CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(7/25) ミャンマー便りvol.17 〜新しい学校が完成しました〜 | Main | (8/3)【お知らせ】ADRA Japanは個人情報保護方針を更新しました。»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(7/27)【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を続けています [2017年07月27日(Thu)]
ADRA Japanは、2017年7月5日から九州北部に発生した記録的な豪雨の被害に対応するため、現地にスタッフ2名を派遣し、被災者の方々への支援を行なっています。

1.jpg

これまで、大分県日田市社会福祉協議会へ雑巾1,000枚発送、現地ではニーズ調査、福岡県朝倉市の避難所への物資支援、朝倉市災害ボランティアセンターへの看護師派遣、東峰村災害ボランティアセンターの運営支援を実施してきました。



現在も引き続き東峰村災害ボランティアセンターの運営支援を実施しています。

東峰村のセンター本部(ADRA Japanがお手伝いしている場所)と宝珠山臨時出張所(サテライト)の2か所が現在、災害ボランティアセンターとして運営されています。しかし本日27日には、宝珠山臨時出張所(サテライト)の機能の一部が統合されるため、その準備も進めています。統合後も引き続き災害ボランティアセンターの運営支援を実施していきます。

2.jpg

また、被災地の災害ボランティアセンターではボランティア活動中の熱中症、裂傷、蜂さされ等に対応するため看護師が必要とされています。
23日まで救護班に看護師のスタッフを1名派遣していたため、巡回した際に住民の方にお話を伺いました。お声をかけた時には「大丈夫」とおっしゃられていても、話していくうちに泥だし作業による筋肉痛、不眠や肩こりを訴える方もいらっしゃいました。また、下肢に浮腫のある方も少なくありませんでした。

また、ある40代の女性は、「クーラーのモーター音が雨の音に聞こえて怖くて眠れなくなる、子ども達も同じ」と涙ぐみながら話されました。住民の方々には疲れがみられます。

現地のニーズに応えるため、27日から数回にわたり看護師を派遣し、救護にあたります。27日から30日は看護師2名を大分県日田市の災害ボランティアセンターへ派遣いたします。

引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html
Posted by ADRA Japan at 15:29 | 緊急支援 | この記事のURL