CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(10/5) アレセイア湘南高等学校の生徒の皆さんがADRAを訪問 | Main | (10/9) アフガニスタン便り Vol.27 学校校舎完成 現地インタビュー 〜少女の思い〜»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(10/6)【イベント情報】10月22日(木)報告会「ネパールのお母さんと赤ちゃんを守りたい」in 原宿 [2015年10月06日(Tue)]
ADRA Japanは2012年から2015年5月までの3年間、ネパール西部の山岳部3郡において妊産婦と新生児の健康改善を目標に事業を実施しました。

設備の整ったお産センターの建設に加え、そこで働く医療従事者を対象とした技術研修や、医療施設の維持管理を担う人々への能力強化研修、さらには妊産婦や新生児の健康に関する啓発キャンペーンなども行ないました。

現在は、この事業の成果を継続させるためのフォローアップ事業を行なっています。


photo1.JPG
新しく建設されたお産センター


事業の内容ブログはこちらから→ネパール便り


この事業により、以前は医療施設でのお産ができなかった僻地の村の女性たちにも、出産介助のスキルを持った人のもとで出産できる環境が整いました。この環境を整えるために、看護師をはじめ、エンジニア、公衆衛生士、ロジスティシャン(車の手配や治安に関する情報の確認など、活動の後方支援をするスタッフ)など、たくさんの現地スタッフが関わってくれました。


今回、この4年目を迎えたネパールでの母子保健事業について、現地スタッフを日本に招へいして活動報告を行ないます。ネパール人スタッフが現地での経験を交えてお話しいたします。

ネパール人が作る本場ネパール料理“ダルバート”を、ネパールの雰囲気のなかで一緒に食べながら、ネパールについて、ネパールの母子保健について理解を深めませんか?


【日にち】2015年10月22日(木)

【時間】19:00〜21:00(受付18:30開始)

【会場】ネパール料理アカーシャ(渋谷区神宮前1-8-5 メナ神宮前2階)

【参加費】3,500円(ネパールの国民定食ダルバートとワンドリンク、資料代込み)

【報告者】スラジュ・シュレスタ(ADRA Nepal Project Coordinator)

【定員】20名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

【お申し込み方法】
以下のURLの参加申込リンクからお申込みください。

https://goo.gl/rR2j09

(アクセスできない場合には下記までお問い合わせ下さい)

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人ADRA Japan 担当: 山本・小川
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1       
TEL: 03-5410-0045  FAX: 03-5474-2042 
E-mail: support_adra@adrajpn.org
URL:  http://www.adrajpn.org  

photo2.jpg
フィールドを歩く報告者のスラジュ・シュレスタ(右)。大好物は「歌舞伎揚げ」(揚煎餅)。休憩中に食べだすと止まらない。毎日何時間も歩いているのに、全く痩せないのが目下の悩み


(執筆:ネパール担当 小川真似

ADRA Japanホームページはこちら
Posted by ADRA Japan at 21:13 | イベント情報・報告 | この記事のURL