CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 国内啓発事業 | Main | 国内災害(防災啓発)»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(4/22) ブラジル水害被災者支援 Vol.5 [2011年04月22日(Fri)]
〜 助け合いながらがんばっていこう 〜


2月下旬から3月中旬にかけ、今回の水害で被害を受けた方々に配付する予定の鍋やシーツ、タオルなどがリオデジャネイロ州ノバ・フリブルゴの倉庫に到着し、3月12日より水害被災者への配付作業が始まりました。





水害の被災者であるサンティアゴさん一家のお宅を訪ねると、開口一番「日本に住むあなたのご家族は大丈夫でしたか?」と聞かれました。配付作業の初日は東日本関東大震災が発生した直後であり、ブラジルでも大きく報道されていたからです。

「幸いにも、私の家族に問題はありませんでしたが、震災された方々は困難な状況にあります。ADRAとしても被災者支援を開始しました」と伝えると、「被災された方々は本当に大変な思いをされていることでしょう。一日も早い復興をお祈りいたします」と言葉をかけて下さいました。



サンティアゴさん一家


サンティアゴさんは奥さんと2人の子どもがいる4人家族。家の中が1メートル程浸水してしまいました。
家具などは洗って使えるものがありますが、衣類や本、鍋などが汚泥につかり使えなくなってしまいました。水害から1カ月半程は、被害が無かった町に住む親せきの家に家族全員で避難していたそうです。3月中旬にようやく家に戻ることができ、ADRAが物資配布をした時期は、ちょうど家の中の掃除を始めたばかりのときでした。

サンティアゴさんは、「シーツなどは全く使えなくなってしまったので、このような支援は本当に助かります」と帰りがけにコメントを下さいました。


次に訪問したオリベーラさん一家は、氾濫した川岸に家があり、そこで小さな農園を営みながら生計を立てていました。しかし、水害によって家が浸水するだけでなく、農地の大半も土砂に埋まってしまいました。



オリベーラさん一家


オリベーラさんは高齢のお母さんと2人暮らしです。そもそも収入が少なかったので貯蓄も無く、浸水した家を清掃し、今も同じ場所で生活しています。

「川が氾濫し、家の中の物は洪水の影響で使えなくなってしまいました。収入が少ないので、他の場所に移り住むこともできず、今は土砂に埋まらなかった土地で農園を再開しています」とオリベーラさん。「支援物資は大切に使います。ありがとうございます」とコメントをもらいました。


南米に位置するブラジルは日本から遠い国ですが、日系人が多く住み、日本とは関わりの深い国です。ブラジルも日本も自然災害によって困難な状況に見舞われてしまいましたが、「助け合いながら頑張って行こう」という気持ちは国境を越えて感じることができました。

この事業において、鍋セットおよびタオル・シーツセットをそれぞれ950世帯に配付することができました。
被災地ではまだ土砂撤去がおこなわれていない場所もありますが、少しずつ復興に向けて進んでいます。皆さまからの温かいご支援、本当にありがとうございました。



ADRAスタッフ


本事業はジャパン・プラットフォームより助成金を受けました。また、多くの支援者の方々からも寄付金を頂きました。


リオデジャネイロ州における緊急支援物資配付事業は2011年3月を持ちまして無事完了致しました。
ご支援頂いた皆さまに心より感謝申し上げます。

(文責:鈴木泰生)
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 16:00 | ブラジル水害2011 | この記事のURL
(2/28) ブラジル水害被災者支援 Vol.4 [2011年02月28日(Mon)]
先日、スタッフ2名と共に、豪雨による水害から1カ月が経った地域を訪問しました。



土石流が発生した被災地を訪問−写っている大きな岩も流れてきた




現地行政により土砂の撤去が開始されましたが、土石流により道が寸断されたり、瓦礫の山で道幅が狭くなっていたりすることから重機の移動が困難であり、被害の大きかった上流では、土砂撤去作業が未だ始まっていない所もあります。
土砂や岩が撤去された下流部分の町では、車輛での移動ができるようになったものの、車が通る度に道端に溜まった砂が舞い上がり、砂埃が酷く、家の前にホースで水をまく住民の姿も見られました。


被災地にて瓦礫や土砂の撤去作業をするブルドーザー



「豪雨の影響で土石流が発生したのが夜だったので、すごく怖かったです。家の外へ避難するため子どもたちを呼びましたが、大きな岩がすぐそばを転がっていくし、電線が切れていたので灯りはないし、土石流の音がすさまじいので、私の声はなかなか子どもたちには届きませんでした。あの日の事を思い出すと、ぞっとしてしまいます。また、被災直後は近くの学校へ避難していましたが、体育館のような広い場所に、何家族もの人たちがひしめき合うように寝ていたので、夜もゆっくり寝ることができませんでした。この避難所(入院病棟として使用されていた建物)へ移動してきてからは、個室に入ることができたので、少し落ち着いて睡眠がとれるようになりました。」
と話してくれた女性(30代、子ども2人)は現在、現地行政が提供している避難所で生活しています。


土石流が発生した時の様子を話してくれた女性(右)、話を聞くスタッフの神田(左)



食糧などに関しては、ブラジル国内で集められたものが十分備蓄されているようですが、これから各家庭が自立した生活を始めるための調理器具や寝具、マットレス、家電などの支援物資に関しては、まだまだ足りていない状況です。
また、新しい家を借りようとしても、水害の影響で家屋の絶対数が減少してしまったため、家賃が水害前の2倍から3倍に跳ね上がってしまい、日雇い労働などで生計を立てていた被災者には、支払うことのできない額となっています。
現地政府は被災者に対し、家賃手当と家具、冷蔵庫などの家電の支援を発表しましたが、被害状況のしっかりとした統計がまだ取れていない現状では、復興までの道のりは長く、引き続き復興に関する支援の必要性は高いようです。


ADRA Japanでは現在、調理器具とタオル・シーツ類の調達を行なっています。
少しずつですが、配付予定の物資が被災地に設けている倉庫に到着し始めており、配付の準備に取り掛かっています。

被災者の中で、特に低所得層(日雇い労働などで生活を賄っていた人々)の方々は、この先の生活について不安を抱いています。
この不安を少しでも緩和できるよう、引き続き支援活動を続けていきますので、皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
(文責:緊急事業担当 鈴木泰生)

クレジットカードによる寄付はコチラから 
*【緊急】ブラジル水害被災者支援をお選びください


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名:トクヒ)アドラジャパン
*お振込される際に、お名前の前に「ブラジル」または「緊急」とご入力ください。
   例)ブラジル イシイミツオ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、
電話番号をADRA事務局までご連絡ください。

<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「ブラジル水害」または「緊急」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。

☆この事業は、(特活)ジャパン・プラットフォームの助成金も受けています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 12:42 | ブラジル水害2011 | この記事のURL
【緊急】ブラジル水害被災者支援 Vol.3 [2011年02月14日(Mon)]
1月にリオデジャネイロ州で発生した豪雨による水害被害は、800人以上の命を奪いました。
2月8日時点の被災者数は17万人を超えています(現地行政発表)。
また、いまだ約23,000人が避難生活を余儀なくされています。



「土砂により家屋が流されて、破壊されてしまった跡のようす(テレゾポリス市)」



ADRA Japanは(特活)ジャパン・プラットフォームの助成を受け、1月28日より緊急支援物資配付事業をリオデジャネイロ州の3つの地域で開始しました。
被災した900世帯に対し、鍋などの調理器具セットおよびタオルやシーツのセットを配付する予定です。
この事業を実施するため、2名の日本人スタッフが現地入りしました。


