タグ   /  トランプ米大統領

記事

トランプ米大統領」 の検索結果 40件

小幅な利下げがどういう効果をもたらすか、判断をしたうえでの利下げであったかである。 小幅な利下げが、トランプ氏のいうように、展望なしであるのかどうかは、今後の株価により証明されるであろう。 ..
ロシアも興味深々と言うところであろう。ロシアの通信社の報道であるが、匿名の情報源というとことに注目している。 データ スプートニク日本 2019年06月27日 08:15短縮 URL ..
司法が行政をさばくことができるかという問題を回避したという見方もできるのではないだろうか。 データ ロイター 2019.4.26 [ワシントン 24日 ロイター] - 左派寄りの米国..
北朝鮮 金委員長は列車で中国大陸を横断して、ベトナム・ハノイに出発した。 汽車を使うのは暗殺の用心のためであろう。飛行機では1発のミサイルで墜落してしまうからである。 安全性を考慮している..
言い換えれば”アメリカは用心棒代を払わなければ、守ってやらないよ”、だからアメリカ軍にいてほしければその経費を負担しろと言うのがトランプ氏の主張である。 米軍の世界への兵力展開が、アメリカ経済の..
アメリカ国内には、産軍派を中心にロシアを敵視する勢力がかなりの力を持っているということを認識しておかねばならない。おそらく国務省などからの反対意見も強かったのであろう。 世界平和はアメリカ、ロシ..
ペンス米副大統領は,就任してからすぐ、トランプ氏よりもペンス氏のほうが良いとの動きがアメリカの共和党の中であったと伝えられていた。 ペンス氏はトランプ氏と最初から距離をとっていたのではないか。万..
金正恩氏は、今回の中間選挙をみて、また民主党政権になれば、産軍派の軍事的圧迫が継続するというリスクを感じ取ったのであろう。 ヒラリー・クリントンが、パキスタンでビンラデン氏をアメリカ特殊部隊が強..
トランプ政権は、フェイス・ブック、アマゾン等に対し批判を強めているという。それらのメディアが、トランプ氏に批判的であることの報復のようである。 今回のアメリカの中間選挙は、改選される人員が多いこ..
ドナルド・トランプ米大統領は「移民キャラバン」の米国入国を阻止するため、最大1.5万人の米兵をメキシコ国境の警備に当たらせる意向を明らかにした。 デイタ スプートニク日本2018年1..
[22日 ロイター] - トランプ米大統領の任期を通じて、これが最も危険な賭けになるかもしれない。 また国際条約から一方的に離脱するというものだが、今度は即座に影響が出るばかりか、潜..
アメリカの狙いは、中国の軍事的膨張への懸念から、中距離ミサイルをロシアとだけでは意味をなさないという判断であろう。 中国からすれば、核ミサイルの開発を進めてきて実戦配備しているときに、アメリカか..
表示
<    1  2  3  4