を組織して水の管理などを行ない、積極的に支援活動に携わっています。


イエメン国内避難民支援_給水拠点のタンク設置基礎建設作業.jpg


イエメン国内避難民支援_給水拠点に並ぶ裨益者たち.jpg


イエメン国内避難民支援_給水の順番を待つ兄弟たち.jpg


今回ご紹介した給水事業の他にも、ADRAでは食糧支援事業として2800 世帯へお米や小麦粉、塩、砂糖など約1か月分の食糧の配付を行ないました。また、衛生キット配布事業として、石鹸や下着、ナプキンなどの衛生用品を約1600世帯へ配付しました。

紛争が長引き、人々の生活はますます混迷の度合を増しています。今後もADRA Japanはイエメンの地域住民の方々との信頼関係を維持し、支援活動を行なっていきます。引き続き皆様の温かいご支援・ご理解をよろしくお願いいたします。

(執筆:マーケティング部 百々 久美

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 14:49 | 緊急支援 | この記事のURL
(10/19)【岩手・北海道豪雨】緊急支援 台風10号による被害 [2016年10月19日(Wed)]
8月30日に東北地方に上陸した台風10号は、その後温帯低気圧に変わり、東北・北海道地方に記録的な大雨を降らせ、広範囲に渡って甚大な被害をもたらしました。

岩手県では、12の市町村(盛岡市、宮古市、久慈市、遠野市、釜石市など)に、また北海道では、20の市町村(帯広市、空知郡南富良野町、河西郡芽室町、上川郡新得町、上川郡清水町など)に対して、内閣府が災害救助法適用しました。
(情報元:内閣府 平成28年8月31日時点の発表)

台風10号により被害を受けた地域の中で、とりわけ北海道、岩手の被害状況は、以下のようになっています。

.被害状況jpg

【岩手県釜石市、北海道富良野町の現場へ雑巾を届けました】
ADRA Japanは8月31日に岩手県釜石青年会議所からの依頼を受けて、水害用の雑巾360枚を発送しました。また、9月5日には北海道南富良野町災害ボランティアセンターからの依頼を受け、雑巾1,000枚を発送しました。雑巾は、被災された家屋の清掃などに活用されています。

雑巾を運ぶ様子.jpg
ADRAが支援した雑巾が釜石市橋野地区の泥出し作業現場に運ばれている様子
(写真提供:釜石青年会議所)

家屋の様子.jpg
釜石市橋野地区の泥出し作業が行なわれた家屋の様子
(提供:釜石青年会議所)

泥出し作業の様子.jpg
釜石市橋野地区の被災家屋で泥出し作業が行なわれた様子
(写真提供:釜石青年会議所)

被害状況.jpg
北海道南富良野町の被害状況
(写真提供:JVOAD)

【岩手県宮古市災害ボランティアセンターで泥出し作業を行ないました】
9月20日にADRA JapanスタッフとADRAのコーディネートする大学生ボランティア4人と共に、大きな被害が発生した岩手県宮古市の災害ボランティアセンターへ泥出し作業に向かいました。

当日のセンターには、県外からのボランティア、地元の方、連休を利用して帰省した地元出身者、岩手県内及び近隣地域の大学生など計33人が災害ボランティアとして集まり、活動しました。

災害ボランティアセンターでは集まったボランティアがいくつかのチームに分かれて作業を行ないました。当日私たちのチームでは、2件のニーズに対して作業に入ることができ、午前中は、10軒程の住宅が立ち並ぶ道路の側溝の泥出しを行ない、午後は、被災家屋の庭の泥出しを行ないました。

水害の泥出し作業は体力が必要な作業ですがボランティア同士、無理が出ないように声を掛け合って作業に取り組み、また大学生の若者のパワーは、一緒に作業したボランティアの方々にとても喜ばれました。また、作業中も、泥出しに入った民家の住民の方から「あら、うちの孫と同じくらいね。一生懸命作業してもらってありがとう」と話しかけられ、大学生ボランティアが可愛がられていました。

午後に作業をしたお宅は川の近くに建っているため家に泥水が流れ込み、敷地全体に大量の泥が堆積していました。これまでに複数回のボランティア作業で、広い敷地の門から母屋までの泥かきをして道を確保し、作業のために人が通れるようになっていました。この日は約30人で離れ家の周りの泥を重点的に泥出ししましたが、その後も、離れ家の中の泥出しや、建物内の家具の運び出しなどの作業が必要で、このお宅の復旧にはまだしばらくの時間と人手が必要とされるとのことでした。

学生.jpg
堆積して固くなった分厚い泥の層の泥出しを行なう学生の様子

学生2.jpg
堆積した泥を一生懸命かき出す学生の様子

当日一緒に作業に入ったボランティアスタッフの中には、5年半前の東日本大震災の後も宮古へボランティアにかけつけ、同じお宅の泥出し作業をしたという方もいました。この日の大量に堆積した泥を前に、当時の泥出し作業の様子も振り返りながら、泥かきの作業の目安を他のボランティアスタッフに伝える場面もありました。

