CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/acejapan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/acejapan/index2_0.xml
8/3 セミナー「バリューチェーンを通して持続可能な社会を考える」に登壇 [2010年08月05日(Thu)]
   

2010年8月3日(火)、CSOネットワークの連続セミナー
「バリューチェーンを通して持続可能な社会を考える」の
第1回「サステナブルな調達〜途上国における労働・人権について」に、
ACE代表岩附が登壇させていただきました。

「児童労働ゼロのバリューチェーンを目指して」のテーマで、
児童労働とは何か、CSRと児童労働の関係とは、
ACEの児童労働への取り組み、今後の課題をお話ししました。

CSRやフェアトレード等に関して各方面でご活躍のみなさま20名程の
ご参加があり、(財)国際労働財団 副事務長の熊谷謙一様による
「ISO26000とアジアの企業と労働」のテーマでのお話の後、
活発な質疑応答がなされました。

ACEでは、児童労働、CSR、国際協力等、様々なテーマで講師のご依頼を
いただいております。ご関心がございましたら、是非ご連絡ください。
 ⇒講師派遣 詳細:http://acejapan.org/modules/tinyd5/index.php?id=11

(文責:NPO法人ACE 植木美穂)


※講演内容 一部抜粋
<企業として児童労働問題に取り組む理由>
@グローバル化と企業の社会的責任
グローバル化に応じて、企業として新たに求められている役割を
示しているのが「国連グローバル・コンパクト」、「ミレニアム
開発目標」です。その両方に、児童労働も取り組むべき課題として
示されています。

Aサプライチェーンのリスク管理と国際基準
企業単体だけでなくサプライチェーンに関してもCSRの対応が
求められる中で、CSR調達方針を掲げる日本企業は年々増えており、
ISO26000やSA8000など世界基準への対応が大きな流れになってきています。
児童労働があるリスクは、サプライチェーンを範囲に入れると格段に高まります。

B子どもの未来と持続可能性への貢献
「CSR」というと環境をテーマに取り組まれる日本企業が多いです。
もちろん環境への取り組みもとても大事ですが、「未来」の環境を守るだけでなく、
「今」苦しんでいる子どもたちに目を向けていくことも非常に大切です。
 ⇒詳細はこちら: http://acejapan.org/modules/partner/index.html

<企業のみなさまとの連携>
ACEでは、児童労働をなくしていくために現地と日本で活動をしています。
日本では児童労働を知らせることはもちろん、企業のみなさまとも
連携して課題解決を目指しています。
エシカルな商品開発、CSRレビュー・コンサルティング(製品の原料調達の
児童労働がないかをチェックし、持続可能な体制構築をサポート)、
ステークホルダーダイアログへの参加、講師派遣など、その形は様々です。

以上

Posted by ACE CSRプロジェクト at 17:05 | 活動レポート | この記事のURL
キャドバリー社のフェアトレードチョコレート、発売開始! [2009年07月28日(Tue)]
英国キャドバリー社のフェアトレードチョコレートが、
イギリスで遂に販売開始されました。
http://www.cadbury.com/media/press/Pages/ukfairtradeonpack.aspx

イギリス国内のスーパーマーケットや小売店、
コンビニエンスストアなど約3万店で購入が可能とのことです。

今回のキャドバリー社のフェアトレードチョコレート販売は、
「キャドバリー・デイリー・ミルク」というイギリスで人気No.1
だというチョコレートバーの原料がフェアトレードカカオに切り替わる、
という点で革新的です。

新たなフェアトレードチョコレート商品を開発するのではなく、
もともと販売していた商品の原料を切り替えることで、
フェアトレードに高い関心がない人へもフェアトレードの
認知度を高める効果が期待できるし、
消費者は日々のお買い物をするお店で手軽に
フェアトレードチョコレートを手に入れることが
出来るようになります。

企業にとっては新たな販路開拓をせずとも済む、
という利点もありそうです。

巨大チョコレートメーカーの取り組みということで、
業界への波及効果は大きいでしょう。
世界各地で、もちろん日本でも、カカオ生産地と
笑顔でつながったチョコレートがいつものお店で
手に入れられる出来る日が1日も早く来るように、
業界と企業の取り組みに期待したいです。


