CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年07月 | Main | 2018年09月»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
「こころ」はおなかにある? [2018年08月08日(Wed)]

  ◆クローン病中ひざくりげ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 “ヒマラヤ”を飲みはじめてから初めての血液検査がやってきた。
 ふっふっふ……
もしかして……
だいぶ良くなってんじゃな〜い?
 こんなに楽しみな血液検査は初めてだ。

 採血を終え、診察室に入る。
 「松井さん、いかがですか」
 「はい、このごろちょっと調子がいいんです」
 「体重は?」
 「46キロです」
 「おお」
 ふっふっふ。前回は43.5キロだったからね。
 「アルブミンがよくなってきています。きょうは3.7です。コレステロールも上がってきました。やはり栄養状態がよくなっているんですね」
 ふっふっふ。やっぱり?
 じゃあ、ほかも良くなっ……

 「CRPが3.71です」

 なぁにィーっ!?
 悪くなってるじゃあないかっ!
 それも、けっこうハネ上がっているぞ。この、炎症のひどさをあらわす値がだいじなのに……。
 じゃあもっとだいじなリンパ球は……?
 これは先生は重要視していないので読み上げない。じぶんでモニターを見た。
 はあ!?

 10.6%……。

 ただでさえ死に際の老人だった値が、さらに減ってる……。
 「ありがとうございました」

 診察室をでた。
 良くなってなかった。これはいったいどういうことだ。
 やはり、白川先生の方法は、免疫寛容(完治)をめざすものではなく、あくまでも症状をなくすもの、ということなのか。
 だが前向きに解釈するのなら――リンパ球の数にはあらわれていないがその力は上がっていて、すなわち免疫力はじつは上がっていて、化学物質をいっそう排泄するようになったので、炎症の数値も上がった、――と考えることもできる。
 しかしだ。数値がどうあれ……ほぼふつうに生活ができている。わたし自身はたいへん調子が良い。それがすべてではないか。


          ◇


 白川先生とは続けて電話連絡をとりあっている。
 「ああ、大先生。どうですか。維持できていますか」
 「はい」
 「じゃあ1日に0.25でやってみますか。1袋の4分の1を毎日。はかるのがむずかしいかもしれませんが」
 「わかりました」
 「おかしくなったらすぐ電話してください」
 「はい、ありがとうございます」

(つづく)


      ◇


 では次のコーナーへ。




  ◆NS乳酸菌とは
  2章 菌と腸(6)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    「こころ」はおなかにある?






 幸せになるには、お金や恋人よりも、セロトニン。セロトニンさえ足りていれば、人はわけもなく幸せを感じられるのだ。
 その「幸せホルモン」セロトニンだが、脳がつくるのかと思いきや、腸がつくっている。しかもセロトニンが存在する場所も、95%は腸。脳には2%しかない。

 さらに、セロトニンをつくるには葉酸、ナイアシン、ビタミンB6などが必要で、これらをつくっているのは乳酸菌。
 幸せに生きられるかどうかは、腸にかかっている。もっといえば乳酸菌にかかっているといっていいのだ。

 私は、けっして明るい性格ではない、というより子供のころからネクラ、ネクラといわれてきた男で、ちょっとしたことも悲観的にとらえるクセがあって、それを直すのにホトホト苦労しているところである。
 それがここ最近、なんだか気分が安定しているなあ、あまりドカンと落ち込むことがないなあ、と思っていたのだが、そういえば……NS乳酸菌を飲み始めたころからじゃないか……?
 じつはこの次の検査ではリンパ球の数値が上がっていた。ということは免疫力が上がった。「幸せ度」が上がったことが数値にあらわれたのだ。
 乳酸菌を飲むと幸せになる、といえよう。

 少食にしてもいい。
 少食を徹底してやると、勝手に乳酸菌が増えてくる。それも玄米菜食にしていると、便のなかの菌の割合は乳酸菌が90%にまでなる。ちなみに、このときの便の色は黄色。
 これが、食べ過ぎて、しかも肉食だと、便の色は黒くなってくる。このときの乳酸菌は10%くらいに減ってしまっている。

 経験的に、少食がうまくいっているときは、精神がすみきっているというか、世の中をちょっと俯瞰(ふかん)するように見えるというか、些事(さじ)にとらわれないというか、まさに仙人になった気分がするが、乳酸菌のおかげだったのだ。
 もめごとがたえない少年院で、肉食を減らして玄米菜食にさせたところ、それだけで落ち着いたという話もある。
 「人格形成には乳酸菌」、なんてキャッチコピーをつけていいんじゃないか。