現地事業担当の神田佐知は2003年から2年間、JICA(国際協力機構)のボランティアとしてブラジルに滞在した経験があり、現地公用語であるポルトガル語が堪能です。
1月31日(月)にリオデジャネイロに到着し、現地支部であるADRA Brazil(ブラジル支部)のスタッフと共に、配付物資の購入手続きなどを始めました。


ADRAブラジル支部が受けた支援物資と共に


「これまでペルー、中国、チリの地震被災地で事業に携わってきましたが、今回は初めての水害被災地へ入りました。地震の被害も極めて酷いものですが、水害では家や町が浸水するだけではなく、大量の土砂によって何もかもが流され消えてしまうということがあります。そこにあったはずの家、そこで暮らしていたはずの家族が一晩にして消えてしまうのです。そして多くの家族が避難生活を強いられています。ADRAは災害発生直後から緊急支援をおこなってきました。「今」のニーズを満たすだけではなく「これから」の生活再建に向けた支援が必要とされます。今後ともADRAの支援の様子と被災者の方々をどうぞ見守って下さい。」(神田)




現地事業統括である鈴木泰生は2003年より人道支援の仕事に就き、以来世界各地で発生した人的および自然災害の現場を訪れ、被災者支援活動にあたってきました。
2月6日(日)にリオデジャネイロに到着し、関係団体などとの調整にあたっています。


土砂に埋まってしまったブランコにて


「初めてのブラジルですが、ADRA Brazilスタッフの協力を得ながら事業を開始することができました。南半球にあるブラジルは現在夏真っただ中。暑い日が続いているので、被災された方々の避難生活は辛いものだと思います。また、被災地では夏休みがもうすぐ終わるため、子どもたちは学校に戻り始めますが、これら多くの子どもたちも早く元の落ち着いた生活に戻りたいと思っていることでしょう。被災した方々が1日も早く基盤の整った生活をおくることができるよう、現地で頑張りたいと思います。」(鈴木)





被災地を視察したADRA Brazilのリオデジャネイロ地域事務所長であるファビオ・サレス氏(Fabio Salles)からもコメントをいただきました。


被災地視察のようす


「今回の大規模な水害に直面し、多くの被災者を前に、ADRA Brazilのリオデジャネイロ地域事務所長として大きな責任を感じています。日本をはじめ、世界各地からの支援を受けていますが、被災者ひとり一人の役に立てるよう、支援活動を展開していきたいと思います。」(サレス氏)




これから被災者支援活動が本格化していきますが、現地入りしている日本人スタッフを通じて、活動の進捗や現地の様子をお伝えしていきますので、引き続きご支援の程よろしくお願いいたします。



ADRAのボランティアたちと


クレジットカードによる寄付はコチラから 
*【緊急】ブラジル水害被災者支援をお選びください


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名:トクヒ)アドラジャパン
*お振込される際に、お名前の前に「ブラジル」または「緊急」とご入力ください。
   例)ブラジル イシイミツオ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、
電話番号をADRA事務局までご連絡ください。

<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「ブラジル水害」または「緊急」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 11:36 | ブラジル水害2011 | この記事のURL
(1/20) 【緊急】ブラジル水害被災者支援 Vol.2 [2011年01月20日(Thu)]
1月11日から12日にかけてリオデジャネイロ近郊を覆い、自然災害としてブラジルの過去最悪と言われている豪雨による被害は増え続けています。
また、この豪雨の影響で、地盤は緩くなり土砂災害が起きやすい状況が続いています。






死者 717人(ノバ・フリブルゴ338人、テレゾポリス292人、その他87人)

今後もこの数は増え、1,000人を超える尊い命が失われる可能性があると言われています。(1月19日現在の現地情報)



現地の市民参加型防衛救助隊(注1:Civil Defense)発表によると、テレゾポリスでは約2,500人が被災し、多数の行方不明者がいるとのことです。
現在も軍隊、市民参加型防衛救助隊などによる救助活動が続いています。