ちなみに、キャドバリー社の「Ethical Sourcing Standards
-working with suppliers」がとてもかわいらしい文書で
公開されていたので紹介します。
http://www.cadbury.com/SiteCollectionDocuments/
EthicalSourcingStandardsEnglishfinal230403.pdf


Wordの文書版も公開されていますが、同じ内容で
印象はこうも違うものかと驚かされます。
http://www.cadbury.com/ourresponsibilities/ethicaltrading/
ethicalsourcing/Pages/EthicalSourcing.aspx


こんなにかわいらしい文書だったら、
大人も子どもも楽しんで企業の取り組みを
知ることが出来そうですね。

(政策提言事業/CSRプロジェクト 植木)
Posted by ACE CSRプロジェクト at 18:08 | フェアトレード | この記事のURL
「イーココロ!」CSR報告書評価サービス開始 [2009年07月16日(Thu)]
CSR報告書を作っても、読者はごく一部の人たちに限られている。

一方的な情報になってしまい、読者の反応がわからない・・・。


CSRご担当の方々のそんなお悩み解消につながる
CSR報告書評価サービスが、2009年7月7日より
「イーココロ!」で始まったので紹介します。

「イーココロ!」は募金のポータルサイトで、会員登録をしてクリックや
資料請求をすると応援したいNPO/NGOへの寄付が出来る仕組みに
なっています。

今回始まったサービスは、企業が発行するCSR報告書の内容について
約2万人のイーココロ!会員からの評価が得られるというものです。
会員であるユーザーがイーココロ!に掲載されているCSR報告書を
読んで評価することで、20円〜100円相当の募金ポイントが貯まり、
そのポイントを利用して約130団体から希望の支援先へ
寄付することが出来る、という仕組みです。

このサービスは、「イーココロ!」を運営するユナイテッドピープル(株)と
CSR報告書の発行等を行う(株)クレアンの提携により行われます。
(株)デンソー、KDDI(株)、の2社が既に掲載されており、
富士ゼロックス(株)もサービス利用が決定しているそうです。


企業は一般の方の声を吸い上げられ、一般の方々は募金を通じで
社会貢献が出来、NGO/NPOは活動のサポートを得られる。
バトンがつながってよりよい社会を作っていける、
そんな一例になっていくといいです。


参照:
ユナイテッドピープル(株)プレスリリース
http://pressrelease-jp.com/press/10283/20090707/
(株)クレアン ホームページ
http://www.cre-en.jp/news/090707.html
イーココロ! CSR報告書評価サービス
http://www.ekokoro.jp/csr/


(政策提言事業/CSRプロジェクト 植木美穂)
Posted by ACE CSRプロジェクト at 15:03 | その他 | この記事のURL
ISO26000の今 [2009年07月09日(Thu)]
7月7日(火)、ISO26000に関するセミナーに参加しました。
7月8日〜10日に幕張でISO26000に関する国際会議が行われている関係で、
この日は午前・午後と別のセミナーが開催され、正にISO26000デー。

午前は都道府県会館(永田町)にて、IDTF議長Jonathon Hanks氏の
講演会が開かれました(主催:日本規格協会)。
この様子はACE代表岩附のブログで報告しているので、そちらに譲ります。
ご覧下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/acejapan/diary/200907080000/
(ISO26000のごく簡単な概要もこちらをご参照下さい)

午後は国連大学(表参道)にて、「ISOとこれからの労働面における
企業の社会的責任(CSR) −持続可能な社会づくりに向けて−」
と題したセミナーが開催されました(主催:ILO駐日事務所、日本ILO協会)。

このセミナーの報告者は、ISO26000の策定に関わられているお二方で、
Emily SIMS氏(ILO 多国籍企業及び社会政策プログラム上級専門家)と
関正雄氏(株式会社損保ジャパン CSR・環境推進室)。
以下、注目すべき点を報告します。


