CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
記事カテゴリー
特選リンク集
http://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(11/16) 南スーダン便りvol.74 クレ難民キャンプでのADRAの拠点建設 [2017年11月16日(Thu)]
皆さん、こんにちは!
エチオピア駐在員の河野です。いつもご支援いただき、ありがとうございます。

ADRA Japanは2014年からエチオピアのガンベラ州で南スーダン難民支援事業(水衛生分野)を行なっています。2017年7月中旬まではテレキディ難民キャンプで活動していましたが、現在はクレ難民キャンプで支援活動を行なっています。このクレ難民キャンプの面積は3.4㎢と、東京ドーム73個分ほどの大きさがあり、その中に約13,000世帯(約50,000人)の難民が避難生活を送っています。

ADRAがこのクレ難民キャンプに支援活動を移してから約1ヶ月半が経ちました。この期間では様々な事業の準備を進めてきました。その1つが難民キャンプ内でのADRAの拠点の建設です。拠点は、ADRAのフィールドスタッフがミーティングを行なったり、活動に必要な資材を保管したり、難民から選出したコミュニティ動員スタッフや衛生啓発スタッフの研修を行なったり、スタッフが休憩したりと活動を行なう上で重要な地点です。ADRAは今回クレ難民キャンプで新たに活動することになったので、エチオピア政府難民帰還民担当機関(ARRA)からゾーンEの敷地を引き継ぎました。


クレ難民キャンプ地図.jpg
クレ難民キャンプ地図


ここは以前、別の支援団体が使用していた敷地です。敷地を引き継いだものの直ぐに使用できる状況では無かったので、いくつか工事をすることにしました。

まず、敷地が大きすぎたので50uに縮小し、安全対策のため、トタンで敷地を囲いました。その後、敷地内の雑草を刈取り、ADRAの建設班、衛生啓発班、コミュニティ動員班が使用する倉庫を建設しました。また、世帯別トイレ建設で使用するトイレスラブ(写真)を作成するためのスラブ建設現場を建設しました。拠点には警備員4名が住み込みで警備にあたるので、警備員詰所と警備員宿泊室も建設しました。そして最後に拠点の看板も設置しました。


トイレスラブ写真.jpg
トイレスラブ写真

拠点となる敷地.png
拠点となる敷地

建設した倉庫写真.png
建設した倉庫

スラブ建設現場.jpg
スラブ建設現場

看板写真.png
看板写真 英語と難民の言語であるヌエル語で書かれている
【看板翻訳】ADRAクレ拠点
ADRA Ethiopia/JapanはJapan Platformからの助成を得て、ARRA及びUNHCRと緊密に連携しながら、クレ難民キャンプで世帯別トイレの建設と衛生啓発活動を行なっています。


ADRAの拠点が整備され、いよいよこの場所を中心に10月以降から本格的な活動が始まります!

今後も、私、河野から支援活動の様子やエチオピアでの難民キャンプの様子、難民の人たちの声などを現地からお伝えしていきたいと思います。
引き続き皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

お読みいただき、ありがとうございました。


*本事業は皆様からのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。

(執筆:海外事業部 河野雄太

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 15:38 | 南スーダン便り | この記事のURL
    
(11/02) ミャンマー便りvol.18 〜新たに1つの中学校と3つの小学校で教育事業を開始しました〜 [2017年11月02日(Thu)]
2017年10月からADRA Japanは、ミャンマーのカレン州ラインブエタウンシップの1つの中学校と3つの小学校で教育事業を開始しました。校舎、トイレ、井戸の建設や学校運営委員会の運営能力の向上、保健衛生栄養改善研修を行なっていきます。

カレン州では60年以上にわたり、政府とカレン民族同盟(以下KNU)等との紛争が繰り広げられてきました。2011年にテインセイン政権が民主化の道を歩み始めると、武力対立をしていた政府とKNUなどの少数民族との和平協議が進展し、徐々に地域の開発が進み始めました。しかしながら、ラインブエタウンシップでは、紛争の影響で電気、医療施設・サービス、教育といった基礎的な社会インフラが未だに十分に整備されていません。

ADRA Japanは2013年から同地域で教育環境の改善に取り組んできました。本事業では初めて中学校を事業対象校に加え、支援に取り組んでいます。ラインブエタウンシップでは、十分に整備された中学校の数が不足しており、小学校卒業生の中学校への進学率が低いことが課題となっているためです。

対象校の1つであるヤキバン小学校には約60人の子どもたちが通っています。村人たちは子どもたちの将来を願い、1999年に学校を建設しました。校舎は木造で屋根はトタン製です。校舎はもともと簡易な造りであるため、毎年の強い風雨で破損し、その度に修復が必要となります。村人たちはトタンを張り替えたり、丸太で土台を補強したりするなど、できる範囲で対応しています。しかし、強烈な風雨には十分に対処しきれず、壁や床には穴が空き、子どもたちにとって危険な状態になってしまっています。


