CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(4/13) 【重要】振り込め詐欺にご注意ください | Main | (4/16) ミャンマー便りvol. 22 〜子どもの教育環境改善に取り組む現地スタッフの声〜»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事カテゴリー
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(4/16) 国際協力の橋渡し 〜 勉強会を通して 〜 [2018年04月16日(Mon)]
ADRA Japanでは、ネパールにチーム派遣をし、現地の方々に医療行為を行なっています。ですが、それだけではなく、勉強会をはじめとした話し合いの場を関係者で持つことで、皆で学びを深めると共に、普段自分の担当分野で経験できないことを共有しています。

<1> ネパール人医療従事者への勉強会


1 福家先生の勉強会.JPG
日本人医師がレクチャーをおこなっている様子


日本人医師がネパール人医療従事者へ、手術中の観察点や呼吸の異常について話しました。メモを取っている看護師も多くいました。
医師、看護師だけではなく、コーディネーターや看護学生なども聞いていました。ネパールには多くの民族がおり、多数の言語があります。近年は学校で英語を学ぶため、英語の普及率が高くなってきています。私達もコミュニケーションを取る際は、英語を用います。レクチャーも英語で行ないました。

<2> 病棟看護師への勉強会


2 木村さん 看護師へ手術後の看護について説明.JPG
外科手術後の看護についての勉強会


日本人看護師が手術を開始する前に、ネパール人看護師を対象に形成外科の手術後の注意・観察すべき点について話をしました。私達のチームが対象とする患者さんの病気は様々です。手術方法によっても異なった看護が求められます。手術を開始する前にそれらの看護のポイントを理解したうえで、日本人看護師の助言のもと、ネパール人看護師が一緒に観察・処置・看護を行ないました。

<3> 企業の話を聞く


3 JJさんについて 勉強会.JPG
いつもサポートをしてくれる企業さんが、会社の方針や自分の思いを話してくれました


私達が活動するにあたり、協賛をしてくれた企業さんなどが、手術に必要な機材や物品を寄付してくれています。今年度は、いつもサポートをしてくれる企業2社が活動に参加をしてくれました。医療従事者と企業の方が一緒に活動をし、どのような思いでサポートしてくれているかを参加した医療従事者は勉強会時に聞きました。思いが一緒の人達と活動ができる喜びを再確認したと共に、今後の連携につなげていこうと思いを強くするきっかけになりました。

<4> 国際保健活動について聞く


坂本さん 勉強会 (2).JPG
ケニアで行なったボランティア活動についての発表


国際保健活動に参加をした看護師を囲んで、日本人医療従事者の間で、話しを聞きました。日本とは異なった保健問題があり、目線を現地に合わせなくては問題を解決できないことが多くあります。直接現地でそれを感じ、考えて医療行為をしてきた人の話しにはリアリティーがあり、重みが伝わってきました。また、具体的な国際医療いて学ぶことができました。

<5> 朝の集い


5 朝の集い.JPG
参加者さんの国際保健活動についての思いを聞いています


参加者で、朝食前に集まり、どのような思いや経験を通してこの活動に参加しているか、等を話します。それぞれのこれまでの歩みや思いを知ることで、さらに団結力が強くなり、活動の糧になります。

この活動を通じて、本医療チーム参加者の皆さんが、国際協力に興味を持つ場にもなり、実際に、この事業に参加をしてくれた方が、世界中のすべての人々がより良く生きられる未来を目指し、国際保健の現場で活躍しています。これからもADRAはそのきっかけになるお手伝いをしていくと共に、貧困などの理由で安全・安心な医療を受けることができない人々に寄り添って活動を行います。


6 無題.jpg
手術終了後の笑顔いっぱいの医療チーム


今年度もたくさんの患者さんの笑顔に出会うことができました。

*この活動は皆様のご支援によって成り立っています。引き続き、ご支援のほどよろしくお願い致します。

文責:ネパール事業担当 野崎明美

ADRA Japanのホームページはこちらです
Posted by ADRA Japan at 10:01 | ネパール医療チーム | この記事のURL