1) 第7章のタイトルが変更になった
旧「社会的責任の実施に関するガイダンス」
新「社会的責任慣行の統合に関するガイダンス」

:一見大した違いではないように思えますが、実は大きな意味が
隠されています。
旧バージョンの「実施(implememt)」は、組織がISO26000の
ガイドラインに当てはまるような活動を何かやればいい、
というニュアンスです。
一方で、変更された「統合(integrate)」は、組織の活動に取り込む
ことを意味しています。
つまり、本業と関わらなくてもなんでもいいからやればいい、という
ことではなくて、ISO26000は組織の本質的部分に組み込んだ
活動をすることを前提とするんですよ、という位置づけが、
7章のタイトルとして明確に示されたわけです。


2)児童労働の位置づけ
児童労働は、「第6章 社会的責任の中核主題(1)」の6.3の中で、
「G労働における基本的権利」に含まれています。ここでは児童労働の
実効的廃止が明確に謳われていて、補足として児童労働に関する
囲み説明も掲載されるそうです。

それだけ、国際社会では児童労働を組織が取り組むべき課題として
認識されていることがわかります。


3)サプライチェーンも含めた社会的責任の定義
第2章に社会的責任の定義が示されています。
社会的責任が求められる行動の中に、
「組織全体で統合され、組織の関係の中で実践される行動」
とあります。

「組織全体で統合され」は、1)で述べたようにコア事業に関わる
行動であること、
「組織の関係の中で」は、「組織の影響圏内の活動」、つまり
企業本体だけでなくサプライチェーン(バリューチェーン)も
含めた行動であることを指します。

この定義づけからも見られるように、ISO26000の発行により
CSR調達に取り組むことの重要性がますます高まっていくことは
間違いなさそうです。


ISO26000は2010年9月に発行される予定です。
発行まで、あと1年。
今後の動向が注目されます。


(政策提言事業/CSRプロジェクト 植木美穂)
Posted by ACE CSRプロジェクト at 15:51 | ISO26000 | この記事のURL
BSフジ「プライムニュース」にACE代表 岩附が出演 [2009年06月02日(Tue)]
昨日(6月1日)、BSフジ「PRIME NEWS」にACE代表 岩附がゲスト出演しました。

「PRIME NEWS」は平日19時〜2時間の生放送で、政治、経済、地球環境問題などに
関して設定した一つのテーマをキャスターとゲストが議論する報道番組です。

この日のテーマは「社会起業家」。
『社会起業家が日本を変える!新・資本主義で経済再生』のタイトルで、
社会の問題解決を目指した新しいビジネスモデルの現在や課題、今後の展望に
ついての議論に、社会起業家として(特活)フローレンス代表理事の駒崎氏、
(特活)ACE代表 岩附がゲストとして参加しました。

番組内では、ビジネスの観点から見た事業展開、日本の寄付税制の問題、
NPOのアカウンタビリティー、等々について活発な議論がに行われました。
児童労働問題やACEの活動についても紹介され、ゲストの米倉氏(一橋大学
イノベーション研究センター長・教授)からは、児童労働問題は日本にも
関わりのある課題であり、放置しておくことは日本社会にとって脅威となる
こと、解決のために教育が重要である点が指摘されました。

また、キャスターである八木亜紀子さんは、社会起業家はビジネスの視点を
取り入れた組織運営をし、既存のビジネスには社会的な視点が加わりつつあり、
その両方が近づいていっているのだろう、とコメントされていました。

米倉氏は、企業は大きな動力を持っているため、ビジネスと連携することで
社会的課題の解決は加速し、巨大なインパクトを与えるだろうと指摘します。
企業、社会起業家、NPO、政府、様々なセクターの協働により、児童労働を含む
社会的課題を一つずつ解決していくことが当たり前のビジネスモデルに
なる日は近いかもしれない、と予感させる番組でした。


BSフジLIVE プライムニュース オフィシャルサイト
http://www.bsfuji.tv/primenews/

番組の放送内容(テキスト)
http://www.bsfuji.tv/primenews/text/txt090601.html

ACE代表 岩附のブログでも紹介しています。
児童労働のない未来へ 〜NPO法人ACE代表 岩附由香のブログ〜


■続報
上記番組HP内の「八木亜希子のちょっと一息」という動画の
コーナーで、キャスターの八木亜希子さんが番組内でも紹介された
ACEのオーガニックコットンハンカチを紹介して下さいました。
(八木さんは番組終了後にハンカチをお買い上げいただきました。
ありがとうございます!
売上の一部は、ACEが実施する「コットンのやさしい気持ち」
プロジェクトの活動に役立てられます)
第九回『八木亜希子のちょっと一息〜社会貢献〜』



