CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(10/10) 【シリア難民支援】シリア難民の子どもたちをサポートする先生の思い | Main | (10/23) 【募集】事業部スタッフ募集»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(10/22) 【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を行なっています。 [2017年10月23日(Mon)]
ボラセン1.jpg

ADRA Japanは、九州北部に発生した記録的豪雨の被害に対する支援を行なうため、2017年7月6日から現地にスタッフを派遣し、被災者の方々への支援を行なっています。

今回は、ADRA Japanの福岡県朝倉郡東峰村での災害ボランティアセンター運営支援についてご報告いたします。東峰村の災害ボランティアセンターは、村内の国道が通行止めになっていたため、村の北側に位置する小石原本所と南側に位置する宝珠山サテライト(臨時出張所)の2か所に開設されていました。その後、8月18日には、先に活動収束の目途が付いた小石原本所を閉鎖して、宝珠山サテライト(臨時出張所)にボランティアセンター機能を集約し、9月1日まで東峰村災害ボランティアセンターとして運営していました。


災害直後の村内の国道(211号線).jpg
災害直後の村内の国道(211号線)


災害ボランティアセンターでは、まず村内の被害状況を調査し、住民の方々の自宅や敷地の被災状況に応じて、土砂撤去等のボランティアを依頼します。今回、そうした依頼をもとに作成されたボランティア依頼票は約460件ありました。災害ボランティアセンターでは、毎日の依頼内容に応じた作業の段取りや必要資機材の準備を行なって必要ボランティア人数を検討します。そして、活動するボランティアの送り出しや作業進捗の確認などを行ないます。


小石原本所の会議の様子.jpg
小石原本所の会議の様子


当初、ADRA Japanの現地スタッフは小石原本所で、そうしたボランティアセンターの機能を担うニーズ・マッチング班のサポートを行なっていました。8月26日以降は東峰村ボランティアセンター運営本部からの要請を受けて、宝珠山サテライト(臨時出張所)のニーズ班のサポートも同時進行で行なうことになりました。そのような経緯から、小石原本所開設期間中は、午前中に小石原本所でのニーズ・マッチング班の業務、午後は宝珠山サテライト(臨時出張所)に通う形で、宝珠山サテライト(臨時出張所)のニーズの整理とニーズ班のサポートをさせていただきました。


毎朝800の小石原本所の朝礼の様子.jpg
毎朝8:00の小石原本所の朝礼の様子

宝珠山サテライトのニーズ班の情報整理サポートの様子.jpg
宝珠山サテライトのニーズ班の情報整理サポートの様子


小石原本所が閉所した8月19日以降は、引き続き小石原地域(小石原本所が設置されていた地域)のボランティア依頼に対応してニーズ・マッチングを担当しました。また、宝珠山サテライト(臨時出張所)では、新設されたアウトリーチ班の班長も担当させていただきました。


完了確認ローラー調査地図2.jpg
宝珠山サテライト(臨時出張所)の完了確認訪問準備サポートの様子


アウトリーチ班では、宝珠山サテライト(臨時出張所)で作業対応が完了した依頼票の中から、東峰村社協と協議して見守りなどが必要な世帯を抽出して戸別訪問を行ないました。土砂撤去作業などが完了した後も見守りをすることで、後日住民の方に不安や課題が発生した際にも適宜対応し、今後の東峰村社協の生活支援につなげられるよう訪問記録を残しました。

活動は、現地のスタッフの方々と日々話し合いを重ねながら進めています。


土砂撤去の様子(述べ70人ほどのボランティアさんで作業を行った現場.jpg
土砂撤去の様子(述べ70人ほどのボランティアさんで作業を行った現場)


また、9月4日以降は、東峰村社会福祉協議会(東峰村社協)からの要請を受け、登録制の東峰村ボランティアセンターの仕組み作りをサポートし、東峰村社協のみなさんと一緒に地元のボランティアセンター運営のより良い形を目指して活動しています。現在は、東峰村社協の本来の事務所に拠点を戻して、通常のボランティアセンターとして住民の方々の随時ニーズ依頼に対応しています。


通常ボランティアセンター移行後のボランティア活動初日の様子.jpg
通常ボランティアセンター移行後のボランティア活動初日の様子


ボランティア活動の様子(自宅の裏山が崩れ落ちてきた庭の土砂撤去).jpg
ボランティア活動の様子(自宅の裏山が崩れ落ちてきた庭の土砂撤去)


ADRA Japanは10月現在も東峰村での支援を継続しています。

引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html

*本事業は皆様からのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。

Posted by ADRA Japan at 10:00 | 緊急支援 | この記事のURL