CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(7/21)【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を行なっています | Main | (7/27)【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を続けています»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(7/25) ミャンマー便りvol.17 〜新しい学校が完成しました〜 [2017年07月25日(Tue)]
前回のミャンマー便りでは、ミャンマーで行なっている教育支援事業とその背景をお伝えしました。今回は、開校式の様子をお伝えします。

開校式は、建設した校舎やトイレ、井戸をコミュニティに引き渡す式典です。

ADRA Japanは、いくつかの学校を支援しました。そのなかのひとつ、サーピュズ小学校では校舎とトイレを建設し、机椅子やホワイトボードなどの学校設備品も提供しました。


1.jpg
完成した校舎


2.JPG
完成したトイレ


3.JPG
机椅子


開校式は3月末に行われました。ミャンマーではこの季節は一年でも特に暑い時期ですが、この事業を協同している公益財団法人イオンワンパーセントクラブの皆様、及びその支援者の皆さま、在ミャンマー日本大使館、ミャンマー教育局等の政府関係者の皆様、学校がある地域の皆様など多くの方に出席していただきました。


4.JPG
出席者を出迎える子どもたち


5.JPG
会場の地面に書かれた歓迎のメッセージ


式典では、関係者からのスピーチや文房具などの校具の贈呈、サーピュズ小学校から感謝状の贈呈が行われました。そして、子どもたちによる感謝の気持ちを込めたダンスが披露されました。


6.JPG
文房具などの校具贈呈


7.JPG
校長先生から感謝状の贈呈


8.JPG
民族衣装を着た子どもたちが伝統舞踊を披露しました


また、式典の終盤では歌手の由紀さおりさんと安田祥子さんによるミニコンサートが行われ、この日のために練習していた子どもたちと一緒に日本の童謡の合唱をしていただきました。


9.JPG
歌手の由紀さおりさん、安田祥子さん


10.JPG
子どもたちは由紀さん、安田さんと一緒に日本の民謡を歌いました

式典の後には交流会が行なわれました。折り紙や歌教室、サッカー、縄跳び、バドミントンなどの遊びを通じ、この事業を支援してくださった方々と子どもたちが交流しました。

本事業では、サーピュズ小学校のほかカレン州で6校の小学校を支援しました。

この支援によって、ある学校では児童数が50名増加しました。その理由は、校舎が新しくなったことで保護者が安心して子どもを学校に通わせることができるようになったこと、教育に対する親の関心が高まったことが挙げられます。


これまで子どもたちは床や壁に穴が空いた簡素な木造校舎で勉強していました。また、机や椅子は老朽化し、安全に学習できる環境ではありませんでした。様々な人々の協力を得て新しい校舎が完成し、無事に引き渡すことができました。
今後は、学校の運営や維持・管理は、住民を代表する学校運営委員会が行なっていきます。

日本の皆様からの継続的な温かいご支援があったからこそこの活動を行うことができました。心から感謝しております。

まだまだこの地域の生活環境は厳しいですが、子どもたちが安心して学習に励み、将来の可能性を広げていけるよう、今後も事業を実施してまいります。引き続き、皆様のご支援をよろしくお願い致します。

*この活動は皆様からのご支援と公益財団法人イオンワンパーセントクラブからの助成を受けて実施しています。


(執筆:ミャンマー事業担当 松川聡
Posted by ADRA Japan at 13:19 | ミャンマー便り | この記事のURL