写真@ 事業対象校外観.JPG
村の人たちが建設した木造簡易校舎


写真2 事業対象校 土台部分.JPG
校舎の土台部分。写真中心部のように応急処置として校舎と地面の間に丸太を挟み、校舎が崩れないようにしている


窓ガラスが無いために雨季になると雨風が吹き込み授業に支障がでています。また、複数の学年が1つの教室を黒板で仕切って授業を受けているため、他の学年の授業が聞こえてしまい、子どもたちは集中して授業を受けることができません。頑丈なつくりの校舎で子どもたちが集中して学べるようになることは、子どもたちや村の人たちの大きな願いです。


写真B 事業対象校 内観.JPG
校舎の内部。教室を隔てる壁がないため、別の学年の授業の音が聞こえてしまう


小・中学校の校舎建設のほか、住民が計画的に学校を維持していくために学校運営委員会の運営能力強化研修を実施します。また、家の手伝い等を理由に退学してしまう児童が多いことが課題であるため、子どもたちが継続して学校に通えるように教育啓発ワークショップを行ないます。加えて、子どもたちが健康な状態で学校に通えるように保健衛生・栄養改善研修を実施する予定です。

こうした活動により、長年の紛争の影響を受けてしまった教育環境を整え、子どもたちが安全に継続して教育を受けられるようになることを目指します。
引き続き、皆様の温かいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

*本事業は、皆様からのご寄付のほか、外務省NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています

(執筆:ミャンマー事業担当 松川聡

ADRA Japanのホームページはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 15:41 | ミャンマー便り | この記事のURL
    
(10/27) アフガニスタン便りVol.32 〜教員研修〜 [2017年10月27日(Fri)]
ADRAはアフガニスタンで実施している教育支援を実施しています。前回のブログでは、衛生教育の様子を報告しましたが、今回は教員研修に関してお伝えいたします。

ADRAが活動しているバーミヤン州では、ほとんどの教師が大卒の教員資格を持っていません。そのため、教員研修を実施しています。研修を行なうことにより、教師は教授法を学び、生徒によりわかりやすく教えることができるようになります。

教員研修は12月から3月の学校が冬休みの間に、約3か月実施します。しかし、教員研修の準備は、6月頃から開始しています。教員研修前に教師が勤務する学校を事前に訪問し、各教師の教授法を調査しています。事前調査することにより、教師が改善する必要のあるポイントを把握し、研修内容の参考にするためです。調査では主に授業の進め方、生徒への教え方、授業の内容、そして教師の専門科目などについて調査をしました。


1.0 テントの中で授業をする女性教師を調査する講師(左)s.jpg
教員研修の事前調査


12月になり冬休みになるとさっそく30人の教師を対象に教員研修を実施しました。講師4人が国語(ダリ語)、数学、化学、物理の教科を担当し、教師は各自、専門教科と副教科を受講しました。女性教師の中には、自分の子どもを研修所に連れて参加する教師もいました。そのため、ベビーシッターを雇い、幼子を預けてもらうことにより、研修に集中して参加できるよう対応しました。


2.0 教員研修s.jpg
研修中

2.1 化学の実験中s.jpg
化学の実験中

2.2 物理の実験中s.jpg
物理の実験中

2.3子連れで研修に参加する女性教師s.jpg
子連れで研修に参加する女性教師


教員研修の終了後、2日間かけて最終試験を実施しました。研修前後の試験結果を比較すると全体で4割以上成績が伸びたことが分かり、教師たちの理解力が深まったことを確認できました。

また、教員研修で教師が集まっているこの機会を考慮し、教員研修の一環として司書トレーニングも実施しました。これは今回建設した学校2校に図書室を設置したため、司書の知識が教師に必要だったからです。
司書トレーニングはADRAと同じようにアフガニスタンで支援活動を実施している日本のNGO団体、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の現地スタッフが講師を務めました。トレーニングの内容は、図書・図書室の管理、図書が子どもに与える影響、子どもへの読み聞かせの方法など、多岐に渡るものでした。教師はこのトレーニングやワークショップを通して様々な知識を実践をする機会もありました。3日間のトレーニングに出席した教師は全員が修了書を受け取りました。


3.0 司書研修s.jpg
司書研修

3.1 研修で習ったことを実践する女性教師s.jpg
研修で習ったことを実践する女性教師

3.2 司書研修修了書を受け取った教師s.jpg
司書研修修了書を受け取った教師


ADRAで実施している教育支援は、校舎を建てるだけではなく、子どもが病気になって学校を休むことがないように衛生教育や、子どもが各科目の授業を良く理解できるように教員研修を実施するなど、複合的な支援をしています。そして、地域のニーズや要望に応えられるよう、ADRAは現地の人々とのコミュニケーションを大切にして、一緒に作り上げる活動しています。
ADRAはこれからもアフガニスタンの人々が必要とする支援を届け続けたいと思っています。

(執筆:アフガニスタン担当 杉本亜紀

※この活動は皆様からのご支援と(特活)ジャパン・プラットフォームからの助成を受けて実施しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 10:00 | アフガニスタン便り | この記事のURL
    
(10/25) 9/30(土)、10/1(日)にグローバルフェスタに出展しました! [2017年10月25日(Wed)]
ADRA Japanは2017年9月30日(土)、10月1日(日)、お台場センタープロムナードで行なわれたグローバルフェスタに出展しました。

Global17_Blog2_Photo1.jpg
ADRAブース


ADRA Japanはグローバルフェスタに毎年出展しています。今回は支援者の皆様からいただいた寄付金がどのように実際の支援で使われているのかをお伝えするため、現在ADRA Japanが事業を行なっているイエメンの例を用いてNGOスタッフ体験ワークショップを行ないました。


Global17_Blog2_Photo2.jpg
NGO体験ワークをする参加者の皆様


NGOスタッフ体験ワークショップでは、寄付金100万円を使ってイエメンの国内避難民にどのように食糧支援を届けるかを参加者の皆様に考えてもらいました。実際に支援活動の予算書を作成しました。その中で、物資を調達する現地スタッフの人件費やそのスタッフが働く事務所の賃貸料、物資を届けるための運送費などを組みあわせてもらいました。

参加者からは、「実際の資金をどのようにやりくりするのか考えることができて勉強になりました」「実際に生活物資を届けるつもりで、一生懸命考えたので、支援活動について理解が深まりました」「イエメンの国内避難民のことを始めて知ったので、もっと調べようと思いました」との感想を頂きました。

裨益者に必要な物資を届けるためには、色々な工程を踏まなければなりません。私たちは、支援してくださる皆様から頂いた寄付金が一円足りとも無駄にならないよう、全ての支出に証拠書類と支出の証明書を残してしっかりと管理しています。  


Global17_Blog2_Photo3.jpg
当日参加したADRAスタッフ、ボランティア、インターン


展示やワークショップを通してADRA Japanの活動やイエメンの状況を多くの方々に知っていただくことができました。沢山の出会いに恵まれたことに感謝いたします。

また来年のグローバルフェスタでもお会いしましょう!

(執筆:ボランティア 小川真以)

ADRA Japanのホームページはこちらです
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 13:36 | イベント情報・報告 | この記事のURL
    
(10/23) 【募集】事業部スタッフ募集 [2017年10月23日(Mon)]
ADRA(アドラ)は「人間としての尊厳の回復と維持」を目的として緊急・開発支援を行なう国際NGOです。世界約135か国に支部を持ち、現地で活動しています。

ADRA Japanでは、現在、事業部スタッフを募集しています。皆様からのご応募をお待ちしております。

【募集告知日】
2017年10月23日(月)

【募集職種】
事業部スタッフ

【募集人数】
若干名

【業務内容】
事業部スタッフとして、下記の海外事業地での業務及び日本国内の業務の両方に従事する。

【海外事業地】
・ 事業地における事業運営(活動の進捗管理、事業会計管理、現地スタッフの人事管理、セキュリティ管理、報告書作成など)
⇒現地の事業責任者として、現地スタッフをまとめ、プロジェクト全体の運営管理を行なう。
・ 現地諸機関(国際機関、NGO等)との交渉、調整
⇒事業責任者として現地のパートナー団体や現地政府などと調整を行ない、事業を進める。
*なお、海外で従事する事業としては、ネパール・保健事業などがある。

【日本国内】
・ 現地に駐在する事業責任者の業務のサポート
⇒事業の進捗確認(現地でのモニタリングを含む)、報告書作成、事業会計作業など
・ ドナーや他団体との連絡調整
⇒担当事業に関するドナーへの逐次報告やNGOネットワークを通しての他団体との連携
・ 資金調達
⇒案件作成及びドナーへの案件申請作業、また団体や担当事業の広報やファンドレイジングのサポートなど
その他の事業に関わる業務
⇒事業部全体に関わる作業など(事業評価やナレッジマネジメントに関する取り組みなど)
*なお、日本国内で従事する事業としては、ネパール・保健事業やアフガニスタン・帰還民支援事業などがある。

*事業部スタッフの条件や応募方法などについての詳細は募集要項をご参照ください。
FY2017人材募集(募集要項)_20171019.pdf


【応募締切】
2017年11月17日(金)必着

【応募受付・問い合わせ】
(特活)ADRA Japan
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1
TEL: 03-5410-0045
FAX: 03-5474-2042
E-mail: recruit@adrajpn.org
※メールの件名には必ず「事業部スタッフ希望」と記入してください。

========================
ADRA Japanのホームページはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 17:00 | 人材募集 | この記事のURL
    
