CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(11/24)11月25日からネパールに医療チームを派遣。新体制で25人に無料手術を提供予定 | Main | (11/28)ミャンマー便りvol.15〜3年にわたる教育支援事業の活動をご報告します〜»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(11/28)【イベント報告】国際協力のカタチを考えるイベントを開催しました [2016年11月28日(Mon)]
ADRA Japanは2016年9月2日(金)、高田馬場駅付近のミャンマー料理店にて国際協力のカタチについて考える食事会イベントを開催しました。実際に国際協力の仕事を行なっている方々の話を聞き、国際協力について考えを深めていただくお食事会となりました。

トップ画.jpg

今回は、NGOと企業、それぞれの国際協力について一度に話を聞けるイベントでした。NGOが行なう国際協力については、ADRA Japanスタッフのミャンマー事業担当の鈴木昌則飯田柴乃が話をしました。また、企業が行なう国際協力においては味の素株式会社CSR部シニアマネージャーの栗脇啓氏にお話しいただきました。

イベントは、定員を超えてのお申込みをいただくほどの反響があり、満員御礼の開催となりました。当日は、将来、国際協力に関わる仕事を行ないと考えている方や海外留学される方など、様々な方々にご参加いただきました。中には遠方からお越しいただいた方もいらっしゃいました。

数々のミャンマー料理を囲み、終始にぎやかなイベントとなりました。今回の料理には、ミャンマーの国民食とされているお茶の葉サラダやモヒンガ(麺料理)も提供し、とても好評でした。

お茶の葉サラダ.jpg
お茶の葉サラダ


イベントの前半は、ADRA Japanスタッフのミャンマー事業担当である鈴木昌則・飯田志乃が実際にミャンマーで駐在員として活動していた話を通して、NGOの国際協力について話をしました。

鈴木からは、NGOであるADRA Japanの国際協力の活動の紹介やミャンマー教育支援事業の駐在員として現地で感じた話をしました。

「学校を建設するという話をしたら、建設する場所を提供してくれる住民や、子どもを学校に行かせるようになった親もいました。事業に対して、このように前向きな反応が見られたとき、やりがいを感じました。学校建設のために私有地を提供してくれた人は、自分は教育を受けられなかったけど孫には受けてもらいたい、と話していました。住民も教育について考えているのだなと感じました。」(ADRA Japan 鈴木)

鈴木昌則.jpg
ADRA Japanスタッフ 鈴木昌則

また、飯田からは、過去にADRA Japanが行なったミャンマー水害対策事業で駐在していた際の現地の方との交流についての話がありました。
他にも、鈴木と飯田が、国際協力に興味を持ったきっかけやNGOで国際協力をするきっかけについても話がありました。両者とも学生時代の話となり、共感される参加者の方もいらっしゃいました。

飯田志乃.jpg
ADRA Japanスタッフ 飯田志乃


イベントの後半では、ゲストとしてお招きした味の素株式会社CSR部シニアマネージャーの栗脇啓氏にお話していただきました。
今回、栗脇氏には企業である味の素グループが行っている国際協力の活動について紹介いただいた後、実際にミャンマーに出張された際のお話やCSRについての考えなどをお話ししてくださいました。

「味の素グループでは、社会的にポジティブな変化を起こすことを目的として、途上国での栄養改善を行なっています。ガーナにおいては、ソーシャルビジネスで実現する栄養改善プロジェクトに取り組んでいます。
私がCSRに関わるようになったのは、3,4年前です。国際協力にはもともと興味がありましたが、実際に出張すると現地の変化がよく分かります。CSRに入る前と後では国際協力についての考え方も変わりました。」
(味の素 栗脇氏)

栗脇さん.jpg
味の素株式会社CSR部 栗脇啓氏

今回のイベントでの栗脇さんのお話は、参加者が今後のキャリアについて考える機会のひとつとなりました。


イベントの終盤では、参加者同士の交流を深めていただくためにフリートークの時間を設けました。

参加者の様子.jpg
参加いただいた方々

参加者同士、それぞれが考える国際協力のカタチについてお話されていました。また、国際協力に興味を持ち、それをどう行動に移すのか話し合う場面も見られました。
このように、国際協力について考えることが様々な国で苦しんでいる人たちが笑顔になる一歩だと思います。


今後も、このようなイベントを開催していきたいと思っております。
そのときに皆様とお会いできますことを楽しみにしております。

最新のイベント情報はこちらをご覧ください。
(http://www.adrajpn.org/Event/latest_event.html) 



(執筆:インターン 高田莉子)


ADRA Japanのホームページはこちらです
Posted by ADRA Japan at 12:00 | イベント情報・報告 | この記事のURL