 こんな話まである。――

(以下は引用)


          ◇


  夫婦が長くいっしょに暮らしていると、考え方から好み、顔つき、しゃべり方までどんどん似てきます。これは身近で接触して、身体にのせている菌がほとんどいっしょだからです。ここから菌の共有がたんに健康レベルにとどまらず、精神的なものにまでおよんでいることがわかります。

金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』



          ◇


 ――腸内菌を良くすると健康になる。
 もちろん、それもだいじだが、それどころではない。

 腸内菌が人格にかかわる、いや、「腸内菌が人格をつくる」のだ。


(つづく)








 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 このごろの凶悪犯罪のニュースを見てると、みんな腸の乳酸菌メチャクチャなんじゃないかと……。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




そもそも乳酸菌って何? [2018年08月18日(Sat)]

  ◆クローン病中ひざくりげ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 白川太郎先生にお電話した。
 「ああ、大先生。どうですか。維持できていますか」
 「それが、4分の1では維持できないようです」
 「では半分に戻しましょう。それを1週間したら、2日飲んで1日あけるようにして、」

 ……と、このようなかんじで、まめに連絡をとりつつ微調整をしていった。
 しかし、維持できるちょうどいい量がなかなか見つからない。

 次に電話したときである。
 「わたしの考えを申しますと、」
 初めて意見を申し上げてみた。
 「3分の1包を毎日飲む、というのをやってみたいんですが」
 「なるほど。そしたら、松井さんにおまかせしますから、維持できる量を見つけてもらえますか」
 「はい。ありがとうございます」

 こうして、1回1回おうかがいを立てず、わたしの裁量で探らせてもらえるようになった。引き続き、薬はなくなるたびに電話して送っていただくことに。


          ◇


 そして “ヒマラヤ”を飲むこと3ヵ月。

 た、
体重が、

48キロぉぉぉー!!

 ついに。ついにきたッ。免疫力を上げる治療をはじめてから、初めての大記録!
 これは……免疫のリバウンドは底をついた?
 回復のカーブに入ったということ……なのでは!?


          ◇


 「久しぶりに大腸の検査をしましょう」
 いつもの地元の病院で、そう言われた。
 「えっ」
 「しばらくやっていませんからね」

 そういえばたしかに、前回から……もう5年たったのかぁ。
 あのときは、腸のなかがほとんどすべてえぐれ、穴だらけで、形もボコボコに変形し、ところどころ出血していた。みるもむざんとはこのこと、という映像だった。
 どうなっているだろう?
 いいかもしれない。検査したいとおっしゃるなら……だったら……キレイな腸を見せてさしあげよう!
 「わかりました」
 まあ、キレイになってるかどうかは、わからないけどね。でも、ちょっとは期待できると思うよ。

 診察室を出て、家内がボソッと言った。
 「よくなったから、ふしぎでしょうがないのよ。だから検査したくなったのよ」
 そ、そうかあー。うん。そうかもしれん。
 やはり、ぜひ、キレイな腸を見せてさしあげたいぞ〜。

 と、
思って
いたのだが……

 (つづく)


      ◇


 では次のコーナーへ。




  ◆NS乳酸菌とは
  3章 乳酸菌のすごさ(1)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    そもそも乳酸菌って何?






 わたしにとって菌はどれほど大切なのか? 皮膚の常在菌に始まり、わたしの「こころ」を腸内菌がつくっている! という話にまでなった。なかでも、乳酸菌がだいじ。

 というわけで……きょうからいよいよ乳酸菌の話ですっ!

 これは「NS乳酸菌はすごいよ」という特集なのだが、そのまえに、まず、そもそもふつうの「乳酸菌」がふつうにすごい、と知っていただく必要がある。でないと、そのなかでも「NS乳酸菌」がどれほどすごいのか、イマイチ伝わりにくいので。
 では引き続き、NS乳酸菌の開発者である金鋒[ジン・フェン]博士の本を読んでいくぞ。

(以下は引用)


          ◇


 腸内菌に善玉菌と悪玉菌のあることは、皆さんもよく知っています。
 人間に有益な働きをするものを善玉菌と呼び、その代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌です。ですが、私はこういう呼び方をあまりしたくありません。なぜなら人間の世界で、よい人間と悪い人間が簡単に区別できないのと同じで、よい菌と悪い菌、そう簡単に区分けできないからです。(中略)
 人間と共生している菌としては、ほとんどが善玉菌と日和見(ひよりみ)菌と思えば正しいでしょう。(中略)