(10/22) 【九州豪雨】現地レポート:東峰村災害ボランティアセンター運営支援を行なっています。 [2017年10月23日(Mon)]
ボラセン1.jpg

ADRA Japanは、九州北部に発生した記録的豪雨の被害に対する支援を行なうため、2017年7月6日から現地にスタッフを派遣し、被災者の方々への支援を行なっています。

今回は、ADRA Japanの福岡県朝倉郡東峰村での災害ボランティアセンター運営支援についてご報告いたします。東峰村の災害ボランティアセンターは、村内の国道が通行止めになっていたため、村の北側に位置する小石原本所と南側に位置する宝珠山サテライト(臨時出張所)の2か所に開設されていました。その後、8月18日には、先に活動収束の目途が付いた小石原本所を閉鎖して、宝珠山サテライト(臨時出張所)にボランティアセンター機能を集約し、9月1日まで東峰村災害ボランティアセンターとして運営していました。


災害直後の村内の国道(211号線).jpg
災害直後の村内の国道(211号線)


災害ボランティアセンターでは、まず村内の被害状況を調査し、住民の方々の自宅や敷地の被災状況に応じて、土砂撤去等のボランティアを依頼します。今回、そうした依頼をもとに作成されたボランティア依頼票は約460件ありました。災害ボランティアセンターでは、毎日の依頼内容に応じた作業の段取りや必要資機材の準備を行なって必要ボランティア人数を検討します。そして、活動するボランティアの送り出しや作業進捗の確認などを行ないます。


小石原本所の会議の様子.jpg
小石原本所の会議の様子


当初、ADRA Japanの現地スタッフは小石原本所で、そうしたボランティアセンターの機能を担うニーズ・マッチング班のサポートを行なっていました。8月26日以降は東峰村ボランティアセンター運営本部からの要請を受けて、宝珠山サテライト(臨時出張所)のニーズ班のサポートも同時進行で行なうことになりました。そのような経緯から、小石原本所開設期間中は、午前中に小石原本所でのニーズ・マッチング班の業務、午後は宝珠山サテライト(臨時出張所)に通う形で、宝珠山サテライト(臨時出張所)のニーズの整理とニーズ班のサポートをさせていただきました。


毎朝800の小石原本所の朝礼の様子.jpg
毎朝8:00の小石原本所の朝礼の様子

宝珠山サテライトのニーズ班の情報整理サポートの様子.jpg
宝珠山サテライトのニーズ班の情報整理サポートの様子


小石原本所が閉所した8月19日以降は、引き続き小石原地域(小石原本所が設置されていた地域)のボランティア依頼に対応してニーズ・マッチングを担当しました。また、宝珠山サテライト(臨時出張所)では、新設されたアウトリーチ班の班長も担当させていただきました。


完了確認ローラー調査地図2.jpg
宝珠山サテライト(臨時出張所)の完了確認訪問準備サポートの様子


アウトリーチ班では、宝珠山サテライト(臨時出張所)で作業対応が完了した依頼票の中から、東峰村社協と協議して見守りなどが必要な世帯を抽出して戸別訪問を行ないました。土砂撤去作業などが完了した後も見守りをすることで、後日住民の方に不安や課題が発生した際にも適宜対応し、今後の東峰村社協の生活支援につなげられるよう訪問記録を残しました。

活動は、現地のスタッフの方々と日々話し合いを重ねながら進めています。


土砂撤去の様子(述べ70人ほどのボランティアさんで作業を行った現場.jpg
土砂撤去の様子(述べ70人ほどのボランティアさんで作業を行った現場)


また、9月4日以降は、東峰村社会福祉協議会(東峰村社協)からの要請を受け、登録制の東峰村ボランティアセンターの仕組み作りをサポートし、東峰村社協のみなさんと一緒に地元のボランティアセンター運営のより良い形を目指して活動しています。現在は、東峰村社協の本来の事務所に拠点を戻して、通常のボランティアセンターとして住民の方々の随時ニーズ依頼に対応しています。


通常ボランティアセンター移行後のボランティア活動初日の様子.jpg
通常ボランティアセンター移行後のボランティア活動初日の様子


ボランティア活動の様子(自宅の裏山が崩れ落ちてきた庭の土砂撤去).jpg
ボランティア活動の様子(自宅の裏山が崩れ落ちてきた庭の土砂撤去)


ADRA Japanは10月現在も東峰村での支援を継続しています。

引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

九州北部記録的豪雨 緊急募金 特設サイトはこちら
http://www.adrajpn.org/Emergency/KyusyuGouu2017.html

*本事業は皆様からのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 10:00 | 緊急支援 | この記事のURL
    
