CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« (9/1) 防災の日 | Main | (おしらせ)ご寄付をいただく際の金融機関口座についてのご案内»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
記事カテゴリー
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(9/2) ネパール便りvol.39 〜ネパールの魅力第3弾 今日は何の記念日でしょうin ネパール編〜 [2019年09月02日(Mon)]


皆さん、こんにちは!ネパールに駐在しております、大西です。



これまでのネパール便りでは、ネパールの魅力的な食文化をご紹介してきました。
今回、第3弾としてネパールの“女性の日”であるティージをご紹介いたします。



ネパールでは、西暦と異なるビクラム歴が採用されており、
今年のティージは2019年の9月2日、まさに今日です。



ティージでは、女性たちが夫、子ども、家族の健康や長寿を願って、
未婚女性は将来素敵な伴侶を見つけられますようにと願って、お祝いします。

そのため、今日は女性だけがお休みとなります。
(女性が多数を占める職場では、その職場全体がお休みとなることもあるようです。)



ティージの日には、女性たちは断食しながらも、
寺院を訪問して踊ったり歌ったりしながら過ごします。





<ティージの前祝いで踊るADRAスタッフの女性たち>



多くの女性たちは、赤色の伝統衣装“サリー”を身にまとっています。



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール ティージ01.jpg

<ADRAネパールのスタッフとそのお母さん>



元々はヒンドゥー教の女性たちの記念日でしたが、
今では多くのネパール人女性たちがお祝いする日になりました。

断食の程度は、水も全く口にしないという方から、
お米だけ/お肉だけ/特定の食材だけ食べないという方法を取る方まで様々です。



赤色はネパール人にとって特別な意味合いがあり、
結婚式でも花嫁は純白のウェディングドレスではなく、
赤色のウェディング・サリーを着ます。

なぜならネパールでは、
花嫁の赤色はパートナーへの「永遠の愛」を表しているからです。



ADRA Japan アドラ ジャパン ネパール ティージ02.JPG

<ADRAネパールのスタッフである花嫁と新郎>



ネパールではまだ家庭における保守的な男女の役割が根付いており、
女性たちは普段から家事や育児の大半を担っています。

そんな普段からよく働く女性たちが、
公に羽を伸ばすことのできる機会がティージなのです。



保健医療サービスなどの公的サービスへのアクセスにも、
男女間で差があるのが今のネパールの現状です。

例えば、社会文化的・宗教的理由などにより、
病気の際に保健医療施設を受診する割合は、
女性・女児の方が男性・男児よりも低くなる傾向があります。

2019年3月からネパールのバンケ郡において実施している
新生児・小児保健環境の改善事業では、
全ての子どもたちに平等に必要なケアが提供される環境づくりを進めていきます。



引き続き、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。



※ネパール新生児・小児保健環境の改善事業は、皆様からのご寄付のほか、外務省NGO連携無償資金協力の助成を受けて実施しています。




(執筆:ネパール事業担当 大西由香




ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 09:00 | ネパール便り | この記事のURL