CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(4/21)【募集】事業部スタッフ募集(募集期間延長) | Main | (4/26) 南スーダン便りvol.71 世帯別トイレの建設方法をご紹介します。»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(4/24) アフガニスタン便りVol.29 学校校舎完成!〜7年の支援活動を通じて。担当者の想い〜 [2017年04月24日(Mon)]
ADRA Japanアフガニスタン事業担当の杉本です。

ADRA Japanは2010年から7年間に渡り、アフガニスタンにおいて教育環境の整備をする活動を行なっています。具体的には校舎建設や、教育の質を向上させるための教員の研修、また、地域住民が参加することのできる衛生教育などです。今回は、2016 年の校舎建設活動のご報告と、アフガニスタン事業担当者として、7年間を通して嬉しかったことについてお話をさせていただきたいと思います。

アフガニスタンでのこれまでの活動については以下のブログをご覧ください

Vol.28学校校舎完成現地インタビュー〜やっと学校に通える〜
Vol.27 学校校舎完成 現地インタビュー 〜少女の思い〜
Vol.25 学校校舎完成 現地インタビュー 〜教師の思い〜
Vol. 23 学校校舎完成現地インタビュー〜保護者の声〜
Vol.22 学校校舎完成!!現地インタビュー〜子どもたちの声〜




ADRA Japanは2016年、バーミヤン州の中心部に女子校を1校、西部のヤカウラン郡に男子校を1校建設しました。この地域には以前まで女子校がなく、女子生徒は男子校で勉強をしていました。一部の生徒のみが教室を使用することができましたが、教室の数が足りず、他の生徒は屋外で授業を受けていました。
今回建設した女子校は開校前の評判が良かったこともあり、元々多くの学生が通っていた学校に更に人が集まり、生徒数が1000名ほどのマンモス校になると見込まれています。授業は生徒全員が受けられるよう、シフト制で時間が区切られ、実施される予定です。また、現在は5基あるトイレを10基に増設する工事も行っています。


校舎(Zarin).jpg
完成した校舎:ザリン男子校。2017年4月に開校


校庭とトイレ (Karte_sulh).jpg
完成したトイレと遊具



現在、日本人はアフガニスタンの現地に入ることができません。そのため遠隔事業としてアフガニスタン支部と協力をしながら、事業地では現地スタッフが支援活動に尽力しています。東京事務所へ届けられる現地スタッフからの情報はとても貴重なものとなっており、その情報には地域の人々の様子や学校の生徒の様子が含まれています。
私自身、これまでの支援活動に携わる中で嬉しく感じたことは、校舎が完成し、生徒が喜んでいるという報告を現地から受けることです。ADRA Japanは教育支援の中でも女子教育に力を入れているため、女の子からの声が多く届きます。校舎が建設されたことにより、安心して学校に通えるといった喜びの声や、新しい制服を着て笑っている写真や映像を見た時、校舎を建てることができてよかったと感じます。



女学生(Chehil_Burj_School).jpg
新しい学び舎で新学期をむかえる生徒達


皆様のご支援のおかげで、新しい学び舎で花が咲いたような笑顔を見せる生徒たちが大勢います。ADRA Japanはこれからも、日本のニュースで取り上げられることが少ないアフガニスタンの教育の状況など皆様にお伝えしながら、必要とされる支援を行ないます。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

(執筆:ライティングボランティア 小峰理沙、アフガニスタン事業担当 杉本亜季
Posted by ADRA Japan at 18:00 | アフガニスタン便り | この記事のURL