CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(4/23) 東日本大震災 被災者・復興支援-64 | Main | (4/26) 南スーダン・ナシールでの「お試しフォトボイス」»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
記事カテゴリー
メルマガアイコン.jpg
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
タグクラウド
(4/25) 東日本大震災 被災者・復興支援-65 [2012年04月25日(Wed)]
〜2012年度年賀寄附による助成金の贈呈式に出席しました〜

ADRA Japanは、寄附付きお年玉年賀はがき・切手からの配分である2012年度年賀寄附金の助成をいただき、去る4月18日、渋谷郵便局にて贈呈式が行われました。
渋谷区の団体ではADRA Japanの他、障がい者支援を行なっている特定非営利活動法人ぱれっとが助成を受けており、この2団体が贈呈式に参加しました。
年賀寄附金配分決定通知書をいただいた後、簡単な活動紹介や団体紹介を行ない、同じ渋谷区に拠点を置いて活動している団体同士の交流を深めるきっかけにもなりました。


japanpost.jpg
通知書を受け取る支部長の浦島(右)


今回いただいた助成金で、引き続き宮城県亘理郡山元町において応急仮設住宅コミュニティにおける対話・交流支援や、やまもと復興応援センターの運営を、山元町や社会福祉協議会、そして住民の方々と共に継続していきます 。

具体的には、仮設住宅住民への見守り活動や個別訪問、仮設住宅の集会所におけるお茶っこサロン等の行事の開催を通して、コミュニティの抱える課題やニーズを把握すると共に、住民の対話や交流を促進する活動を行なっていきます 。


震災発生直後から激務をこなしている地元行政や社会福祉協議会職員の中には、体調を崩している方も見られます。業務量が増えている中で、職員自身の健康状態も心配されています。やまもと復興応援センターに派遣されている2名のADRA Japanスタッフは、こうした職員の方々が円滑に業務を遂行できるよう、業務調整や研修の企画・開催も担当しています 。

このように山元町での活動を継続できていることに感謝すると共に、これからも地域における寄り添い活動を続けて参りたいと思います。

(文責:東日本大震災被災者支援事業担当 寺脇麻衣


========================================
ふるさと復興サポーター募集中
ふるさと復興サポーターは、毎月1,000円から東日本大震災の被災者支援のための寄付ができる支援制度です!

多くの皆様から温かいお気持ちをお寄せ頂いていることに、深く感謝申し上げます。
皆様から頂戴した支援金は、お茶っこサロンの実施や、足湯隊の受け入れ、その他イベントの開催といった避難先でのコミュニティ支援など、被災地の復興のために活用しております。


支援活動への募金を受けつけています。
クレジットカードによる寄付はコチラから
【緊急】東日本大震災被災者支援をお選びください。

<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名: トクヒ)アドラジャパン
*お振込される際に、お名前の前に「東日本」とご入力ください。
   例)ヒガシニホン ウラシマヤスナリ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、
電話番号をADRA事務局までご連絡ください。

<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「東日本」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入下さい。
========================================
Posted by ADRA Japan at 18:45 | 東日本大震災 | この記事のURL