(10/10) 【シリア難民支援】シリア難民の子どもたちをサポートする先生の思い [2017年10月10日(Tue)]
今年の夏、ADRAはレバノンに避難しているシリア難民の子どもの夏期講習を実施しました。難民の子どもたちがレバノンの学校に通い始めても、数年間、学校に通っていなかったために授業についていくことが難しかったり、慣れない外国語の授業に困難を感じたりと、様々な学習の障壁にぶつかっています。そんな子どもたちが学校の授業をより良く理解し、10月からはじまる新学年度の学習に備えられることを目指して、ADRAは夏期講習を実施しました。今回のブログは、夏期講習で授業を行なった先生達にインタビューを紹介します。


8.jpg
先生の集合写真

===============
1. Q:自己紹介してください。
A:ラナです。アラビア語と算数を教えています。

2. Q:ADRAの学習教室で働き始めて驚いたことは何ですか。また、日々の課題は何ですか?
A:子どもたちは母国語であるアラビア語の基本が身についておらず、基礎から教える必要があると思いました。正しい発音を教えるのに苦労しています。

3. Q:日々、接していて子どもの変化はわかりますか?
A:少しずつ変化は見られます。しかし、先生の立場としてはまだまだ子どもたちの努力が必要と感じています。

4. Q:ADRAの学習教室で働き始めて自分自身が変わったことはありますか?
A:これまではレバノン人の子どもにしか教えた経験がなかったのですが、ADRAではシリア人の子どもに教えることになり、根気よく教える方法が身についたような気がします。

5. Q:子どもへのメッセージ。
A:教育は光。そしてその光に輝きをもたせるのはあなたたち。

6. Q:他に伝えたいことは?
A:ADRAはチームワークが良く、働いていて楽しいです。これまでにない経験ができています。


2.jpg
学習教室・サマースクールの様子

===============
1. Q:自己紹介してください。
A:ダナです。フランス語の先生です。先生になって8年、私にとって教えることは人生です。

2. Q:ADRA学習教室で働き始めて驚いたことは何ですか? また、日々の課題は何ですか?
A:難民として大変な生活を送っているはずなのに、学習教室に通う子どもの活気があふれる元気のよさに驚きました。私にとっての課題は、新しい言語(フランス語)で苦戦している子どもにどのように外国語を教えるのかを考えることです。

3. Q:日々、接していて子どもの変化はわかりますか?
A:個人的に体験したことですが、苦労して教えたフランス語を使って少しずつ短い文章で会話するようになりました。

4. Q:ADRAで働き始めて自分自身が変わったことはありますか?
A:困難な生活を送っているはずの難民の子どもたちの笑顔と接していくうちに、自分の世界の見方が変わりました。

5. Q:子どもへのメッセージ。
A:どんなに険しい道のりでも夢をあきらめないでほしい。一生懸命、頑張れば、必ず幸せになるから。

6. Q:他に伝えたいことは?
A:もっとフランス語の時間が取れれば、学校の成績も上がるはず。もっと時間を費やしていきたい。

4.png
レクリエーション活動の時間にフラワークラフト作りをおこなった様子


===============
1.Q:自己紹介してください。
A:ヒンドといいます。アラビア語の先生です。難民の子どもたちに教えるのは楽しいです。

2.Q:ADRA学習教室で働き始めて驚いたことは何ですか? また、日々の課題は何ですか?
  A:母国語であるはずのアラビア語も正しく覚えていないことに驚きました。いろいろと教えたいことがあるのに時間が足りないことに難しさを感じています。

3.Q:日々、接していて子どもの変化はわかりますか?
 A:もちろんわかります。試験の成績をみれば一目瞭然です。

4.Q:ADRAで働き始めて自分自身が変わったことはありますか?
A:私自身も子どもたちからいつも新しいことを教わっています。

5.Q:子どもへのメッセージ。
A:いつも自分自身を高めるように勉強しましょう。

6. Q:他に伝えたいことは?
A:すべての子どもたちの人生の成功を祈っています。そしてそれを実現できるように支援しているADRAに感謝の気持ちを伝えたいです。


6.jpg

6-1.jpg
課外活動で、公園に遠足に行った際の様子。様々なアスレチックを体験した


===============
1. Q:自己紹介してください。
A:数学とフランス語を教えているラニーです。ADRAで働く前は、小学校の高学年の子どもに教えていました。

2. Q:ADRA学習教室で働き始めて驚いたことは何ですか? また、日々の課題は何ですか?
A:子どもの学習意欲にとても驚きました。それに応えたいと思い、教師として教えているのですが、子どもの学習レベルを上げるのに苦労しています。

3.Q:日々、接していて子どもの変化はわかりますか?
A:公立の小学校では先生から子どもに対する追加の学習支援がないので、学習教室で学習することで子どもの変化がわかります。

