CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

アロマ・ケア・アソシエイツさんの画像
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
http://blog.canpan.info/aca/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/aca/index2_0.xml
アロマセラピーってなんだろう?
セラピストに何ができるんだろう?
アロマセラピーでできることは?
補完療法ってなんだろう?
香りの効果って本当にあるの?


アロマセラピーとは香りを使った健康促進のための療法です(芳香療法)。
日本でも少しずつ広がりを見せていますし、科学的根拠の研究もされてはいるものの、まだまだグレイな部分が多いのも事実です。
私達は体験的にその良さや、効果を理解していますが、それらを福祉の現場で活用するための統一的な何かはできていません。そこにはクリアする課題が多く残されています。
それでもACAに所属するセラピストやアロマ愛好者はそれぞれの体験から福祉現場でのアロマセラピーの利用に多くの利点を見出し、体験しています。
高齢者施設・障がい者施設・ホスピスなど、福祉や介護現場に安全にアロマセラピーを普及するために…
ボランティア活動・勉強会・セミナーを企画、運営します。

アロマに少しでも興味を持ってくださっている方がいらっしゃったら、是非ご連絡お待ちしております。
会員募集は随時おこなっております。
会員登録申請はこちらのリンクからどうぞ。
ご連絡はこのメールアドレスからどうぞ。 aroma_care_a@yahoo.co.jp
アロマ・デ・カフェを開催しました♪ [2019年03月13日(Wed)]
53703417_2287027804867803_2988172755448365056_n.jpg4年ぶりに、アロマ・デ・カフェを開催致しました。このカフェは、会員様が気軽にACAへの要望を話せる機会、日々のアロマセラピー活動での悩みを、他の会員様と一緒に考える機会を持って頂く為に企画したものでした。
今回は、資格は取得したけれど、日常はアロマセラピーとは別の仕事に就いているため、いざ活動!の場面になると少し不安な時がある、という会員様からのお声から、「施術の練習会」という目的で大阪にて開催いたしました。
参加者の 菊永洋子さんより感想を頂戴しましたので、ご覧ください。
54516380_2287027854867798_538935464124481536_n.jpg

アロマのボランティア活動のため、施術を覚えたばかりの時、基本の流れに必死でしたが
続けていくうち「こんな時どうしたらいいんやろ」と疑問に思う時がたびたびありました。
3月アロマ・デ・カフェの練習会があると知り、ドキドキしながら参加することにしました。
持参した精油の香りを嗅ぎ比べながら
先ずは水分チェッカー!@施術前の手の甲A手を水で洗った後B施術後と、3回測りました。@は超乾燥A洗うだけでも水分量増加Bオイル浸透するだけでも水分量増加。@アロマトリートメントにより、水分量増加する事を確認することができました。
練習会は、施術する側とされる側で交代し、手技の違いや感覚も確認しました。私は、ペアの方が手首から手先までを丁寧な施術してくだり、「これは良いな〜」「気持ち良いな〜」今度私も、この方法で実践したくなりました。
次に役員さん(藤永さん、裏野さん)にチェックしていただきました。
筋肉に流れにそってトリートメントしていた(つもり)時、「ここは、こんな風に筋肉が走ってるので、この部分をこんな風に滑らせてみて、、、」と丁寧に指導していただきました。感覚がつかめるまで、練習する事ができましたので、あやふやであった事や疑問点がクリアになり、自己流になっていた部分を修正することができました。
その後、茶菓子タイムなど、和やかな交流会となりました。
抱腹絶倒の場面もあり、ワイワイと楽しく学んで、明日への力をいただく事が出来ました。
定期的にあれば、また、参加したいなと思います。 ( 会員: 菊永洋子 )
53563802_2287027798201137_7688440039109296128_n.jpg
たまには、わざわざ時間を作って「練習」をしてみる。作れそうで作れない貴重な時間は、
自信を持ってトリートメントを提供する心、安定した施術と繋がっていくことでしょう。
又、自宅のお庭のローズマリー、フェンネルを持参して下さり、ハーブや日本茶の話でも盛り上がり、良い情報交換もできたと思います。ティートゥリー蒸留見学、実現するといいですね(^^) 献血センターでのアロマボランティア、高齢者施設でのボランティアを、数年継続されているお二人の、益々の活躍を祈ります!   (レポート : 藤永裕美)
Posted by Kazumi Sakurai at 19:16 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
第13回勉強会 「脳がよろこぶ!笑顔がうまれる!シナプソロジー体験」 [2018年11月11日(Sun)]
第13回勉強会 「脳がよろこぶ!笑顔がうまれる!シナプソロジー体験」を開催し、無事終了しました。
会員の内海慶子さんより、感想を頂きましたのでご紹介致します!