ADRAは、ADRA Brazil(ブラジル支部)を中心に、次の地区の900世帯(約4,500人)の被災者に対して支援を開始しました。

・リオデジャネイロ州 ペトロポリス地区、ノバ・フリブルゴ地区
・ミナスジェイラス(Minas Gerais)州南部



ADRAは、上記地区の900世帯(約4,500人)に衛生キット(約1カ月分)と寝具セット(毛布やシーツ)を配布しています。

*衛生キットの内容物(一家族5人で1カ月分を想定)
歯ブラシ、歯磨き粉、浴用石鹸、洗濯石鹸、シャンプー、デオドラントスプレー、櫛、生理用品



水害被災者支援は、迅速な支援だけではなく、長期的な支援も必要となります。
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。



注1)市民参加型防衛救助隊(Civil Defense)
日本の消防団や予備自衛官のように、平時は会社勤めなどの生活をしているが有事の際は、制服を来て公務員と一緒に活動を行なっている組織です。



クレジットカードによる寄付はコチラから 
*【緊急】ブラジル水害被災者支援をお選びください


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名:トクヒ)アドラジャパン
*お振込される際に、お名前の前に「ブラジル」または「緊急」とご入力ください。
   例)ブラジル イシイミツオ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、
電話番号をADRA事務局までご連絡ください。

<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「ブラジル洪水」または「緊急」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 16:52 | ブラジル水害2011 | この記事のURL
(1/18) 【緊急】ブラジル水害被災者支援 Vol.1 [2011年01月18日(Tue)]
1月11日から12日にかけてリオデジャネイロ近郊を覆い、自然災害としてブラジルの過去最悪となった豪雨による死者はこれまでに600人以上にのぼり、被災地では現在も行方不明者の救出活動が続けられています。





ADRAでは、洪水、土砂崩れによって家を失った被災者の方々のために、緊急支援を開始しました。


【状況説明】
ブラジル南東部のリオデジャネイロ近郊では、1月11日深夜から12日朝にかけて、1月の月間予想雨量の90パーセントにあたる180mmの大雨により、山間部では洪水・土砂崩れによる被害が深刻となっています。
この豪雨により、テレゾポリス(Teresopolis)、ペトロポリス(Petropolis)、ノバ・フリブルゴ(Nova Friburgo)の3つの地区では、14,000人以上の人々が家を失い、避難所での生活を続けています。
また、衛生状態が悪いこれらの地区では、汚染された水の使用による感染症の流行も懸念されています。




より大きな地図で ブラジル水害2011 を表示




【被災状況】(ロイター通信 1月18日現在)
死者:665人
行方不明者:約120人
避難者:約14,000人





【ADRAの活動】
ADRAでは、深刻な被害があった、リオデジャネイロ州・ノバ・フリブルゴにて被災された人々のための緊急支援を開始しました。

現在、被災者に歯ブラシ、石鹸、歯磨き粉、シャンプー、女性の衛生用品などの生活用品一式の配布を検討しています。これらの支援物資は、衛生的な環境の維持が重要な課題となっているため、感染症等の二次災害防止のためにもなくてはならないものです。





被災から1週間が経過しようとしているなか、被災地ではいまなお行方不明者の捜索が続き、死者が増え続けています。17日から、さらに雨が降り始めました。

水害被災者支援は、迅速な支援だけではなく、長期的な支援が必要となります。
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。


クレジットカードによる寄付はコチラから 
*【緊急】ブラジル水害被災者支援をお選びください


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名:トクヒ)アドラジャパン
*お振込される際に、お名前の前に「ブラジル」または「緊急」とご入力ください。
   例)ブラジル イシイミツオ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、
電話番号をADRA事務局までご連絡ください。

<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「ブラジル洪水」または「緊急」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき
Posted by ADRA Japan at 18:26 | ブラジル水害2011 | この記事のURL