CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年08月 | Main | 2015年10月»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
エレンタールをやめてみた [2015年09月08日(Tue)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(122)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 エレンタールをやめたい。それにはアミノ酸をサプリで摂ればいい。でも松本先生が出してくれる“アミノバクト”は高くて買えない。
 そこで! アミノバクトと成分が同じこれなんかいかが? お値段4分の1。

 <アルプロン トップアスリートシリーズBCAA>
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/B00F5NT918/jironosyosai-22/

 はい。まだ高いですね。わが家には……。
 うーん。
 うーん。
 ええいッ! しょーがない。“プロタンディム”を、また削ろう。1日1錠(推奨量)から、2日に1錠とする。不本意だが……。体重が増えたら、ゆうゆうと、また1日1錠でも2錠でも飲ませてもらおう。

 というわけで“アルプロン BCAA”を注文したぞ。
 ほんとうは19種類のアミノ酸がとれる“アミノグラムフォルテ”(http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0056JTLGY/jironosyosai-22/)を買いたいが、いまはこちらで妥協するしかない。
 ともあれ。
 これでエレンタール、やめられーる!

          ◇

 で、やめてみた。
 やめて数日。すこぶる体調が良い。ここ数ヵ月の地獄はいったい何だったのかと呆れるほどだ。すべての症状がことごとく軽い。消えていたアトピーも再び顔じゅうびっしり出てきた。
 問題は体重だが……。
 増えたー! 40キロ!(増えてこれかよ)

 しかし、ここから増えてくれない。40.4キロになった、と思ったら40キロに、きょうは増えたかとおもったら39.6キロに。
 う〜ん、やきもきする。ま、あせらずいきましょう。少なくとも減り続けるのは止まったのだ。生きるために最低必要な栄養は食事から摂れていることになる。
 エレンタールに頼らなくても生きていけるのである。
 そしてわたしは、もはや、ただ生きているのではない。あの、頭の中の靄(もや)も消えた。
 仕事が、できる!
 いえーい! やっりー! ヘイヘぇーイ!

 ア・ソレ・仕事できる仕事できる仕事できるぞ〜♪ 仕事できるできるぞ〜仕事できるぞ〜♪
 ア・ソレ・朝はァ〜メシを抜けば仕事できるぞ〜♪ 仕事できるできるぞ〜仕事できるぞ〜♪
 ア・ソレ・昼過ぎも食べたのに仕事できるぞ〜♪ 仕事できるできるぞ〜仕事できるぞ〜♪
 ホイっと・夕食を食べても熱が出ないぞ〜♪ 下痢は出るが減ったぞ〜夜も寝れるぞ〜♪

 ……ゴホン。失礼した。
 なお、引っこんだ症状であるが、下痢、腹部膨満、腹痛、発熱、である。
 ここであらためてエレンタールの副作用を見ると――。

          ◇

 5%以上……下痢

 0.1〜5%未満……腹部膨満感、悪心、嘔吐、腹痛、(中略)発熱

          ◇

 笑っちゃうほど当てはまる。
 でも……おかしいな。副作用が出るひとはたったの5%〜0.1%でしょ。そんな症状が4つも、よく出たもんだ。
 「まさか! いや、そうだ」
 理解した。ほかの患者はみんな薬で免疫を抑えられている。だから、出るべき症状(副作用)が、出ないのだ。白血球がつくるべき抗体をつくれずにいるのだ。ほんとうは、これらの症状は「出なければならない」のだ。
 はっはっは。とんでもない毒物ですな。

 エレンタールは二度と飲まねぇ!

 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 元ネタのわからない人にきびしいメルマガすまん。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック




あれ? リンパ球どこいった? [2015年09月18日(Fri)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(123)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「それはクローン病が悪化したんです」
 エレンタールの副作用が出るようになったと医師に告げたら、そう言われてしまった。
 「副作用が怖いという考えはわかりますが、症状が悪化しているときに飲めば、どんな栄養剤でも下痢や腹痛はおきるものなんです。エレンタールが悪いのではなくて、松井さんのクローン病が悪化してきているということなんですよ」
 うーん、そうきたか。
 「とにかくエレンタールをやめて様子をみたいんです」
 「そういうことよりも、そろそろ根本的にやり方を変える時期にきていると思います。まえから言っていますが、レミケードといういい薬があるのですから」
 「……」
 「まあエレンタールをやめるのはかまいませんが、やめるならば何かで栄養をとらないといけませんよ。エレンタールがいやなら、別の栄養剤を試してみてはどうですか?」

