CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(10/21) パラグアイ便りVol.10 〜パラグアイ駐在生活(食事編)〜 | Main | (10/25)【スタッフのつぶやき】8年前の平和の願いと今»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(10/23)【緊急支援】ミャンマー水害被災者支援事業 [2013年10月23日(Wed)]
2013年7月末から8月初旬にかけて、豪雨による大規模な洪水がミャンマー南東地方において発生しました。

ADRA Japanは2013年8月1日より、「ミャンマーカレン州における教育支援事業」を開始しています(教育支援事業の詳細については、ミャンマー便りVol.3を参照ください)。その事業地であるカレン州が、今回の洪水によってミャンマー南東地方でも最大規模の被害を受けました。州内には避難民キャンプが79か所に設置され、33,400人以上の人々が避難しました。


1_R.JPG
浸水した道路


2_R.JPG
ボートで避難する住民


そこでADRA Japanは、カレン州のラインブエ タウンシップとパインチョン サブタウンシップにある、特に被害の大きかった川沿いの村々で、8月28日から緊急支援として住民達に必須の食糧となる米、豆、油などを中心とした食料を配付しました。今回の支援物資が一人でも多くの人々の体調を支え、例えわずかであってもこれからの生活を再建する際の活力や希望の糧になることを願っています。


3_R.jpg
配付する食料の調達


4_R.jpg
住民へ食料を渡す際に開かれたセレモニー


今回の洪水で一番打撃を受けたのは、この地域の人々が生業としている農業、そして子ども達にとって必要不可欠の教育施設です。
州内の農地は36,000エーカー(約4,400万坪)以上が浸水し、作物の種や苗が流される被害を受けました。さらに、村の共有財産である学校も倒壊したり、机や椅子が流されたりする大きな被害もありました。

そこで、ADRA Japanは上述の支援物資配付事業に加え、10月5日より洪水で被害を受けた学校の支援と農業の復興を促進する水害被災者支援事業も開始しました。
この活動につきましては、後日改めてブログにて報告させていただきます。

大規模な洪水が発生してから3か月が経ちましたが、被害が甚大だったためいまだに多くの支援が必要とされています。引き続き、水害被災者への支援を行なっていきますので、皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

※この事業は(特活)ジャパン・プラットフォームの助成も受けて実施しています。

(文責:ミャンマー事業担当 飯田紫乃)

ADRA Japan では世界各地の災害で苦しむ人々を支援するため、寄付金を募集しております。


皆様からの心あたたまるご支援をお待ちしております。

クレ ジットカードによるご寄付はコチラから
「緊急支援全般」をご指定ください。


<銀行振込>
銀行: 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座: 普通1956381
口座名: 特定非営利活動法人 ADRA Japan
*お振込される際に、お名前の前に「キンキュウ」とご入力ください。
   例)キンキュウ ウラシマヤスナリ
*銀行振込によるご寄付の場合、ご住所がわかりません。
領収書をご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をADRA事務局までご連絡ください。


<郵便振替>
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄に「緊急支援」とご記入ください。
*振替払込請求書兼受領証にて領収証と代えさせていただきます。
領収証が必要な場合は、必ず「領収証:要」と通信欄にご記入ください。
Posted by ADRA Japan at 12:37 | 緊急支援 | この記事のURL