(政策提言事業/CSRプロジェクト担当 植木)
Posted by ACE CSRプロジェクト at 15:24 | メディア | この記事のURL
円卓会議の運営委員にACE代表岩附が選出 [2009年04月28日(Tue)]

「安全・安心で持続可能な未来に向けた社会的責任に関する円卓会議」。
経済界、労働界、消費者団体、金融界、NPO界など様々なセクターが一同に介し、
社会課題について意見を交わし協働での解決を目指す、マルチステークホルダー・
プロセスによる会議です(※1を参照)。

NPO界ではこの円卓会議に向けて「社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク」が
中心となって準備を進めてきました。本ネットワークからの代表協議者が先日投票で
決定されましたが、当団体代表の岩附も運営委員の一人として選ばれました。

4月23日(木)に第2回の円卓会議運営委員会が開催され、既に幅広い社会を担う人々と
意見を交わす場が持たれ始めています。

円卓会議についての詳しい情報は、以下のリンクをご覧下さい。


◆円卓会議についての情報リンク◆
◇政府資料
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/sr/shiryo/080703entakukaigi.pdf

◇日経CSRプロジェクト
「CSR調達」2009年2月5日(※1)
日本サプライマネジメント協会理事長 上原修 氏
http://www.nikkei.co.jp/csr/think/think_round-table_conference4.html

「企業にとっての円卓会議」2008年9月26日
損害保険ジャパン 理事 CSR・環境推進室長 関正雄 氏
http://www.nikkei.co.jp/csr/think/think_round-table_conference3.html

「円卓会議への期待」2008年8月19日
高崎経済大学経済学部教授 水口剛 氏
http://www.nikkei.co.jp/csr/think/think_round-table_conference2.html

「CSRから円卓会議へ」2008年7月28日
一橋大学大学院法学研究科教授
円卓会議準備会委員長 松本恒雄 氏
http://www.nikkei.co.jp/csr/think/think_round-table_conference.html
Posted by ACE CSRプロジェクト at 14:01 | その他 | この記事のURL
キャドバリー社、人気商品をフェアトレードカカオに切り替え [2009年03月10日(Tue)]
イギリスに本社を置き日本でも広く商品展開するキャドバリー社と
同じくイギリスに本部を置くフェアトレード認証組織フェアトレード・
ファウンデイション(Fairtrade Foundation)は3月4日、同社で売上
No.1を誇るチョコレートバー「キャドバリー・デイリー・ミルク」で
フェアトレード認証を得る計画を発表しました。
2009年の夏末までの達成を予定しており、主にイギリスと
アイルランドに向けての販売となるそうです。

◆以下、掲載記事より(一部要約)                        ◆
トッド・スティザー氏(キャドバリー社 チーフエグゼクティブ)は、
「これは我が社にとって歴史的瞬間だ。我が社人気商品のチョコレート・
バーがフェアトレードマークをまとって店頭に並ぶことを誇りに思う。
私は先月ガーナを訪れ、彼らのパートナーや彼らが生活するコミュニティを
ビジネスが支えることがきわめて重要な意味を持つことがわかった。
私たちはフェアトレード・ファンデイションに参加することで、
農民や農村コミュニティの生活レベルの向上と、高品質なココアの
キャドバリー社への持続的な共有、その双方が出来ると信じている」
と語っている。

ハリエット・ラム氏(フェアトレード・ファウンデイション チーフエグゼ
クティブ)は、この取り組みがもたらす意義についてこう話す。
「キャドバリー・デイリー・ミルクを購入する全ての人が、カカオ農家に
本当の違いをもたらすことができる。これは確実にチョコレート産業の
新たなスタンダードとなるだろう」
◆                                            ◆
出典:Fairtrade Foundation WEBsite
http://www.fairtrade.org.uk/press_office/press_releases_and_statements
/february_2009/cadbury_dairy_milk_commits_to_going_fairtrade.aspx