 乳酸菌の種類について概略を述べておきます。
 ビフィズス菌というのは、よく聞く名前だと思います。乳酸菌の仲間の1つで、赤ちゃんの腸内に多く生息し、整腸作用があることで知られています。乳酸菌の代表格でもあり、ヨーグルトによく含まれています。
 人間に民族があるように、乳酸菌には菌属とか菌種というのがあります。ビフィズス菌は、ビフィドバクテリウム属の菌です。ほかにラクトバチルス、カゼイ、アジトワイルス、ヘルベティクス、ストレプトコッカス、サーモフィルスなどなど……。それこそ数え切れないほどあるので、ここでは細かい名前を覚えなくてもよいでしょう。

 ただ、同じ種類の乳酸菌といっても、かたち、大きさ、性質の違いがあり、それは効能に影響してくるので、そのあたりのことには、少し注意を払ってください。
 かたちでいえば、乳酸菌は「球菌」と「桿(かん)菌」に大別されます。
 「コッカス」とは球菌のことです。球菌にも「単球菌」「双球菌」「連鎖球菌」「ブドウ球菌」などの違いがあります。
 桿(かん)菌とは棒状の菌の総称。「バチルス」とは桿菌のことです。棒は棒でも短い棒状の「短桿菌」、長い「長桿菌」の別があります。

 こうしたかたちや大きさ、性質によって、乳酸菌の効果効能が違ってきます。
 また、乳酸菌も生き物であるかぎりは、宿主との相性というものがあるようです。ある人にすごく効果があったからと、別の人が試みても同じ効果が得られないこともあります。こういうことも覚えておくとよいでしょう。


金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』



          ◇


 ――なんだか理科の授業みたいだったが(笑)
 なんじゃらコッカスとかほにゃららバチルスとかは、まあ、覚えなくてもいい、というか、わたしは覚えられないので、ひとくちに乳酸菌といってもいろんな種類があるんだなあ、いろんなカタチや大きさがあって、それによって性質がちがうんだあ、その性質によって効果・効能もちがってくるんだあ。……とだけ、覚えておくことにする(笑)

 この性質のちがい、それによる効果・効能のちがいにより、「乳酸菌のなかでもNS乳酸菌がすごい」ということになるわけだ。

 (つづく)








 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 で、いつになったらNS乳酸菌の話になるの?

 うん。もーちょっとガマンして^^;
 もーちょっとで面白くなるから(予定)





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから




植物性乳酸菌ってなに? [2018年08月28日(Tue)]

  ◆クローン病中ひざくりげ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 このまま良くなる、いや、治ってしまうんじゃないか? そう思っていた。そう思っていたのに……悪くなってきたあぁぁぁ〜!
 硬くなりつつあった便が、ゆるゆるに、回数も、7、8回まで減っていたのが、17、8回に、就寝してからトイレに起きるのも1回になっていたのが、3回、4回、5回に、おしりの膿(うみ)も、めっきり減っていたが、ドッと増えて、刺すような痛みも復活、疲れ知らずに仕事していたのが、だるくて終日なにもできないように。
 な、なんで〜!?

 あ!
 ヒマラヤ仙草エキス、減らして、減らして、維持できるギリギリのところを攻めていたから、飲む量が少なすぎて……元に戻った?
 それとも、いつものように劇的に効くのは始めだけで、……効果が落ちてきた?

 いずれにしろ、なんてこった。
 せっかく検査があるのに〜!


          ◇


 とにかく飲み始めたころの状態に戻さねば。
 服用量を増やすと……日に日に、ちょっと、落ち着いてきた。

 すると。今度はまた、別の変化が。
 かゆい。
 足が、なんだか、ムズがゆい。見ると、
 「あっ?」
 ぷつッ、ぷつッ、と虫刺されのようなものができている。ダニにでも食われた? いや、それにしてはチト多くないか?

 それが日に日に増えるのだ。そして、ムズがゆかったのが、はっきりとかゆくなった。

 さらに日を追うごとに……かゆいっ!
 かゆいっ!
 かゆいっ!

 かゆいいぃぃぃー!

 気がくるいそうだ。両足にブツブツが、見たところ数10コというところだが……さわってみる。
 「え!?」
 驚いた。ハダカのニワトリの皮みたいに、ほぼ隙間なくブツブツである。ブツブツの数は……数100はあるぞ。
 これは……もしかして……アトピー!?