4. Q:ADRAで働き始めて自分自身が変わったことはありますか?
A:いえ、あまり感じていません。ただ、子どもたちはかわいい存在だと思えるようになってきています。

5. Q:子どもへのメッセージ。
A:一緒に頑張っていこう。

6. Q:他に伝えたいことは?
A:ADRAで働く前は、難民に対して偏見を持っていましたが、子どもたちと接していくうちにその考えは全くなくなりました。ADRAにありがとうと言いたいです。


===============
1.Q:自己紹介してください。
A:ハナディです。アラビア語の先生です。

2.Q:日々の課題は何ですか?
A:難民として複雑な環境で生活している子どもに教えることは難しいことです。

3.Q:日々、接していて子どもの変化はわかりますか?
A:子どもたちは、読み書きが上達して、前より笑顔が増えています。

4.Q:ADRAで働き始めて自分自身が変わったことはありますか?
A:「教育は子どもを救う」ということを再認識し、子どもに対する責任の重さを改めて感じました。

5. Q:子どもへのメッセージ。
A:教育は未来。さまざまな誘惑から救ってくれます。

6. Q:他に伝えたいことは?
A:子どもたちには将来は自立して旅立ってほしいです。

9.jpg
先生方は、10月から始まる新学期でも継続してシリア難民の子どもを対象にした補習授業を受け持ちます。子ども達がレバノンの学校に慣れ、楽しく学習を継続できるように、ADRAはこれからもシリア難民の教育支援を続けていきます。

(レバノン事業担当:伊東彩)

※この活動は皆様からのご支援と(特活)ジャパン・プラットフォームからの助成を受けて実施しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 10:00 | シリア難民支援 | この記事のURL
    
(10/2) 東日本大震災被災者・震災復興-144 宮城県山元町の今 [2017年10月02日(Mon)]
こんにちは。
国内事業担当の三原です。
今回は、2011年4月から長期に渡って復興のお手伝いをさせていただいていた宮城県山元町の現在についてお伝えいたします。

改めてお伝えしますと、震災前の山元町の人口は約17,000人、いちごとりんごとホッキ貝が特産の自然豊かな小さな町でした。震災による甚大な被害を受け、死者637人、4,440棟の家屋が津波で流出したり、大規模半壊、一部損壊の被害を負いました。現在は約12,450人の方々が生活をしています。

【沿岸部】
津波の大きな被害を受けた沿岸部は未だ工事中の箇所もありますが、津波が起きた際の一時的な避難場所としても活用できる築山(人工的に作った山:高さ9メートル)が完成していたり、津波で流された木樹を取り戻すために植林がされていたりします。沿岸部は防災緑地ゾーンとして公園やレクリエーション施設等を設置して交流の場にもなるよう整備が進められています。


1.JPG
築山


2.jpg
植林


【仮設住宅】
災害復興公営住宅を含む新市街地(3ヶ所)が完成したこともあり、現在、山元町内で仮設住宅に住んでいる方はほぼいません。2018年3月末までに町内全ての仮設住宅の取り壊しが予定されています。以前は活気があった仮設住宅も今は静かな状態になっています。

3.JPG
空き家となった仮設住宅


【新市街地】
新市街地として整備されたつばめの杜地区に設置されたこどもセンターへお邪魔しました。


4.JPG
こどもセンター


こどもセンターは児童館、子育て支援センター、児童クラブの3つの機能を兼ね備えた新しい施設です。子育て支援センターは、以前ADRAがお散歩カーや電子レンジ等を寄贈した「子育てサークル 夢ふうせん」が運営しています。子どもたちが遊びやすいように様々な工夫が施されており、訪問した際にもたくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいました。


5.JPG
子どもが遊びたいおもちゃのカードを選んでスタッフに渡すとそのおもちゃを出してもらえる


【トレーラーハウス】
ADRAは、コミュニティの交流の場としてトレーラーハウスを2013年12月に花釜区内に設置し、2016年4月に花釜区と山元タイム(住民の方々による手芸グループ)に1台ずつ寄贈しました。寄贈後もトレーラーハウスは住民の方々によって活用されています。花釜区に寄贈したものは交流センターの脇に設置され、主に消防団が利用しています。住民の方々が新たにテレビ等を取り付けており、使いやすい空間になるようにさらに工夫をしていることが分かりました。山元タイムに寄贈したトレーラーハウスは引き続き住民の方々の集まりに利用されています。特に、手芸活動を行なう女性グループは参加人数が以前よりも増え、活動は充実しているそうです。


6.JPG
手芸活動の様子


【笠野区】
今回の訪問では、沿岸部に位置する笠野区の住民の皆様と約2年ぶりにお会いすることができました。お元気そうな様子を拝見でき、個人的にも大変嬉しいできごとでした。ある80代の女性は、以前は仮設住宅を出る不安を語られていたのですが、今回お話を伺ってみると、「たまにこうやって集まりもあるからみんなとおしゃべりできて嬉しいね。でも機会は減ったけどね」とおっしゃっていました。震災によってコミュニティが何度も分断されていく中、それにも負けず逞しく生活している姿が印象的でした。


7.JPG
笠野区の75歳以上の方々の集まりでお話を伺う


【こころの健康診断】
2012年2月から2013年3月まで、山元町社会福祉協議会とやまもと復興応援センター全職員を対象に臨床心理士による「こころの健康診断」と題したカウンセリングを実施しました。当時、支援者に対する心的ケアの必要性を指摘する声が高まっていました。また、私たちも自ら被災しながら支援に携わっている方々の心的ケアの重要性を非常に強く感じていました。そのため、身体と同様に心も健康診断をしてみましょう、という切り口で少しでも受けてもらえるように、プログラムの名称を「こころの健康診断」としました。
今回、当時の職員のお一人に偶然お会いでき、その際に「あの時期にこころの健康診断を受けることができて良かった。受けられたから一旦気持ちの整理をつけて、今好きな仕事にまたつくことができている。」というお言葉をいただくことができました。

山元町は新市街地の整備も整い、住民の方々は新しい生活を始められています。家、交通、買い物等の便が整うことで住民の方々は以前よりも落ち着いているように見えました。今後の生活に期待をしているとお話しをされる方もいらっしゃいました。しかし、震災の傷は決して癒えることはなく、お一人おひとりの中に深く刻まれ、今なお苦しんでいる方々もいらっしゃることを忘れてはならないと思っています。

ADRA Japanは、2017年3月で東日本大震災復興支援を一区切りとさせていただきましたが、その後も現地の要請に基づいて必要な支援を行っていきます。

(執筆:国内事業担当 三原千佳
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 14:21 | 東日本大震災 | この記事のURL
    
(9/28) 「グローバルフェスタJAPAN2017」に出展します [2017年09月28日(Thu)]
9月30日(土)と10月1日(日)の2日間、お台場 センタープロムナードにて「グローバルフェスタJAPAN2017」が開催されます。

このイベントは「Find your Piece!〜見つけよう、わたしたちにできること〜」をテーマに行なわれ、国際協力に関わる団体が集まります。

ADRA Japanもこのグローバルフェスタに出展します。ブースでは写真を使ってADRA Japanの活動紹介をします。またそれと共に、イエメンで行なっている事業を題材にして、「NGOスタッフ体験ワークショップ」と銘打って、緊急支援物資が配布される流れについて分かりやすくご紹介します。皆様のお越しをお待ちしております。


2016年10月のグロフェスの様子.jpg
2016年10月のグロフェスの様子



今年のグロフェスに向けて準備をしている様子.jpg
今年のグロフェスに向けて準備をしている様子


【イベント名】グローバルフェスタJAPAN2017
【日時】2017年9月30日(土)・10月1日(日) 各日10:00〜17:00(※予定)
【入場料】無料
【会場・アクセス】お台場 センタープロムナード(シンボルプロムナード公園内)
〒135-0064 東京都江東区青海1丁目2
東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩1分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「青海」駅から徒歩3分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「お台場海浜公園駅から徒歩7分


「グローバルフェスタJAPAN2017」の公式HPはコチラ


【ADRA Japanブース】ホワイト/W108
写真や展示品を用いてADRA Japanのイエメン事業を中心に分かりやすくご紹介します。

ぜひお越しください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 14:45 | イベント情報・報告 | この記事のURL
    
(9/20) アフガニスタン便りVol.31 〜衛生教育〜 [2017年09月20日(Wed)]
ADRAがアフガニスタンで実施しているのは、学校校舎の建設とその周辺整備だけではありません。並行して、学校の生徒、教師、生徒の保護者や学校周辺に住む地域住民の方も対象にした衛生教育を実施しています。今回は衛生教育の様子をご報告したいと思います。

昨年の暖かい時期、春から初夏(5月〜6月ごろ)にかけて、衛生教育を2か月間実施しました。

まず、衛生教育の研修を実施する衛生教育推進員4人(男性2人、女性2人)を選定し、オリエンテーション・ワークショップを行ないました。このワークショップでは、ADRAの事業内容、研修を行なう地域の紹介、受益者について話し合い、衛生教育の研修内容、研修過程の確認をしました。また、受益者に配布する教材や衛生キットの準備をしました。


1.1 オリエンテーション.jpg
オリエンテーション


1.2 教材と衛生キット準備.jpg
教材と衛生キットの準備

1.3 衛生キット(石鹸、歯ブラシ、洗剤).jpg
衛生キット(石けん、歯ブラシ、洗剤)


次に、衛生教育推進員から衛生教育の研修を受ける生徒、教師、保護者を選定しました。そして、彼らの衛生に関する理解度を確認するため、事前調査を行ないました。これにより、衛生教育推進員は、研修の進め方を調整します。


2.1 衛生教育研修中(女子生徒).JPG
研修中


衛生教育の研修を受けた受益者は、生徒、教師、保護者、合わせて約370人です。


また、アフガニスタンは地震や水害などの自然災害が多い国です。そのため、今回の事業では防災減災の内容もこの研修に取り入れました。防災減災の内容は、地震が発生した時の基本的な身の守り方や避難訓練などの実践と、地震の際に何に気を付けることの座学です。生徒は学校で地震が発生した時に机の下に隠れたり、窓から離れて壁にそって移動したり、安全な避難の仕方などを習いました。