この日の災害ボランティアセンターでの作業を終えて、川沿いを通る国道106号線を車で走っていると、川の氾濫で崩落した橋の跡が痛々しく残っている様子が目に入りました。


崩落した橋.jpg
国道106号線沿いの崩落した橋

氾濫の跡.jpg
国道106号線沿いの川には、氾濫した跡が生々しく残っている

瓦礫の跡.jpg
国道106号線左手の川が増水し道路の上まで瓦礫等が流れ込んだ跡が見られる

これから現地の復旧・復興が、一日も早く進みますようにお祈り申し上げますと共に、ADRA Japanでは岩手・北海道豪雨の被災地に必要な支援を届けられるよう引き続き活動をしていきます。今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

(執筆:国内事業担当 牟田 麻起子)

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 12:00 | 緊急支援 | この記事のURL
(9/15)【モンゴル緊急支援】ゾド被災者780世帯に食料配付 [2016年09月15日(Thu)]
2015年から2016年にかけて、モンゴルでゾド(寒雪害)の被害が発生しました。国際機関からは、23万人〜97万人が被災する可能性が指摘されました。この状況を受け、ADRA Japanは緊急支援として食料を780世帯に配付しました。家庭を訪問し食料を配付する中で、モンゴルの遊牧民の方々のたくましさに触れる機会がありましたのでご報告します。

ADRA Japanがゾド被害について調査を行なったところ、遊牧民の方々の食料が不足していることや、牧畜を経営するための資金が不足していること、人々の栄養状態が悪化していること、大雪によって道路が遮断していることなど、ゾドによる切実な被害状況が明らかとなりました。4、5月には、備蓄の食料が底をつき、ゾドによる被害が深刻化することが予想されました。
(ゾドの詳しい説明は「(5/24)【モンゴル緊急支援】モンゴルにおけるゾド被災者支援 」をご覧ください)

そのため、ADRA Japanはこの2か月間の食料不足を補えるように、780世帯に対し、食料を配付しました。食料は一世帯につき、お米(20s)、小麦粉(50s)、油(6ℓ)、砂糖(4s)、塩(1s)、乾麺(20s)、お茶などです。
配付の際には、特に乳幼児や妊婦、高齢者など、ゾドの影響を強く受けやすい人々に支援が届くように配慮しました。

対象世帯の多くは雪によりアクセスが難しい地域に居住しており、食料配付の場所まで物資を取りに来ることができない人々もいました。そのため、郡政府・行政機関との調整を行ない、直接届けに行った家族もありました。そのうちの2家族をご紹介します。


1つ目の家族は、お子さんが村の小学校の寮に入っている家族です。お子さんを学校に迎えにいき、家までの案内を頼みました。「そんなに遠くないから」と出発したのですが、舗装された道路から離れて走ること40分以上、ただひたすら原野しかないところに、その子の家(ゲル)はありました。

この子のお父さんに話を聞くと、この冬のゾドで150頭ほどいた家畜のうち、3分の1にあたる50頭を失ってしまったそうです。大きな被害ではありますが、3分の2は守ることができたことになります。その理由を尋ねたところ、以下のように話してくれました。

「家畜の飼い方は、土地の利用の仕方で変わってきます。私はできるだけ、他の世帯から離れたところを選んで家畜を放すようにしています。だから、私の家畜は比較的多くの草を食べることができました。越冬のための草も多少確保できました。全部の家畜には足りませんでしたが、その草を使って、3分の2の家畜を生き延びさせることができました。」

この家に向かう途中、なぜ誰もいない原野の中に敢えて住むのだろうと疑問に思いましたが、それは家畜に草を与えるためだったのです。大地に生きる知恵を見た気がしました。


モンゴルの家族.jpg
<案内してくれた子と家族の写真>


2つ目の家族は、30qほど原野を走った山奥に住んでいました。家には3歳くらいの子どもがいました。上に 3人の兄弟がいるそうですが、学校に通う都合上、分かれて暮らしているそうです。この家庭では、子どもたちの養育費をねん出するため、羊の毛を紡いだブーツや、家畜の乳を利用したヨーグルトやバター、家畜のフンを乾かした燃料などを手作りしてなどを街に運んで売っているそうです。

身のまわりにある資源を「価値」(貨幣に交換できる商品)に変えていく力、そうした手段を複数持つことの強さを見ました。


羊の毛を紡いだ手作りブーツ.jpg
<人気商品の羊の毛を紡いだ手作りブーツ>


食料の配付を通し、モンゴルの遊牧生活を送る人々の生活の知恵や工夫を知ることができました。
今回の支援を通し、そのたくましい生活を下支えすることができましたことを感謝いたします。

今回、ゾドの被災者支援を行なえましたのも、皆様からのご理解とご支援のおかげです。ご協力ありがとうございました。

今後もADRA Japanをどうぞよろしくお願いします。


(執筆:緊急支援担当 小出一博・インターン 高田莉子)

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 13:00 | 緊急支援 | この記事のURL
| 次へ