(2009.3.9)


ヨーロッパでは、ますますフェアトレードやCSR調達の動きが活発に
なってきています。ハリエット氏が語るように、キャドバリー社の
この取り組みはチョコレート産業に大きな影響を及ぼすことになりそうです。

             (ACE 政策提言事業/CSRプロジェクト担当 植木)
Posted by ACE CSRプロジェクト at 11:05 | フェアトレード | この記事のURL
日本企業のCSR調達の進捗度は?? [2009年02月17日(Tue)]
こんにちは、ACE代表の岩附です。

日本企業は全体としてどれぐらいCSR調達を進められているのでしょうか。
みなさん、ご存知ですか?

その答えとなるのが以下の論文
『グローバル市場における日本企業のCSRサプライチェーン』富士通総研の生田孝史さんが著者です。

ACE・CSRプロジェクト担当植木と代表の岩附で、先日お話を聞きに行ってきました。

リンクしている論文を見てもらうとわかるように、CSR調達に取り組む日本企業は確実に増えています!

生田さんの調査によると、CSR調達の2006年の33%から2008年は64%と、
2006年と2008年は2倍にもなっているのです。

電気機器業界が群を抜いて進んでいるのですが、全体の傾向としては特に、消費者との距離が近い(最終消費財)、環境・安全面でのリスクが高い、また取引先との流動的であるほど、CSR調達の対応度が高いそうです。

食品、衣料など、ACEが取り組んでいるカカオ、コットン産業の児童労働とも関係のある分野の業界の取組が、今後ますますもとめられそうですね。
Posted by ACE CSRプロジェクト at 17:04 | CSR調達/サプライチェーンマネジメント | この記事のURL
「児童労働」とは? [2009年02月12日(Thu)]

児童労働とは・・・
・15歳未満の義務教育年齢にあたる子どもの労働
・15歳〜17歳の危険・有害労働
(つまり、18歳未満の子どもの身体的、
  精神的、知的、またモラルや社会的発達に害を与え、子どもの権利が
  守られない仕事)

※児童労働は子どもの労働すべてを指すものではありません。
子どもの発達を損なわないお手伝いやアルバイトは、
「子どもの仕事」(Child Work)として区別されています。

 ⇒詳しくは・・・1分でわかる児童労働ミニ講座

◆参考◆
児童労働の定義の元となる2つの国際条約
「最悪の形態 (※1) の児童労働」条約(ILO第182号条約)
(1999年採択、2000年発効、165カ国が批准、日本は2001年に批准)
―最悪の児童労働を定義し、時限的な、即時の行動を批准国に要求

「最低年齢」条約(ILO第138号条約)
(1973年採択、1976年発効、150カ国が批准、日本は2000年に批准)
―就業が認められるための最低年齢 (※2) を定めた条約

世界で2億1800万人
 :5歳〜17歳の7人に1人が児童労働者
2004年の時点では児童労働者(5〜17歳)は2億1800万人と推計されました。これは5〜17歳の人口15億6600万人の約14%にあたります。このうち1億2600万人が危険労働についていると見られています。地域別に見ると、最も人数が多いのはアジアの1億2230万人ですが、人口に対する割合が高い地域はアフリカで、3人に1人が児童労働者です。2000年から2004年の4年間に、児童労働は約11%減、危険労働は約26%減少しています。
(出所:ILO(2006) Global Child Labour Trends 2000 to 2004, p.11) 
Posted by ACE CSRプロジェクト at 15:57 | 用語辞典 | この記事のURL
「CSR調達」とは? [2009年02月10日(Tue)]
企業が取引会社からの原材料調達や製造委託などを行う過程で、
サプライチェーンを含めた社会・環境面への配慮の徹底に努める、
企業の重要なCSR活動の一つ。

※もっと詳しく知りたい方は・・・
「ACE CSRプロジェクト通信vol.2」
Posted by ACE CSRプロジェクト at 10:33 | 用語辞典 | この記事のURL
| 次へ