CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(5/30)【スタッフのつぶやき】NGOスタッフの「事務仕事必須アイテム」ご紹介 | Main | (6/6)【スタッフのつぶやき】あなたの癒され時間はいつですか?»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(6/3) アフガニスタン便りVol.22 学校校舎完成!!現地インタビュー〜子どもたちの声〜 [2014年06月03日(Tue)]
先日のブログでもご報告しましたが、皆様のあたたかいご支援のおかげで、このたびアフガニスタンに5つの学校校舎を建設することができました。改めまして、ここにお礼申し上げます。

校舎完成ブログ→ (5/7)アフガニスタン便りvol.21〜厳冬乗り越え校舎完成〜

さっそく現地より子どもたちの声が届きましたので、いくつかご紹介いたします。


Photo1.jpg
ザード・サング男子校(ZARD SANG Boys High School)


Q.お名前と学年を教えてくれますか?
A.僕はフセイン(Hussain)です。小学4年生です。

Q.フセイン、この学校を誰が建ててくれたか知っている?
A.はい。日本の人たちです。

Q.今まではどこで勉強していたの?
A.丘の上。屋根のない所です。今まで教室で勉強したことはありません。

Q.新しい学校で勉強してみて、どう?
A.これ以上ないくらい幸せです。今日がお祭りの日というくらい嬉しい!

Q.好きな科目は?将来なりたい職業は何?
A.科学の授業が好きです。将来は、医者になりたいです。

Q.この学校は好き?
A.はい、好きです。だって僕たちには教室ができました。机と椅子だってあります。

Q.衛生トレーニングは受けた?
A.はい、受けました。

Q.どのようなことを学んだ?
A.石鹸などを使って手を洗うこと。生ごみを家の周りに溜めておかないこと。

Q.この学校を建てたジャパン・プラットフォーム(JPF)とADRAにメッセージを!
A.学校を建ててくれたみなさんを、僕の家にご招待したいです。そして、たくさんお礼をしたいです。



Photo2.jpg
バストゥーク校(BASTOOK Secondary School)


Q. お名前と学年を教えてくれますか?
A.私の名前はアッキラ(Aqila)です。小学2年生です。

Q.アッキラ、この学校を誰が建ててくれたか知っている?
A.いいえ、知らないわ。でも、その人たちにとても感謝してる。

Q.今まではどこで勉強していたの?
A.テントの下とか、屋根もない砂漠の砂の上とか。

Q. 新しい学校で勉強してみて、どう?
A.とっても嬉しい!嬉しくない子なんていないわ。熱い日差しもないし、服も汚れないもの。

Q. 好きな科目?将来なりたい職業は何?
A.ダリ語(国語)の授業が好き。将来は、警察官になりたいの。

Q.この学校は好き?
A.好き!ここはお城みたい!私もクラスのみんなもこの学校が大好きよ。

Q.衛生トレーニングは受けた?
A.ええ、先生から教えてもらったわ。

Q. どのようなことを学んだ?
A.食事やフルーツを食べる前、ミルクを飲む前に手を洗うこと。それと、トイレの後にも。

Q.この学校を建てたJPFとADRAにメッセージを!
A.ありがとう。とても感謝しています。



Photo3.jpg
スゥークゥダー女子校(SURKHDAR Girls High School)


Q. お名前と学年を教えてくれますか?
A.私はザキーラ(Zakira)です。11年生です。

Q.ザキーラ、この学校を誰が建ててくれたか知っている?
A.はい。ADRAです。ADRAは、何年か前からバーミヤンで活動しているNGOの国際協力団体です。バーミヤン中央男子校(Bamyan Center Boys High School)に、20の教室をつくってくれました。その後にはスゥークゥダー女子校(SURKHDAR Girls High School)の建設もしてくれました。

Q.今まではどこで勉強していたの?
A.私はスゥークゥダー男子校(SURKHDAR Boys High School)で勉強していました。でも、教室の数が十分ではありませんでしたので、校内のテントの下で勉強をしていました。

Q.新しい学校で勉強してみて、どう?
A.もうこれ以上の幸せは、無いくらいです。この学校には、女子生徒にとってとても嬉しいことがあります。前の学校では、男子生徒と同じトイレを使わなくてはなりませんでした。それは、私たちにとってとても勇気がいることでした。それと、私たちは学校できれいな飲み水がありませんでした。この学校には女子トイレと水飲み場があるので、これからはそれらの心配をする必要がありません。

Q. 好きな科目は?将来なりたい職業は何?
A.生物と科学が好きです。将来は科学者になりたいです。

Q. この新しい学校はどのように人生を変えてくれると思う?
A.この学校は、たくさんの女子生徒の希望です。このような素晴らしい学校に通えることは、私の夢でした。私は、この学校でもっと頑張って勉強をして、将来貧しい人々を助けられる人になりたいと思っています。この学校は、私たちが知識を得る助けをしてくれます。そして、ここで得た知識を誰かを助けるために役立てたいです。この学校は、私たちの地域において勉強を続けられる場所だと思います。

Q.生徒たちは学校でどんな風に過ごすべきだと思う?
A.机や椅子、ドアや窓、そして水の供給場所などを丁寧に扱い、学校をキレイに保つべきです。また、授業には決められた通りに出席するべきです。先生を尊敬し、そして尊敬する先生から受ける授業が、自分達を高めて将来のためになるという自覚を持って勉強する必要があると思います。今まで私たちには学校がなかったので、勉強を続けることは難しいと思っていました。でも、今回私たちの学校が完成しました。私たちは、もう諦めなくていいのです。成長できるとても素晴らしいチャンスが与えられたと思っています。

Q.衛生トレーニングは受けた?
A.はい、受けました。

Q.どのような事を学んだ?
A.私は、このトレーニングでいろいろなことを学びましたが、そのどれもが私たちの生活にとても役立つ内容でした。

Q. この学校を建てたJPFとADRAにメッセージを!
A.私たちの教育環境を改善していただいたことに、深く感謝しています。そして、これからもご支援いただけることを希望します。


今までテントの下や屋根のない場所など、厳しい環境で学んでいたアフガニスタンの子どもたち。新しい校舎を前に行なった彼らへのインタビューには、毎日学校へ通い、勉強をすることが楽しくて仕方がないという気持ちが溢れています。喜びの言葉の数々に、日本から遠く離れた国で学ぶ子どもたちの笑顔が見えてくるようです。

今回は校舎の建設だけでなく、トイレや水飲み場などの設置も行なったため、衛生トレーニングも行ないましたが、その内容もしっかり理解してくれたようです。
この学校で学んだことが、彼らの将来、またアフガニスタンの未来にとって大きな力になることを願います。

今後は「保護者編」と「先生編」のインタビューもご紹介したいと思っておりますので、そちらもどうぞお楽しみに。


(執筆:ライティングボランティア 立石淳子)

この活動は皆様からのご支援と(特活)ジャパン・プラットフォームからの助成を受けて実施しています。


あなたのメールボックスに、ADRAブログの更新情報が届く!
下のリンクをクリック!

メールマガジン「ADRA便り〜ひとつの命から世界を変える〜」を無料購読する


Posted by ADRA Japan at 17:00 | アフガニスタン便り | この記事のURL