 それは、考えていたことなのであった。
 エレンタールほどひどい食品添加物を使ってさえいなければ、よいのだ。それに栄養剤が変われば、免疫が異物として認識するようになるまでに時間がかかる。しばらくは食品として吸収できるだろう。エレンタールも飲み始めはそうであったようにだ。
 「では、それでお願いします」
 けっきょく、お試しということで“エンシュア・リキッド”なる栄養剤を2週間ぶん出してもらい、飲み終えたら経過を報告しにくることになった。
 「でもこれで体重が増えるかどうかはわかりませんよ」
 では増やしてみせますので、まあ見ていてください。

          ◇

 ちなみにこの日の血液検査は――。

  CRP 1.9

 やっぱりだ。炎症が軽くなっている。良くなったのだ。
 じゃあリンパ球はどうだ。
 あれ? リンパ球の項目が……ない。
 削除されてる! いままではあったのに、どうして?
 免疫力とはリンパ球の数である。この数値を追っていくことが治療経過をみるには欠かせない。病気に最も関わる項目を検査対象から除くとはどういう……あっ!
 もしや……。信じたくはないが……。

          ◇

 その日の午後に松本先生と電話でお話しした。
 「どう? いま調子はいいの?」
 「はい。いまは、いいのですが、先生、わたしエレンタールよくなかったです。エレンタールをやめたらよくなりました」
 「それはなんでだと思う?」
 「エレンタールに抗体をつくるようになったからだと思うんですが……」
 「そうだね。エレンタールにも化学物質は入っているからね、そういう人もいる。それは、わかっていたんですよ。エレンタールは、狭窄(きょうさく)がある人にいいんでね、それですすめたんだけど、きみは手術はやったのかな」
 狭窄とは腸がせまくなることである。いちど腸を切ると、これができやすくなってしまう。
 「いえ、していません」
 「うん、それだったら、エレンタール飲まなくても栄養とれるんだったら、飲まなくていいですよ」
 よかった〜!

 「ところでリンパ球のデータが古いのは?」
 先生に指示されて血液検査の結果をファクスしたのだが、かんじんのリンパ球の値が出ていないから、わかっている最後(3月)の値を手書きで加えておいたのだ。
 「あ、それは、さいきん白血球の内訳が検査項目から除外されてしまったんです」
 「それはなんでだと思う?」
 「免疫を抑えていることがバレるからだと思うんですが……」
 「そういうことや」

 (つづく)




 ※松本医院での診療を希望される方は
  松本医院ホームページ http://www.matsumotoclinic.com
  熟読のうえにも熟読されてからになさいますよう、
  お願いいたします。




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 西洋医療を受ける唯一のモチベーションが……。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック




エンシュアを飲んでみた [2015年09月28日(Mon)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(124)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「最近、がん治療もはじめることにしたんやが、」電話でお話ししていると松本先生が、「きみのメルマガ見て来たっちゅう人がおってな。きみのメルマガは誠実さが伝わるんだろうね。んで、その人なあ、がん治ったでー」
 「ほんとですか!」
 「腫瘍(しゅよう)マーカーがぜんぶ消えとった。松本医院でがんが治った第1号や!」
 「そうなんですかー! おめでとうございます」

 まえにメールをくれたTさんだ。治ったんだ。よかった。
 よかったし、……ありがたい。こんなわたしが、死にぞこないが、ひと一人の命を救うお手伝いができたのだ。
 布団のうえで暮らし、ほとんどアパートから一歩も出ない生活をしていながら、そんなことができた。もちろん、治したのはこの方ご自身だし、それを助けたのは松本先生だ。わたしの仕事など、とるに足らないものである。わたしも命を救う手伝い、なんて思うのは傲(おご)りだろう。でも少なくとも、関わることが、できた。
 まだわたしは、こんなざまだが、ちょっとは世間様のお役に立ったであろうか。

 次は、わたしだ。
 夢は、半分は、達成できた。だからこれで終わったとしても、これはこれでまあ、なんて、気のいいことは言っておれぬ。
 もう半分の夢。わたしも、わたしのクローン病を、治す。
 やってやる。やってやるぞ!