シナプソロジーと言う言葉を今回、初めて聞きました。
シナプスから脳を活性化させることだなとは思ってましたが、今回、参加してすごく奥が深くて興味深いなと思いました。

私達は眠っている時以外、脳は休むことなく、常に頭を使い、頭でいろんな事を考えてます。
スマホで友達に送るメール1つをとっても文章を考えて送ります。
今の世の中、移り変わりも激しく、情報過多でみんな忙しそうにしてます。
だからと言って脳をしっかり使ってるかと言うと使ってるようで使ってなく、脳は活性されていないと思います。むしろ、何か分からないとこ、分からない言葉があると簡単にスマホで調べられる反面、頭には残りません。
同じ言葉を何回も検索することもあります。
昔は辞書を手で繰り、使っていたなと思い、その時の方がしっかり頭に残ってたように思います。

近年、どんどん高齢化が進んでますが、死ぬまで元気で自分のことは自分でできる為にはこのシナプソロジーが必須だと思います。
普段、同じことの繰り返し、同じルーティンの生活では刺激がありません。
シナプソロジーで左右の手足で違う動きをしたり、声を出したり、計算したりすることにより
脳を刺激し、活性化させます。
無表情の人が笑顔になり、楽しむ!
幼稚園児からお年寄りまでどの年代の人もどの分野の人も楽しめて脳に刺激を与える!
この素晴らしいシナプソロジーをもっともっといろんな所で取り入れ、行うことによって今より明るい社会、未来になり、これから更に認知症の人が増えると思いますが、その歯止めに役立つと思います。五感を刺激し、研ぎ澄ますことにより疲れた脳をリフレッシュできます。

実際、今回、参加していろんな動きをしたり、体操したり、足裏を刺激したりと普段、動かさないとこを動かし、使わないとこを使い、全身の血の巡りが良くなり、体がポカポカしました。
じゃんけんはゲーム感覚で楽しめ、笑いが起こりと良いことばかりだなと思いました。
笑うことが何より脳の活性化に繋がると思います。
どんな人も笑ってる顔、笑顔が一番素敵です。
笑顔は伝染します!
みんなが毎日、笑顔で過ごせたなら、もっと明るい世の中になると思います。

今後、シナプソロジーのこと、もっともっと広まっていくことを期待してます!

内海慶子

高齢者施設などのレクリエーションタイムに1番活用して頂けるかな、と企画した内容でしたが、子供達、障がい者にも活用できると実感しました。自然と笑顔になれるコミュニケーションツールですから、アロマセラピーと組合わせて現場で活けると理想的ですね。
ご参加頂いた皆様、お疲れさまでした(^ ^)

(レポート: 藤永裕美)
Posted by Kazumi Sakurai at 21:32 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
11/4(日)現場で活かせる勉強会シリーズL [2018年08月21日(Tue)]
今回の勉強会は、シナプソロジー講師として、テレビ番組でも活躍中の増谷加代子先生をお招きし、頭で考えながら、身体も動かす、という新しい「脳トレストレッチ」を勉強します。
身体のストレッチ・・・頭の体操・漢字パズル・・・「それだけでも結構難しいですよ」と不安な方。
大丈夫です!まずは、じゃんけんやボール回しといった簡単な動作から
スタートしていくプログラムです。デュアルタスク(2つ以上の事を同時に
行う事)は確かに難しいです。失敗は付き物。でも失敗すればするほど、
脳は活性化しています。笑って、もう一度トライしてみましょう!
介護・看護現場やアロマセラピー講師として頑張るACA会員の皆さん、
コミュニケーションツールのひとつとして取り入れてみませんか?
20181104.jpg
皆さんのご参加をお待ちしております。
担当 藤永
Posted by Kazumi Sakurai at 18:08 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
6/2(土)誰もが知っておきたいからだのしくみと動きの成り立ち [2018年06月03日(Sun)]
現場で活かせる勉強会シリーズK『誰もが知っておきたい
からだのしくみと動きの成り立ち』 楽しかったです♪
CIMG0779.jpg
6月2日(土)高槻南スクエアにて、ボディートリートメントサロン『2時の太陽』主宰、ACA会員でもある、中村 安希子先生をお迎えし、勉強会を開催しました。当日は5名の参加者が集い、「骨格にフォーカスする」ことを大切にする中村先生の動きを見つめながら、自らの身体と向き合う時間を過ごしました。CIMG0786.jpg
CIMG0780.jpg