3.1 地震対策として机の下に隠れる女子生徒.jpg


3.2 地震対策として机の下に隠れる男子生徒.JPG
机の下に隠れる訓練



衛生教育推進員から直接衛生教育の研修を受けた受益者は、モスクや集会所に集まった人々や家族、親せきに家庭で取り組める衛生改善に関する知識を伝えました。

4 モスクの中で研修.JPG
モスク内での研修


衛生教育推進員も各地域を訪れ、家庭訪問の際に水の調達方法や家庭内での水の保管方法、台所回りの環境など衛生に関連した内容の調査を行ないました。


5.1 水の保管方法を調査.JPG
水の保管方法を調査


衛生教育推進員は家庭のトイレ事情も視察しました。しかし、ほとんどの家庭でトイレが設置されていなかったため、できる限りトイレを設けて環境を改善するように勧めました。



7.1 手を洗う.JPG
手を洗う


こうして、各地域と学校全体で衛生教育を実施しました。


4ヵ月後に、各地域でモニタリングのために、衛生環境の改善状況を調査し、衛生教育推進員が家庭訪問をしました。衛生教育の成果として、調査した世帯では安全な飲料水を作ったり、食器を洗うことなどが生活に取り入れるようになっていました。また、村の住民12世帯が使えるように簡単なトイレを作ったコミュニティもありました。

7.2 歯を洗う.JPG
歯をみがく


家庭訪問した先のザハラさんは次のように教えてくれました。
「水を煮沸させて安全な飲み水を作る方法や、体調を崩した時に飲むと良いORS(経口補水液)の作り方などを知りました。教わった日常生活のなかで健康的に過ごす方法を実践しています。今では以前よりも健康的に過ごしています。」


8 ザハラさんインタビュー中.JPG
ザハラさんへのインタビュー中


しかし、なかには衛生改善への意識が低い家庭もありました。特に、読み書きができない女性は、衛生に関する意識が低く、教わった衛生教育が理解ができていない様子でした。学校へ行き教育を受ける重要性に、改めて気づかされました。

また、各地域のヘルスセンター(クリニック)では、医師から最近の患者さんの傾向を聞き取りました。衛生教育が各地域と学校で実施された後には、クリニックに来る子どもの数が減少したことがわかりました。


9 クリニック院長インタビュー.JPG
クリニックの院長


このような調査結果から、衛生教育が地域で広く人々に伝えられ、実践していることがわかりました。

ADRAとして衛生教育を根付かせることを重視しているため、さらに衛生教育の復習と応用編の研修を実施することにしました。多くの人やコミュニティ全体から衛生についてもっと知りたいという反応や強い要望がありました。

衛生教育の復習及び応用編の研修は2ヵ月間実施しました。研修開始前にコミュニティと話し合いをし、仕事が少ない1月〜2月のほうが大人が参加しやすいということで、開催時期は冬期に設定しました。

研修には1000人以上が参加し、人々の衛生に関する関心の高さがうかがえました。ADRAは、グループワークや実践体験(手を洗う行為など)を研修に取り入れました。他のNGOはこういった研修を行なったことがなかったため、参加者は内容を理解しやすいと感じ、積極的に参加してくれました。加えて読み書きができない大人のために、文字より絵や図面が多い教材を使用して、実践しながら説明しました。特に女性参加者の関心が高く、普段の生活では得ることのできない内容に喜んでいました。

10.2 図が多い教材.jpg
図が多い教材


新学期が始まった2017年の春には、ADRAが支援した学校の新入生や転入生を対象とした衛生教育の研修を実施しました。
今回は、前年に研修を受けた高学年(9年生以上)の生徒が中心となり、新入生と転入生に衛生教育を行ないました。また、衛生教育推進員はアドバイザーとして、生徒が実施する研修内容にアドバイスをしました。衛生改善だけでなく、地震が起きたときの防災・避難訓練の研修も行ないました。


11 上級生が新入生に教える様子.JPG
上級生が新入生に教える様子



ADRAは地域のニーズや要望に応えらえるよう、住民の方々とコミュニケーションを大切にしながら活動をしています。これからもアフガニスタンの人々が必要とする支援を届け続けたいと思っています。


12 衛生教育を受けた後、衛生キットを受け取った新入生.JPG
研修を受けた生徒たち


次回は教員研修についてご報告いたします。


*本事業は皆様からのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。

(執筆:アフガニスタン担当 杉本亜季
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース東日本大震災南スーダンジンバブエアフガニスタンペルーネパールネパール口唇口蓋裂緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集スタッフのつぶやき

Posted by ADRA Japan at 18:43 | アフガニスタン便り | この記事のURL
    
| 次へ