CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(8/3)【お知らせ】ADRA Japanは個人情報保護方針を更新しました。 | Main | (8/15) イエメン便り vol.1 〜人道危機に瀕するイエメン。「バウチャー(引換券)方式」で避難民と地域経済を支援しています〜»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(8/10) 南スーダン便り vol.72 〜世帯別トイレを使用している受益者の声〜 [2017年08月10日(Thu)]
ADRA Japanは2014年4月から、35万人以上の南スーダン難民が暮らすエチオピア・ガンベラ州の難民キャンプで水衛生分野の支援を行なっています。南スーダンの情勢は改善の兆しが見えず、難民の避難生活は3年目に入りました。そのため、長期的な施設への移行していくこと、支援依存を防ぐために難民の主体的な活動へ参加を促すことが求められています。

世帯別トイレは公共トイレに比べ、住民のオーナーシップ意識が高まるため、住民自身が進んで清掃をするという特徴があります。また、多くの難民は女性や子どもであるため、公共トイレよりも安全性の高い世帯別トイレへ移行する必要があります。そのため、ADRAは難民参加によって難民キャンプの衛生環境を維持し、安全性を確保するために、世帯別トイレの建設と衛生啓発活動の支援をしています。

今回はガンベラ州テレキディ難民キャンプでADRAが支援した世帯別トイレを使用している南スーダンのご家族を紹介したいと思います。

ガデットさん一家は6人家族です。南スーダンでは農家として穀物を育てていました。ガデットさん家族は3年前は南スーダンのアッパーナイル州ロングシュック郡で暮らしていました。しかし、情勢の悪化を受けて隣国エチオピアの国境パガックまで、170キロ以上の道のりを半月以上歩いて戦禍を逃れてきました。一番幼い次男ナナグ君は当時まだ2歳でした。


1.jpg
ガデットさん家族。右端がガデットさん


ガデットさん一家は、避難してから現在までガンベラ州のテレキディ難民キャンプで暮らしています。ここでの暮らしは、南スーダンの農村での生活と大きく変わりました。エチオピアの難民キャンプでは基本的に労働することが禁止されているので、ガデットさんは農作業をすることができません。また、トイレ環境も以前の生活とは違うことのひとつです。


ガデットさんたちは、テレキディ難民キャンプではADRA Japanが建設した世帯別トイレを使用しています。ガデットさんが世帯別トイレについて話してくれました。

南スーダンにいた時は茂みで野外排泄をしていたので病気になることが多かったです。今は世帯別トイレを使っているので病気になることが無くなったのだと思います。その違いがよく分かります。家のすぐ近くにトイレがあり、鍵もかかるので、野外で排泄するのに比べて、妻や子どもが襲われることもなく安全です

2.jpg
世帯別トイレの前にいるガデットさん夫妻。


ガデットさんはADRA Japanの衛生啓発によって学んだことや、衛生習慣についても話してくれました。

次男はまだ家の近くで野外排泄してしまうこともあります。その場合はADRA Japanから教わったようにポリ袋などに排泄物をあつめて、トイレに捨てています。トイレの後は毎回手を洗っています。トイレの清掃も毎日1回はしています。以前は支給された石鹸を使って掃除していましたが、もったいないので今は灰を使って掃除しています。トイレには手洗い用のタンクが備え付けてあるので便利ですし、手洗いの習慣も身につきました

エチオピアには南スーダン難民が現在も流入しており、ガンベラ州の難民キャンプは既に受け入れる人数が限界に達してしまいました。そのため、ガンベラ州より北側に位置するアソサの難民キャンプでも難民受け入れが開始しました。

ADRAは今後も必要とされる支援を行ないます。引き続き皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

*本事業は皆様からのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。

(執筆:海外事業部 鈴木昌則

Posted by ADRA Japan at 13:47 | 南スーダン便り | この記事のURL