立っている時にどこに重心がかかっているか。座骨で座ることで腸腰筋に働きかける。しゃがむ時に膝の動きをどのように導くか。
などなど…、中村先生のように柔らかく動くことができずに、思わず笑ってしまったりしながら、これまで気づかなかった身体の動きや感覚を意識することができました。
なにより中村先生から、「自らの身体に負担をかけず、大切に扱う」ことを教えていただいたなと、感じています。いつの間にか足先までぽかぽか、みんなで身体を動かすことで、帰り道は気持ちが軽くなっているような気がしました。身体と向き合うことは奥が深く、またこのような機会があったら良いなと思います。
CIMG0790.jpg
CIMG0797.jpg
中村先生、参加者のみなさん、本当にありがとうございました。
(レポート 大坪麻理)
Posted by Kazumi Sakurai at 12:51 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
4/15 総会終了しました。 [2018年04月15日(Sun)]
お忙しい中監事の天岡さんはじめセラピストさんたちが集まってくれました。2017年度の報告や来年度の予定など、いつもの感じでわきあいあいと。
代表の藤永さんのお話や天岡さんのお話、皆さんからの前年度の行事でのレポートなど短時間で充実した内容となりました。
IMG_2841.jpg
IMG_2870.jpg
そしてー懇親会では久しぶりに会った方も多く、
もりあがりましたー皆さん現状やこれからの活動について
真摯に取り組んでいて、私もつい真剣に、こんな短時間で
話は終わんないですよね。
是非また集まってディスカッションしましょう!!
皆様今期もどうぞよろしくお願いいたします。by SAKURAI
築漸 高槻市駅
IMG_2876.jpg
IMG_2875.jpg


Posted by Kazumi Sakurai at 18:21 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
『御堂筋献血ルーム』でのハンドトリートメントのボランティア [2018年02月21日(Wed)]
ACAの会員になって初めての献血ルームでのボランティアでした。
この日は2/14のバレンタインデー。

トリートメントルームに入ってこられる方の手にはチョコレートが。
お聞きすると、受付時に「バレンタイン献血」の合言葉を言わなければチョコレートを貰えないそうで、男性方は皆さん照れながらそんなお話しをして下さいました。

春休みを利用し、オーケストラの一員としてアジア各地で演奏をする活動に参加されるという学生さんが来られました。トロンボーンの奏者で、指も疲れると攣ってくるそうです。ゆっくりと指を念入りにトリートメントさせて頂きました。

また、今日は休みで用事のついでに寄った女性は、トリートメントが進むにつれてポカポカしてきたと喜んで下さいました。
頻繁に来られている方は、「今日のオイルは何?」と尋ねて下さいます。
楽しみにして頂いているとの事です。


CIMG0624.JPG

輸血用血液製剤には有効期間があります。
各献血ルームでのイベントやキャンペーンを利用して、気軽に定期的に
献血できるのは素晴らしい事だなと改めて思いました。
(感想:新田美加)
CIMG0752.JPG
CIMG0750.JPG

昨年の12月から、オープンスペースではなく、毎週土曜日にインディーズアーティストを中心にトーク&ライブが行われている献血ルーム内にある素敵なガラス張りのスタジオの中で、リラックスしていただける環境でアロマトリートメントの提供をさせていただいています。
(レポート:裏野仁美)


◆一緒に活動していただける方は、お問い合わせください。
E-mail:aroma_care_a@yahoo.co.jp  (担当:裏野)
☆毎月第2水曜日 13時〜16時☆
場 所:御堂筋献血ルーム(地下鉄心斎橋駅下車すぐ)
御堂筋献血ルーム http://wanonaka.jp/midousuji/index.html

Posted by Kazumi Sakurai at 17:51 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
認知症サポーター講座と私達にできること [2017年12月24日(Sun)]
現場で活かせる勉強会シリーズJ
IMG_2117.jpg

2017年最後の活動、勉強会を開催しました。
今回は、大阪市福島区社会福祉協議会のオレンジチームにご協力頂き、認知症サポーター講座の開催と、その後、個々の活動現場での認知症の方への対応とアロマセラピーについて考えました。

当日は、改めて、認知症とは?から、具体的な中核症状・行動から、周囲が気付き、予防につなげる大切さ。本人の気持ちを知り、対応への基本姿勢1・驚かせない 2・急がせない 3・自尊心を傷つけない を念頭に、見守り、余裕を持った対応、相手の言葉に耳を傾けてゆっくりと対応することを学びました。

IMG_2125.jpg

認知症の方によくある事を、社協の女優陣より寸劇で拝見。テーマは、「財布がない」と当たる家族、「食べたのに食べてない」と繰り返す家族。対応の悪い例から、自分達ならどう対応するか、グループ毎に話し合いました。経験値やメンバーの意見に共感しながら理想の対応をまとめました。その後、良い例を見せて頂き、納得! 

IMG_2122.jpg
IMG_2123.jpg

今後の大きなヒントを、今回は楽しく視覚的に学べた、と参加者からも声を頂いています。
介護現場で勤務する方か、実際に家族に認知症の方がいる方、高齢者施設にてボランティア活動をする方、各々自分の身近なケースと照らし合わせて、真剣に考える事ができました。
アロマセラピーとの関わりでは、認知症の方本人へのトリートメントで、気持ちの安定や深い睡眠に繋がる効果的であった例や、取り巻く家族への気分転換のツールとしても役立てたい、役立つ!と再認識しました。
IMG_2126.jpg

平成17年度から「認知症を知り地域をつくる10ヶ年」のキャンペーンがスタートし、平成29年度末での目標人数は、800万人でしたが、全国でこの講座を修了し、サポーターとなった方は、9,396,047名(平成29年9月30日現在)に達したそうです。近年の認知症や高齢者への意識の高さが伺えます。私達も年齢を重ね、周囲に認知症の方と接する機会が年々増えてきました。ACAメンバーも、オレンジリングと共に「サポーター」として活躍していきたいです。

IMG_2129.jpg

(レポート;藤永裕美)
Posted by Kazumi Sakurai at 10:26 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
12/8「認知症サポーター養成講座と私達ができること」現場で活かせる勉強会シリーズJ [2017年10月27日(Fri)]
□■現場で活かせる勉強会シリーズJ 一緒に学びましょう!
「認知症サポーター養成講座と私達ができること」■□


認知症サポーターとは、
認知症を理解し、認知症の方やその家族を支援する応援者です。
ご自分の家族や、地域の方、友人知人が安心して暮らせるよう、応援者の
ひとりになりませんか?
今回は、大阪市社会福祉協議会に協力の元、
「認知症とは?」「治療・予防について」「本人、家族の気持ち」など、
寸劇も交えて、楽しく支援方法を学びます。受講者には、認知症サポーター
の証である「オレンジリング」が進呈されます!
高齢者施設などでアロマケアに関わるセラピストにも、役立つ内容になる
でしょう。
日 時:2017年12月8日(金)14:00〜16:30<受付13:30〜>
場 所:福島区民センター305号室(大阪市福島区吉野3-17-23)
最寄駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」/JR東西線「海老江駅」
    /阪神電鉄「野田駅」 いずれも7番出口より直進徒歩5分
    ※大阪梅田エリアからは、JR東西線、阪神電鉄利用で2駅目です。
協 力: 大阪市福島区社会福祉協議会
参加費:会員 1000円 / 一般 2000円

924602.jpg

◇「養成講座」で学んだあと、認知症を抱える人や家族との、アロマセラピー
 を通じた関わりについて、参加者同士でお話したいと思います。
◇勉強会終了後、懇親会を開催予定です♪
懇親会だけのご参加も大丈夫ですので、ぜひご連絡ください。
場所など決まりましたら、メールマガジンやACAブログで
改めてご案内いたします(#^.^#)
◇お申込:aroma_care_a@yahoo.co.jp へ、11月30日(木)までに
お申込ください。定員(18名程度)になりしだい締め切ります。

Posted by Kazumi Sakurai at 10:13 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
9/16 敬老の日に贈るハンドケア [2017年09月21日(Thu)]
21752329_1977876279116292_9125690823467856147_n.jpg
21761482_1977876282449625_196335663745123637_n.jpg21751795_1977876312449622_8807477297372885033_n.jpg21740009_1977876309116289_2021780663423357342_n.jpg21752000_1977876375782949_4628173683135963437_n.jpg21433035_1977876365782950_2657061540861786268_n.jpg□■「敬老の日に贈るハンドケア」高齢者施設へ訪問しました!■□
9月16日(土)に京都市北区にある平野デイサービスセンターにて、
高齢者の方々にハンドトリートメントを行いました。当日セラピストとして
参加してくださったACA会員中村小百合さんが感想を届けてくださいました。

「 5月『母の日に贈るハンドケア』に訪問させて頂き、利用者さんに好評でした。
施設スタッフさんから『回数を増やして来て欲しい』とご希望を頂き、今回『敬老の
日に贈るハンドケア』に訪問して参りました。
この日の為に利用日を変更して下さった方もおられ、46名の利用者様で
内38名の方に施術。テーブルごとにセラピストが付き、一人ずつ回っていくという
スタイル。『右手に麻痺があり痺れてるから』と拒否される利用者さん…スタッフの
方も一緒に声掛けして貰い『片手だけなら』と言われ、施術していると『気持ちいい
もんやな』と険しい顔が柔らかくなり、『反対側も!』と言って下さいました。
21740327_1977876635782923_2982921028147345371_n.jpg
他のセラピストからも、コミュニケーションの取れない男性の利用者さん。施術して
いると口を開き何かを言われている様子ですが、声も出ておらず聞き取れない…
看護師さんに聞くと『いつもより多く口を開いておられてますよ!』という話を聞きました。
改めてアロマの香りと優しいタッチングで身体も心もリラックスする事を実感。
フロアー内は笑顔の花がアチコチに咲いてました(笑)有り難うの言葉は本当に人を
幸せにします。今回は6名のセラピストで施術した為、ゆったりとスムーズに回れました。
皆さんの温かさで素敵な2時間を過ごす事が出来、最後にセラピストが一人ずつ挨拶を
すると大きな拍手をして頂きました。参加出来た事、嬉しく想います!!」
(レポート 中村小百合)

 中村さん、温かなご報告をありがとうございました。
 このようなひと時をまた、みなさんとご一緒できますように。
Posted by Kazumi Sakurai at 22:12 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
現場で活かせる勉強会I無事終了 [2017年08月26日(Sat)]
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
いつもメールマガジンを発行していただいてる
大坪さんにレポートしていただきました。

8月26日(土)13時〜高槻南スクエアにて、ACA勉強会Iを開催し、
会員7名、非会員6名の13名の方々にご参加いただきました。
櫻井かづみ先生より、「日本のアロマセラピー近年の流れ」というテーマでご講演
いただき、後半は「アロマセラピーの活動の中で、最近変化を感じていること」
について、参加者全員でディスカッションしました。

櫻井先生のお話をお聴きし、現在は「アロマ」という言葉を耳にすることが多く
なったり、さまざまな分野でアロマセラピーが取り入れられるようになってきている
けれど、1990年代に欧米から入ってきた「アロマセラピー」の概念、知識、実践、
その「基本」をベースに大切に置きながら、それぞれの専門性を活かした
活動を模索したり、適切なアロマセラピーの発信に努めることが、とても大事だ
なあと、改めて気づくことができました。

また、櫻井先生よりユズ、ヒノキ、コウヤマキの香りをご紹介いただき、
会場には豊かな香りが漂いました。各精油の情報を集めながら、これから
もっと日本産精油に親しみたいな♪とワクワク楽しい気持ちになりました。

後半のディスカッションでは、「精油についての正しい知識を伝えていくには」
「障がい者施設や高齢者施設などでアロマセラピーの活動をしていく時に、
どんな関わり方が良いのだろう。どんな精油に良い作用が期待できるだろう。」

など、さまざまな意見、疑問、想いが交わされました。そのお話合いに参加
しながら、「みんな、それぞれの場で活動を重ねていて、分からないことや
とまどうこともたくさんあるけれど、『アロマセラピーを通じてこの方の心身の緊張が
少しでも緩みますように』『アロマセラピーの触れ合いで安心を届けられますように』
と願い、交わりを重ねているんだな」と感じ、勇気づけられました。

櫻井先生の「アロマセラピーのことを理解してもらうためには、時間がかかり、
継続が必要。他の専門領域についての知識も深めながら、アロマで何ができるかを
模索していく。その積み重ねの中で、アロマセラピーへの理解も深まっていくのだろう」
という言葉を胸に、私も一つひとつの関わりを丁寧に重ねていきたいです。
ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

なお、事前にお伝えしていましたように、今回の勉強会はチャリティーセミナーとして
開催いたしました。収益の一部について、ACA「猫のくしゃみプロジェクト」を
通して交流のある西口診療所精神科デイケアへ「精油」をお贈りすることと
いたします。今後、西口診療所さんに精油をお贈りする時の様子は、
ACAブログにてご報告させていただきます。 <レポート 大坪麻理>

aca勉強会.jpg
Posted by Kazumi Sakurai at 21:35 | レポート・報告 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