          ◇

 とりあえず体重をもとに戻さねば。
 もらってきた新しい栄養剤“エンシュア・リキッド”は、250ミリリットルのスチール缶にすでに液体の状態で入っていて、さながら缶ジュースの様相で、飲むのがえらく楽そうである。問題は味だが、どれどれ……。
 え?
 おいしい!
 ふつーに、バニラ味の飲み物です。ビミョーにヘンな後味があるが、エレンタールに比べたら気にもならない程度。どこぞのファストフード店のバニラシェイクよりおいしいくらいだ。これで体調が悪くならなきゃ、まったく苦にならない。
 その体調だが――。
 うん。とくに変化は感じない。やっぱりね。しばらくは、免疫はこれを異物と見做(みな)さないようである。

 ところでこの“エンシュア・リキッド”、栄養組成はどうなっているのだ?
 ネットで調べてみた。

          ◇

 【組成】

 エンシュア・リキッドは1缶(250mL、250kcal)中にそれぞれ下記の成分・分量を含有する。(中略)

香料の違いにより3種類の製品(バニラ味、コーヒー味及びストロベリー味)があり、(中略)添加物として、
フラクトオリゴ糖(矯味剤)、
カラギーナン(懸濁化剤)、
水酸化カリウム(pH調節剤)、
クエン酸水和物(pH調節剤)
及び香料(「バニラ味」はバニリン、エチルバニリン、「コーヒー味」はバニリン、プロピレングリコール、「ストロベリー味」はプロピレングリコールを含む)を含有する。

カゼインナトリウム 5.9g
カゼインナトリウムカルシウム 2.7g
分離大豆たん白質 1.3g
トウモロコシ油 8.3g
大豆レシチン 0.4g
デキストリン 24.5g
精製白糖 9.8g
レチノールパルミチン酸エステル 344μg(625IU)
コレカルシフェロール 1.25μg(50IU)
トコフェロール酢酸エステル 8.23mg
フィトナジオン 17.5μg
アスコルビン酸 38mg
チアミン塩化物塩酸塩 0.43mg
リボフラビン 0.43mg
ピリドキシン塩酸塩 0.61mg
シアノコバラミン 1.5μg
塩化コリン 0.15g
葉酸 50μg
ニコチン酸アミド 5.0mg
パントテン酸カルシウム 1.36mg
ビオチン 38μg
炭酸水素ナトリウム 76.5μg
塩化マグネシウム 0.41g
クエン酸カリウム 0.46g
第三リン酸カルシウム 0.30g
塩化カリウム 0.30g
クエン酸ナトリウム水和物 0.39g
硫酸亜鉛水和物 16.49mg
硫酸鉄水和物 11.20mg
塩化マンガン 1.80mg
硫酸銅 0.98mg

(KEGG http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med_product?id=00002007 より引用)

          ◇

 おっ、添加物はエレンタールよりもはるかにましだぞ!
 これはおそらくタンパク質をアミノ酸に分解していないため臭くないので簡単な味つけで飲めるからであろう。
 “バニリン”“エチルバニリン”というのは、バニラ豆からつくるバニラ香料なのでわりと安全。
 “プロピレングリコール”は……うーん、毒性は低いといわれるものの、原料となる酸化プロピレンは石油からできていて、この酸化プロピレンのほうには強い毒性がある(発がん性、麻酔作用、皮膚に接触した場合は薬傷)。あまり気分はよくない。ひとまずバニラ味ばかり飲むことにしよう。
 タンパク質は、おそらく“カゼインナトリウム”“カゼインナトリウムカルシウム”“分離大豆たん白質”、この3つ。これが吸収できるかどうかが疑問だが、できないとしても、アミノ酸を別途とるので問題なし。
 脂質は“トウモロコシ油”。やはり遺伝子組み換えの油がそのまま使われている。
 糖質は“デキストリン”と“精製白糖”。これらも遺伝子組み換えだろう。ま、このあたりは想定内だ。

 というわけで、やっぱりこれも遺伝子組み換え100%なのだが、食品添加物が圧倒的に少ない点でエレンタールに完勝である。
 懸案の副作用は――。
 「げっ!」

 (つづく)




 ※松本医院での診療を希望される方は
  松本医院ホームページ http://www.matsumotoclinic.com
  熟読のうえにも熟読されてからになさいますよう、
  お願いいたします。




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 とはいえ同じ味ばかりでは淋しいのでコーヒー味とストロベリー味も試したが、うーん、味もいただけませんな。
 けっきょく同じ味(バニラ味)ばかりに。とほほ。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック