CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(10/29) レバノン事業スタッフインタビュー『ADRAでの仕事が好きです!』 | Main | (11/6) レバノン事業地紹介『現地スタッフがお薦めするレバノン』»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
記事カテゴリー
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(10/31) イエメン便りVol.5 「長引く内戦に苦しむ子ども たち」 [2018年10月31日(Wed)]

イエメンでは3年以上続く内戦によって、人々の生活は深刻な打撃を受けています。
ADRA Japanは2015年12月から、首都から遠く支援が届きにくいイエメン北部において、食糧配布、水の供給、生計回復支援などの活動を行っています。

今回は、内戦によって故郷を捨てることになり、今も避難生活を続けるスーリア・アブドラーちゃんのお話を紹介します。



ある朝、スーリアちゃんが兄妹たちの朝食を買いに出かけた際に、家の近くで空爆に遭いました。

「何か冷たいものが手に突き刺さるような痛みを感じて、私は死ぬんだと思ったわ。」

この時、スーリアちゃんは爆弾の破片で大けがをしてしまい、手が不自由になってしまいました。


イエメンの内戦の国内避難民スーリア.jpg
[イエメンの内戦の国内避難民スーリア]



その後、スーリアちゃんは故郷を捨てて家族と一緒に逃げることになりました。
その道のりは厳しく、空には戦闘機が飛んでいましたが、村を出て山道を歩き続けました。
ようやく一時的な避難所にたどり着き、今もそこに住み続けています。


イエメンの内戦の避難生活.jpg
[イエメンの内戦の避難生活]


内戦が始まる前は、トタンでできた家に住み平穏な暮らしをしていました。

「あの時は幸せだったの。外で遊んだり、飴を買いに行ったりできたから。」

しかし今は何もない場所にテントを立てて、着の身着のまま逃げてきた状態で、日常生活に必要な最低限の物すら不足する生活をしています。

「内戦が終わったら、何よりも先に家に帰りたい。私の手も治ったらいいのに。」



イエメンの人々、特に子どもたちは、長期化する避難生活で背負いきれない苦しみに耐え続けています。
保健・社会保障といった基本的なサービスを受けることもできなければ、守ってくれる人もいません。

スーリアちゃんは、激しい内戦の犠牲者の一人です。


ADRAは、内戦で家を追われ避難生活を続ける人々のニーズに応えるため、食糧配布安全な水の供給などを継続しており、これまで23万人以上 に食糧を届けてきました。


イエメン北部のADRA事業地での給水支援.jpg
[イエメン北部の給水支援]



引き続き、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。


※この活動は皆様からのご支援と(特活)ジャパン・プラットフォームからの助成を受けて実施しています。



(執筆:海外事業課 鈴木知子)

ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


Posted by ADRA Japan at 09:00 | イエメン便り | この記事のURL