 (つづく)


      ◇


 では次のコーナーへ。




  ◆NS乳酸菌とは
  3章 乳酸菌のすごさ(2)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    植物性乳酸菌ってなに?






 ひとくちに乳酸菌といってもいろいろで、まず「球菌」と「桿(かん)菌」がある。まるい乳酸菌が球菌で、細長い棒のようなのが桿菌。大きく分けるとこの2種類におさまる。
 よくきく「〜コッカス」というのが球菌という意味で、「〜バチルス」が桿菌だ。種類によって、大きさやカタチはみんなちがう。それによって人体にあらわれる効果もちがってくるんだよ、という話であった。

 乳酸菌の種類の話になったついでに、わたしを含めて、みなさん、乳酸菌商品のCMにダマされないよう、マメ知識をひとつ。――

(以下は引用)


          ◇


 最近、よく「植物性乳酸菌」という言葉を聞きます。漬物から種菌を見つけたことから、そう呼んでいるようです。「植物性だから安心です」と。でも菌ですから、漬物だけに取りついているわけではありません。同じ菌が、ほかの場所から見つかることもあります。
 漬物から見つかった菌が、チーズから見つかることもあります。もし最初にチーズから見つかったら「植物性です」とはいえないでしょう。なにをエサにするかで植物性、動物性と分けるのは無理があります。また、宿主への寄生にはなんの関係もない話です。
 「植物性」と強調する意味が、私にはわかりません。あまりこだわらないほうがよいと思います。


金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』



          ◇


 ――「植物油はからだにやさしい」というウソと同じことであった。

 植物性とか植物由来という言葉に、わたしたち消費者は弱い。「植物性乳酸菌」は、それにつけこんだ新たな商法といえよう。
 避ける必要もないけれど、わざわざ選んで買う理由もない。


(つづく)








 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 メールをいただきました♪


      ◇


> 松井さん
>
> いつもメルマガを楽しみにしているKと申します。
>
> いつも有益な情報を提供していただき、ありがとうございます。
> 先日、紹介していただいた桑原さんのセミナーは良さそうと思い、
> 申し込みました。楽しみです。
>
> また、先日ネットでスターターにNS乳酸菌を使って
> 自家製豆乳ヨーグルトを作る記事をみました。
> NS乳酸菌が増殖するので良いと思い、私も作ってみました。
> ヨーグルトって簡単にできちゃうんですね。驚きです。
>
> まだまだ暑い日が続きますが、どうぞご自愛下さい。
> ありがとうございました!!


      ◇


 いや〜 うれしいなぁ。本当にうれしい。ありがとうございます!

 気になったのが、このNS乳酸菌を培養する方法なんですが、じつはあまり推奨できないんです。
 本編に入ってから詳しく書きますが、ざっくりいうと――

 ドラゴンボールの天下一武道会を思い出してください。天津飯が4人に分裂して悟空に襲いかかりましたが、パワーも4分の1になってしまい、あっさりやられちゃいました。あれと同じことがおきます(思い出せっつったって、知らないひとには)。

 乳酸菌はどのサプリメントも工場で培養して増やしています。増やせば増やすほど儲かるので、メーカーとしてはできるだけ菌を細胞分裂させてから出荷したい。
 でも金鋒[ジン・フェン]博士はNS乳酸菌を製品化する過程で、培養を続けているとあるところから突然、乳酸菌の力が失われてしまうことに気がついたのです。だいたい1万倍くらいに増殖させると力がなくなることがわかった。
 そこでNS乳酸菌は、これ以上分裂させると力を失うという一歩手前のところ、100倍〜1000倍くらいで培養を止めて製品化しています。もとのタネ菌が貴重なうえに、これじゃ生産効率も悪い。それでお値段が張るんです。

 ということは。自宅でそれ以上分裂させてしまうと、せっかくのNS乳酸菌の効き目がなくなってしまう恐れがあるんです。

 じゃあなんでネットではこの方法をお医者さんまで推奨してるかというと、さすがにそこまではご存知ないんでしょうね……。
 自宅で培養するとそこからさらに100倍から1万倍くらい分裂するはずですから、せっかくの高額なNS乳酸菌が、よくある儲かりゃいいだろ的なてきとーな乳酸菌サプリと同じになってしまう。
 わからないですよ。パワーを失ってないかもしれません。でも失う可能性が高くなります。

 金鋒博士が奨めているのは、NS乳酸菌を豆乳で飲むこと。
 こうすると豆乳をエサにしてパワーを失わないていどに腸の中で増えます。
 ご参考になさってくださいね^ ^
 ではまた〜





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから